エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ボストン科学博物館(2)記念メダル
ドイツに戻りました。記事の続きです。
Akko がけっこうガンガンに使われていてうれしかったー。
e0175918_20575142.jpg

e0175918_20534319.jpg
e0175918_20535984.jpg


これの小さい字は別の書体です。
e0175918_23265017.jpg


会場の外に記念メダル製造器があって、25セント玉ふたつと1セント玉を差し込んでハンドルを回すと1セント玉が左のように刻印されて出てくる。ここも Akko です。
e0175918_20541787.jpg


ここでしか手に入らない Akko の刻印なので、いったん会場の外に行って1ドル札数枚を両替して、たくさんメダルつくってきました。最後の方では、一連の作業手順に慣れてきて、職人みたいになってた。
by type_director | 2014-01-26 13:51 | Comments(0)
ボストン科学博物館
ボストン空港から更新です。

Akko(アッコ)の使用例がこの目で見たくて、ちょうどひと月前の この記事 に書いた、ボストン科学博物館に先ほど行ってきました。

スクールバスが数台停まっていて、かなりの子供たちでにぎわっていました。
e0175918_5311959.jpg
e0175918_5331590.jpg
e0175918_5341756.jpg

e0175918_535939.jpg


出発の時間だ! もうちょっと載せたい写真あったんだけど、ここまでです。
by type_director | 2014-01-25 05:25 | Comments(0)
プールでも文字が気になってうっかりしていると水を飲む
アメリカ、マサチューセッツ州ボストン付近からの更新です。会社のミーティング参加のために来ています。

出張の時、自分でホテルを選ぶときも、プールがあるかどうかで決めることが多いです。今泊まっているホテルには小さいけれどトレーニングジムとプールがあると知っていたので、水着を持ってきました。この出張の5日間、毎日泳いでます。
e0175918_2265021.jpg



朝6時。トレーニングジムにいつも二人くらいいるけど、プールは他に誰もいません。


ただ泳ぐのでなく、いろいろ見ながら考えながら泳いでます。

たとえば、この Optima をここまでツメて使うのはアメリカらしいなーとか
e0175918_21432312.jpg


数字の4って直線だけで構成してやたらに太くすると小さく見えるんだよなーとか
e0175918_22304060.jpg



そういうことを考えていると30分あっという間です。でも、うっかりしていると水を飲む。ここみたいにプールが小さいと、ガンガンに泳いだときに自分が起こした波が壁に当たってはね返ってくる。その波の高さが半端ないからです。
by type_director | 2014-01-24 07:34 | Comments(0)
いよいよサイラス日本襲来
e0175918_2002445.jpg

見本が今ドイツの自宅に届いた。サイラス・ハイスミス著『欧文タイポグラフィの基本』です。

これを最初に英語版で見たとき、すぐに「日本語版出さなきゃ」って思った。

翻訳も組版も、経験豊富で細かい意図をちゃんとくみ取ってくれる田代眞理さんとコントヨコさんにお願いして、私は監修役にまわりました。

原書で私が感じた「びっくりするほどわかりやすい、難しいことは書かれていない、それなのに内容はちゃんとしている」という点を引き出せたと思っています。人は欧文で組まれた文章を読むときにどうやって目を動かしていて、良くない組版にあたった時に何を感じているか、ちゃんと説明があります。そしてどうやったら良くなるかについても。
e0175918_202681.jpg


著者のサイラスがもうじき日本で講演ツアーです。モリサワ主催の講演は、 1月21日の東京での講演 1月24日の大阪での講演 の二回。

そしてTypeTalksでもしゃべってくれます。1月22日水曜19:00から、東京の青山ブックセンターで。まだ空きはあるのかな? もしあったら、詳細とお申し込みは こちら 。逐次通訳付きですから、いつもどおり質問をどんどん出してください。

サイラスも、日本行きを楽しみにしている様子。何せ大の怪獣好きで、 こんなバッジ まで出してしまった! 最初、本に見えたけどよく見たら違った。

怪獣とタイポグラフィの接点は? そのへん、TypeTalks で語って欲しいな−。内容はモリサワさんの講演とかぶらないようにお願いしてあります。

そういえば、「サイラス」って響きが怪獣っぽい。
あぶない! 怪獣サイラス日本襲来だ!
by type_director | 2014-01-18 12:59 | お知らせ | Comments(0)
リットルの表記が新しくなっていた
次男に数学を教えるため、ひさしぶりに教科書を見たら、こうなっていた。
e0175918_17531172.jpg


「ミリリットル」が「mL」となっていて、けっこう驚いた。

このブログでは、2012年5月はじめに、ドイツでは飲料のパッケージでリットルの表記がまちまちだという話を書いていました。 こちら です。

ブログの時期の前後に、リットルは数字1との混同を避けるために大文字 L にすることが国際的に標準になっていたみたい。友達に尋ねたら、『The Chicago Manual of Style』 第16版(2010年)ではすでにそうなっていたということです。見たらそうなってた。なんだ、単に私が知らなかっただけなのか。

では2014年の今、同じメーカーの牛乳のパッケージは新しい表記に変わっていたりするのか? 比較できたらよかったけれど、今うちの冷蔵庫に同じメーカーのがないので、そのうち。今あるのはみんな「LITER」か「Liter」と省略しないで書いてました。

教科書のサイトでも説明されています。
こちら
こちら
by type_director | 2014-01-18 09:59 | Comments(5)