エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ボストンの科学博物館で使われている Akko
米国マサチューセッツ州ボストンの科学博物館の展示物の表示で、私のデザインしたフォント Akko が使われています。
e0175918_981098.jpg

同博物館のデザインを担当した方々が、 こちら のインタビューで、Akko について語っています。

見た目的に恐そうな医療機器とか病院みたいな感じになるのを避けたかったから、自然な色と Akko を使って身近なものにしたんだそうです。

Akko についての詳しい解説は こちら 。合字もあるよ。
by type_director | 2013-12-24 21:50 | Comments(0)
TypeTalks 20回はサイラス降臨!
あの売れっ子の書体デザイナー、サイラス・ハイスミスさんをゲストとしてお迎えして、逐次通訳付きでいろいろ聞き出します。

彼の書体について語ってもらい、そして近々日本語版が出版される彼の著書『欧文タイポグラフィの基本』(グラフィック社)について日本語版制作チームと語ってもらいます。

私は残念ながら出張と重なってしまい Skype 参加できませんが、質問を送って彼に会場で答えてもらいます。彼が子供の頃にあこがれた日本の特撮ものが、いかに彼の書体デザインに影響を与えたか、たずねてみます!

1月22日水曜19:00から、東京の青山ブックセンターで。
詳細とお申し込みは こちら
by type_director | 2013-12-20 10:36 | お知らせ | Comments(0)
書体と食べやすさ
きのう、ツァップさんの家に行ってきて、いつもどおりケーキ2個ごちそうになってきました。ご夫妻揃ってお元気です。

クリスマス直前のこの時期、甘いものばっかり身の回りにあります。

e0175918_5144996.jpg


これは、先日まであるプロジェクトでいっしょに仕事をしていたオランダのデザイナーがくれたもの。オランダでは、こういう「文字チョコレート」があるんです。けっこう食べでがある。

e0175918_5151857.jpg


ずっと前、たしか1990年の ATypI(国際タイポグラフィ協会)での講演で、 Swift などで世界的に知られたオランダの書体デザイナー Gerard Unger さんが、「書体と食べやすさ」(読みやすさでなく)というようなタイトルで、この文字チョコレートについて語っていたのを覚えています。

そういう話って、大事だと思うんですよね。
by type_director | 2013-12-17 21:11 | Comments(2)
ソニーのコーポレートフォント SST プレスリリース
ソニーのウェブサイトで、私が関わったソニーのコーポレートフォント SST についての記事が発表になりました。

記事へのリンクは こちら
こちら(2ページあります)

サイトで使用されているフォントも SST です。
by type_director | 2013-12-11 17:02 | お知らせ | Comments(0)
オジ書きTシャツ
これはクラーク・ケントがスーパーマンに変身する瞬間ではなく、こないだの看板書きワークショップの打ち上げの写真。
e0175918_2110166.jpg

当日、看板書きの板倉さん・上林さんと私が着ていたTシャツです。

これが販売になりました。Tシャツのサイズ、色は選べます。
詳細は こちら
なんと、「止まれ」バージョンも追加されてます!
by type_director | 2013-12-06 12:09 | お知らせ | Comments(0)