エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
北京と香港で講演ツアー
17日に大阪のワークショップの翌日、18日は東京に移動して別のテーマの講演でした。講演後、懇親会に参加してから羽田のホテルに移動。

その翌日19日は北京に移動、その日の夜7時から、こういう感じで北京中央美術学院(Central Academy of Fine Arts)で講演です。どこもだいたいこんな感じです。立ち見が出る。
e0175918_793522.jpg

学院の先生に、「小林さんの本や話は、わかりやすくて水を飲むようにスッと入ってくる」といわれたのが印象的でした。そう、文字のことはわかりやすいんです。だって文字は、つくる側の都合とかレイアウトする人のうんちくとか知らない人が読むものです。私は、わかりやすいことをわかりやすく話しているだけなんです。

3つの学校をまわり、最後はこの講堂でしめくくりました。 こちら に記事が出てます。

ようやく最終日、自由時間がとれました。空港へ向かうタクシーが朝7時半に迎えに来るというので朝5時半に散歩にいってきました。

空港に着いたら、私が乗る予定の香港行きの飛行機は2時間半遅れ。その日の夜には香港の学校で講演が予定されていたので、連絡を取って、ホテルにチェックインせずに空港から荷物を持って学校に移動ということになりました。

これは香港理工大学。香港での2日目と3日目はこの学校の中で講演をワークショップをしました。建築家 Zaha Hadid さんの設計です。
e0175918_7204229.jpg

ワークショップのあと、くたくただったのですが、理工大学の先生といっしょにフランスの書家の展覧会を観に行き、そのあと町を3時間ほどかけてレタリングツアーをする。

アールデコっぽい「青年会」
e0175918_7454749.jpg


この手書きポスターは、飲み物を売る店の前にありました。理工大学の先生の解説によると、「鶏の足文字」と呼ばれているそうです。
e0175918_7454474.jpg


暑くて湿度も高く、汗だくになっていたのですが、暗くなっても歩き続けます。これは有名な書家の字だそうです。
e0175918_7495899.jpg


文字を見ながら歩いていると、かえって元気が出てきて、ホテルに8時に戻ってからも、屋外プールで泳ぎました。林立する細く高いビルに囲まれて泳ぐのは格別でした。
by type_director | 2014-05-27 07:41 | Comments(0)
大阪で看板ワークショップ
新潟から大阪に移動して、翌朝早く大阪の街を歩き回ると、新潟の私の実家の周りとは風景が違うことに気づく。

標識が違う。正確に言うと、標識の劣化の仕方が違う。

大阪で私が泊まった豊崎付近では、なんか「黒い」のである。

標識の「地」の白の部分がさびて焦げ茶色になったものが多い。
文字の部分が色あせて、白黒が逆転しているもの。
e0175918_6403884.jpg


全体的に黒っぽくなっているもの。
e0175918_6405887.jpg


ところが、新潟市の私の歩いた付近では、逆なのです。なんか「白い」のです。

純白の「止まれ」。
e0175918_643284.jpg


純白の「押ボタン式」。
e0175918_7441615.jpg

e0175918_7444491.jpg


大阪で18日午後から半日使っての「和文と欧文」でのワークショップも、盛り上がりました。看板の書き方指導でゲストとしてお呼びしたのは、ゲストというかむしろメインの看板屋さん、板倉さんと上林さん。これは「の」の字を書く上林さん。外側の丸い部分から書き始めました。
e0175918_6481159.jpg


指導の合間合間に、お二人がまた良いこと言うんですよー。

「線の隙間の面積を均等に」とか、「空間の形が大事」とか、「白と黒のバランスが大事」とか。
それって、私が欧文デザインの講演で言うこととまったく同じなんです。事前の打ち合わせとかなしに、そういう重要なことをぽんぽん言ってくれます。このお二人といっしょにワークショップができる喜びを感じる瞬間です。

理屈から入るのでなく、とにかく書く。書く。書く。
書いていればわかるのです。
by type_director | 2014-05-18 07:56 | Comments(0)
印章のお店・新潟で
きのうまで新潟にいました。市内でお話会をしました。スライド等の準備なしで、ただ私が顔を出すだけなのになぜかいつも濃い話になってしまうという、私も参加するのがすっごく楽しみな会です。

その話会の参加者から、古町に老舗のはんこ屋さんがあって面白いものも売っているという話を聞いたので、時間を作って行ってみました。新潟市古町五番町の本間印舗さん。
e0175918_10163739.jpg

お店の人に許可をいただいて写真を載せます。

e0175918_10164513.jpg

名前の印章だけでなく、記号やイラストもたくさんある。ひらがな一文字のはんこもあります。私は「あ」を買った。押し心地を大切にされているとのことで、印面は硬い樹脂ではなくオレンジ色のゴムで、ゴムの下にはスポンジの層が引いてあるという手間のかけようです。

効果音のはんこも。
e0175918_10165368.jpg


店主の方に、印章についてお話をたくさんうかがうことができました。文字のバランスについての考え方は私もまったく同じです。

大正7年の「手控」なる小さな帳面に、注文を受けてつくった印がたくさん記録として残してあるのも見せていただきました。つげの木に彫って新聞の中の活字に混ぜて使ったものらしいです。「山七」とか「角十」とかそういう商店の屋号が記号化されたものが多かった。

いろんな大きさのはんこをいくつか買いもとめたら、こういう袋に丁寧に入れてくれました。これがまたイイ味出してます。
e0175918_10174927.jpg

by type_director | 2014-05-17 10:16 | Comments(0)
カールゲオルク・ヘーファー生誕百周年記念展
ドイツの書体デザイナー、カールゲオルク・ヘーファーについては前に この記事 で少し書きました。

オッフェンバッハ市にあるクリングシュポール博物館で、ヘーファー生誕百周年記念展をやっているので行ってきました。
e0175918_23543486.jpg

もちろんカリグラフィの展示が中心ですが、タペストリーもあります。
e0175918_23545782.jpg
e0175918_0221871.jpg

e0175918_0231428.jpg

e0175918_014259.jpg


でも、普通のカリグラフフィの展示には出てこないのが、ナンバープレートです。ドイツの現在のナンバープレート用書体は、偽造を難しくするための工夫が施されていますが、ヘーファーはそれをデザインしたことでも有名。
e0175918_022877.jpg


厚紙に青の絵の具で描いた試作も展示してあったのはびっくりしました。
e0175918_0283.jpg


それが開発される前の、DIN 書体を使用した時代にはナンバープレートの改変がいかにたやすかったかの比較展示もあって面白かった。たとえば「F-AP 188」から「E-AR 138」をつくるのはこんなに間単。
e0175918_025157.jpg

by type_director | 2014-05-04 16:54 | Comments(0)
大阪での看板書きワークショップ2回目!
看板書きの板倉さん上林さんと組んで、また大阪で看板書きワークショップします! 5月17日土曜日。

最初のトーク部分では、昭和なバランスの手書き文字(板倉さん上林さんに言わせると「オジ書き」)について写真を見ながら私がお二人に話をおききします。そして私が今年行ってきた台湾での、 この記事 に書いたような看板の話、そして台湾で私がお会いした看板書きのおじいさんについての話も。

そして後半、ワークショップ部分では、お二人に看板書きを指導していただきます。

お申し込みは こちら
by type_director | 2014-05-01 07:44 | お知らせ | Comments(0)