はじめての福島:(2)御宿かわせみに泊まる

d0339885_13483739.jpg
有名な料理旅館、御宿かわせみへ。

平岩弓枝さんの小説「御宿かわせみ」は
この宿の名前を借りたんだって。

飯坂温泉っていうところにあるの。

紫苑というお部屋、広いお部屋が2つと周りがぐるりと廊下になってて
檜の内風呂と露天風呂。

露天風呂からは雪景色~。
小さな池に鴨がたくさん来てたよ。
d0339885_13483719.jpg

嬉しかったのがアメニティグッズ。
John masters organicsで揃えられていたのだ。

オーガニック系で、私もいくつか愛用してるので
安心して使えた。

この日は、オフシーズンの平日だったので
泊まり客は二組。

廊下でも大浴場(こちらにも露天風呂)でも
ロビーでも誰にも会わなかったな。

もちろん食事もお部屋。

私は部屋食&露天風呂付きが好きなのだ。

ゆったりと夕食スタート。

夫の仕事が一段落したお祝いも兼ねていたので
シャンパンで乾杯。
でもドンペリはさすがに高かったのでヴーヴクリコ。

その後はずっと日本酒。

カラスミも注文した♪
大好きなの。
d0339885_13483768.jpg

ニンニクと小口ネギを乗せても美味しいんだね、初体験。

お料理のメインは毎月変わるんだって。
2月は、虎ふぐ白子と鮑のスッポンスープ炊き。
焦げ目が付いた白子は中がとろりとして絶品。
すっかり温まるねえ。
d0339885_13483818.jpg

器もステキ。

節分にちなんだ盛り合わせは、鬼の小皿だけお盆の外。
(鬼は外ってことで)
おたふくの小皿はもちろんお盆の中。
d0339885_13483851.jpg

白魚のさっと揚げたもの美味しかった。
鶴が羽ばたいてる。
d0339885_13483882.jpg

翌朝はおめざのお水を持って来て下さる。
私が選んだのは、山王水

福島県西郷村の地下水だって。
やさしい喉越し。

サービスも行き届いていて
全くストレス無く
くつろぎまくってしまったわ。

いろんなところに「かわせみ」。
d0339885_13483829.jpg

d0339885_13483888.jpg

のんびり雪を眺め
お湯につかり
美味しいものを食べ
本を読む

これが一番だねー。


★3/1~広島で個展やりますTaiko Matsuo _ Layered

★私のTwittertaikomatsuo
<< はじめての福島:(3)ほうろく... はじめての福島:(1)訪れた場所 >>