エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
各国の「止まれ」の標識を比べてみた

今年は、公共サインについて考えることが多い年でした。公共サインについての大きな講演を二つしています。

まず1月に、日本サインデザイン協会のフォーラムで、日本の公共サインの英文の表記について話す機会をいただき、翻訳家の田代眞理さんといっしょに登壇しました。田代さんは英文表記について、私はデザインの視点からサインの英文の書体の選び方や使い方についてやや辛口の提案をしました。

そして11月には、エコロジー・モビリティ財団の主催する「バリアフリー推進勉強会」で、サインの文字の読みやすさについて、ドイツの新しい DIN1450 規格の考え方と照らし合わせながら日本のサインがまだまだ改良の余地があるという話をしました。そのときのスライド資料の一部がこちらで公開されていますので、興味のある方はどうぞ。(実際の講演では、DIN1450 規格の中身について解説をしましたが、 公開用資料では著作権の関係で割愛している点をご了承ください)

いずれの会も、たくさんの方にきいていただきました。質疑応答のコーナーや懇親会では、普段のデザイン関係の講演ではなかなか出会えないような参加者の方からもたくさんのご質問や励ましのお言葉をいただいて、勉強になりました。

そして今年の12月には、日本の「止まれ」「徐行」の標識が英文の入ったものに変更されるという知らせが入ってきました。この記事の図を見ると、左右をやたらに詰めたがる日本の公共サインのクセがここでも出てしまっています。左右を詰めてその結果タテの線がヨコよりも細くなっちゃう。

比較しやすいように図を転載します。

e0175918_18205805.jpg

このやり方って、「高さ」だけ必死でクリアして、実際の読みやすさのことは考えられていない気がするんです。「上げ底英文」とでも言ったら良いでしょうか。

さて、私が写真で集めている各国の「止まれ」の標識を比べてみましょう。一部は、私の本『まちモジ』(グラフィック社)の中でも取り上げています。

これは2点とも私の住んでいるドイツ。
e0175918_18152588.jpg
左・右の順で、イタリアとスペイン。
e0175918_18155518.jpg

フランスとルクセンブルク。
e0175918_18191953.jpg
イギリスとオランダ。イギリスの例はロンドンで、後ろに赤いバスが走っています。イギリス在住のカリグラファー、橋口さんに撮ってもらいました。
e0175918_18331482.jpg

ベルギーとトルコ。トルコ語の「止まれ」です。でも赤の八角形は他の国と共通。
e0175918_18233837.jpg

2点ともアメリカ。左はミルウォーキー、右はニューオーリンズ。
e0175918_18200822.jpg
ここでご覧いただいたとおり、アルファベットを普段から使っている国では、縦長の字形を使っていても、タテ線が細くなっちゃうような過ちは犯していないことに気づかれると思います。この件は前から気になっていて、ブログではこちらに、また「バリアフリー推進勉強会」の公開資料でも細かいことを書いています。





by type_director | 2016-12-31 10:00 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(1)
公共サイン、道路の名前に合わせて長さを調整できる枠
昨日は小雨の降る寒い一日でしたが、一年ぶりくらいにフランクフルトの南側をちょっと歩いてきました。

前にこの記事で書いた、道路名の表示の「中途半端な長さでも対応できるように長さを調整できる枠」の使用例に出会うことができました。
e0175918_18205287.jpg

e0175918_18064164.jpg
e0175918_18131506.jpg

径の違うパイプを使った2つのU字型の枠を組み合わせているわけです。専門業者のサイトではこの形式の枠に Teleskoprahmen つまり望遠鏡式取り付け枠という名前がついています。

クリスマスの飾りもいっしょに。
e0175918_18352557.jpg





by type_director | 2016-12-23 11:02 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(1)
嘉瑞工房の高岡昌生さんのインタビュー
日本はいま「活字ブーム」という話を聞くことがあります。
嘉瑞工房の高岡昌生さんがこのインタビューでこんなことを言っています。

「そもそも活版印刷というのは目的ではなく、良い印刷物を作るための手段なんです。なので、一過性の『ブーム』にはしたくないという思いがあります。」


書体デザインや書体選びも、「こんなすごいデザインをやっている(私ってスゴイ)」「こんなに考えて書体を選んだ(私ってスゴイ)」ところが大事なんじゃなくて、最終的にメッセージがよく伝わるように、というのが目標なんです。


インタビューでは、他にもタイポグラフィの出発点、あるいは仕事全般の心構えとして大事な話がたくさん出てきます。






by type_director | 2016-12-23 10:37 | お知らせ | Comments(0)
風見鶏の文字
タウヌス地方の城下町 Eppstein に行ってきました。周りは低めの山に囲まれていて、鉄道も近くを走っていて絵になる町です。
e0175918_20492672.jpg
e0175918_20475281.jpg

町の真ん中にあるお城に登ってみました。途中にある「BURG(城)」の字がかっこいい。
e0175918_21022764.jpg




見張り塔のてっぺんにある風見鶏の「鶏」の部分は騎士だった。
e0175918_20474753.jpg
方角を示す字が美しかった。
e0175918_21001304.jpg
e0175918_20571500.jpg




by type_director | 2016-12-16 12:47 | Comments(3)
川越のフリーペーパーが大賞に

妻が実家の川越に帰省したときに持って帰ってきてくれたフリーペーパー『Kawagoe premium』のクオリティがすばらしい。

川越へのただならぬ愛が感じられます。フリーペーパーなのに、ちゃんとしたつくり。ある程度の厚みがあるのもいい。すぐに捨てられない、繰り返し読みたくなる厚み。内容も写真も良いので、紹介されているお店はみんな行きたくなります。

ということを発行者の櫻井印刷所の社長さんにメールしたのが今年の10月。

じつはその社長さんがときどき私の講演に来てくれるので、私も妻の親戚の家のすぐそばの櫻井印刷所に寄ったことも。

そうしたら、今年のフリーペーパー大賞のグランプリに選ばれたという連絡をもらいました、これ がその大賞のニュース。

こちら で中身が見られます。





by type_director | 2016-12-09 02:32 | お知らせ | Comments(0)
サンタさん=ニコラウスさん
ドイツではサンタさんは12月6日に来ます。サンタさんはドイツでは「サンタクロース」ではなく、「ニコラウス」です。

Monotype 日本の Facebook 記事に、指揮者 Nikolaus Harnoncourt(ニコラウス・アーノンクール)さんの話を書きました。先週まで出張で行っていた東京のCDショップで通りかかったこのアーノンクールさんの指揮によるモーツァルトのCD、私の書体 Clifford の使用例として買いました。前に彼の指揮によるブラームスのCDを図書館で借りてきて聴いたくらいで詳しくはないんですが、今年亡くなったことは知っていたので記念にと思って。
e0175918_04051172.jpg

そのあとアーノンクールさんのことを調べたら、きょう12月6日が誕生日と知って、「そうか、あれのことか」と思ってクリングシュポール活字鋳造所の出していたカレンダーを引っ張り出してみました。1934年のと35年のを持っています。

やっぱり、どちらのカレンダーも、12月6日のところに「Nikolaus」と書いてある。
e0175918_04052627.jpg
e0175918_04074267.jpg

ドイツでは、いまはそんなに厳格ではないと思うけど、昔は子供の名前は生まれた日で決まったらしいです。これはドイツに移ってすぐにドイツ語の先生に聞いた。同じ日でも年によって名前が違うことがあるけれど、特定の日に付けられる名前というのがあるみたいで、たとえばこのカレンダーによれば12月24日なら女は Eva で男は Adam、12月31日なら Sylvester(または Silvester)。

そして Nikolaus Harnoncourt さんは12月6日生まれなので、この名前がつけられたのでしょう。

ちなみに、使われている活字書体は最初の写真は Kleist-Fraktur、そのあとの2枚はどちらも Wilhelm Klingspor Gotisch。
e0175918_04084029.jpg

(追記)あるウェブサイトによれば、誕生日にキリスト教の使徒の名前をつけてその使徒を守護神にするという意味合いがあるらしいです。もちろん好きな名前を選ぶ人もいて、その割合は増えているらしく、1894年にはカレンダーどおりの名前を付けられた子供の割合は50%、1994年での割合は32%だそうです。















by type_director | 2016-12-06 10:26 | 金属活字 | Comments(5)
TypeTalks分科会『欧文組版のABC』第6期 「基礎から応用まで」募集開始

著書『欧文組版』の高岡昌生さんが教える欧文組版の基礎編、第6期を2017年1月下旬に開講します。

自信を持って欧文を扱える考え方を学ぶ人気の講座です。

詳細とお申し込み方法はこちら


by type_director | 2016-12-02 18:40 | お知らせ | Comments(0)