星つきシェフが考えたアメリカン・ビーフのオーブンレシピ試食会

d0339885_13474889.jpg
GLOW編集部からのお誘いで
PTKメンバーの一人として参加しましたー。

場所は銀座 ラ トゥール

すごい、ちゃんとフルコースを頂くのね。
d0339885_13474817.jpg

メインは、
アメリカンビーフ サーロインの岩塩包み焼きロースト(オニオンソース)と
ニューヨークカットのペッパーグリルステーキ(マスタードソース)。
d0339885_13474803.jpg

岩塩包み焼きは、中がしっとりしててジューシー。
グリルステーキは、しっかりギュッとした噛みごたえ。
d0339885_13474848.jpg

漠然と国産牛より安いから、
スーパーマーケットでステーキ用なら買うかなぐらいな私だったのだけど
広い農場でその農家のトウモロコシなどメインで育てられてて
コストが抑えられるから安いらしい。

私は元々、あんまり脂たっぷり系のお肉が苦手。
ステーキやとんかつもヒレ肉を選ぶタイプ。

だからこのお肉はかなり好きかも。

勝手にアメリカンビーフって安いし匂いがありそうだしって思ってたけど
全然そんなことなかった。

もちろんこのお肉に合った料理法があってこそだと思うけど。

普段は入れない厨房で、シェフに手ほどきを受けます。
d0339885_13474895.jpg

やっぱりおいしいものを作る場所はシンプルで清潔だなー。

ステーキと岩塩包み焼きそれぞれの作り方を教えてもらいました。

お肉を室温に戻しておくこと。
たっぷりの黒こしょうをふること。
まずは強火でしっかり焼き色をつけること。
仕上げは、10分以上肉を休ませること。
d0339885_13474828.jpg

これが両方のお料理に共通する事。
なるほどー。

そしてアメリカンビーフは、なるべく厚切りのものを調理したほうが美味しいそう。
だけど、ついついそんなに食べられないしって思ちゃうよね。
それを質問したら、
仕上がったお肉を薄切りにして一枚づつラップに包んで冷凍しておけば
サンドイッチの具として使えますよとの答え。

たしかに分厚いお肉は持て余すけど、薄切りにしておけば
ちょっと小腹が空いたときにもすぐ取り出して解凍できて
これに野菜サラダとスープでもつければ簡単ご飯の出来上がりだわ。

こういうイベントのお誘いって初めてだったので
ちょっとおもしろそうーって軽いノリで出かけたけれど
勉強になりました♪

この時のイベントの様子はGLOW8月号の載るそうです。
<< 江國香織さん「犬とハモニカ」川... オリジナル絵本をSNSのお友達... >>