エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
秋の空
きのうの夜は、フランクフルトの Alte Oper (旧オペラ座)に、ベートーベンの第九交響曲を聴きに行きました。

コンサートは東日本大震災被災者のための慈善公演で、オペラ座には日の丸の旗が掲げてありました。気持ちの良い一日でした。街灯の後ろには澄みきった秋空が広がります。
e0175918_15234919.jpg


こういう秋空を見て思い出す和歌があります。しかも書体デザイナーの視点に近いところが面白いんです。私のふるさと新潟の歌人、會津八一(あいづ・やいち、1881–1956)の歌です。

  すゐえんのあまつおとめがころもでの
  ひまにもすめるあきのそらかな

この歌は奈良の薬師寺の塔のてっぺんにある水煙を詠んだものです。八一の詠んだのは、薄暮時ではなく昼間の深い青い空だったろうと思いますが、たまたま私の頭の中ではこの風景と重なってしまったので。

以下は八一自身による解説の引用です。

「このすゐえんの意匠は寺によって少しづつ違ふが、薬師寺ののは、その網の目のような中に、何人かの天女の群れが、笛を吹いたり、舞を舞ったりしてゐるので、それを、下から見上げてゐると、今日は、よく晴れた日で、その天女の袖や袂の間からも澄み切った秋の空の色が見える……といふのです。」(中公文庫『続 渾斎随筆』176頁より)

フランクフルトで水煙を探そうと思っても無理な話ですが、この写真では、黒い鋳物の唐草で切り取られた秋空の部分をそれに見立てたわけです。
e0175918_1532579.jpg


八一は書家でもあったので、余白の形に非常に神経を使っていたようです。彼が水煙の隙間の秋空を見たような視点で文字を見るならば、良い書体デザインがなぜ良いのか、さらにハッキリわかります。

文字のデザインをするときに、文字の形の部分を黒として、背景を白とするならば、書体デザイナーは白い部分を見ます。白い部分の形が美しいことが大事です。

最近の記事の中では、一つ前のヘルマン・ツァップさんの P の内側や、二つ前のグドルンさんの Diotima の n–s–t 間の白の部分に美しさを感じ取っていただけると思います。もちろん、特定の組み合わせだけでなく、前後にどんな文字がきても美しい余白をつくることが肝心で、それが一段と難しいわけです。
e0175918_1626474.jpg

by type_director | 2011-09-25 07:21 | Comments(2)
柔らかさのある輪郭って
柔らかい輪郭を持たせた活字、どうやってるんでしょう。大きいサイズの活字で見るとハッキリ分かると思います。

ヘルマン・ツァップさんも輪郭のデコボコした活字書体をつくっています。この Sistina(システィーナ)がそうです。

これは刷られたもの。
e0175918_741933.jpg


これが刷られたのと同じサイズの活字。
e0175918_75356.jpg


活字は縮小拡大ができなかったので、サイズごとに微妙にデザインが違う可能性があるから、同じサイズのものを比べます。
e0175918_772662.jpg


光の角度を変えてもう一枚。ほら、意図的にデコボコさせているのがわかります。
e0175918_791964.jpg


Diotima の活字は持っていませんが、同じような処理がされているはずです。
by type_director | 2011-09-23 00:00 | Comments(2)
Zapf 展 Diotima の輪郭が柔らかさを感じさせる件
きのう日本に上陸した台風15号については、ドイツでも今朝のニュースでとりあげていました。

貴重な作品を貸し出しているツァップさんご夫妻がさぞ心配されているだろうと思い、きょうグドルンさんに電話しました。

作品は無事であることを私からお伝えする前に、グドルンさんから先に「日本のご家族や知り合いの皆さんはだいじょうぶですか」と尋ねられました。ご自分の作品のことよりも先に日本の人のことを心配なさっていたんです。

そのグドルンさんの書体で、金属活字時代の Diotima の制作資料が Zapf展の目玉の一つであるわけですが、オープニングトークなどで言えば良かったなーと思っていることがあります。

大きめのサイズの印字に近寄って見てください。文字の輪郭が滑らかでなく、にじみというかホンワカした柔らかさのようなものを感じさせます。こちらの手元に残した印字物をスキャンすると、こんなふうです。わかりますか? 
e0175918_6141447.jpg


これは、活字の輪郭をわざとデコボコさせて、シャープになりすぎないようにしているんです。

これについては、また別の記事で詳しく書きます。
by type_director | 2011-09-22 23:00 | Comments(0)
アイスランドからのおみやげ
アイスランドのレイキャビクで開かれていた書体デザイン関係の コンファレンス に参加した同僚から、おみやげをもらいました。「アキラはいろんな新聞を集めてるから買ってきたよ。」

おお、これは読めない。
e0175918_3512474.jpg

e0175918_351089.jpg


今回のコンファレンス、私は忙しすぎてパスしました。今月末から一週間の出張なので。
by type_director | 2011-09-20 19:44 | Comments(2)
Zapf 展の見どころ(2)
これは、Zapf 展の図録に付いてくる図版解説です。制作年みたいに、おきまりの情報だけでなく、ヘルマン・ツァップさんのコメントとか、字の形の解説などが要所要所に入ってきます。
e0175918_5582691.jpg


これとは別に、展覧会の会場入り口でもらえる作品解説もすごいよー。

カリグラフィ作品の多くは、英語かドイツ語で書かれています。一部にはフランス語やラテン語も。先人達の遺した言葉の中からツァップさんご夫妻が選りすぐって、その言葉にふさわしい形を与えられたものなんだから、その文章の意味がわかるのとわからないのとでは、味わい方に大きな差が出てきてしまいます。

でもご心配なく。J-LAF さんの協力により、作品の文章のほとんどには、ちゃーんと日本語訳がついてます! 長いのになると2600字以上。これで外国語に明るくなくても安心…いや、逆に別の心配が。それを読んでいて思ったんだけど、これって会場で涙を流してしまう人がたくさんいるんじゃないか?

短くても、良い言葉がありますよ。これなんかどうでしょう。
世界的なチェロ演奏家、パブロ・カザルスの言葉です。

  今、私は93歳を越えています。
  ですから、決して若くはありません。
  少なくとも、90歳の時より若くはありません。
  けれども、年齢は相対的なものであります。
  活動を続けて、私達のまわりの世界の美しさを受け入れ続ければ、
  年というのは、必ずしも老いるという意味ではないことに気がつきます。
  昔より今の方が、物事に対しての感受性はずっと強くなりました。
  そして人生はますます魅力を増しています。

いまグドルンさん93歳、ヘルマン・ツァップさんはもうじき93歳になられます。


作品解説には、J-LAF さんがツァップさんからじかに聞き取ってきた、ペンの動かしかたの解説も要所要所についている。

私からは、活字の制作過程で書かれた走り書きのメモの解説や、字形修整についての指示の読み解き方の解説。「えっ? 制作開始から4年経ってるのに、この字をボツにしちゃうの?」というギリギリの決断のあった部分も解説しています。

それもこれも、「なんかキレイだねー」で終わらないぞ!という意気込みがあるからです。

文章も味わっていただきたい、ペンの力の入れ具合まで想像していただきたい、活字制作の現場の緊張感まで感じ取っていただきたい、という、まさにてんこ盛りの解説になっています。
by type_director | 2011-09-06 03:28 | Comments(8)
Zapf 展の見どころ(1)
9月13日から開催される Zapf 展 、あと一週間となりました。

それに先がけて9月10日に開かれる TypeTalks「Zapf 展の見どころ紹介」 のために、きのう展覧会の準備段階の記録や写真を引っぱり出してきました。そういえばこんなこともあったなー、とか思い出しながら。

これは、お借りした作品の制作年や使った材料などの確認のメモ。
e0175918_2046738.jpg

ツァップさんご夫妻に、ご自分の作品のことをじかに書き込んでいただきました。制作年が分かりにくいものもあって大変でした。メモをよく見ると、いちど書いては消した、みたいな部分もあります。

展覧会の図録もながめていたら、展覧会の見どころを今からいろんな人に伝えたい、という気になってきました。だって、こんなのをお借りして日本で展示できるなんて思わなかったんだもん。

これは、展覧会の図録です。細かいところまで近くで見たい、という皆さんの気持ちにこたえた気の利いたレイアウト。
e0175918_2047465.jpg


今回の Zapf 展では、数はそれほど多くはないけれど、ヘルマン・ツァップさんのオリジナル作品が見られます! じっくり近くに寄ってご覧ください。オリジナルのツァップさんの作品が日本で見られるんですよ。これまでの出版物ではあまり紹介されていなかったものも。
e0175918_20481610.jpg


こちらは、さらっと透き通るようなグドルン・ツァップさんの作品。またこの図録が色がキレイなんだー。ツァップさんご夫妻も、この図録をとても喜んでくださって、届けに行った後も、電話で何度もお礼をおっしゃってました。
e0175918_20483464.jpg


TypeTalks「Zapf 展の見どころ紹介」では、これとはまた違う見どころを紹介しますよ。
by type_director | 2011-09-04 21:20 | Comments(0)