エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
雪と書体デザイン
ドイツは昨年12月半ばからずっと雪が降ったり止んだりの繰り返しで、とくに正月からは30年ぶりの寒波が来たりして、ひと月以上ずっと雪に覆われている気がします。

きのう1月28日も本格的な雪になりました。ちょっと前の寒波の時のサラサラの粉雪と違って、やや湿った雪です。大きめの雪片が舞ってくるのを見ていると、小学校3年生くらいの時のことを思い出します。

これは会社の窓からの風景ですが、その時の雰囲気にちょっと近いかなと思って。
e0175918_0151746.jpg


私の通っていた新潟市の小学校は、木造二階建ての校舎でした。その二階の窓から雪の降ってくる空を見上げて、こういうことをけっこう長い間真剣に考えていました。

「雪は、空にあるときは灰色なのに、落ちてきて校舎の屋根から下に来ると白くなる。なんでだろう。」

木造の校舎の壁は黒っぽかった。たぶん校舎には腐食止めにコールタールを塗ってあったのかもしれない。雪片はその背景との明度差で、曇り空を舞ってるときは灰色に、校舎が背景になると白に見えたわけなんですが、そういうことがわかったのは美大に入ってから。

白と黒とのバランスって、書体デザインではけっこう大事です。たまたま小学校の時にぼーっと見ていたそんな風景が、白黒の対比を考える時に役に立ってるんじゃないかと思います。

雪の中を歩いて帰ります。30分かかりますが、雪の中を歩くと落ち着きます。
e0175918_0195175.jpg


そういえば、同じころに小学校の音楽の授業で習った「お正月」の歌の「お正月には凧上げて」の部分を歌って、おかしいなーと思ってた。正月は吹雪だったり膝まで雪が積もってたりするのに、なんで凧が上げられるのかなーって。

新潟以外の世界を知らなかったんですね。大学に入って、関東地方の1月を初めて体験して分かった。あれは関東地方の正月だからできるんだ! 
けっこうカルチャーショックでした。
by type_director | 2010-01-30 16:14 | Comments(1)
おんな x 4
うちの郵便受けに入ってきた家具屋さんの広告。
「若者の部屋」っていう設定だそうです。
日本の女子が、ちょっとイケてるドイツ人の男の子の家に招かれて、「音楽とか聴こうぜ」といってこの部屋に通されるときの反応が見たい。
e0175918_21301140.jpg
e0175918_21303794.jpg

by type_director | 2010-01-27 21:30 | Comments(2)
Frutiger Serif の使用例
家で片付けものをしていて、思いがけず Frutiger Serif (フルティガー・セリフ)の使用例を見つけました。Frutiger Serif はフルティガーさんと私の共同制作で、2008年に発売されています。誰か使ってくれないかなーと思ってました。

去年マインツに行ったときにレストランの出口においてあったこのフリーペーパーをもらってきて、一度も中身を見ないで部屋に置いてあった。表紙に使われている書体は
Gotham Condensed (ゴサム・コンデンスト)のようです(読者の akira1975 さんが探してくれた)。
e0175918_529509.jpg

片付けるときに目を通してからにしようと思って中を見てびっくり。本文が全部 Frutiger Serif でした。まさかその使用例をもらってきてずっと2ヶ月部屋に置いてあったとは。

これが中のテキスト部分。テキストの版面にムラが出ず、均一になっています。右を組み流しにしている(行末揃えにしない)のですが、テキスト右側のデコボコがそんなに激しく出たり引っ込んだりしていません。組版の条件としては悪い方でしょう。フリーペーパーということもあって、細かい記事がいっぱいだしいろいろ広告とか入ってくるし、しかもこんなに幅の狭いコラムでドイツ語(単語が英語などに比べて長い)だし。その条件の割に、きれいな組み方だと思います。
e0175918_5301921.jpg


もちろん、使ってくれた人もうまく組んでくれているんですが、そういう悪条件でもしっかり本文組がまとまるように書体を設計してあるんです。つまり、「こういう版面にできるはずだ」ということが最初に頭にあって、それを目標にアルファベットの一文字一文字をつくっています。パズルのピースをはめ込んでいくみたいに。

人目を引く面白い見出し書体もつくりたい、でもやっぱりうれしいのはこういうカッチリ組める本文用書体を設計できたときです。小さくガッツポーズ。

もちろん、フルティガーさんのもともとのデザイン、Meridien (メリディアン)が良かったんですが。

ffi の合字(ごうじ)も、ちゃーんと役目を果たしています。
e0175918_5304448.jpg

by type_director | 2010-01-17 21:28 | Comments(2)
やせる(2) ITC Veljovic
読者のまゆこさんから、一つ前の記事の表紙にあった「Diät」の書体は何か、という質問をいただきました。躍動感のある良い書体です。この写真は別のページに載っていた同じ書体の細いウェイト。
e0175918_2392130.jpg
ローマン体は古典的なバランスと直線的なセリフがポイント。イタリックはかなりダイナミックです。

これは ITC Veljovic (ベリョビチ)という書体で、ユーゴスラビア生まれのカリグラファーであり書体デザイナーでもある ヨビツァ・ベリョビチ さんのデザインです。この人はキリル文字も書ける。

つい数日前に、同じベリョビチさんのデザインで勢いのあるスクリプト体がライノタイプから出ました。 Veljovic Script です。これもおすすめ。名前は似ていますが、全然別のコンセプトの書体です。
by type_director | 2010-01-14 18:33 | Comments(5)
やせる
ドイツのファッション雑誌『Brigitte』が、プロのモデルを使用するのをやめました。年明けに買い物に行ったときに「モデル不使用」と帯に書かれていたのが目にとまって買ってきました。

中には、その趣旨が書いてあって、要約すると、「30年前のファッションモデルは普通の人の平均体重より9%やせていた。いまのモデルは23%やせている」そうで、したがって現実的でないからモデルを使わないことにしたのだそうです。流行の服を着て写っているのは20代から40代くらいの普通の人。表紙もそうです。
e0175918_0412712.jpg

「退屈なおばさんの雑誌にしたくないから、カメラマンとメイクは一流のスタッフを使っている」とも。ダイエット特集を組んでいますが、「太りすぎは健康によくないから」というちゃんとした理由が書かれていました。

これは、スキンケア製品のブランド、Dove の広告。モデル不使用運動の趣旨に賛同して巻頭6ページを使っています。「真実の美しさを知ったら、もうやめられない」というヘッドコピー。こちらの 『Brigitte』のウェブサイトの右上でも見られます。
e0175918_04219.jpg
e0175918_0423288.jpg


ちなみに、Dove の広告見出し部分で使われているのは Neue Helvetica (ノイエ・ヘルベチカ)の Thin というウェイトだと思います。 Neue Helvetica ファミリーの細い方から数えて2番目。
e0175918_043652.jpg

30年前の広告では、コピー部分にこんな細い書体は使わなかったでしょうね。しかもグレーだし。だいたい、こんなに細いウェイトのサンセリフ体は当時はあまりありませんでした。いまはコピーに使われる書体もやせているということでしょうか。
by type_director | 2010-01-10 16:38 | Comments(4)