タグ:ブータン ( 12 ) タグの人気記事

マスコットキャラクター「キラちゃん&ゴくん」:ブータン しあわせに生きるためのヒント(上野の森美術館)

d0339885_11474425.png

ブータン展を盛り上げるため
あらたに私のデザインした展覧会マスコットキャラクター登場。

キラちゃん
ゴくん

です。

まずは公式サイト(ブータン しあわせに生きるためのヒント) 、プチリニューアル。

いろんなページにいますのでチェックしてね。
これからも展覧会やブータン情報をお知らせするなど
活躍していく予定。

オリジナルグッズこんなにあります:5/21〜ブータン しあわせに生きるためのヒント@上野の森美術館

d0339885_18033161.jpg

いよいよ5/21〜「ブータン しあわせに生きるヒント」

上野の森美術館でスタートします。


そしてそこで販売される私のオリジナルグッズ、こんなにたくさんあります!


和紙素材限定サイン入り版画

ノート

ブータン展図録

クッション

ポストカード

額入りインクジェット複製画

クリアファイル

マグネット

ミラー

榮太棲飴コラボ缶

チケットファイル

トレイ

ポットコースター

ティッシュカバー

ランチョンマット

チケットフォルダー

日めくりカレンダー

付箋メモ

文明堂カステラコラボ

ピンズ

マグネット

ブックカバー

ルピシアティー紅茶缶コラボ

フレイクシール

マスキングテープ

玉和堂お香コラボ

匂い袋

一筆箋


たぶん抜けがなければこれで全部。


サンプルの色やデザインチェックがようやく終わり

あとは完成を待つのみ。


またひとつづつ紹介していきたいと思っています。


展覧会カタログもうすぐできます♪:ブータン 〜しあわせに生きるためのヒント〜@上野の森美術館

d0339885_18362914.jpg
(表紙は、私のイラストとDMビジュアルの2種類から選べます)

5/21〜スタートする

その展覧会カタログがもうすぐ出来上がります。
いま、色校正(色がちゃんときれいに印刷できているか)をしているところです。

サイズは縦18センチ×横17センチ、
厚みは2.5センチぐらいかな。

展覧会のカタログって大きいものが多いけど
これはかわいらしいサイズで、小さめの鞄でもすっぽり入りそうです。
d0339885_18444958.jpg
でも小さいけれど中身はかなーり充実してますよ。
ブータンの民族衣裳や国宝など美しい写真がたっぷり。

もちろん私のイラストも入っています。

出来上がりが楽しみ〜。

あっ、表紙は2種類あって
私が描いたタクツァン僧院のイラストが表紙のものと
展覧会のDMデザインが表紙のもの。

お好きな方を選ぶ形になるみたいです。

私のほうも、選んで下さる人が多いと嬉しいなああ。



展覧会グッズも着々と出来つつあります♪5/21〜「ブータン 〜しあわせに生きるヒント〜」@上野の森美術館

d0339885_22250806.jpg
5/21(土)〜上野の森美術館で開催される

そのアートディレクションを担当させていただきます。
イラストは全て描き終えて、会場を彩る予定です。

そして展覧会限定グッズも担当します。

私が描いたイラストの一枚「タクツァン僧院の風」。
d0339885_22290377.jpg
このイラストをはじめとして、たくさんのイラストがグッズになります。

「ファブリックになるといいな」という声もいただきましたが
もちろんなります♪

クッション・手ぬぐいをはじめとして
クリアファイル、お菓子のパッケージなど。

いま怒涛の勢いで制作中なのですが
どれもかわいくて、私も楽しみです。

5/21〜7/18、上野の森美術館に来てくださいね!


MOE6月号(5/2発売)の第二特集は「松尾たいこ 神秘の国ブータンを描く」かくたみほさん撮影。お楽しみに♪

d0339885_18540148.jpg
(ドチュラ峠で撮影の様子with道前さん、かくたさん)

5/21〜始まる「ブータン 〜しあわせに生きるヒント〜」(上野の森美術館)

その取材で年末にブータンに行ったのですが
雑誌での特集も決定していて
MOE編集部の道前宏子さんと
フォトグラファーのかくたみほさんもご一緒でした。

写真は、ドチュラ峠での撮影の様子。
犬は、そこらへんにゴロゴロいて寝てます。
なので、犬の近くに行ってゴロンとしたところです。

お二人とお仕事するのは初めてでしたが
とにかく楽しい取材旅行でした。

そしてその様子が
MOE6月号に掲載されます。
発売は5/2(月)。

かくたさんの透明感のあるやさしい光に満ちた写真が
8ページに渡って掲載される予定です。

今年5月〜2年間全国巡回:展覧会「ブータン しあわせに生きるためのヒント」のアートディレクション担当

d0339885_11403820.jpg
(美しい民族衣装(キラ)もたくさん観られると思いますよ)

日本・ブータン外交関係樹立30周年記念事業

上野の森美術館からスタートして
2年かけて全国6ヶ所の美術館を巡回します。

2016年
5/21(土)〜7/18(月・祝) 上野の森美術館
7/30(土)〜9/19(月・祝) 愛媛県立美術館

2017年は、岩手県・山梨県・兵庫県・広島県で開催予定。

お楽しみに〜。


アートディレクションを担当します♪展覧会「ブータンしあわせに生きるためのヒント」@上野の森美術館

d0339885_10404532.jpg
(チラシもできましたー!)

5月から開催されるブータン展、
そのアートディレクションを担当します。

日時:2016.5.21(土)〜7.18(月) AM10時〜PM5時
場所:上野の森美術館

日本・ブータン外交関係樹立30周年記念事業
ブータン しあわせに生きるためのヒント

ブータンの民族衣装・生活用品・仏教画や儀式に使われるお面、
そして王室の宝飾品や衣装などが展示されます。

そのチラシも出来上がってきました。
イエローが基調でとってもポップでかわいらしいです。
裏側には、私のイラストもあしらわれています。

私は、アートディレクターとして、
会場をしあわせいっぱいの雰囲気にするお手伝いをします。

こういう役割は初めてのことですが
昨年の12月にブータンに行って見たことや感じたことを作品にして、
会場の一部に配置、またオリジナルグッズも作る予定です。

まだ、半分ぐらいしか作品は揃っていませんが
昨日、会場の設営プランを見せていただいてワクワクしています。

きっと楽しい会場になると思いますので
どうぞご期待ください!

がんばります。


自分を幸せにするのは自分:「幸せの国 ブータン」に行って思ったこと

d0339885_11443808.jpg
(ガイドさんとドライバーさん)

年末にブータンに行ってきました。
仕事です。
数ヶ月前まではまさか自分がブータンに行くことになるとは思ってもいなかったので
行く前に少しだけ勉強。

まずは軽く、漫画で

旦那サマはブータン人 世界一幸福な国のヒミツ


行きの飛行機の中で

ブータン、これでいいのだ


ざっくりと

●ブータンはインドと中国の間にある

●九州ぐらいの大きさ

●人口は70万人(大田区民ぐらい!)

●幸福度が世界1の国

というようなミニ知識だけは身につけて行きました。


「幸せの国 ブータン」この言葉がどうしてもピンとこなかったのですが

わずか4日間ブータンにいただけの私が少しだけ「ああ、そういうことだったのか」と

思えるようになりました。


ブータンでは旅行者にはかならずドライバーとガイドがつきます。

もちろんガイドさんは日本語ペラペラ。

どこにでも連れて行ってくれます。

街やホテルのレストランで食事をするとき

ガイドさんたちは別室や別のテーブル。

だけどある日の夕食は、他の人たちが大臣たちの招待を受け外出し

疲れた私と編集者さんの二人だったので

ガイドさん行きつけの地元のレストランで一緒にテーブルを囲みました。


その時に彼のいった言葉が私の中にすごく染み込んできました。


彼の言葉


ブータンは小さい国だから仕事への需要が少ないのです。
だから、その中で何ができるかいつも考えています。
地方はまだまだ農業中心で、産業は水力発電2割、観光8割。


大きな国だと問題も多いけど、ブータンは小さな国だから国王が考えてくれます。

そして私たちも国の家族の一員として国をよくしようと考えます。


私は世界一幸せだと思っています。

仕事があり、それはお金儲けのためだけでなく自分の知識にもなります。

もちろん一般のブータンの人より残業も多いけど、家族と過ごす時間も大切にします。

両方が人生に大切です。

生まれ変わって、もし犬だとしてもブータンに生まれたいです。


笑顔でいれば相手も笑顔になります。

まずは自分が幸せなこと。自分を幸せにするのは自分しかいません。

同じことを経験しても どう感じるかは本人なんです。

でも自分が幸せなら周りも幸せにしたくなります。


「足るを知る」

「小さな国だからこその共同体」

「国王は私たちの親なんです」

「今、幸せかどうか。それは自分の心が決めること」


そう、彼らの幸せは誰かとの比較ではないのでした。

私はそれまでどうしても、比較で考えていて

「ブータンってそんなに裕福そうに見えないのになんで幸せなんだろう」なんて考えていたのです。


幸せも平和も仕事も、誰かが与えてくれるのを待っているのではなくて

常に自分がそこでなにをできるのか考えていて

だけど限界もあるので、現状に満足することも必要。


ドライバーさんがラバー製のブレスレットをしているので見せてもらったら

「国王の長生きをお祈りします」と刻まれていました。

彼はドライバーの仕事が大好きでとても幸せだそうです。

悪路が多い中、彼の運転はとても丁寧で安全なものでした。


まずは自分が幸せなこと。自分を幸せにするのは自分しかいません。

同じことを経験しても どう感じるかは本人なんです。

でも自分が幸せなら周りも幸せにしたくなります。


この言葉を胸に今年一年を送りたいなあと思っています。

d0339885_11542835.jpg

お正月休みが終わったら、いよいよブータン関連の仕事も本格的にスタート。

いままでやったことのない分野ですが

自分ができることを精一杯、

そしてさらに周りに教えてもらって成長しながら

すこし背伸びしてできるところまでやっていきたいです。


4日目。最後まで濃かったブータン(^-^)/

d0339885_02043403.jpg

朝は結構ゆっくり。

まずは郵便局へ。
切手で有名なブータン、自分切手作れるんですよ。
d0339885_18535577.jpg

手数料なしです。
d0339885_18535601.jpg


その後、パロでアーチェリーの試合に圧倒され
ティンプーからパロに向かう途中、
年に一度のお祭りに遭遇。
d0339885_18535692.jpg

子供たちがかわいい。

博物館でたくさんのお面を見て
映像撮影。
d0339885_18535617.jpg


古くから今でも残っている古民家見せていただいたり。

パロのゾンでも撮影。
d0339885_18535763.jpg


最後はパロ中心地のマニ車をまわし
アンティークのキラを買って帰りました。
d0339885_18535849.jpg





3日目はラグジュアリーなホテルから(ブータンのアマンコラ)

d0339885_00050766.jpg

ティンプーの中心地から10分ほどで
いきなり北欧みたいな場所へ。
d0339885_00050825.jpg

アマンコラです。

なんとブータンにはアマンリゾートが
5つもあるんですよ。

なるべく地元の素材を使い建てるということで
ゾン(市役所兼お寺みたいなもの)を
模しています。
d0339885_00050802.jpg

d0339885_00050994.jpg

もちろん泊まってません(^-^)/

撮影だけです。

d0339885_00050938.jpg

この後、いきなり鹿との遭遇。

詳しくはまた後日ー。