カテゴリ:この人が好き( 3 )

彼の行動力と地元への愛が、地方の未来を作ると思う

d0339885_12555479.jpg

北山大志郎さんは、地元美浜町で家業の建設業についています。

8年ほど前かな?
夫が仲良くなった福井の起業家さんたちの友人で
そこから繋がりができました。

彼は、解体を頼まれる立派な古民家が多いことに心を痛め
県内の空き家解消に取り組むNPO法人「ふるさと福井サポートセンター(ふるさぽ)
を立ち上げました。

現在は、精力的に「空き家見学ツアー」などを行い
メディアに取り上げられたりと注目され始めています。

でも、彼の取り組みのスタートは、とても地道でした。

空き家ツアーのはじまりは?
とにかく増えていく空き家
壊されていく空き家をなんとか食い止めたい。
そんな思いで、地元の仲間と空き家調査からはじまった。
・・・・
空き家がいくつかあるということは
わかったんだけど、貸してくれるという
選択は実はかなり遠いところにあった。
・・・・
具体的にいえば
仏壇がある。
まだ家財道具がたくさん残ってる。
近所の目があるから貸したくない。
こんな原因が実は多い。

そこのハードルを下げるのに
住むとか貸すとかの選択ではなく
見るっていう選択はどう?
・・・・
とお願いすると見せるくらいならまあええよ

という流れになった。
空き家に関しての最初の壁が実はこのハードルだった。

彼は地元のよさも、問題点もよくわかっています。
そして自治体が動いてくれるのを待つとか
文句をいうとかではなくて
自分ができることからスタート。

今朝、下の記事を読んで、やっぱり彼のような人は
大切な地方の宝物だなあと思いました。

地方の衰退を招く「3つの重大な間違い」とは
民間が行政計画とは関係なく、
まちなか再生などでも活躍をして、それを一人の市民として行政マンも支え、
それが成果を収めていくうちに、自治体を動かし、
行政の戦略へと昇華していくことだって多々あるのです。

北山さんの熱い思いは、いろんな人達を動かしています。

私は、昨年の夏から福井で「千年陶画プロジェクト」をスタートするまで
彼がこんな取り組みをしていることは知りませんでした。

だけど、彼が実際に作った
空き家利活用リノベーションモデルハウス「朱種shu-shu」を見せてもらい
彼が地道に取り組んでいる様子や
卓越したセンスや人を動かすことができる行動力と包容力などに
夫婦共々、すごく共感しているし尊敬しています。
d0339885_12555445.jpg

職種も全然違うのに
なぜだかずっと仲良くさせてもらっている北山さん。

私も、せっかく福井で活動することになったので
福井のよさをアピールしたり、
多拠点生活の利点なども紹介したり
役に立つことができるとうれしいなあと思っています。

いまのところは、私のプロジェクトを応援してもらって
そのおかげで越前町のアトリエも借りれることになったりと
お世話になりっぱなしですけどね。

体が元気だと取り巻く世界も自分の気持ちも変わってくるって教えてくれた

d0339885_12564734.jpg

中津理恵さんは、東京に出てきてからは一番長い付き合いになる友人。

十数年前、東京在住の広島出身者の集まりがあり、
お互い別の友人に誘われて参加。
だけどその集まりがつまんなすぎて端っこにいたら、
同じようにつまんなそうにしてた彼女と意気投合。

自分でセレクト&デザインしたジュエリーを扱う仕事をしていた彼女と、
イラストレーターとして駆け出しの私、
たまに会うとお互いを刺激し合える、いい関係性になりました。

数年前、彼女から体操の教室を開くとの案内が届きました。
「えっ、なんで突然?」
ジュエリーの仕事をしていた彼女と体操が結びつかない・・・。
どれだけ健康になれるかが書いてあるけれど、レッスンは地味そうだし
うーん、あんまり惹かれないなあ~。
だけど虚弱体質でしょっちゅう寝込んでいる私をよく知っている彼女から
「たいちゃんには元気になってほしいの!お願いだからやってみて」
って熱く誘われ、
まあ好奇心もあるから、やってみるかーってところからスタート。

一年ぐらい、会ってなかったけれど
それからは月に3度は体操のレッスンに通い、
プライベートでも食事やイベントに出かけるようになりました。

彼女からは基本的に愚痴や人の噂話など出てきません。
博愛主義者とかではないけれど、気にならないようです。
それは彼女がとても健康的な生活を送り体が元気だから。

私は彼女にすぐに悩みを相談するんだけど
彼女が決まって言うのは
「体が元気になってくると、いろんなことで悩まなくなるよ」
「すぐに立ち直れるようになるの」

そして二年半。

本当に体が元気になり、すっかり前向きな性格になれた気がします。
時には、元のマイナス思考の私が出てきちゃうけれど、その回数は減りました。

これも、あのとき嫌がって尻込みする私の手を
彼女が笑顔で力強くひっぱってくれたおかげ。

だから、理恵さんのことを考えるといつも感謝の気持ちばかりわいてきて
私は素直なので会うたびに
「理恵さん、本当に出会ってくれてありがとう」って言いたくなるんだけど
彼女が逆に「こっちこそだよー。そんなこと言われたら泣いちゃう」
と言うので、最近あんまり言わないようにしています。

だけど本当にかけがえのない存在です。

先日、ある人をとても傷つけてしまって辛くって
彼女に会った途端にワンワン泣いたら、何も聞かずにずっと
「大丈夫だよ」って背中をさすり続けてくれました。

もう少し強くなって、
いつも笑顔でいられるようになるまでは時々甘えて弱音を吐かせてね。

体操も頑張ります。

彼女は、体操に通う女性たちを見ているうちに、
体に何を入れるのかも大切だとあらためて思い、
この春からは忙しい女性のための食の仕組みづくり教室も開催するそう。

私は夫がお料理担当なので、習う必要ないかなーって思っているけれど
お料理が苦手でも、時間がなくても、味付けに自信がなくても
楽に美味しいものを作れることを教えてくれるそうなので、
興味がある方はぜひ。

私が続けているSBM(セルフボディメイキング 骨盤体操)もおすすめ。

詳細はこちら
この体操を一年続けて虚弱体質から脱却!ウエストもくびれた:SBM(セルフボディメイク)

体力がなくてお出かけはすべてタクシー、二日続けてのお出かけは不可、
一週間に一度は頭痛、疲れるとすぐに全身に蕁麻疹・・・
そんな私はもうどこにもいませーん。

同じような悩みを持ってる人には試してみてほしいです♪
取り巻く世界も変わってくるよ。

好き♪「まっすぐに受け止める素直な心」(映画「キボウノトビラ」の主題歌も聴いてね)

d0339885_12570783.jpg

えっと。

私には好きな人がいっぱいいます。
どうして好きなんだろうなあー?って考えてたら
その人たちのいいところや好きなところがいっぱい思い出されてきちゃって
書き留めておきたくなったから、時々書こうかな、と思っています。

今日紹介するのは、佐々木詩菜さん。

彼女は、私が通っている福井の工房の若き責任者。
まだ知り合ってから1年も経っていません。

出会った時の印象は、いっぱいいいところ持ってるのに、
なんとなく自信がなさそうに見えてもったいないなあって感じでした。
30歳の彼女を見ていると、その頃の自分を思い出しちゃって、
会うたびについついアツく語ってしまいます。

「自分でボーダーラインを決めないほうが伸びるよ」
「外見からなりたい自分を作っていけば中身も自然と変わっていくからね」
「やりたいことがあるなら初期投資は大切」
「いろんな立場の人たちとつながっていくと自分の幅も広がって楽しいよ」
などなど。
暑苦しかったかも・・・。

でも、一緒にご飯食べながら話したことを、彼女はいつも熱心にノートに書いていました。
「全部、今の私に必要なことです!」って言って。

もちろん私だけが彼女に影響を与えたわけではないけれど、
彼女はこの一年でどんどん変わっていった気がします。

仕事からそして周りの人からいろんなことを吸収して、
ぐんぐんまっすぐ伸びてて、ヒマワリみたいだなーって思います。
あっ、ヒマワリだと枯れちゃうか。
うーん、他にいい例えがあったら書きなおします。

ただ、真面目すぎるのがちょっと心配。
ポキッと折れないように、時々はサボったり悪態をついたりしてほしいかな。

最近、嬉しいお知らせがありました。

彼女はシンガーソングライターでもあって、全国でライブを行っているのだけれど、
工房での休憩時間にギターを弾きながら歌ってくれたことがあり、
私は寝そべって彼女の歌声を聴きながら「きっとこの日のことを忘れないだろうな」って、
とても幸せな気分に。

そんな彼女のオリジナル曲「うしろ髪を束ねて」が、映画の主題歌になったのです。
すごいー!

三重県志摩市志摩町の、閉校して1年になる越賀中学を舞台にした映画
「校歌の卒業式~キボウノトビラ~」

予告編で彼女の歌声も聴けるのでぜひ。