エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
等幅の数字とプロポーショナル数字
今週始めに日本からドイツに帰るとき、羽田空港で撮りました。夜中1時の出発だったので空港内の照明は控えめでした。
e0175918_23511.jpg


ゲートの番号は110でした。たいていのフォントでは、等幅の数字(表組み用とも)がデフォルトの位置に入っています。
e0175918_2273260.jpg

ここで使われているフォントは Frutiger (フルティガー)ですが、そのデフォルト数字をそのまま並べただけだと、1と1との間が空いてしまいます。
e0175918_213975.jpg

e0175918_26151.jpg

また、細かく見ると、「105–109」の半角ダーシの左側が狭すぎたり右側が広すぎたりします。
「表(ひょう)組み用」とも呼ばれるだけあって、いろんな数字が上下に並ぶ表などで使うときには、数字の左右や桁数が揃うので便利です。
e0175918_2281870.jpg



でも、見た目に不自然でない、リズム感に乱れのない数字を使いたいことがあります。 Neue Frutiger (ノイエ・フルティガー)には、デフォルトの等幅数字の他に、プロポーショナル数字が用意されています。
e0175918_4172658.jpg


プロポーショナル数字は、1の字幅は他と比べて狭くしてあるなど、文字のデザインにあった個別の字幅が設定されています。Adobe Illustrator や InDesign など、OpenType 機能の使えるアプリケーションで利用できます。
e0175918_4394178.jpg


Neue Frutiger プロポーショナル数字では、1の字幅が狭い以外にも、0は幅が少したっぷりしていて他の数字と同じ幅に見えるとか、組み合わせによってはカーニングが設定してあるので、「74」のような組み合わせではアキを自動的に狭く調整してくれるなどの配慮もされています。

その Neue Frutiger のプロポーショナル数字で、ゲート表示パネルと同じ数字を使ってシミュレーションしてみました。

この例、上は Frutiger のデフォルトの等幅数字で、下は Neue Frutiger のプロポーショナル数字で組みました。上下の例とも、組んだ後にパネルと同じように全体の字間をトラッキングで均等に少し広げただけですが、プロポーショナル数字で組んだほうはかなり改善された印象になります。
e0175918_443473.jpg


最初の写真で気になった半角ダーシ前後のアキも、プロポーショナル数字では改善されています。5と半角ダーシの間はアキを増やす、半角ダーシと1との間はアキを減らすカーニングが設定されているので、ダーシが左に寄りすぎた感じはなくなりました。

もちろん、使用される大きさによって見え方が違うこともあります。看板のサイズではさらに微調整が必要になるかもしれません。「1の幅はもっと狭くても良いのでは?」というご意見もあるかも。でも、小さいサイズでは案外これくらいが良いんです。本やカタログ等で使うときにちょうど良いようにつくってあるんです。
by type_director | 2012-04-28 22:01 | Comments(2)
TypeTalks 第10回は、「もっと知りたい!Webフォント」
サブタイトルは、「Webフォントの基礎が分かる“これまで”と、海外の最新事情から知る“これから”」です。私もスカイプで参加の予定です。

お問い合わせ、申込みは こちら
by type_director | 2012-04-27 13:38 | お知らせ | Comments(0)
カスタマイズ版 Akko がドイツの大手スーパーマーケットに(2)
ベルリンに住む友人から、Akko が使われている写真を送ってもらいました。
e0175918_20151848.jpg
e0175918_2015444.jpg


うちの近所の Penny はまだ変わってなかった。
by type_director | 2012-04-26 13:12 | Comments(0)
カスタマイズ版 Akko がドイツの大手スーパーマーケットに
ドイツの大手スーパーマーケットチェーン、 Penny Markt(ペニー・マルクト)が私のフォント Akko (アッコ)を採用しました。正確に言うと、i (アイ)やピリオドのデザインを正円に変更したカスタマイズ版 Akko です。昨年末に注文を受けて、ライノタイプ社内でカスタマイズしました。

Penny Markt のウェブサイトにはまだ使われていないようです。

ベルリンに住んでいるブックデザイナーからすでにこのブログのコメント欄に目撃情報が寄せられていましたが、私が Penny Markt に行ったときは店舗の外装にも広告にも使われていませんでした。

使われていたのはこの手提げだけ。
e0175918_1847028.jpg


同僚によれば、マインツでは外装が Akko を使ったものに変わったそうです。うーん見たい。でも明日から一週間の出張です。
by type_director | 2012-04-15 11:46 | Comments(2)
「編集のススメ 世界にひとつの本箱」展
無印良品有楽町2F ATELIER MUJI にて、 こんなイベント が。5月6日まで。

その展示に行った上田さんのブログは こちら 。上田さん、教えてくれて有り難うございます!
by type_director | 2012-04-14 06:52 | お知らせ | Comments(0)
c-h 合字・t-z 合字
街を歩いていて見かけた、サッカーのアイントラハト・フランクフルトのチームロゴのステッカー。
e0175918_1528405.jpg


これ、こんだけ短いのに二つ間違いが。ドイツのチームなのにドイツ文字の使い方がおかしい! 4月1日に投稿したから、「冗談でしょ」って思われそうですが、本当なんです!
e0175918_15291256.jpg


まず、最初の間違い。「アイントラハト」のほうは、c と h をばらばらに組んでいますが、本当は c-h 合字を使うんです。まあ、今はそんなに気にする人もいないんでしょう。でも、本当のドイツ語組版では合字を使うのが決まりです。

こういうのを見ると、私の友達だった組版工のおじいさんゲオルクが亡くなる前に街を歩いて店の看板などを見ながら私に何回も「ここでも c-h 合字を使っていない!まったく困ったもんだ」みたいな愚痴をこぼしていたのを思い出します。

二つ目の間違いは、ロゴの右側。「フランクフルト(Frankfurt)」でなくて、「フランツフルト(Frantzfurt)」になってます。k の入る場所に、間違って t-z 合字を使っちゃってます。 c-h 合字には目をつぶるとしても、これはダメでしょー。

この上段は合字でなくてバラで打ったもの、下段はちゃんとデザインされた合字です。

e0175918_1530684.jpg


最近は OpenType 化が進んで、テキストを入力するか流し込むだけで自動的に合字になったりする機能が使えますが、ちょっと前の時代にはフォントのどこかに入っている合字を探して見た目で字を並べていくやりかただったので、こういう間違いも起きやすかった。

たぶん、こういうふうにしたかったんだよね。
e0175918_15304098.jpg


フォントは、格調高い Wilhelm Klingspor Gotisch (ウィルヘルム・クリングシュポール・ゴティッシュ)です。でも、欲を言えば、k も昔のドイツの k を使ってほしい。ゲオルクならそう言ったと思う。

この活字見本の「zurückhaltenden」の c-k 合字は、伝統的なドイツのブラックレターの k です。ちなみに、右下に見える「Sch」でも、c-h 合字を使ってますね。

e0175918_1942283.jpg

by type_director | 2012-04-01 15:25 | Comments(5)