エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
U と V
フランスのストラスブールに行ってました。この写真はストラスブールに行く前に立ち寄った小さな村で撮ったもの。このへんはワインの名産地です。これはレストランで、「WISTUB DU SOMMELIER」と書いてありますが、U が V になっています。
e0175918_1824211.jpg


これはストラスブールの街の中にある橋。「PONT KUSS」ですが、ここでも V で綴られています。なぜでしょう。
e0175918_18245020.jpg


いっきに2000年前にさかのぼります。古代ローマの遺跡には、U の字がありません。このころはまだ U の字がなくて、発音の違う「U」も「V」も同じ V で表していました。だから、ローマで撮ったこの写真の「AVGUSTA」は「AUGUSTA」のことだし、
e0175918_1826860.jpg


これはフォロ・ロマーノですが、この2行目の「AVG」も「AUG」つまり初代ローマ皇帝アウグストゥス(在位 BC 27–AD 14)のことでしょう。アルファベットの文字のなかでも、U は新参者なんです。「U」の発音を表す文字として V と区別して使われはじめたのは大ざっぱに1700年前後らしいです。
e0175918_18252632.jpg


つまり、「歴史があるぞー」と言いたいわけです。
「WISTUB DU SOMMELIER」や「PONT KUSS」は、2000年前のものではないでしょうが、碑文みたいな雰囲気を出したいわけで。

ストラスブールの大聖堂の壁に人の名前がびっしり彫ってありました。
e0175918_1826375.jpg

2行目は SULTZ が V で綴られています。
左下の四角は
  BARTHOLO
  OMAEUS ZIM
  MERMANN
  AUS CASSEL (AVが合わさっている点に注意!)
と書かれています。カッセル(ドイツの街の名前、いまは Kassel と綴る)のバルトロメオ・ツィンマーマンさんですね。

右下の四角は
  JACOB
  DÜRNINGER  (IN が合わさっている点に注意!)
  JÜNGER
  1763
です。ありがたいことに彫られた年が分かる。ヤコブ・デュルニンガー(Jünger = 若い方、ということだから日本風に言えば「二代目」でしょうか)さんです。ここで V と U とが両方出てくるところが面白い。あ、そういえば J も新参者でした。「IACOB」となってますが「JACOB」のことです。でも、U を V とするのはよく見かけるけど、J を I としてあるのはあんまり見ない気がする。

U を V と綴ったファッションブランドの BVLGARI は今年創立125周年らしいです。ライノタイプより2歳年上。
# by type_director | 2009-06-05 12:27 | Comments(4)
目の錯覚の話
目の錯覚をさりげなく補正するためのトリック、書体デザインの大事な部分です。

たまたま子供といっしょに目の錯覚の話をしていて、アルファベットのXの字は実は2本の斜め線がつながっていない、という話になって、雑誌『デザインの現場』6月号のためにつくってあった図版のうち下の図を12歳の長男に見せたら目が輝いていました。

図左2点は、太い斜め線を2本重ねたもの。右2点は書体として発売されている文字 X の典型的な例。
e0175918_2431646.jpg
このように線が交差する場合、線がつながって見えるように、線を意図的にずらします。ままた黒みが集中しないように、太さも中心に近づくほど細くなるようにします。青のガイドラインを引くことで、どのくらいずらしているかがハッキリ分かります。

...というようなことを含めて私が欧文の文字デザインの初歩的なポイントを4ページ書いた『デザインの現場』6月号は、特集「文字のつくりかた」です。

和文の文字デザインにはもっと多くのページを割いていて、良質な日本語書体で定評のある 字游工房 の鳥海さんが和文書体のデザインの秘訣を書いています。けっこう細かく書かれていて、これで文字デザインの基本的な見方がわかるようなユニークな特集です。

実は4月に休暇で日本に行ったとき、この特集の件で鳥海さんとちょっと打ち合わせもしていたんですが、アルファベットと日本の文字と、秘訣と呼べるような部分がけっこう共通しています。前から気づいてはいたんだけど、あらためて記事にして並べるとそれがよく分かって面白かった。
# by type_director | 2009-05-27 18:59 | 文字のしくみ | Comments(13)
世界的な書体デザイナーって(3)
パート2では、フルティガーさんの書体のうち Frutiger だけにしぼってベルンを見るとこうなる、というものですが、フルティガーさんの他の書体だってもちろん見かけます。

パート2の上から2枚目の写真、ベーレン広場の市場の様子が写ってましたが、その背景にある建物は Vatter という自然食指向スーパーマーケットとレストランです。そこで使われているのはフルティガーさんの書体 Vectora (ベクトーラ)です。
e0175918_2017598.jpg
ちなみに、ここのレストランはビュッフェ形式で食べられます。飲み物のおすすめは「リンゴとショウガのジュース」です。

Vectora の例もうひとつ。これはベルン郊外 Wankdorf にあるサッカー場とショッピングセンターとの複合施設。
e0175918_20175062.jpg

e0175918_2019898.jpg

このブログのタイトル写真もここで撮ってます。
e0175918_20194884.jpg

この書体の特徴は小文字が大きくて、大文字との差があまりないので、単語のデコボコを少なく抑えられることです。長文には不向きですが、小さいサイズの印字にも向きます。

こんなふうに、フルティガーさんの書体のうち2書体を軸にベルンを回ってみました。
じゃあまた別の書体は...てやってるときりがないので、このへんで。
# by type_director | 2009-05-26 13:13 | Comments(0)
世界的な書体デザイナーって(2)
ここでちょっと、路地レベルで出会える「フルティガーさんの仕事」を私の視点で表してみます。世界中どこでもいいわけですが、しぼりやすいところで、フルティガーさんの住むベルン市で見てみましょう。ベルンはこんな小さな街です。
e0175918_1418089.jpg


ベルンの駅を出ると観光案内のボードが。これがフルティガーさんの書体 Frutiger です。
e0175918_1747640.jpg
街の中央の市場の立つベーレン広場にも。街のあちこちに案内板があります。
e0175918_1420525.jpg


そのベーレン広場にある金融大手の UBS の制定書体はWalbaum(ワルバウムまたはドイツ語式発音でバルバウム)と Frutiger 。
e0175918_133593.jpg
隣のショウウインドウに見えているのはスイス郵便の広告ですが、スイス郵便の制定書体も Frutiger です。ロゴもフルティガーさん作。
e0175918_13562797.jpg

ベルン市のバスの制定書体も Frutiger です。
e0175918_13573533.jpg
雨上がりのバス停で。路線図。
e0175918_1359621.jpg

街の道路名や案内も、
e0175918_1447834.jpg
スイス全土の道路標識も、数年前から Frutiger を若干アレンジした特注書体のものに変わりつつあります。
e0175918_15155358.jpg


こんなふうに、フルティガーさんは街のいたるところで自分の書体 Frutiger を目にしているわけです。音楽家にたとえたら、どこの街角でも自分の音楽が聞こえるみたいなもんでしょうか。バッハやモーツァルト? ビートルズ? でも、フルティガーさん本人の顔はほとんど知られていないと思っていいでしょう。そのへんが他の有名人とは違うところです。
# by type_director | 2009-05-24 14:24 | Comments(0)
世界的な書体デザイナーって(1)
このブログを読んでいる人にどこまで伝わるかな?と疑問を持ちながら書くことがあります。例えば「世界的な書体デザイナーのフルティガーさん」と書いても、デザイン業界の人でない限りそれがどういうことなのかっていうスケール感がつかめないかもしれない。だいたいフルティガーさんってどういう書体をつくったか、どこが新しいのか、とかも。

まず、フルティガーさんの名前を不動のものにしたこの書体について、ちょっと解説です。
e0175918_17352797.jpg

フルティガーさんのこの書体、 Frutiger といって彼の名字がそのまま書体名になっています。
e0175918_1341879.jpg
上の写真は現在のパリのシャルル・ド・ゴール空港です。この空港のサイン用書体として1968年から開発に着手、開発のコンセプトは「文字が矢印のように明快であること」でした。書体として一般向けに発売されたのは1976年です。識別性に優れていて、現在もいろんな空港で使われています。私の知っている限りでは、アムステルダム・スキポール空港、2008年の第5ターミナル開港にあわせてこの書体をアレンジして導入したヒースロー国際空港、韓国のソウル国際空港、あとは空港じゃないけど日本の JR の番線(プラットフォーム)表示とか。駅名のローマ字表記は別の書体だったと思う。

それまでのサンセリフ体、日本語だと角ゴシック体は、この Helvetica (ヘルベチカ。1957年に発売)みたいに、動きがなくてカタイ感じのものがほとんどでした。日本の JR の駅名はたしか Helvetica だったかな。
e0175918_17273433.jpg

なので、Frutiger のオープンで明るいデザインは画期的でした。文字の中の空間部分が広いので、とくに数字の3と8、6と9など、悪条件下で識別しにくくなる文字も分かりやすいのが利点です。試しに Akzidenz Grotesk (アクツィデンツ・グロテスク。もとは1896年のデザインだそうです。スイスのチューリッヒ国際空港で使用)とHelvetica と Frutiger とを同じようにぼやかしてみると...
e0175918_13564545.jpg

ね。これだけぼやけても、Frutiger はまだ読み取ることができます。

Frutiger 書体以降、人間的な柔らかい曲線を生かしたサンセリフ体がどんどんつくられます。つまり19世紀に誕生してからずっと垢抜けなかったサンセリフ体の新しい時代をつくった、まさにマイルストーン的な書体です。これが空港以外でどんな使われ方をしているか、パート2で書きます。

-----
ちなみに、ヒースロー空港で使われている Frutiger をアレンジした書体については、5月末に発売予定の雑誌『デザインの現場』6月号に写真と図版つきで詳しく載ります。取材と文は「これ、誰がデザインしたの?」の渡部さんと三宅さん。そちらもご覧ください。
# by type_director | 2009-05-23 06:58 | Comments(4)