エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
宝庫
いま仕事でスイスのベルンに来ています。世界的な書体デザイナーのフルティガーさんといっしょに仕事をしています。フルティガーさんは、うちの母と同い年で、もうすぐ81歳です。

ベルンでの仕事のやりかたはこんなふうです。たいてい4日間くらい滞在して、毎朝ベルンの駅からバスに乗って出かけていって、2時間くらいいっしょにデザインの調整をして、あとはホテルに戻って続きをやり、翌日の朝一番にコピーセンターで修整した文字のプリントアウトをしてまたフルティガーさんに見せる...こんなふうにしてもう一年以上かけてつくってきた新しい書体ファミリーはもう完成間近です。

ベルンの街はこんなふうです。ユネスコの世界遺産に登録されたくらいで古い町並みや昔の時計塔が残っています。
e0175918_2485835.jpg

建物の外、道路に面したところに地下室への入り口があるのが、ベルンの建物の特徴です。きょう、たまたま入った本屋さんで、「文字についての本を探しているんです」と言ったら地下室に行く入り口の扉を開けて連れて行ってくれました。
e0175918_2492854.jpg
外は半袖でちょうど良いくらいの気温ですが、急な階段を降りた地下室はひんやり冷たくて薄暗い。かすかに湿った古本のにおい。「タイポグラフィ関係の本は奥の方ですから、じっくりご覧ください」と言って行きかけたので店主に写真を撮る許可を得て、階段を上るところを撮らせてもらいました。
e0175918_2494785.jpg
e0175918_250628.jpg

一人になった地下室で探しはじめたらけっこう良い本があって、片っ端からめくってたら1時間くらいかかったと思う。4冊買いました。一番の収穫は、私の大好きなヤン・チヒョルトの本『Schatzkammer der Schreibkunst』(日本語にすると「書の芸術の宝庫」でしょうか)。やったー、これ前から探してたんだ! 私にとってはこの薄暗い地下室が宝の山でした。
e0175918_2502826.jpg
e0175918_250441.jpg

さあ、良い本を買ったらこのあとはまた仕事だ! 明日もフルティガーさんが待っています!
# by type_director | 2009-05-13 19:48 | Comments(4)
ドイツの筆記体も絶滅寸前
私がときどき見に行く 宮里さんのサイト で、欧文(英語圏の)筆記体のことが書かれてました。なんで小文字rがあんな形なのか丁寧な解説付き。

ドイツにはもっとややこしい、こんな筆記体があった! しかもほんの50年前まであたりまえに使われていたんです。
e0175918_18351197.jpg

これは、先週フランクフルトの南にある街ダルムシュタットに行ったとき、ある博物館で展示されていた書類。結婚証明書の写しだそうで、1937年と最後に書かれていたのでたぶんその頃でしょう。これだけ長く書かれていると読みにくい。

これはドイツ筆記体の一種、ズュッタリン筆記体(Sütterlinschrift)で、20世紀前半のドイツではこれが一般的な書き文字でした。学校でも習わされて書いていて、ヘルマン・ツァップ氏も若いときはこの筆記体でノートを書いてました。ツァップさんの奥さんは、ズュッタリン筆記体とその前のドイツ筆記体とは違う、とおっしゃってましたが、私には違いが今ひとつよく分かりません。

e0175918_1821767.jpg

ドイツに来てすぐガラクタ市に行ったとき、このホウロウ製の看板がまったく読めなかったので写真に撮っておいた。いまは読める(自慢にならないけど)。これはデザイン化されたズュッタリンで「Rumbo Seife」と書いてあります。昔の石鹸のメーカーです。こういうのがあるからガラクタ市にときどき行きたくなるんです。

これは最近のガラクタ市で見つけた料理本。買ってきた。いまでもある家庭用の食品メーカー、エトカーの本です。
e0175918_18223785.jpg

表紙の文字はこう書いてあります。
"Dr. Oetker's Schul-Kochbuch" 

e0175918_1823426.jpg

裏表紙はこうです。
Ein heller Kopf nimmt stets "Oetker"!
小文字cは短い縦線1本、2本がnで、そうすると u が n とほとんど見分けがつかないから上に半円形の印をつけて u だとわからせる...だったら最初っから分かりやすく書いたらどうなんだ...同じ縦線2本でも、ちょっと出だしの位置の違うのが e 。そんなわけで、分かりにくいので現在は広告などではほとんど使われません。でもこの字体で手書き文字を書く人はまだいるし、最近の人が書く筆記体でも小文字の u に半円形の印をつける習慣は残ってます。うちの子供の学校からくるプリントとか通知でそういうのがある。さすがにズュッタリンほど読みにくくはないけど。でもこういう筆記体がなくなるのは惜しい気も。

これで中身はというと、ごく普通のドイツ文字です。筆記体と本の文字とはやっぱり違うわけで。
e0175918_18232777.jpg
006.gif
# by type_director | 2009-05-09 11:10 | 筆記体 | Comments(7)
ドイツ連邦政府のコーポレートデザイン
Die Bundesregierung(ドイツ連邦政府) のコーポレートデザイン、政府が発行する印刷物のレイアウト等のガイドラインです。ドイツ語なんですが、適当にボタンをクリックして開いてみるだけでもいろいろ出てきて楽しめます。この Typografie の項目なんか、書体の使用サイズなど細かい指定がされています。

オランダの書体デザイナー、ヘラルド・ウンガーさんと近々打ち合わせの予定なので、下調べしていて見つけたサイトです。

ドイツ連符政府がライノタイプに発注して、制定書体として数年前から使われているのが、彼のデザインした Demos Praxis です。正確にはそれらをちょっとアレンジして、名前も「Neue Demos」「Neue Praxis」です。「Neue」は英語の「new」にあたります。

制定書体(コーポレートタイプ)というのは、企業や団体がロゴやユニホームでイメージを統一するように、特定の書体を使って同じ「声のトーン」で語りかける、という考え方で、ヨーロッパではだいぶ浸透しています。名刺、封筒、カタログやウエブサイトで使われる文字の印象が同じというのは企業イメージとしてプラスなわけです。

このブログをお読みになってる方は、もう「ドイツの政府なんだからドイツの文字でなきゃいけない」、なんていう考え方はしませんよね。そう、書体を選ぶ際に大事なのは、一般の人が見て読みやすいこと、その企業や団体にふさわしいトーンを持っていることです。いいじゃないですか、Demos、Praxis どちらも小さく印字しても読みやすくて、見出しなどで大きく使うと角の丸みのおかげでフレンドリーな感じがしますよ。
# by type_director | 2009-05-01 18:03 | Comments(3)
街角の文字 東京 ロンドン
東京は白山の羽ペン工房のワークショップに向かう途中、良い文字に出会いました。一度通り過ぎてから、何か非常に強い引力のようなものを感じて、引き返して写真を撮りました。良い江戸文字です。これは欧文書体のブログだし、私は欧文書体ばかり気にしてるので日本ではわりとボーッと歩いているんですが、これは撮っちゃいました。
e0175918_1942249.jpg


ちなみに3月のロンドンでは、こんなものばかり撮ってました。
e0175918_1943339.jpg
e0175918_1943513.jpg
e0175918_19442018.jpg
e0175918_1944502.jpg
e0175918_19451761.jpg


地面すれすれにかがみこんでカメラを構える。通り過ぎるロンドナーにはたぶん何が面白いのか分からないだろうけど、私は宝物でも見つけたみたいな気分で撮ってます。この時、嘉瑞工房の高岡さんたち4人を先導して、上の Portland House (1825年頃?)を皮切りに「ロンドンで見逃してはいけない文字ツアー」を1時間くらいやったんです。

ロンドンで見てるのはこんなところばっかりです。
# by type_director | 2009-04-25 12:34 | Comments(0)
羽ペン作り体験(日本で)
日本に行ってました。東京では、親しい人たちとの夕食会なども含めて予定がびっしりで、あまりあちこち見ては歩けなかったんですが、 東京は白山の 羽ペン工房 というところで開かれた「羽ペン作り体験」ワークショップに参加してきました。もちろん事前に申し込んでおいたんですが。

この日の講師の岡本さんは英国仕込み。教え方も優しくて、ゆっくりなので初心者の私でも他の参加者の迷惑にならずについていくことができました。

これは私がつくった羽ペンです。白鳥の羽を削って、インクのもちがいいように、中にはコーラの缶でつくった reservoir (日本語でなんて言うの?墨だめ?)が入っています。
e0175918_2254839.jpg


試し書きをしたら最初は先が割れちゃって、なんか予想に反してデコラティブな感じの線が書ける... でもねらいはちゃんとした字の書ける羽ペンだったので、岡本さんの指導に従って削りなおして、普通に書けるように直しました。普段はコンピュータ上でデジタル書体のデザインばかりしているので、久しぶりに「道具を手でつくってる!」という実感がありました。

岡本さんは、私もロンドン滞在時代に一度はあこがれた Roehampton のカリグラフィ学校を出ていらっしゃるので、本場で習得してきた本物の技術を教えてもらえるってわけです。しかも日本で。日本語で。
いい時代になったなあ。
# by type_director | 2009-04-20 19:16 | Comments(2)