エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
書体は特定の国の雰囲気を持ってるの? その3 Univers
e0175918_2046420.jpg

日本では、「Univers はオランダの書体」って噂もウェブサイトに載ってたりします。そんなナンセンスな話がどこから来たのか見当もつきませんが、これも間違いです。ヨーロッパでそんなこと言っている人はいません。

この書体のデザイナーはスイス生まれのアドリアン・フルティガーさんで、フランスの活字会社に招かれて、この書体を 1957年に発表しました。スイスでも、もちろん使われてますよ!

これはフルティガーさんと書体の制作をするためにスイスのベルンに行っていたときに見つけたもの。 bls というのはスイスで最大の私鉄です。
e0143570_03868.jpg

bls の時刻表の表紙も Univers です。
e0143570_0424378.jpg


ベルン市の教育・スポーツ局の入り口。ガラスが局面になっていてちょっと分かりづらいかもしれませんが、間違いなく Univers です。
e0143570_0545138.jpg


ちなみに、チューリッヒの観光案内所でもらってきた何冊かのガイド地図のうち、2種類は Univers で組まれていました。
e0175918_15571249.jpg

e0175918_15501531.jpg

これはチューリッヒの劇場のチラシ。ぜんぶ Univers です。
e0175918_14395418.jpg


スイスを離れてドイツへ。これはドイツのフランクフルト国際空港で使われている Univers です。あたりまえですが、スイスやドイツだけでなく世界中で使われています。
e0175918_16454561.jpg

# by type_director | 2009-03-16 05:45 | 書体が特定の国の雰囲気? | Comments(0)
書体は特定の国の雰囲気を持ってるの? その2 Helvetica
e0175918_20481182.jpg

2009年2月に大阪と東京で開かれた展覧会「ヘルベチカ・フォーエバー」のギャラリートークでもちょこっと話しましたが、「Helvetica はスイスの国家的書体」なんてことは決してありません。たしかにスイスでつくられ、「Helvetica」という名前も「スイスの」という意味なんですが、Garanond、Caslon、 Bodoni と同様に Helvetica も世界中で使われる書体です。

Lufthansaドイツ航空のハガキです。Helvetica で組んだだけのロゴを、こんなにも誇らしげにアップにする会社って他にある?
e0175918_07723.jpg
Lufthansa は機内誌もチケットもすべて Helvetica。
e0175918_075776.jpg

Air France の機内食メニュー。Helvetica の細いウェイトをこざっぱりとおしゃれな感じで使っていました。たしか3年くらい前のもの。
e0175918_095867.jpg

少し前まで、ドイツ鉄道も Helvetica を全面的に使っていました。数年前からは特注書体に切り替えましたが、まだあちこちに残っていますよ。これは 2008 年末に撮ったドレスデンの駅。
e0175918_0113861.jpg

列車遅延の証明と運賃払い戻しについての説明書き。私のこれまでの経験では、この紙をもらえるチャンスは高い。うれしくないけど。
e0175918_0145916.jpg

ロンドンの新しい名物、大観覧車「ロンドン・アイ」のロゴも Helvetica の細いウェイトでした。施設は料金表に至るまで Helvetica。
e0175918_0163018.jpg
e0175918_15552976.jpg

Helvetica の例のしめくくりはニューヨーク地下鉄の切符。
e0175918_17131977.jpg


逆に、スイス最大の国際空港、チューリッヒ空港は何の書体を使っていると思いますか? 
e0175918_6205032.jpg
e0175918_622422.jpg

Akzidenz Grotesk(アクツィデンツ・グロテスク)です。ドイツの活字会社 Berthold 社の19世紀からのロングセラーです。
e0175918_20512481.jpg

これで分かるとおり、「Helvetica はスイスの国家的書体」なんてことはないんです。
# by type_director | 2009-03-16 04:37 | 書体が特定の国の雰囲気? | Comments(0)
書体は特定の国の雰囲気を持ってるの? その1 Bodoni, Caslon など
いくつかまとめて、ちょっと長い話を書きます。日本のデザイナーの皆さんに、ぜひ最初に知っておいてほしいんです。

日本でよく聞かれる噂話ですが、「Bodoni(ボドニ)はイタリア、Caslon(カスロン)はイギリス、Helvetica(ヘルベチカ)はスイスで生まれた書体だからその国で使うもの」なんてことは決してありません。その辺のことをドイツ人の友達と話したら、結局「タイポグラフィはそんなに簡単じゃない!(笑)」というところに落ち着きました。イタリアの人がつくった書体はイタリアのイメージのはずだ、と考えるのは単純すぎるんです。

私はワインに詳しくありませんが、詳しい人になると「イタリア料理にはイタリアのワインが合う」なんて大ざっぱなことは言わないでしょう? 料理が肉だろうが魚だろうが、イタリアのワインだったら赤でも白でも、辛口でもなんでもいいなんて。

だから、書体を選ぶ際に産地じゃなくてその書体の性格で選ぶのは全然問題ないんです。「かわいい」とか「なんとなくおしゃれ」「力強い」という感じで、形からくるイメージでいいじゃないですか。少なくとも大間違いではない。ちょっと例を見てみましょう。

イタリアのファッション雑誌。使われているのは Bodoni ではなく、 H&FJ Didot(ディド)。つまり、フランス人ディドがつくった 1800 年前後の活字を元に、アメリカのデザイナーが現代的な感覚でデジタル化したものです。
e0175918_2340835.jpg

イタリア人ボドニがつくった、やはり 1800 年前後の活字に忠実にデジタル化した ITC Bodoni を使って優雅さを出しているドイツのファッション雑誌。
e0175918_1710623.jpg

イギリス人のカスロンが 18 世紀につくった活字をベースにした Caslon を使って、ちょっとクセのあるエレガンスを表現したフランスのファッション雑誌。
e0175918_1654843.jpg

# by type_director | 2009-03-16 03:52 | 書体が特定の国の雰囲気? | Comments(0)
小林章の欧文書体・使用例
書体デザイナーの密かな楽しみは、買い物先や旅先で自分の書体に思いがけず出会うことです。ここでは自分の書体の使用例だけを集めました。ときどき付け足すつもりです。

書体の名前の最初についているのは、書体メーカーの名称あるいは略称です。
 FF: エフ・エフ。フォントショップ (FontoShop International)のこと。
 ITC: アイ・ティー・シー(International Typeface Corporation) 。
 Adobe: アドビ・システムズ (Adobe Systems)。


FF Clifford(クリフォード)
カンヌ映画祭のグランプリ、 パルム・ドールのロゴに使われているのも Clifford です。
この書体は私が欧文書体設計家になるきっかけでした。1994 年からコツコツつくって改良を重ねて、97 年にほぼ完成して、しばらくは放っておいたんです。1997 年末にアメリカの大手書体メーカー ITC 社の書体コンペティションがあったのでそれに応募しました。自分を宣伝する良いチャンスだと思ったので。翌98年春に届いた結果は、本文部門で一位、コンペティション全部門でもグランプリというものでした。これはその時の雑誌『U&lc(アッパー・アンド・ロウアーケース)』での結果発表の記事。
e0143570_23303218.jpg

使用例です。米国の雑誌『Reason』、アートディレクションはエリック・シュピーカーマン。彼も Clifford のファンです。
e0143570_23425752.jpg
e0143570_2348628.jpg

これはベルギーの美術学校でワークショップを開いたとき、そこのホテルで見つけた展覧会のパンフレット。残念ながら時間が無くて展覧会には行かれませんでした。
e0143570_23503128.jpg

子供向けの本。古代ローマのことを解説しています。タイトルも本文もすべて Clifford で組んでありました。
e0143570_15102456.jpg
e0143570_15105865.jpg

これは 2009 年3月、香港の空港で見つけたペーパーバック『The Clique』。Clifford が使ってあったのはタイトルだけで、本文はなんか変な書体で組まれていて読みにくかった。
e0175918_1652252.jpg


ITC Woodland(ウッドランド)
角の丸い、柔らかさを持ったサンセリフ体です。食品のパッケージに使われているのを見かけます。これは子供向けのヨーグルト。DUO の部分に使われてます。
e0143570_14575355.jpg

これはかみさんがたまたま買ってきた子供向けシリアル。丸く組んであるところが Woodland です。
e0143570_1458278.jpg

子供向けのスイスの文化や生活の紹介本。スイスで見つけた。タイトル「Schweiz(スイス)」の文字が Woodland 。
e0143570_1505473.jpg

イケアという家具屋さんのなかのレストランで。飲み物のうち、子供が好きなリンゴジュースの炭酸割りのラベルが Woodland でした。
e0143570_153529.jpg



ITC Luna(ルナ)
一時期、Mac OS のシステムフォントとして搭載されていて、いろんなところで使われたようです。これはチョコレートのロゴに使われた Luna。フランスで見つけました。パッケージが違うのは、時期を変えて2回買っているためです。
e0143570_0131384.jpg

2007年12月、中国の北京で書体コンテストに審査員として招かれて行ったとき、近くにあったショッピングモールで。
e0143570_0141049.jpg



ITC Magnifico(マグニフィコ)
イギリスで見つけた CD。曲も「Riot Radio」がなかなかよかった。
e0143570_0182285.jpg
e0143570_0191831.jpg



FF Acanthus(アカンサス)
スイス、ベルン市の郊外にある Zentrum Paul Klee(パウル・クレー美術館)の売店で。 「Paul Klee」の部分が、Acanthus Open です。
e0143570_23572979.jpg

2008 年のアドベントカレンダーに使われていました。
e0143570_1473136.jpg

e0143570_148999.jpg
タイポグラフィ関係の書籍でおなじみの Verlag Hermann Schmidt から。実はツァップさんの誕生日パーティでこれを持ってきた人がいたので、それで初めて分かって、うちでも買ったんです。普通は24の扉があって、クリスマスイブまで一日ひとつ扉を開けていくのを楽しみにするわけですが、これの場合は26まで。アルファベットの文字数と同じです。これはカレンダーの裏側。「アドベントカレンダーは子供向けのものばかりでいいのか?」みたいなことが書いてある。
e0143570_1463318.jpg
e0143570_1465854.jpg



Adobe Calcite(カルサイト)
2008年3月、イタリアのローマに行ったときに見つけました。フィウミチーノ空港での広告です。
e0143570_02638.jpg
e0143570_024064.jpg

2008年4月と8月、スイスのベルンで見つけた子供向けのワークショップのパンフレット。
e0143570_23555911.jpg
e0143570_23565525.jpg



ITC Silvermoon(シルバームーン)
2008年1月、ドイツのハンブルクの本屋で見つけた、『Fashion Slaves』(ファッション奴隷)というタイトルのペーパーバック。s のところにハンドバッグが引っかかってる。
e0143570_045415.jpg

# by type_director | 2009-03-15 08:01 | 小林章の欧文書体 | Comments(0)
中国の珠海で講演
北京師範大学珠海分校国際コミュニケーションデザイン学院のお招きで、日本から中国の珠海へ。
e0175918_136321.jpg

3月3日、朝10時から北京師範大学珠海分校内のスタジオで書体デザインについてのインタビューのビデオ収録。30分以上は話したと思う。陳さんの質問が良く、いい内容の話ができました。左が質問を読む陳さん。
e0175918_1283479.jpg

とにかく学校が大きい。これは学内を走る電気自動車。そうでないと歩いて20分くらいかかりそうです。この後ろに見える建物の中で、19時から講演しました。19時から22時くらいまでという時間の設定もスゴイ。
e0175918_1343413.jpg

400人収容という講堂にどんどん学生が入ってくる。
e0175918_1363938.jpg
この写真を撮ったあとさらに30人くらい入ってきて、始めるときには立ち見の人も数人いた。まずは北京師範大学珠海分校国際コミュニケーションデザイン学院の名誉教授に選ばれたということで、セレモニーがあって証書をいただきました。渡してくれた副院長の張先生によると「アジア人で欧文書体デザイン界の第一線に立っているということが評価された」ということです。
講演は1時間45分くらいしゃべって質疑応答に切り替え、10くらいの質問に答える。くだけた感じで、笑いも交えて話ができた。ローマン体大文字のデモンストレーションでも学生の反応も良かった。ポイントは、「文字の成り立ちはゴタゴタ言わずに書いてみれば分かる」です。「日本人でも中国人でもヨーロッパ人でも関係ないよ」とも言いました。

終わったあとでサイン攻めにあって30分くらいはこんな状態で、ハンカチで汗を拭きながらサインしてました。日本語を話す女子学生から「コバヤシセンセ、ニンキ!」と言われました。この写真は翌日に学校からいただいたもの。真ん中の奥の頭が私だと思います。
e0175918_1658628.jpg

# by type_director | 2009-03-07 17:11 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(0)