カテゴリ:本( 80 )

人がやっていないことを見つけて達成するほうが、楽しいじゃありませんか:「ない仕事」の作り方(みうらじゅん)

d0339885_17304958.jpg
(みうらじゅんさんに「いやげ物」と書かれている「ヤシの実人形」)

周りで評判になってた本、ようやく読みました。
そしてこれが今年最後に読んだ本になってよかったです♪
d0339885_17313838.jpg

「ない仕事」の作り方 みうらじゅん(文藝春秋)


みうらじゅんさんは、ずっといままでに「ない仕事」をやり続けていた人。
子供の頃から、みんながもう目をつけていて流行っているものにはあまり興味がわかず
誰も気づいてないおもしろいものに固執して、みずから流行らせようとしていたとか。

「ゆるキャラ」だって、
それまでは全国各地の物産展などにいる地方マスコットというだけだったけど
みうらじゅんさんが名付けて、ひたすら地方のマスコットたちを追いかけ続け
その後、いまではだれでも知っている存在になったんですよね。

この本の中で、初期に出会ったマスコットとして
広島の国民文化祭の「ブンカッキー」(体が牡蠣で頭に紅葉が乗っている)
が取り上げられています。

私は一度だけ、マスコットキャラクターに応募したことがあります。
それがたぶんこの時です。
(会社員時代、広島でカルチャーセンターのデザイン教室に通っていたのです)
私が描いたマスコットは「モミジカくん」。
体が鹿でツノが紅葉でした・・・。
どんな絵だったのかまったく思い出せないけど、
描いたことは10数年ぶりに思い出しましたっ!

すみません、内容と関係なくて。

でも、この本、ものすごくおもしろいですよ。

世の中に「ない仕事」を見つけて(それも楽しみながら)
ひたすらしつこくそれを深く追求して勉強・収集していき
周りにアピール、関係ない連載にも少し取り入れたりして
そうしてどんどんみうらじゅんの仕事にしていく。

「一人電通」として、企画も営業も接待も、全部楽しくやる。
見方を変えれば、くすんでいるものも輝いて見えるし
嫌だと思っていたことも、楽しいと思える。

私が特にグッときたのは
「私は仕事をする際、「大人数に受けよう」という気持ちでは動いていません。
知らない大多数の人に向けて仕事をするのは、無理です。
顔が見えない人に向けては何も発信できないし、
発信してみたところで、きっと伝えたいことがぼやけてしまいます。
なんか自分に大切な言葉な気がしています。

あとがきにあった文章も好き。

人生どうなるかなんてわかりませんが、
ひとつはっきりしていることは、他人と同じことをしていては駄目だということです。
なぜかというと、つまらないからです。
皆と同じ人気職種を目指し、同じ地位を目指すのは、競争率も高いし、
しんどいじゃないですか。
それよりも、人がやっていないことを見つけて達成するほうが、楽しいじゃありませんか。

みうらじゅんさんの「いやげ物」という本の表紙に載っていたヤシの実人形ですが
私は高校生の時に買って、未だに大切にしています。
というのも、本の内容に関係ないけど嬉しかったです。

新年の読書にもオススメだと思います。
みなさまよいお年をお迎えください。

追記:私の新しいプロジェクト「千年陶画」もぜひ応援してください!

「共感」大事♪さとなおさんに感謝だわ♪「明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法

d0339885_12555928.jpg

さとなおさんの新刊を読んだ。

明日のプランニング
伝わらない時代の「伝わる」方法 佐藤尚之(講談社現代新書)


夫が先に読んだ。
っていうかビジネス書だし、私にはあんまり関係ないなあと思ってた。
でも夫が強く「君も絶対読んだほうがいいよ」って言うから、それならと思って読んだ。
そしたら、まさに今自分が考えなきゃいけないこと、
やりたいけれど、どうすればいいのかな?って思ってたことがいっぱい書いてあった。

まだ読んだばかりで頭の中でちゃんと整理できてない感じだけれど、一番印象に残ったのが、
相手があなたの中に「自分と同じところ」を探そうと一歩踏み込んでくれれば、そこに「共感」が起こるのである。
ってところ。

私は今回、初めての陶画をお披露目する個展を行っている。
そして毎日会場に滞在しているのだけれど、本当にたくさんの方が来場してくれる。

●昔からのファンの人
●以前お仕事をご一緒した人
●偶然数日前に私のエッセイを手に取り、私のことを知った人
●ラジオ番組でのゲスト出演で陶画に興味を持った人
●個展に来た人が書いてくださったブログを読んで来た人
●ファンである友達に連れられて来た人
●会場であるヘイデンブックスの常連さん
●ヘイデンブックスに前から来たいと思ってた人
●ヘイデンブックスの前を偶然通りがかり、入ってきた人

以前からのファンの方は、毎回個展に来てくださったり、
私の絵を購入していただいてたりする。
その方たちとお話ししていると
「絵が好き」なだけでなく「好きなものが同じなんです」と言われることが多い。

でも、たんにコーヒーを飲みに来て私のことを知ってくださった人が
今回、作品や本を買ってくださることもある。
私が個展に、この場所(ヘイデンブックス)を選んだのは、
自分が好きな場所で居心地がよく、
こんな場所に作品を飾りたいなと思ったからなんだけれど、
ここに集まる人たちは、私のファンでなくても、
「この場所が好き」というところで共感できるから、
作品にも興味を持ってくれるんだなあと、思ったのだった。

いま読み終わったばかりだし、もう一度ちゃんと読み返して、
また改めてちゃんと感想を書きたいけど、
「いまの時代って、もしかして私にとっても合ってるかも♪」
「私にも伝えることができるかも♪」
ってすごーく嬉しくなる本でした。

さとなおさん、ありがとう♪

さて、あさって5/31(日)で個展も終わり。
共感を増やすよう、がんばるぞー。
松尾たいこ陶画展 ETERNAL HAPPINESS色あせない幸せ

2015.5.21(木)~31(日)  24(日)のみ定休します
Open 12:00~21:00
21(木)はOpening Partyのため19:00~21:00

音と言葉"ヘイデンブックス"
HADEN BOOKS : by Green Land

東京都港区南青山4-25-10
東京メトロ 表参道駅 A4出口より徒歩7分

スタートしたばかりの新プロジェクト→「千年陶画」facebookページ
ぜひ「いいね!」を押して応援してくださいね。
福井での制作の日々や
なぜ福井でこういうことをやっているのか
いまやろうとしていることなどをどんどん紹介していきます。

雑誌のkindle版をよく買う私にはとっても便利だわ~:dマガジン(100冊以上読める)

d0339885_12571585.jpg

婦人画報のkindle版を買おうとして
ふとdマガジンを探したら、女性雑誌のリストにあった。

私が普段読んでいる
ELLE JAPON
VOGUE
も入ってるし
COURRIER
サイゾー
AERA
dancyu
なども入ってるし
特集によって気になる雑誌をいろいろ探せる。

100誌以上入っていて月々400円って安すぎ。

だって、雑誌のkindle版一冊分より安いもんね。

ってことでオススメです。

dマガジン

iPad miniでもiPhoneでも読めるのも便利。
疲れた日の夜など、ベッドに入ってからパラパラ読んでる。

GINZAはリストに入ってないので、本屋さんで買ってるけど。

揺るがない女性とジュエリーは美しい:女を磨く言葉の宝石(著:白木夏子)

d0339885_12572298.jpg

女を磨く言葉の宝石 白木夏子
(かんき出版)


旅をして
そこで美しい風景に出会い
すてきな人たちと出会い
そこだからこそ出来上がる金や宝石たち。

出会った全てのキラキラで
優しくて力強いジュエリーたちを作り出している白木さんは
エシカルジュエリーブランドHASUNAを手がけている女性。

月ごとの誕生石と
その石の持つ魅力と
それにまつわるエピソード。

読み終わったとき
自分だけの大切なジュエリーを
ひとつづつ少しづつ揃えていきたいなーって思っちゃった。

白木さんってきっとこれからもずっと一歩先を見ながら
力強く歩いていくんだろうなあ。

エピローグに
「まだ旅の途中」ってあって
あっ、私と同じだと思って嬉しくなった。

夫、佐々木俊尚の料理20レシピ掲載:男のクロワッサン(マガジンハウス)

d0339885_12572406.jpg

クロワッサンのムック

男のクロワッサン

特集「男もいい味出てきます。野菜でグッドエイジング!」

うーむ、すごいタイトルだわ。

夫、佐々木俊尚も取材を受けました。

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの食卓
おいしくて、
身体にいい、
家めしで健康に。

全8ページ。
トップには、私と一緒の食事風景写真。

掲載されているレシピはなんと20。
我が家で使っている食器で撮影されてます。
d0339885_12572448.jpg

●ヘルシーな肉料理
あさりと豚肉の酒蒸し
生パイナップルの酢豚
バンバンジー
●ボリューム満点の野菜のおかず
きれいな和風ラタトゥイユ
ミモザラダ
焼酎衣の天ぷら
●オリーブ油と鷹の爪が大活躍
魚介とマッシュルームのアヒージョ
ツナ缶とセロリのスパゲティ塩味
牛肉とジャガイモのペペロンチーノ
●野菜たっぷり麺料理
きのこと鶏肉の熱々うどん
タンメン
3色稲庭うどん
●帰宅してすぐ作れるヘルシーおつまみ
炒めないニラタマ
ポテトサラダ
リンゴとモッツァレラ
パリパリ焼きそば
キュウリとかまぼこのおつまみ
「もまない」キャベツの塩もみ
ニンジンのなます
塩もみ春菊の納豆和え

今までの二冊の本に掲載されてないものもたくさん。
材料が少なく、調味料の分量が適当なのが夫の料理の特徴かな。

どれも私も食べてておいしいなあと思うものばかり。

ぜひ作ってみてくださいねー。

逆境をものともせず世界に影響を与えてる55人:アメリカのめっちゃスゴい女性たち(著:町山智浩)

d0339885_12572801.jpg


映画評論家で15年アメリカに暮らす町山さんが
「スゴい!」「カッコいい!」と感動したアメリカの女性たち55人を紹介したエッセイ。

生まれながらに恵まれている人ではなく
多くの障害を乗り越え、世界に影響を与えている女性たち。

女優・政治家・モデル・大企業のCEO・ジャーナリスト・学者
そしてお針子さんや学校の帳簿係・・・。

子供の時に虐待に合ったり
難民キャンプで育ったり
難病を抱えていたり
十代で結婚出産離婚していたり。

彼女たちのすごいのは、そこで終わらなかったところ。
もちろん途中で挫折したり、さらに深い溝に落ち込んでしまったりはしたと思うけれど。

絶望の先にある光を最終的には信じて
もちろん最大限の努力をしてきた人たち。

日本はアメリカに比べたらまだまだ女性の社会進出が少ないけれど
でも、この本読んだら
「まだわかんないよ」って、元気になれる。

それぞれの女性の紹介は2~3ページなので
スルスルと読めちゃうけれど
気になる女性については、もっと踏み込んで自分で調べてみるとおもしろいかも。

新年にふさわしい本でした♪

かけがえのない毎日を大切に生きることを教えてくれる「フランス人は10着しか服を持たない」

d0339885_12574557.jpg

(iPhoneをお店に忘れてきちゃって、二日間iPhone無しで過ごしたときに、
美容院で読むものを探していて書店で見つけた本)

フランス人は10着しか服を持たない
パリで学んだ”暮らしの質”を高める秘訣
著:ジェニファー・L・スコット 訳:神崎朗子
大和書房


この本は毎日を大切に生きることを教えてくれる。

●ゆったりと楽しむ食事の大切さ
●日々体を動かすこと
●おしゃれは誰のためにするのか
●人とのつき合い方
●モノの選び方
●自分の内面を満たすことの大切さ

どのページも強くうなずくことばかり。

例えば、「ワードローブと身だしなみ」

●本当に気に入って自分によく似合って、自分らしい服を着よう
●自分をどんな人として印象づけたいのか自分のスタイルを確立しよう
●姿勢を美しくすると内面から力が湧いてくる

人生は短い。
毎日かけがえのない一日なのに、
自分らしくない服を着て冴えない気分で過ごすなんてもったいない


本当にそうだ。

ファッションだけでなく食べることも人と会うことも
同じ一日はないのだから、きちんと暮らしたいなあとつくづく思うのだった。

丸ごとネコへの愛情たっぷり、癒されるわあ♪「商店街のネコ店長」著:梅津有希子(文藝春秋)

d0339885_12580879.jpg
(友達の実家も載ってる♪)

地道に商店街を歩き、ネコのいるお店を探して取材。

●店の扉がネコ一個分開いている

●店先にネコ用食器が置いてある

●店内にネコの写真や置物を飾っている

という長年の取材から培った観察眼と

●ネコのいるお店を見つけたら、その店主に近所のネコ事情を聞く

というネコ好きたちのネットワークを駆使して取材した30匹が掲載されている。

毎度あり!またきてニャ 商店街のネコ店長(文藝春秋)
著:梅津有希子


ようやく探し出したって、そうそう都合良く写真に収まってくれない。
築地市場には、朝5時起きで出かけたり
写真嫌いのネコは、飼い主のマッサージ中にようやく撮影成功。

しかしそうやって苦労しながらも
お店の方達と仲良くなり
それぞれのネコの特徴を捉え
愛情たっぷりの本が出来上がった。

写真もポップでキュートだけれど
文章と吹き出しがさらにかわいさ&楽しさ倍増。

「おやじ~、手伝いにきたニャ」
「ハイハイ、ただいま~」
「さ、呼び込みしなくっちゃ!」
お店のネコ店長たちは大忙し。(に見える)

(梅津さんのブログには、本が出来るまでの裏話なども載ってる。)
http://umetsuyukiko.com/log/3114

「まるでアイラインを引いたかのようなキリリとした目ヂカラで、
毎日優雅に美と癒しの空間を提供中」美容室のすーさん店長。
d0339885_12580871.jpg

「商店街のハブ的存在」八百屋のレタス店長。
d0339885_12580835.jpg

「恵比寿界隈のビジネスマンのオアシスで二交代制で働く」居酒屋のチビ太店長とみかん。
d0339885_12580821.jpg

東京には、まだまだ小さい商店街がたくさんあり
日常の中にとけ込んでいて、
ネコたちを店主も近所の人たちも受け入れ愛している。

いいなあ。

ネコ好きはもちろん
イヌ好きも、小さな商店街好きも、
そして元気になりたい人や疲れてる人にもおすすめですよ♪

アンジャッシュ渡部健さん「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」出版記念バーティ

d0339885_12585295.jpg
(ろくな写真が撮れなかったので友達のを借りた~)

文藝春秋より9/24に発売された
アンジャッシュ渡部建さんの著書
「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」(文藝春秋)

その刊行お祝いパーティに行って来たよ。

渡部さんは年間500ものお店に食べに行ってるとか。
自分が行きたいお店に自腹で行き、人気店には並んで待つ。
その様子を「わたべ歩き」というブロブにアップするようになり
いろんな人に「いいお店を教えて」と頼られるようになったとか。

で、9/24にめでたく初のグルメ本を出されたの。

会場は溜池山王聘珍楼。

テーマが
吉祥寺の名店「肉山」、炭焼塩ホルモン「あ」神戸酒場から赤身肉の協賛も決定!
アンジャッシュ渡部健さんの著書「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」
出版を記念して食を愛する仲間で盛り上がろう!

というだけあって、お料理も凄すぎる。
d0339885_12585278.jpg

いつもは立食苦手であんまり食べないけど
「肉山」はなかなか予約が取れない超人気店らしいので
これだけは食べたいわーと頑張った。
でも、それを食べたら満足したので
あとはゆったりと北京ダック食べたりチャーハン食べたり。
チャーハン美味しかったなあ。
d0339885_12585228.jpg

サプライズで前日にバースデーだった渡部さんへ
本の表紙そっくりケーキ。
苺味で美味。

マッキー牧元さんとのトークも盛り上がってた!
美味しいものについて話すと絶対笑顔になるね。

渡部さんは控えめなイケメンでした。

180人ものお客さんだったけど
意外と知り合いも多く来ていて
また新たにおもしろそうな人たちとも知り合えて楽しかった!
d0339885_12585256.jpg

やっぱり出かけてみるものだわねー。

そして肝心の本ですが、
この本の特徴は、目次に店名が無い事。
目的というか特徴が項目になってるの。

「デートに使えます!二人で行きたい店」
「世界遺産のオムレツあります。」
「一切もたれない夢の豚三昧コース」などなど。

思わず、そのページを開きたくなっちゃう仕掛け。

私も食べること大好きだけれど
毎日外食できるほど胃が丈夫ではないので
行けるお店も限られている。

この77軒も行った事あるのは1割にも満たないんじゃ無いかなあー。
美味しそうなお店ばかり(あっ、オールカラーで料理写真もたっぷり)で
全部行きたいっ!

外食は絶対外したくないタイプなので
この本に載ってるお店、これから参考にしまーす。

すてきなイベントへのお誘いありがとうございました♪

明日9/18発売!夫(佐々木俊尚)の新刊は写真&レシピたっぷりお料理本「新・家めしスタイル」

d0339885_12585763.jpg
(ブログで紹介して反響の大きかった
べちゃべちゃしない焼きそばも載ってます)

夫の新刊
「いつもの献立がごちそうになる!
新・家めしスタイル」(マガジンハウス)


いよいよ、明日(9/18)発売です。

オールカラーで
お料理の写真とレシピたっぷり。

内容はこんな項目に分かれてます。

●違う味の組み合わせで献立を発想する。

食感・味付け・熱いものと冷たいものなどを組み合わせる提案。
濃い味や辛い味、または醤油味ばかりだとすぐに飽きちゃうので。
毎食、辛い・酸っぱいなど、工夫しているみたい。
d0339885_12585797.jpg


●我が家の人気メニュー、伝えたいコツのコツ。

特に天ぷらのコツはオススメ。
べちゃべちゃの天ぷらって苦手~。

●1つの素材から7種の味の料理を作る。

茄子を使った7皿とか。
私は焼きなす汁が好き。
d0339885_12585767.jpg


●すぐできるドレッシングで、サラダを献立の主役に。

我が家は一切市販のドレッシングを使いません。
先日も「これ何の味?」って聞いたら「フレンチドレッシング」と答えるので
「市販の?」って聞いたら「いつも塩と酢とオリーブオイルで作ってるでしょ」と
言われてしまった。
セビーチェは、お客さんに出す事も多い。

●オリーブ油とたかのつめとにんにくで万能、ペペロンチーノ。

パスタだけでなく、簡単でいろんな料理に応用できるんだって。
d0339885_12585883.jpg

●野菜だけで立派な1品。素材の味をたっぷり堪能。

夫のおかげで毎日野菜をたっぷり取ってます。

●簡単に作れて食べごたえ十分。スープは立派なおかず。

大豆スープと冷や汁が特に好き。
ぜひ作ってみてね!

●家で食べる麺の楽しみは、自家製のつゆにあり。

出来立てのつゆは香りも高い。
朝、台所からこの香りがしてくると嬉しくなります。

●季節感あふれる果物を食卓に。未知の味わいは、お酒にも合う。

モッツアレラはよくフルーツと合わせてお料理に使いますね。
ここに載ってる「生パイナップルの酢豚」のおかげで
苦手だった酢豚も好きになりました。


その他、コラムやエプロンメモまでと至れり尽くせりですー。

どのお料理も材料は2~3種類。
調味料もどこの家庭にもあるものがほとんど。

あとは、いくつかのコツを知るだけで
絶対おいしい料理に仕上がるはず。

作ってない私が言うのも変ですけど。

だけど、この本に載っているお料理はどれも何度も食べていて
本当に美味しいので、全部作ってほしいです。

この本を読んで、つくづく
「私って毎日おいしいものを食べてるのねえ」って思いました。

夫がキッチンスタジオにこもって作った料理の数々は、
調理・盛りつけは全て夫が担当。

お皿などのスタイリング&写真はプロの方なので、
前作よりも断然きれいで見やすいですよ。

でも我が家のお皿もいくつか登場。
出西窯や谷中の韋駄天で買ったものです。

あっ、コラムには今年2月にハワイにいって
キッチン付きのホテルで食事を作っている様子なども載っています。
(私が撮った写真付き。)

また、日々の夫ごはんは、
写真付きで松尾たいこfacebookファンページで紹介してますのでぜひ♪
作り方や調味料など気になったら聞いて下さいね。

アマゾンではもう購入できるみたい。
(明日届くのかな?)