エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
書くときの数字と印刷用の数字
現在連載中の雑誌『デザインの現場』で、「欧文書体のつくりかた」6月号の数字のデザインについての原稿をおととい書き終えました。そうしたらすぐに編集部の宮後さん(こちらの オフィシャルブログ を書かれている方)から質問がありました。

「たとえば、数字の1は書体によって、大文字Iみたいに一本線のものや、 頭と足にセリフがついたものがありますが、 どっちのデザインにするかは何で決まるのでしょうか?」

じつに良い質問です。サンセリフ体の1の脚にセリフが付いていても、別におかしくはないけど、たしかにまったくの縦棒の1もあります。これは Gill Sans(ギル・サンズ)です。
e0175918_5155993.jpg


国によって「かきかた」とかで教えている数字が違うとか、郵便番号に使う数字とかが違うのも同時になんとなく感じていますが。アメリカと日本は郵便番号の見本になっているのは1は縦棒のみですよね。

これはロンドンで。フリルひらひらみたいなのポンド記号の右隣に、なんか味気ない縦棒のみの1。飾りをつけようと思わなかったのか?
e0175918_515463.jpg

ドイツだと、1の左上のくちばしが非常に長かったり、そうすると7にどんどん近づくからか、7に横棒を入れたりします。また0(ゼロ)は一筆で書いたあとにてっぺんから右方向に伸びる線とかが入ります。こんなふうに。
e0175918_5162786.jpg
うちの子供が行っている現地小学校でもそういう0の書き方を指導しています。しかし一般的な印刷物ではそういう0の書き方をしない。つまり書き文字と印刷用の文字とをどこかで器用に使い分けているみたいで、別にそれで不便は感じません。
ちなみにこのジャムはフランス製です。フランスでもこのデザインの数字なのか、ちょっと気になります。

そういう「書き文字」に見られる特殊な字形は、あんまり書体デザインに採用されないんですが、採用された例を最近私が関わったプロジェクトから。

Zapfino(ツァプフィーノ)という書体が Mac OS X 以降に搭載されていますが、ゼロが2種類入っています。私はこれをツァップさんといっしょにつくっていたのでよく知っているんです。
e0175918_5183541.jpg

DIN Next(ディン・ネクスト)は、ドイツの高速道路などに使われているドイツ工業規格の文字をベースに現代的なデザイン処理を施したライノタイプの新書体です。1と7,その他にも6と9に2種類の形があります。
e0175918_5191281.jpg


DIN Next は、うちのこれまでの「ネクスト」書体の中でもっとも短期間で売り上げを伸ばしているそうです。この丸いバリエーションもおすすめです。
e0175918_5202873.jpg

# by type_director | 2009-04-02 05:14 | Comments(2)
大文字?小文字? その2
たまたまロンドンで見かけたので。こういう字形の大文字Uもありです。
e0175918_5563017.jpg

# by type_director | 2009-04-02 05:02 | Comments(0)
ロンドンの活字博物館
ロンドンの南にある Type Museum です。3月25日に嘉瑞工房の高岡さんたちやカリグラファの友人たちと行ってきました。
e0175918_1542271.jpg

もちろん、活字のできる行程とかモノタイプの仕組みとかもデモンストレーション付きで見せてくれるんで、カリグラファの友人たちにはそちらの方がウケがよかったみたいですが、個人的に一番テンションの上がったのが、Stephenson & Blake (スティーブンスン・アンド・ブレイク)の活字のパンチ(父型、または種字)やマトリックス(母型)倉庫です。これは私がこの博物館を10年くらい前に見学したときにはなかったけど、その後スティーブンスン・アンド・ブレイク社がやめちゃってから引き上げてきたものだそうです。
e0175918_15433150.jpg
e0175918_15441494.jpg
e0175918_1641891.jpg

じつは私は1993年ころにスティーブンスン・アンド・ブレイク社に直接行って、その時はまだ細々と営業を続けていた同社の社長の案内付きでこの倉庫を見ているわけですから、この棚たちとはこれで二回目の対面になります。無事でよかった。

スティーブンスン・アンド・ブレイク社で、社長と一緒に倉庫に行くときに、中が薄暗い旧式の狭いエレベーターに乗りこんで、蛇腹式の鉄格子みたいな扉をガラガラガチャンと閉めたあとで、社長に「これからトゥーム(tomb:墓、納骨堂)に行くぞ」と言われたときはゾクッとしました。「なんでトゥーム?」と聞いたら社長さんは「ここにボディが眠っているから」と言ってにやりと笑いました。シャレなんですよ。body は「死体」と「活字の本体」とをかけたわけです。

この棚はハリー・ポッターの映画でも使われたとか。
e0175918_15441291.jpg

引き出しを引っ張り出して見ると、こんな書体がありました。
e0175918_15501368.jpg

ドイツの家に戻って、うちの本棚のスティーブンスン・アンド・ブレイク社活字見本帳に同じ書体があるかなと思って探してみたら、「Lining Old Style Grotesque」という名前で出ているのが近い。これも「グロテスク」って呼んでたんだ。書体の名前なんてけっこう適当につけたんだなあ。
e0175918_15521618.jpg

ロンドンの観光ガイドには絶対載らない活字博物館。ここは一日いても飽きないところです。

活字製造の工房においてあった椅子が良い形をしていた。ちょこっと腰掛けるのにちょうどいい。私は普段は立って仕事しているので、椅子は要らないんですけどね。
e0175918_20475815.jpg

# by type_director | 2009-03-29 08:15 | 金属活字 | Comments(0)
ツァップさん宅と活版印刷工房を訪問
ロンドンのホテルからの更新です。いま一週間の休暇をとっています。なのでごく簡単な報告です。

日本から嘉瑞工房の高岡重蔵先生・昌生さん親子とデザイナーの立野さんが遊びに来ていて、ドイツでの3日間はうちに泊まっていただいて、3月24日にいっしょにロンドンまで来ました。

ドイツでは、3月22日の日曜にヘルマン・ツァップさん宅を訪問しました。そこで3時間、どんなことを話したか、それはもう、このブログでは書ききれない。いずれまとめる機会をつくって、そこでちゃんと書きます。

翌23日には 映画『Helvetica』の冒頭のシーンで登場するマンフレット・シュルツさんの工房を見学。活字を一本一本拾って Helvetica と組んで印刷するあの人です。あの映画の冒頭のシーン、じつに良いですよね。

マンフレットと私はその映画が縁で友達になったんです。工房はいま資金難で、これまでやっていた定期的なワークショップを開いていないということですが、今回は特別に開けてくれました。これはマンフレットの工房で撮った写真です。これは8ポイントの Wilhelm Klingspor Gotisch の大文字の W 。後ろでほほえんでいるのがマンフレット。
e0175918_1726326.jpg

花形の活字。
e0175918_17275350.jpg

インキのローラー。
e0175918_17283477.jpg

こんなものを用意していてくれました。マンフレットが電話で「日本語では Domo arigato gozaimasu っていうんだろう?」ってしつこく聞いていたのはこのことだったのか! これはその場で刷ったものです。
e0175918_17382887.jpg


ロンドンでは、空港からホテルについて荷物を下ろして、まっしぐらにチャリングクロスの古書店街へ。良い収穫がありました。さて、きょうはこのあとロンドンのカリグラファたちといっしょに活字博物館に行く予定です。
# by type_director | 2009-03-25 08:23 | 金属活字 | Comments(0)
「の」の字
教科書を目指していないブログなのに、ここまでけっこうしっかり書いてしまいました。書きたいことがいろいろたまってたんです。この調子で続けるのかと思われてもちょっと困るので、ここらでサラリと流す感じの話題を一つ。

2週間前に行っていた中国の珠海と香港で気がついたこと。中国の雑誌やポスターの見出しに、ひらがなの「の」の字を使うのが流行っている。案内をしてくれた中国のデザイナーによれば、中国の人も「之」と同じ意味と解釈していて、わかるんだそうです。
e0175918_2148155.jpg

# by type_director | 2009-03-16 21:45 | Comments(2)