エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
エル・エル
スペインでは、LL で始まる単語をよく見かけました。
e0175918_16143645.jpg
e0175918_16153158.jpg


英語では、LL で始まる単語は見ない気がする。いま思いつくのは、昔の無声映画のスターの名前、Harold Lloyd くらい。ドイツ語にもないと思う。

バルセロナではカタルーニャ語が使われているので、その LL/ll とは別に、二つのエルの間にドットが入った書き方をする単語もある。ドットのない場合とある場合とで発音が違って、ドットのない場合は「パエージャ」の「ジ」みたいな発音になるらしい。

どちらもバルセロナ市内で撮った、二つのエルの間にドットが入った写真2点です。
これは ATypI コンファレンス会場にもなった美術館。
e0175918_16193422.jpg

これはメトロの駅の名前。
e0175918_162095.jpg


この「l·l (エル・エル)」についてのプレゼンテーションが ATypI コンファレンスでありました。いまの標準的なフォントにはいちおう「Ldot」「ldot」という、エルの右にドットがついた記号があって私も必ずつくっているので聴きました。

金属活字時代には、「l·l」合字があり、タイプライター時代にはエルとドットだけのキーボードもあったようです。

プレゼンテーションでは、エル・エルのいろんな間違った表記の例とかを出していた。記号の出し方が分からずにピリオドをそのまま下の位置のままで使っていたり、ハイフンとかブレット(項目の頭につける大きい黒丸)で代用しているのとかもあったりして、そういうのは論外です。

エル同士の距離も、エル2つがなるべく近い方が良いといっていました。私はどこかでそれを聞いて知っていたので、そうやってつくっています。

他ならぬバルセロナ市内の例なのに、上の写真の例では、両方ともエルが離れすぎに見えます。あと、上のはもっとドットを小さくしたほうがいいだろうし、下のメトロのはドットをもう少し上にずらしたいけど、この低さからいって「periodcentered」という記号で代用したのかもしれません。「periodcentered」は、小文字 e などの上下中心につくられた記号で、辞書などでは、単語の分綴(ぶんてつ:文末に来た単語を特定の位置で区切って分けること)の場所を示すのに使うものです。なので、メトロのも「l·l」の理想的な見え方ではないです。

プレゼンテーションでは、「Ldot」「ldot」を使うと検索機能などに悪影響が出るから避けてほしい、「l·l」合字のほうを標準化させるよう働きかけている、ということでした。それは知らなかった。

活字の「エル・エル」合字が見られるサイトは こちら 。プレゼンテーションした人も、このサイトの関係者です。カタルーニャ語のみ。
by type_director | 2014-09-27 10:13 | Comments(2)
嗅覚
9月16日からきょう21日まで、スペインのバルセロナで開かれたATypI のコンファレンスに行ってました。

16日の夕方の話です。到着してすぐ、夕食会に行こうとして地下鉄に乗ったら、20分くらい早めに到着しそうなので寄り道してから行くことにした。まっすぐ行けば会場に着くところを、右に曲がったら、雑貨や絵本のおまけみたいなものまで集めた古物屋さんを発見。バルセロナは初めてだし、下調べとかしていたわけじゃないのに。

お店の人に許可をいただいて、写真を撮らせてもらいました。
e0175918_6141917.jpg

店に入ってすぐあるこの棚には、なぜか手を伸ばさずに ...
e0175918_6142772.jpg

数歩進んで奥まった棚から探し始めたら、書き方やカリグラフィー教本みたいなのがどんどん出てきたので、たくさん買う。
e0175918_6143727.jpg

どれも、表紙がなかなかイイ味出してます。
e0175918_61414.jpg

中身はこんなふうです。
e0175918_6141059.jpg


地下鉄の駅を出てまっすぐ行こうとせず、なんで右に曲がったのか。通り過ぎていてもおかしくないくらい間口の狭いお店だったのに、なんで中をのぞいてみようと思ったのか。なんで一番手前のでなく奥の棚から探し始めたのか。一種の嗅覚みたいなものが働いたとしか思えない。

バルセロナらしい写真を一枚。
3日目に時間を作って朝早く行き、やっと拝めたサグラダ・ファミリア。朝日を浴びて燃え上がるようです。
e0175918_6162938.jpg

by type_director | 2014-09-21 23:11 | Comments(2)
TypeTalks(タイプトークス)第25回はアラビア語フォントデザインについて
いつも奇数月に隔月で開いているお話会 TypeTalks 。今年の秋は、9月の中国語組版の話に続いて10月にも開きます。私の勤めているドイツのオフィスでアラビア語フォントデザインを担当しているナディンが話します。彼女の日本出張に合わせて TypeTalks でも話してよ、とお願いしました。

彼女とは、現在もいっしょに Zapfino のアラビア語書体を開発中です。このトークでは、「アラビア語って右から左に書くからスクリプト体で傾きが逆になるんじゃないか?」とかそんな初歩的な話も聴けるかも。

肩書きはカタイけど気さくなナディンに、どんどん質問してください! きっと質問の10倍の答えが返ってくる!

会場は、東京・青山の青山ブックセンター。詳細とお申し込みは こちら


(TypeTalks は11月にも開催の予定です。詳細は決まり次第このブログでお知らせします)
by type_director | 2014-09-12 13:10 | お知らせ | Comments(0)
トイレの案内標識
お祭りで祭りの遊園地会場や付近の旧市街を歩いてまわっていて、「WC」と「Toiletten」のどっちが多いのか数えてみました。

e0175918_16163050.jpg
e0175918_1617054.jpg
e0175918_16164188.jpg

e0175918_1617978.jpg

e0175918_16165098.jpg

4枚目の標識の左下、遠くに見えているのは3枚目の標識の裏側。

お祭りで、しかも屋外だからかなのか、「WC」のほうが多いという印象でした。短期間の架設トイレ用の表示とかには、単語の長さが短いから文字が大きくできる「WC」のほうが良いのかも。

レストランとかお店の中だと、「Toiletten」の方が多い気がする。
by type_director | 2014-09-10 08:16 | Comments(0)
お祭りの屋台で見かけた手書き風フォント
町のお祭りに行ってきました。意外と金属活字時代の手書き風書体が使われています。
Estro(エストロ)。焼きソーセージの屋台。

e0175918_20235949.jpg

e0175918_1623891.jpg


Impuls(インパルス)。この屋台で売っているのはジャガイモのおろしたのを油で揚げた食べ物。リンゴのピューレをつけて食べるのがおすすめです。

e0175918_2026014.jpg
e0175918_163265.jpg



このフランス料理の屋台でメニューに使われているのは、 Monotype Script(モノタイプ・スクリプト)。この書体は、目立たないんだけどお祭りとか食べ物関係以外でもけっこうあちこちで使われている。
e0175918_2028582.jpg

e0175918_20291117.jpg

by type_director | 2014-09-03 12:23 | Comments(0)