エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ハイフンとダーシ
読者の u-turn さんから、電話番号などで数字を区切る場合に使う横棒はハイフンなのか半角ダーシなのか、という質問をいただきました。『欧文書体 その背景と使い方』で書いたように、欧文での組版では一般的にハイフンと半角ダーシはこう使い分けられています。

●ハイフン=単語を分割するとき、あるいは2つ以上の単語がまとまってひとつになるとき
●半角ダーシ=「月曜から金曜まで」を表すときの「から(〜)」という意味で使う、など

日本の電話番号の表記はどれが「正しい」のか私も分かりませんが、まず、イギリス、フランス、ドイツ各国の例を見てみましょう。個人の名刺ではなく、うちの中にある広告やパンフレット類から拾いましたが、とうぜん同じような傾向で名刺も組まれているはずです。

イギリス。上から地下鉄マップ、大学職員の求人案内、デザイン雑誌『Creative Review』の広告欄の連絡先。ハイフンもダーシも使わずにスペースで分けています。数字は4つでひとかたまりになるように区切っています。
e0175918_1913256.jpg
e0175918_1913267.jpg
e0175918_19135097.jpg


フランス。チョコレート博物館の案内、古城のパンフレット、フランス国鉄 SNCF の TGV 特急のパンフレットから。フランスも、ハイフンもダーシも使わずにスペースで分けます。数字を2つずつに区切るのが多いようです。最後の例はひとかたまりのようだけれど、ビミョーに2つずつで開けてある。
e0175918_19143779.jpg
e0175918_1915419.jpg
e0175918_19154430.jpg


ドイツはバラバラ。ハイフンだけじゃなくてピリオドとか出てくる。これは印刷屋さんの広告。市外局番 069 はフランクフルト。69. とピリオド付き。数字は3つで区切っている。
e0175918_19162011.jpg


家具のイケアの最新のカタログから。これは0180/ ってスラッシュ付きです。数字を2つずつに区切る。
e0175918_19165434.jpg


フランクフルト周辺の公共交通機関 RMV のパンフレットから。市外局番 06171 はカッコに入り、数字は2つずつで区切っている。この例ではダーシもいっしょに使われていて、ハイフンとの役割の違いが分かりやすい。
e0175918_19172748.jpg

上の方にある所在地の「55–57」は「55丁目57番地」でなく、「55番から57番」の意味で、大きいビルの所在地なんかはこうなってます。建物の番号2軒ぶんということかな。ちなみに、ライノタイプ本社の所在地も「Werner-Reimers-Straße 2–4」です。「Werner-Reimers-Straße」は Werner Reimers という人の名前をいただいて、通りの名前にするときにハイフンでつないでひとつの名前としています。「Mo.–Fr.」「8.30–12.00」は、もちろん「月曜〜金曜」「8時半〜12時」という意味です。

この例では、ダーシの使い方がきちんとしています。全部ハイフンで片付けているいいかげんなパンフレットもたまにあるけど、やっぱり安っぽく見えます。ハイフンとダーシの違い、ほんのちょっとですけどね。

同じパンフレットの中に、こういうのもありました。どういう意味があって上の例と使い分けているのか分かりませんが、ここで電話番号を分けているのは明らかにハイフンです。
e0175918_2275414.jpg


半角ダーシはやっぱり「から」の意味になっちゃうので、ヨーロッパでは電話番号には使わないのかな。日本の場合、数字も全角(漢字などと同じ字幅の中に収まる)のものがあって、数字のデザインって縦長ですから左右が開いちゃう。だから一概にどちらが正しいとは言えないのかも知れません。
by type_director | 2009-08-31 12:11 | Comments(2)
ペリエのラベル 回答編
7月29日に載せた「ペリエのラベル」の写真、覚えてますか?これです。
e0175918_3305026.jpg

そこで「書体ぜんぶわかる?」って書いたら、書体検索した人がいました。
akira1975 さん、そうです。一番上は Bickham Script(ビッカム・スクリプト)です。太さはボールドですかね。
e0175918_2062180.jpg

一番下は Sinaloa(シナロア)。
e0175918_2084068.jpg

右下は Peignot(ペイニョ)です。これは一番細いライトのウエイトです。
e0175918_207548.jpg

さて、akira1975 さんが分からなかった真ん中のこれは...(ここでドラムロール入る!)
e0175918_2092832.jpg


ITC True Grit
(トゥルー・グリット)でした!
by type_director | 2009-08-27 20:10 | Comments(2)
『Frankfurter Allgemeine』の紙面からドイツ文字が消えた
2週刊の休暇を終えてドイツに戻りました。戻ってくる飛行機の中で、ドイツの日刊新聞『Frankfurter Allgemeine』をもらったら、これまでドイツ文字で組まれていた見出しが全部 Times Roman に変わっていました。本文書体は昔と変わらず Times Roman 。
e0175918_15115365.jpg

e0175918_13492524.jpg


これは2008年に撮った写真。見出しのうちいくつかはドイツ文字で組まれていました。
e0175918_13454837.jpg

紙面の構成も変わりました。これまでこの新聞は古いスタイルを守っていて、一面はセンセーショナルな写真を入れずに文字だけでやってきていた。落ち着いていてけっこう好きでした。そんなにしょっちゅう買わなかったけど。でも、変わってしまうとさびしい。やっぱり時代の流れというのか、ドイツ文字をやめて読みやすく、ビジュアル的に訴えるような方向でないと売れないのかなー。

写真の記事は、スエーデンの缶詰で発酵したニシンがすごく臭いから水の中で缶を開ける、とかいう内容で、内容的にはその左のイラクのテロの記事のほうが重要じゃないかと思うんだけど? それともあえてテロの現場なんか見せないようにしているのか?

ちなみに、この新聞の名前ロゴは、書体デザイナーでありカリグラファでもあったカールゲオルク・ヘーファー(Karlgeorg Hoefer, 1914–2000)のデザインです。
by type_director | 2009-08-26 06:31 | Comments(0)
フランクフルトを歩いて
8月1日の土曜日、12歳の息子と一緒にフランクフルトの電車の写真を撮ってきました。
e0175918_634440.jpg
e0175918_6343287.jpg


私はどっちかというと看板とかに興味があって...
e0175918_6384021.jpg


この手書き看板いいよね。駅から駅への移動の途中で見つけました。ドイツって看板や注意書きをあまり目立たないようにするので、こういう大声で怒鳴ってるみたいな感じのはちょっと珍しい。
e0175918_6392560.jpg


8月下旬まで休暇です。次回の更新はもどってからになります。
by type_director | 2009-08-05 23:29 | Comments(1)
メーカーによってデザインが違う?
「Futura(フツラ)はナチスを連想させる書体だから特にイスラエルやドイツでは使用に注意」という変な噂がちょっと前まで日本で広まっていました。Helvetica(ヘルベチカ)、Frutiger(フルティガー)と同様に世界中で使われている書体なので私も驚いて、そんなことはありませんよ、というのを実例で伝えるために私がつくった写真多めのブログがあります。そこに最近このような質問がありました。

同じ Futura Extra Bold と呼ばれる書体でも、メーカーによってデザインが違うのはなぜ? 

それについて、そのブログ「ここにも Futura」で回答しました。回答は こちら

Futura に限らず、いろんな書体の微妙な違いに悩んだり、違いがあるのかどうか分からなくて悩んだりしている人もいらっしゃるかもしれません。数年前に私が別件で調査をしたことがあります。そのときの記事がありますから、このブログの読者で疑問に思っている人がいたら、以下のを参考にしてください。

私の2006年のブログ
ライノタイプ日本代理店のQ&A
私に質問をくれたデザイナー、宮里さんのブログ

(注意:いまはライノタイプ社はモノタイプ・イメージング傘下なので、ちょっと当時とは事情が「ライノタイプ日本代理店のQ&A」の記事と変わっています)
by type_director | 2009-08-05 23:03 | Comments(0)
Neue Frutiger(ノイエ・フルティガー)日本でも発表
以前ちらっとだけご紹介していた Neue Frutiger、日本語の案内ができました。 こちら へどうぞ。
by type_director | 2009-08-05 22:46 | Comments(1)
スイスで見つけたズュッタリン筆記体
7月27日から30日まではフルティガーさんと仕事をするためにスイスのベルンに行っていました。本屋さんをのぞいたら、前に こちら で紹介したズュッタリン筆記体(Sütterlinschrift)を使った1913年刊の小学生向けと思われるABCの本を見つけました。16スイスフランだったので即買い!です。このページなんか、いかにもスイスっぽい。
e0175918_451126.jpg

例文は、音節をハイフンで区切ってあります。ハイフンなしで組むと、こういう文章です。
Unser Dorf ist Klein.(私たちの村は小さい。)
e0175918_4512442.jpg

Diese Kühe tragen Glocken.(この雌牛たちは鈴をつけている。)
e0175918_4514754.jpg

筆記体も分かりにくいけど、ドイツ文字の活字も大文字 K とか、小文字の k、s などはやっかいですよね。
by type_director | 2009-08-02 21:49 | 筆記体 | Comments(0)