タグ:お気に入り ( 19 ) タグの人気記事

福井に来たらやっぱり「秋吉」の焼き鳥♪25本ぐらい食べたかも

d0339885_22283321.jpg
福井県を中心とする焼き鳥チェーン店。


いま東京など全国にあるみたいだけど
私はやっぱり福井に来たら食べたくなるのです。

最初に行った時
友達が「純けい5本」とか5本単位でどんどん注文するので
「そんなに食べられないよ」と思ってたら
一本がとっても小さくてあっさりしているのでした。
d0339885_22285650.jpg
(人差し指の長さぐらいのサイズです)

しかし今回はさすがに食べ過ぎた。

使ってみました&お手軽で便利♪ペット専用シャンプー店クリーンプラザルーシー@代々木上原

d0339885_13030970.jpg
(濡れるのが大嫌いないくらちゃんも観念してます)

前から気になってたので
雨上がりの代々木公園散歩のあとで
行ってきました。

代々木公園からは徒歩15分ぐらいかな。

ここは、代々木上原駅が最寄り(たぶん徒歩5分ぐらい)になる場所で
洗濯代行・クリーニング・ペットシャンプーが一緒になったお店。


時間で金額が違うのですが
今回は1500円30分の一番安いコース。

動いている時しか時間はカウントされないので焦る必要もないし
これでも10分ぐらい余りました。

1)まずシャワータブに入れてブラッシング。
d0339885_13042744.jpg
すのこの高さも調整できます。

2)シャワーをかけて全体的に濡らしたあとでシャンプー
d0339885_13040911.jpg
3)シャンプーを洗い流したら軽くタオルドライしてブロアー
d0339885_13044831.jpg
シャワータブについていて、水気を吹き飛ばしてくれます。
これをちゃんとやっておくとあとのドライヤーが楽。

4)隣のグルーミングテーブルに移動

5)ドライヤーで乾かす
d0339885_13051577.jpg

首輪を止める器具もついてるので乾かしやすいです。
送風口の向きやドライヤーの高さが変えられます。

今回、いくらちゃんはアレルギーがあるので
シャンプーは持って行ったけど
シャンプー、ブラシ、タオル、そして水気が散らないように
人間用のエプロンも無料でお借りできます。
d0339885_13053032.jpg
初めてだったけどスタッフの方がとても親切に教えてくださいました。
家でのシャンプーがすごく苦手だったので
ずっと臭いままだったけど
ここなら一ヶ月に一度ぐらい連れてきたいなーと思いました。





富山とかって回転寿しのレベル高い!すし玉でホタルイカ(生)握り

d0339885_12315676.jpg
軽井沢から私の愛車ジムニーを福井へ移動。
その途中、富山でランチしました。


さすが北陸。
回転寿しのレベルがすごい。

黒板に書いてあるオススメを頼みました〜。

白エビ(手剥き)を頼んだら
「ひとつ?ふたつ?」って聞かれたので「ふたつ」って答えたら
ひとつの皿にふたつ入ってるんですね。
4つも来ちゃった。
おいしかったけど。
これがたぶん一番高くって、それでもひとつ(一皿)で700円代。
d0339885_12284701.jpg
カワハギ大好き〜。
もちろん肝も乗ってます。
d0339885_12314816.jpg
こんな新鮮なホタルイカ食べたことない。
だいたい、東京だと生ででてこないし。
d0339885_12344628.jpg
(写真撮る前に一個食べちゃた)

こういうお楽しみが途中にあれば
車での長旅も楽しいですね。


軽井沢でランチといえば我が家はこちらがお気に入り:「ラ・モンタニョン」は、手作りのシャルキュトリーたっぷりのお料理

d0339885_19071500.jpg
(熱々のトリッパであったまった)

冬の間、お休みだったラ・モンタニョンに行ってきました。

軽井沢でランチといえば、ここに来ることが一番多いのです。
何と言っても私が好きなのは、シャルキュトリーたっぷりで
どこか懐かしいナポリタン。
d0339885_19103184.jpg
(これは前に食べたナポリタンの写真)

でもこの日は4月だというのに真冬のように寒かったので
初めてトリッパを食べました。

トリッパのトマト煮にチーズがかかっていますが
濃厚なのにしつこくなくてバゲットにソースをつけながら完食。

夫は、こちらの豚のステーキ。ピクルスソースで、バターライス添え。
d0339885_19111484.jpg
旧軽銀座は、小雨模様で霧がかかっていて
人がほとんどいない感じだったけれど
店内は常連さんらしき人たちで賑わってました。

こちらのシャルキュトリー(ソーセージ・サラミ・テリーヌなど)は、
全て本場で修行を積んだシェフが作っています。

そしてお店で販売もしてるので、お買い物だけもできますが
やっぱり、ぜひ一度食べて欲しいです。

耳たぶが痛くなーい♪小さな星のクリップイヤリング

d0339885_19393387.jpg
ものすごくちっちゃな星のイヤリング。
10金ゴールドだったと思う。

HELEN HEIJIで買いました。

クリップになっていて耳たぶを挟むようになっているので
耳たぶが痛くないんです。

イヤリングだと耳たぶが痛くなるし
ピアスは長時間つけているとかゆくなっちゃうので
これはいいかも!です。
d0339885_19414047.jpg
落としたりが不安だけどいまのところは大丈夫。

せっかくショートカットなので
本当はもっともっとピアスやイヤリングを楽しみたいんですよね。

HELEN HEIJIは、
小さくて繊細でかわいい(けど、かわいすぎない)アクセサリーが多くって好きです♪

代々木上原駅からすぐの小さなお店。
オススメ。

ナバホ族が作ったホワイトバッファローのリング

d0339885_09514575.jpg
ナバホ族が作った白い天然石「ホワイトバッファロー」で作られたリング。

数万頭に一頭しか生まれないホワイトバッファローと同じぐらい
希少で神聖とされているそう。
d0339885_09521103.jpg
シルバーと白の組み合わせってきれいね。

一番好きな画家♪やさしいまなざしの溢れる空間/青い日記帳×山種美術館ブロガー内覧会 【開館50周年記念特別展】奥村土牛 −画業ひとすじ100年のあゆみ−

d0339885_15100341.jpg
(作家名:奥村土牛/作品名:聖牛/所蔵先:山種美術館/制作:1953年 64歳
生き物たちへのやさしいまなざしがたまらない魅力。


私がいま一番好きな日本の画家「奥村土牛」。

その展覧会が山種美術館で開催されています。


【開館50周年記念特別展】奥村土牛 −画業ひとすじ100年のあゆみ−

そして普段は撮影不可の館内で作品を撮影できる

ブロガー内覧会が開催されるということで応募して参加してきました♪

青い日記帳×山種美術館ブロガー内覧会

【開館50周年記念特別展】奥村土牛 −画業ひとすじ100年のあゆみ−

d0339885_15061842.jpg
作家名:奥村土牛/作品名:醍醐/所蔵先:山種美術館/制作:1972年 83歳
入るとまず出迎えてくれるのが、こちらの作品

ふんわりとしているけれど、近づくと桜を丁寧に描かれていることに気がつきます。)


まず、青い日記帳Takさんからイベントを愉しむコツをお聞きし、

それから山崎妙子館長による作品の解説スタート。


土牛ファン歴はまだ数年だし、技術的なことや経歴などあまり知らないので、

一枚一枚、会場を移動しながら解説していただく贅沢な時間はとても勉強になりました。


面で表現することが多いけれど優しい輪郭線で描くこともあったこと、

見えたものをそのまま描くのではなく画面で再構築していること、

風景画ではセザンヌの影響を受けていること、

90歳を過ぎてもなお実直にいい絵を描くことに情熱を傾けていたこと、

どのお話も新鮮でした。


解説のあとは、自由に好きな絵の前で佇んだり写真を撮ったりする時間もたっぷり。


岩絵の具を多く使った作品は、近づいてじっくり見ていると

同じ黒でもキラキラしていたりざっくりした荒々しさを残していたりと新しい発見があります。

d0339885_15221088.jpg
作家名:奥村土牛/作品名:シャム猫/所蔵先:山種美術館/制作:1974年 85歳

私はやはり動物の作品が好きです。

優しく伸びやかに、でも甘すぎず少し離れてゆっくり見て描いたような

眼差しを感じるんですよね。

d0339885_17273859.jpg
作家名:奥村土牛/作品名:山羊/所蔵先:山種美術館/制作:1951年 62歳

会場には、奥村土牛の言葉も散りばめられているのですが

「花でも鳥でも私は格別の好き嫌いはない。なんでも美しいと思うし、可愛らしいと思う。」

そして、描く前にしみじみとした愛を感じれば、技巧が稚拙でもいい味わいのものが出来ると書かれていて、

深く納得しました。

d0339885_15181185.jpg
(「作家名:奥村土牛/作品名:那智/所蔵先:山種美術館/制作:1958年 69歳
 荒々しい滝からも、自然を愛する優しさが伝わってきます)

92歳の時のスケッチには

「今日より日課として見るものを写生するようにする」とメモが。


代表作の多くが還暦後60歳を越えてからの作品だけど、

年齢を感じさせないものばかりというか、

それぞれの作品にはその当時の年齢が記載されているのだけど、びっくりします。

d0339885_17323734.jpg
(作家名:奥村土牛/作品名:富士宮の富士/所蔵先:山種美術館/制作:1982年 93歳)

「芸術に完成はあり得ない。どこまで大きく未完成で終わるかだ」とおっしゃってた言葉通り、

おごることなくずっと精進し続け、自分の作風を固定することなく、

でも素直なまなざしで風景や人々や生き物を見続けていたことが会場全体から伝わってくるすばらしい展覧会でした。


ぜひ行ってみてください!


おかえりなさーい♪大好きなVINOBLE(ヴィノーブル)が赤坂で再スタート。美味しい牡蠣とワイン。

d0339885_18370822.jpg
(嬉しすぎて、うかれた写真になってしまった。お店の濱岡さん、尾又さんと)

大好きだったあのお店が再スタート♪

VINOBLE(ヴィノーブル)

西麻布にあったワインと美味しいイタリアン(フレンチ?)のお店が
3年の時を経て、
赤坂にオイスター&ワインのお店として復活です。

オープンして二ヶ月、ようやく行ってきました。

赤坂駅から徒歩8分ぐらいかな。
ひっそりとした雰囲気の中、懐かしいVINOBLEの看板。

思わず泣けてきそうになりました。

だって、たくさんの思い出と美味しいものが詰まっていたお店だったから。
東日本大震災の後、外食が不謹慎だという風潮の中、
夫と二人でディナーに行ったのも懐かしいな。
初めての出版記念パーティもこちらを貸し切ってやったのでした。

そして新しいお店は、さらに大好きになりそうな予感。

もちろん生牡蠣はたっぷり注文。
d0339885_18422221.jpg
広島産の牡蠣をメインに
それ以外のお料理も充実。

シンプルで素材の味をしっかり味わえる好みの味だ〜。

赤みのお肉もおいしかったなあ。
d0339885_18423623.jpg
牡蠣醤油を塗った焼きおにぎりもおいしかったなあ。

トリュフが練りこんであるパスタもおいしかったなあ。
d0339885_18425163.jpg
書いてたらまたすぐにでも行きたくなってきましたー。

このサンダル、今年もリピート買いしました♪Teva フラットフォームユニバーサル

d0339885_17193341.jpeg
(奥にあるのが去年の夏履いてたもの)

去年の夏に大活躍したサンダル、かなりクタってなってしまったので
新しいのを買いました。

去年よりもカラーが増えてます。

私が選んだのは、イエロー。
イエローを身につけるとなんか元気になるんですよね。

今なら全色、揃ってるみたいですよ。
履きやすいし、
値段もリーズナブルなのでオススメです。


今年はレザーのものとかも出てるけど
私は革製品にかぶれてしまうので残念・・・。

この冬ヘビロテのアンダーウェアは、Burnishのカシミア混シャツ

d0339885_21310223.jpg
Burnishの薄手シャツ気に入ってます。

綿70%
カシミア30%

やわらかくて軽くて着心地いいです。
薄手なので、セーターやシャツの下にアンダーウェアとして着る感じ。

セーターなどから見えても下着っぽくならないのでいいです。
d0339885_21315042.jpg
袖の長さと袖の長さも絶妙。

一枚をヘビロテしてたけど
もう一枚買いました。