エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
イタリック体の文字の微妙な傾き
雑誌『Typography』 最新号 がいよいよ発売です。

特集「美しい本と組版」で組版についてかなり掘り下げて、書体会社10社100書体の文字組見本の小冊子つきだそうで、お買い得感ありです。

私の連載「文字の裏ワザ」では、イタリック体の文字の微妙な傾きの違いについて解説しています。

たとえば、たいていのセリフ書体の b d l f の傾きは全部微妙に違っています。しかも一定の法則がある。微妙なのですぐには気づきませんが、文字を重ねてみると傾きを変えているのがわかります。上半分の長い直線部分の傾きが違うから重ならないんです。

まず Adobe Garamond のイタリック。
e0175918_15391783.jpg


これは ITC Galliard のイタリック。
e0175918_15393843.jpg


b は右に倒し、逆に d は少し起こしてつくると安定する、という裏ワザを使っています。

それって古い感じをねらった書体だけなんじゃないの?って思っている人もいると思うので、 Bodoni でも比べてみました。キッチリ揃った見え方の書体でも、やっぱり傾きを変えています。それは意図的にやっているんです。
e0175918_1540527.jpg


こういうのはもう理屈じゃなくて、そのほうが落ち着くというしかない。職人の勘がそうさせるんでしょうねー。私も、ふだんからローマン体をつくるときは、b だから右に倒して…ってつくっている。それが体に染みついているので、自分でも気づかずに調整しているわけですが、今回記事を書くときに、そうやって「職人なら当たり前」で通り過ぎがちな部分に改めて注目して分析しています。

この裏ワザがわかると、この写真のパッケージみたいな傾きの暴れたイタリックを見ても、うーむ良い味出しておるわい、という余裕の目で見ることができます。一見バラバラに見える傾きにも、ちゃんと理由があるのがわかるから。
e0175918_15163073.jpg


ちなみに書体は Monotype Garamond (モノタイプ・ガラモン)の Alt Italic つまりオルタネートのイタリックです。

サンセリフ体にも、これとは別の裏ワザが大文字に使われています。それは記事のほうをご覧ください!
by type_director | 2016-05-08 07:17 | 文字のしくみ | Comments(0)
「春」という名前の書体
先週は雪が降っていたドイツ、ようやく春になりました。
e0175918_3534231.jpg


ブラックレターというと、黒の面積が多くて文章を組むとずっしりと重みを感じるものが多いですが、この書体はブラックレターには珍しく細身で、春の木々の梢のようなしなやかさを持っています。ルドルフ・コッホの1914年の活字書体「Frühling (春)」です。

e0175918_2054477.jpg

by type_director | 2016-05-05 20:01 | 金属活字 | Comments(2)