エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
TypeTalks 18回はローマン体大文字の書き方実演
とにかくなんでもきいてみよう、本物を見よう!のタイプトークス、次回は2013年9月21日(土) 18:00~20:00の予定。

書体の歴史についてもローマ人と直接話ができなかった人も、「なんで大文字のここはこうなるの」と日本語で尋ねるチャンスです。

詳細、お申し込みは こちら
by type_director | 2013-08-23 11:42 | お知らせ | Comments(0)
アメリカの催し物看板、字を並べる作業風景
毎年夏に開かれる書体デザインのコンファレンス TypeCon のために、きのうからアメリカ・オレゴン州のポートランドにいます。

シアトルから乗り換えの飛行機は小型のプロペラ機だった。
e0175918_5203019.jpg
e0175918_5221711.jpg


きょう、現金の引き出しに行くためにホテルを出て少し歩いたら、よく映画館とか劇場の演し物のタイトルを掲げてある掲示板の文字を並べているところに遭遇。透明のレールみたいなのが横方向にあって、それに薄いプラスチック製の透明の板をはめ込んでずらす。
e0175918_5232297.jpg

スペーシングの調整おわり。
e0175918_5235158.jpg


作業している人に声をかけて、つぎに並べる予定の単語を近くで撮らせてもらいました。これはわざわざ並べてもらったのではなく、最初に地面にこうして並べて綴りを確認してから、先端に吸盤のついた竿で一文字ずつ持ち上げます。
e0175918_5274238.jpg


灰色に見える部分は、目の粗い網点。
e0175918_5395343.jpg


銀行の方向がホテルの人の説明と反対の方向だったことがわかり、引き返す途中で見た完成品。さっきの「ENERGY」がちゃんと取り付けられている。
e0175918_54322.jpg


透明のレール、わかりますか?
e0175918_5292769.jpg

実はちょっと前にこの手の劇場の看板文字について調べたことがあったので、実際の作業風景を見ることができてうれしかった。道を間違えたおかげで、珍しい瞬間に出会えたわけで。

昨日は時差ぼけで夜9時に眠くてふらふらになっていたけど、これで ENERGY 補給完了!
by type_director | 2013-08-22 13:13 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(3)
ヨーロッパのポスターに縦長が多いわけ
ポスターつながりでもうひとつ。

ヨーロッパのたいていの街には、街中にこういう広告塔があります。これに貼るポスターは、横長だと反対側に回り込んじゃって一目で全部読めないから、ポスターはたいてい縦長です。
e0175918_758075.jpg

e0175918_831635.jpg


毎年、ポスター作品を含むいろんなグラフィック作品の審査をしに日本に呼ばれます。ヨーロッパからの応募も多い。

大判のポスターを比較すると、日本のは横長が多くて、ヨーロッパのポスターは縦長が多い気がする。ちゃんと数えた訳じゃないけど、印象としてはそんな感じ。
e0175918_822032.jpg

by type_director | 2013-08-21 07:57 | Comments(0)
ドイツの選挙ポスター
選挙ポスターといえば、日本ではたいてい候補者一人のポートレートみたいですが、これを見ると、ドイツでは「候補者が誰かと対話している」感じの演出です。人の肩越しに撮っているようなのもあって、奥行き感がある。
e0175918_7342871.jpg

あと、候補者の顔が出ていないものもあって、小学生くらいの女の子が怒っている写真のコピーは「ツケを次の世代にまわすな」という内容。
by type_director | 2013-08-21 00:25 | Comments(0)