カテゴリ:ヴァンクリーフ&アーペル( 12 )

アンティーク ビエンナーレ4 ヴァンクリーフとディオール

d0339890_12181664.jpg

先日、発表会におじゃましたヴァンクリーフ&アーペルは“ボー ダンヌ”のテーマで王女のイメージのブローチ。

d0339890_12181653.jpg

エメラルドのゴージャスなネックレス。

d0339890_12181688.jpg

こちらもエメラルド。あまりの石の大きさに驚いていましたがだんだん、目がなれてきて普通に見えてしまう自分が怖いです~。

d0339890_12181610.jpg

デイオールはミニチュアのトルソーがバージャケットを着ていたり可愛いしつらえです。ジュエリーは繊細なレースやフリルをモチーフにした今までにない繊細なデザイン。

d0339890_12181719.jpg

こちらのミニチュアのドレスはかなりゴージャスな作りでした!

レコール ヴァンクリーフ&アーペル

d0339890_12182255.jpg

昨年日本で開催されたレコール。今回はパリのレコールで授業をうけます。

d0339890_12182297.jpg

レコールの学長、マリー・ヴァネラ=デロムさんと再会をしました。DAZZLEでもインタヴューをさせていただきましたが、とても素敵な方です。

d0339890_12182314.jpg

今回は、ヴァンクリーフ&アーペルの歴史と原石の世界の2つの講座を受講します。1つの講座が4時間です!以前は実施の授業で4時間という長さに驚きましたが、本当にあっという間の4時間でした。まずは歴史の講座です。ヴァンドーム広場にあるお店の中にある昔の作品も拝見したりでまたまたあっという間に4時間が終了。

d0339890_12182306.jpg

受講の証書を受講した生徒に送られます。今回は日本からもたくさんの方が受講にいらしてました。証書をいただくのは学生以来でちょっと感激です♪

d0339890_12182329.jpg

歴史の講師のブリジットさん。叔父様はなんとジップのハイジュエリーを作られた職人さんでした!

d0339890_12182317.jpg

もうひとつは原石の世界、石の見方や貴石ができる科学のお話などを4時間に渡って受講します。そして証書とルーペをいただきました♪本当に楽しくためになるカリキュラムです。皆様にも是非受けていただきたいです!!!

ヴァンクリーフ&アーペルのポップアップストア

d0339890_12182876.jpg

表参道ヒルズのショップでペルレコレクションのポップアップショップが開催。ショップの中に入るとなにやら壁一面が楽しいそうなしつらえに。

d0339890_12182890.jpg

いろいろな仕掛けがあって自分のポートレート写真も撮影できたりするコーナーも設置。左下のフレームでしゃしんが撮影できます。

d0339890_12182998.jpg

こちらが赤玉、黒玉が通過するとひらく今回の新作カラーストーンのペルレリング。カーネリアン、ターコイズ、マラカイト、タイガーズアイ、オニキスの5色。石の入っていない地金タイプもあるので重ね着けも素敵です。ポップアップストアーは表参道ヒルズのショップで9月3日~15日まで開催です♪

ヴァンクリーフ&アーペルin Paris5

d0339890_12190289.jpg

最後に、以前、日本のCEOで今はニューヨークにいらっしゃるアランさんと久しぶりの再会。私、アランさん、エルオンラインの富永さん、ヴァンクリーフのプルチョウさん。

d0339890_12190248.jpg

しめは花火です。赤と青の2色で初夏の夜空を彩ります。

d0339890_12190234.jpg

日本の花火とはちょっと施行がちがいました。

div align="center">
d0339890_12190383.jpg

仮設のディナー会場とは思えないほど暗闇の中で浮き上がって幻想的です。


d0339890_12190311.jpg

シャトーシャンボールを後にしてパリまで1時間半。もちろんシンデレラタイムです。しかも車の中にはクッションとブランケット。そしてカシミアのルームシューズが!さすがヴァンクリーフ&アーペル。最後までおもてなしをありがとうございました。

ヴァンクリーフ&アーペルin Paris2

d0339890_12190778.jpg

シャトーの中で今回の新作、ポーダンヌのコレクションのお披露目です。

d0339890_12190775.jpg

大粒のアクアマリンとダイヤのジュエリー。

d0339890_12190718.jpg

こちらはプリンセスのそれぞれ太陽、星などのドレスをイメージしたブローチ。

d0339890_12190757.jpg

ルビーとエメラルドのネックレスはかなりのボリュームです。

d0339890_12190769.jpg

そして最後は王子。珊瑚の赤が聞いています。このハイジュエリーはインターナショナルのお客様の会がありほとんど売れてしまったとか!もちろん日本のお客様もいらっしゃるようです。まだまだ夜はこれからです♡

ヴァンクリーフ&アーペルin Paris

d0339890_12190884.jpg

ようやくシャトーシャンボールに到着です。こちらのシャトーはユネスコ世界遺産に登録されていてフランソワ1世(1500年代)の狩猟小屋として使われていたそうです。

d0339890_12190869.jpg

ヴァンクリーフ&アーペルの日本のCEOの三木さんとユニコーンの前で。三木さんは蝶ネクタイとポケットチーフでBLUEとおもいきや、ソックスは方足ずつREDとBLUEをお履きでした!

d0339890_12190890.jpg

シャトーに入るとまるで中世にタイムスリップしたようです。

d0339890_12190932.jpg

今回の新作、シャンボールのシャトーをデザインしたブローチがお出迎えです。

d0339890_12190917.jpg

置物とおもいきや、本物のハトやフクロウ、鷹、オウムなど物語に登場した動物があちらこちらでお出迎えです。

d0339890_12190946.jpg

綺麗なハトです。

d0339890_12191082.jpg

そして螺旋階段を上がった先では中世の衣装をまとってダンスを披露。

d0339890_12191059.jpg

螺旋階段を上がり終えたチームBLUEの皆様。左からヴァンクリーフ&アーペルの齋藤さん、鈴木さん、ミセスの編集長落合さん、婦人画報の富沢さん、ヴァンサンカン編集長代理の柳川さん。ロングドレスで上がる階段はちょっと緊張します。

パリ出張

d0339890_12191038.jpg

プログ、ちょっとご無沙汰していました。入校やら移動やらで。。。今日からまた読んでくださいね。ヴァンクリーフ&アーペルのハイジュエリーコレクションでパリに来ています。お部屋には今回のテーマの“ポーダンヌ”のイメージBOOKが。

d0339890_12191144.jpg

そして、ポーダンヌは『ロバと女王』というジャック・ドゥミー監督のカトリーヌ・ドヌーブ主演の映画と同じロケーション、ロアーヌ地方のシャトーシャンボールでの新作のお披露目があるのです。その時のためにとストールもご用意していただきました。

d0339890_12191173.jpg

パリ市内からは車で2時間半~3時間の途中休憩をとりながらシャトーシャンボールへと向かいます。こちらは途中のシャンパン休憩のテントで。各国のプレスの方が集合です。

d0339890_12191171.jpg

こんな森の中の休憩テントです。今回友人のデザイナーのCoCoチャンに作ってもらったドレスでパチリ。ウールの表地に裏はお花の布地です。今回のドレスコードはREDまたはBLUEだったので私はREDをセレクトしました。お隣はエルオンラインの編集長代理富永さん。

d0339890_12191192.jpg

ヴォークニッポンの編集長の渡辺さんとパチリ。チームREDです。これからまだ半分ドライブ気分でシャトーに向かいます♪

ヴァンクリーフ&アーペルin京都 part2

d0339890_12194988.jpg

入り口を入ると桜が満開。そこにヴァンクリーフのハイジュエリーが展示されていました。桜とジュエリー、美しく輝く美の共演です♡

d0339890_12195064.jpg

アジアの方も多数お見えで各国の方々も皆さん高揚していらしたようです。

d0339890_12195000.jpg

そしてハイジュエリーのショーがはじまります。今回のお洋服のデザインも手がけたのはギャスパー・ユルケビッチ氏。モダンなドレスとトップの高いヘアが特徴的です。モデルが桜にうもれてしまうほど桜が満開でした。なんと当日まで冷蔵してこの日にむけて解凍されたようです!

d0339890_12195051.jpg

テーブルを飾るのはヴェネチアングラスのオブジェ。

d0339890_12195050.jpg

テーブルセッテイングのナプキンはそれぞれに刺繍の柄がちがい、私はトンボでした。

d0339890_12195062.jpg

この日のために来日したエマニュエル・ルノー氏の特別デイナー。フランスのサヴォワ地方のムジェーブにレストラン「Flocons de Sel」をかまえ、2012年にミシュランで三ツ星を取得したシェフのお料理はどれも繊細な味でした。今宵限りの夢のような一夜はすぎて行ったのです。

ヴァンクリーフ&アーペルin京都 part1

d0339890_12195173.jpg

引き続き京都です。お部屋に入ると京菓子とシャンパン。京都のお菓子は見た目も美しく美味しいです。

d0339890_12195179.jpg

夕刻から大覚寺に移動して寺内を拝見したあとお茶会が。赤い毛氈と縦笛や鼓みで古都な雰囲気です。

d0339890_12195250.jpg

まだ、最後のしだれ桜が咲いていました。ヴァンクリーフ&アーペルのプルチョウさんとパチリ。お着物が良くお似合いです。

d0339890_12195287.jpg

そして大覚寺のお池を龍と鳳凰の飾りの付いた舟で回遊。この飾りは大覚寺でも特別の時にしかお目にかかれないそうです。

d0339890_12195378.jpg

舟から向こう岸をパチリ。

d0339890_12195357.jpg

そして八重桜の道を歩いてディナー会場へ。なんとも優美です。

d0339890_12195325.jpg

今宵限りのヴェンクリーフ&アーペルのハイジュエリーとディナーの始まりです。こ続きは次のブラグで。

ヴァンクリーフ&アーペルのハイジュエリー

d0339890_12223400.jpg

パリでおこなわれたヴァンクリーフ&アーペルのハイジュエリーの発表会はパープルのお花でお出迎えです。

d0339890_12223414.jpg

こちらはゴージャスなネックレス。

d0339890_12223542.jpg

こちらも細かい細工でまるで羽のようなグラデーションが美しいネックレス。とてもしなやかです。

d0339890_12223548.jpg

ひとつひとつのダイヤモンドの大きさがスゴイです♪

d0339890_12223677.jpg

パールのタッセルが可愛いネックレス。リングもターコイズやコーラルを使った色をたくさん使ったコレクションでした。50~60年代風のちょっと懐かしい雰囲気もある素敵なコレクションでしたが、すでに商談中の商品もあり、ここからいくつ日本へ渡ってくるのでしょうか。
PCの調子が悪くブログをお休みしていましたが復活しましたのでまた、アップします♡

高際香里 ブログ


by takagiwa-kaori
プロフィールを見る