エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:講演やコンファレンスの記録( 13 )
台湾の看板文字ワークショップ
台湾の街歩きでは、大阪の看板職人、板倉さんと上林さんとずっといっしょでした。私の本『まちモジ』でも職人技を見せてくれた、あのお二人です。街歩きでも、みんなで看板を見てしゃべりながら歩いたんですが、お二人が感心されるポイントが私のと違って新鮮で、私も勉強になりました。

今回の台湾の私の講演ツアーでは、特別ゲストとして看板職人のお二人に3度も登壇いただきました。初日の台湾大学での講義、二日目の高雄の誠品書店、そして三日目は、文字書きのワークショップを、私の本『フォントのふしぎ』『まちモジ』そして『欧文書体』の台湾版の翻訳者で台湾での私の講演を企画してくれた葉(よう)さんのデザインスタジオで開き、台湾のデザイナーたちに丸ゴシック体の書き方の伝授。

ピンクのTシャツは板倉さん、水色が上林さんです。
e0175918_5573213.jpg


私は前座みたいなもんだったので、お二人を紹介した後は、撮影役に回ってました。参加者の邪魔にならない位置から。

なんといっても、手で書くという技術のすばらしさを直に見てもらうこと、そして、文字は書くところから生まれる、という当たり前のことを再確認していただくのが大事だからお二人に来ていただいたんです。

最初はストロークの少ない「水」「木」などの練習から入り、「小林」とか、このスタジオの名前の「卵形」を書いて、だんだん難しくなって「臺灣」(繁体字での台湾)とか書いていただきました。
e0175918_63488.jpg

下書きなしの、ぶっつけ本番です。それでも、お二人はその場でこなしていきます。

エスカレートしまくったところで書いたというか書かされたのが、この「ビャア」という読みの字。中国の陝西にある麺の一種だそうです。私も、こんなリクエストが来るとは予想していなかった。
e0175918_5101677.jpg
二人それぞれがその場で自分で考えたバランスの取り方になっています。それでも一発で収まっているところは、さすがです。写真真ん中が、スタジオを提供してくれた葉さん。

e0175918_5414020.jpg


でも、こうなると字だかなんだかわかんない。
「QR コードか!」とかつっこまれて大笑いになってました。

思えば3年前、私の本を日本で読んだ葉さんの熱心なアプローチで、私の本の台湾版の出版が決まったわけです。面白いことになってきました。
by type_director | 2015-12-14 13:06 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(2)
アメリカの催し物看板、字を並べる作業風景
毎年夏に開かれる書体デザインのコンファレンス TypeCon のために、きのうからアメリカ・オレゴン州のポートランドにいます。

シアトルから乗り換えの飛行機は小型のプロペラ機だった。
e0175918_5203019.jpg
e0175918_5221711.jpg


きょう、現金の引き出しに行くためにホテルを出て少し歩いたら、よく映画館とか劇場の演し物のタイトルを掲げてある掲示板の文字を並べているところに遭遇。透明のレールみたいなのが横方向にあって、それに薄いプラスチック製の透明の板をはめ込んでずらす。
e0175918_5232297.jpg

スペーシングの調整おわり。
e0175918_5235158.jpg


作業している人に声をかけて、つぎに並べる予定の単語を近くで撮らせてもらいました。これはわざわざ並べてもらったのではなく、最初に地面にこうして並べて綴りを確認してから、先端に吸盤のついた竿で一文字ずつ持ち上げます。
e0175918_5274238.jpg


灰色に見える部分は、目の粗い網点。
e0175918_5395343.jpg


銀行の方向がホテルの人の説明と反対の方向だったことがわかり、引き返す途中で見た完成品。さっきの「ENERGY」がちゃんと取り付けられている。
e0175918_54322.jpg


透明のレール、わかりますか?
e0175918_5292769.jpg

実はちょっと前にこの手の劇場の看板文字について調べたことがあったので、実際の作業風景を見ることができてうれしかった。道を間違えたおかげで、珍しい瞬間に出会えたわけで。

昨日は時差ぼけで夜9時に眠くてふらふらになっていたけど、これで ENERGY 補給完了!
by type_director | 2013-08-22 13:13 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(3)
コンファレンスが楽しいわけ
ダブリンのコンファレンスで、フォントデザインのワークショップをしてきました。

ワークショップとか講演とかって、自分の出番まではいろんな心配もある。誰も来なかったらどうしようなんて思っちゃって、今回は一時間前に会場に到着。会場の Dublin Institute of Technology です。
e0175918_18544045.jpg
e0175918_18564959.jpg

マックがちゃんと動くか、ソフトウェアがインストールされているかなんてチェックしてスタンバイしてました。
e0175918_18573743.jpg


時間になったら、参加者は約10人。ちょうど良い人数でした。デンマーク、ロシア、エストニアの人も。この3人はフォントのデザイナーとして自分でもフォントをつくって発表したりしている人たち。あとは初めてフォントをつくろうという学生さん。

最後まで残った2人のワークショップ参加者の希望で予定を1時間半延長して、彼らの制作中のフォントの改良を徹底的にやりました。

その参加者に翌日声をかけられて、「今日までのコンファレンスの中で、あのワークショップが一番良かったよ!」と言ってくれました。こういう反応があると、やっぱりうれしい。いろいろ心配したけど、やってよかったなって思う。

他にも面白いことはたくさんありました。今回、日本からの参加が予想以上に多くて嬉しかった。日本語のしくみや日本語のフォントについての講演が3つもあるなんて、これまでの ATypI コンファレンスには無かったことだよ!って隣にいたジャンフランソワ・ポルシェに熱く語っちゃいました。

日本からの講演者が、日本語フォントを取り巻く状況とか最近の傾向について話したので、それを聴き終わって、私からも質問をしました。ダブリンの会場で、日本からの人たちが日本語フォントについて英語で意見の交換をしているという状態です。日本のフォントメーカーの人にもぜひ見ていただきたいし、ぜひ語ってほしいですねー。

ちなみに、意見交換はケンカと違います。こういうコンファレンスでは、みんないろんな意見を持っているのが前提、ってことで話をするので、講演の途中でも、分からないことがあれば手を挙げて質問する人とかいますよ。そういうのは失礼でも何でもなくて、本当に興味があって、知りたいと思っているから。

その意見交換の後に、講演者と立ち話をして、さらに食事をしに行って楽しく話をしました。お互いの考えていることが良く分かりました。

コンファレンスに行くと、ただ黙って聴いているだけでなくて、講演者とそういう会話が楽しめるのもいいんですよね。そう、みんな「会話を楽しみにきている」といってもいいくらいです。
by type_director | 2010-09-19 12:01 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(0)
アイルランドのポストは緑色
アイルランドはヨーロッパ連合の国なので通貨はユーロです。アイルランド語と英語が公用語です。町並みとかがイギリスに似ているので、英語だけで話していると、イギリスにいるみたいな気分になりますが、ポストが緑色です。

イギリスの植民地だったのが、アイルランドが独立して、1922年ころからはそれまで赤く塗られていたポストの英国王の紋章は削られて、緑色に塗り替えられたそうです。

これは新しい方のロゴ。post の文字が、アイルランドっぽい。
e0175918_4495666.jpg
e0175918_456586.jpg

e0175918_513685.jpg


こっちは一昔前のロゴ。P&T は「郵便・電報」の Posts & Telegrams のこと。真ん中の「7」みたいな記号はアイルランド語の & です。
e0175918_4572767.jpg
e0175918_0241380.jpg

e0175918_4575768.jpg


ちなみに、この話はコンファレンスで聴いた講演の受け売りなんですが、こういう話をするのがデザイナーでなくてアイルランド郵便の秘書官補佐とかいうカタイ肩書きの人。「ブランディングの観点から、これらのロゴはアイルランドらしさやアイデンティティを持っている」なんて分析している。納得。プロのデザイナーの集まりに来て、質の高いビジュアルも交えてじゅうぶん面白い話ができる重役がいるって、それ自体がスゴイことです。
by type_director | 2010-09-15 07:49 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(4)
ダブリンの街
国際タイポグラフィ協会(ATypI:エイ・タイプ・アイ)のコンファレンスのため、9月7日から12日までアイルランドのダブリンに行ってました。

フランクフルトからの飛行機の出発が遅れて、ダブリン空港到着は夜11時半、ホテルに入ったのは夜中の12時を少し回っていました。ホテルに向かう途中でタクシーの運転手さんにアイルランド語についていろいろ尋ねると、タクシーの料金規定か何かのカードを見せてくれたので写真に撮らせてもらいました。これで「タクシー」です。
e0175918_0402866.jpg

「ラーナ・バス」は英語にするとバス・レーンのことです。
e0175918_051234.jpg


コンファレンス2日めの9日が私の出番、朝9時半から夕方5時半までのフォントデザインワークショップ。約10人が参加。ほんとうは4時ころ終わる予定だったんですが、最後の最後までねばって残ってやりたい、という2人のために一時間半延長しました。その一時間半がすごく濃かった。
3日目からのメインの会場はダブリン城。
e0175918_0562012.jpg
e0175918_0564580.jpg


日本からの参加者が多かったのがうれしい。しかもぜんぜん会ったことのない人もいて、最後の夜のガーラディナーでは夜中の1時まで話をして盛り上がりました。ガーラの会場はダブリンの名物ビール、ギネスの工場でした。
e0175918_0583359.jpg


ダブリンの街。
e0175918_0591710.jpg


二カ国語表記の道路標識とか、道路の名前とか。
e0175918_114921.jpg
e0175918_121381.jpg

お昼の時に同席したダブリンのデザイナーが、ダブリンの街の色は青だといってました。街の紋章も青が基調です。これは街灯の下の部分についている紋章。
e0175918_164543.jpg


アイルランド語のモザイク。読めない。
e0175918_142522.jpg
e0175918_110896.jpg

by type_director | 2010-09-13 00:40 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(6)
コンファレンス会場でうれしかったこと
ロスアンゼルスでのコンファレンスの話、もうひとつです。

これは書体審査のコーナーのポスターです。毎回ジョン・ダウナーさんが手描きのをつくってきます。
e0175918_340828.jpg


コンファレンス会場で、このポスターの前で写真を撮っていたら、韓国人の学生さんに話しかけられました。

ライノタイプのサイトに私が欧文組版やフォントの使い方について書いた初心者向けの記事がありますが、その学生さんはこういって握手を求めてきました。
「そのページが僕がタイポグラフィに興味を持つ最初のきっかけになりました! 書いたのが日本の人なのでびっくりしました。アキラさんは私の最初のタイポグラフィの先生です!」

うれしくてその場でいろいろ話をしました。コンファレンスはそういう人との思いがけない出会いがあるのが良いです。

記事は こちら です。右上に目次があります。
by type_director | 2010-09-03 20:48 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(0)
ロスアンゼルスの夜
ロスアンゼルスの夜のひとこま。

コンファレンス3日目に、マシュー・カーターさん、ジョン・ダウナーさん、サムナー・ストーンさん、ジャンフランソワ・ポルシェさん夫妻らと一緒に夕食に行った近くの店。単純にネオンの文字がアメリカっぽくて良かったので。
e0175918_355427.jpg


ポルシェさん夫妻とは、コンファレンス前夜にドヤルド・ヤングさんの家に夕食に招かれたときもいっしょでした。客の一人が白いカーペットに赤ワインをこぼしてしまったときに、まっさきにペーパータオルを持って拭き取りに行ったのがジャンフランソワと私でした。誰かがその光景を写真に撮っていたはず。珍しい共同作業です。
by type_director | 2010-09-03 20:39 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(0)
アメリカの TypeCon コンファレンス
ロスアンゼルスからの更新です。TypeCon というコンファレンスのため、8月18日から出張で来ています。

到着したその日の午後は、社長と一緒にホテルから30分くらいかけてビバリーヒルズ地区のブランドショップが建ち並ぶロデオ・ドライブまで歩きました。飛行機の中でほとんど寝ないで仕事をしていたので、30度の気温と強い日差しで目がくらみかけた。途中の店でチョコレートチップクッキーと水で元気を取り戻す。
e0175918_22433195.jpg


この一角だけ、ヨーロッパ風の雰囲気を出そうとしているのが分かります。文字を見て歩くのが目的でしたが、控えめにおさえてあるので、いまひとつ面白味がありません。
e0175918_2246297.jpg

e0175918_22483021.jpg


次の日、19日は夕方のオープニングパーティまで時間があったので、社長も含めてライノタイプチーム4人全員でサンタモニカビーチでのんびり。
e0175918_225388.jpg
e0175918_22563538.jpg


水難救助の監視小屋。
e0175918_22565578.jpg

これは桟橋の上にある店、後ろに見えるのはちょっとした遊園地。やっぱりこういうゴチャゴチャした看板のほうが面白い。
e0175918_2258928.jpg

「HARBOR GRILL」と太い字で組まれている部分は、 Neuland (ノイラントまたはノイランド)です。今年の 6月の記事 でも紹介したけど、手作り感がある。

そのあとベニス・ビーチまで歩きました。これは手書きの看板。アメリカっぽいな−。
e0175918_2395194.jpg


オープニングパーティのあとはさすがに疲れてベットに直行。コンファレンスには昨日8月20日からフルに参加して講演を聴いてます。昨日のテーマは「デイズニーランドのタイポグラフィ」「理想的イタリックについて」「アラビア文字とダンス」「インドの書体デザイン事情」などなど。

夕食後にブラジルからの参加者3人と話をしました。私が数年前にブラジルに行って講演したときもそこに来ていた人たちで、うち二人は学校でも教えている。彼らは目を輝かせて、「勉強して得たものを国に帰ってみんなに伝えるんだ!」と言っていました。

彼らはお金を切り詰めてなんとか TypeCon に参加しています。コンファレンス主催者もその辺の事情は考えていて低所得の国からの参加は割引になるそうですが、「ブラジルでの収入でアメリカのホテルに5日間いるのは厳しいよ。9月にある別のコンファレンス ATypI(エイ・タイプ・アイ)のほうはあきらめた」とも言っていました。こういう人たちがこれからのブラジルの土壌をつくるんですよね。

海外でのコンファレンスに日本からの参加者がないのはちょっとさびしい気がする。日本のデザイナーさん忙しいですよね、でもなんとか来てほしい。ゼッタイ損はしません。
by type_director | 2010-08-21 07:40 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(2)
TypeCon のようす
読者の rumico23 さんから良い反応が返ってきました。ここで調子に乗って、もうひとつだけ TypeCon の記事を。これでコンファレンスの雰囲気がつかめるんじゃないかと思います。

参加者に配られるバッジ、そしてバッグ。中に各フォントメーカーのカタログなどがどっさり入ってきます。
e0175918_2391174.jpg


これは今回会場になったホテル。この中の大ホールや会議室を借りて4日間ぶっとおしでタイプづけです。参加者もたいていは同じホテルに泊まります。
e0175918_243813.jpg


コンファレンスの中身はいろいろ。午前一回、午後一回、30分のコーヒーブレイクが入ります。昼食は1時間半くらいだったか。とにかく休憩が多いから気楽です。講演だってぜんぶ見なきゃいけないわけじゃない。興味がないテーマの場合は、外に出て買い物しても街のレタリングを見てもいいわけです。自分のフォントを持ってきていろんな人に意見を聞く、というのも手です。私はそれを90年代にやってました。だから人にも勧めました。とにかく、「義務」でなくて自分の好きなように楽しんで、ひとつでもなにか発見があればいいんです。

コンファレンスにパーティはつきもの。私は自分の講演の準備とかあったので、最後の日にしか行かなかった。これはホテルからパーティ会場に向かうのにチャーターしたスクールバス。
e0175918_249683.jpg

後ろはこうなってます。
e0175918_2493122.jpg
e0175918_2501053.jpg

これを撮っているところを、後ろからジョン・ベリーに撮られた。今回のバッグの中に、ジョンの書いた小冊子が2冊入っていて、正しい引用符の使い方とかいろいろ初心者向けの解説が書かれていた。これは良いなと思った。

バスに乗ったら冷房が効き過ぎで寒い!冷風を避けようと一番後ろのクーラーの真下の席に座る。あとから来た人に「学校ではトラブルメーカーはいつも一番後ろに座るんだよねー(笑)」などと軽口をたたかれながら30分かけて到着したパーティ会場はこんなふう。なにこれ? 住宅街の普通のお店、と思ったら...
e0175918_2553621.jpg

中はこんなふうでした。昔の看板が取り外されたのが飾りとして置いてある。タイポマニアの心をくすぐる、こういうところを選ぶわけです。実際この入り口でジョン・ダウナーが「この書体はどこそこのアレに似ている...」とブツブツ言い始めた。
e0175918_2581130.jpg

パーティが始まって、あとは10時半まで他の参加者とおしゃべりです。
e0175918_2592575.jpg

なんかアメリカってなんでも量がスゴイ。
e0175918_303332.jpg

そういうスケール感の違いとか、冗談の受け答えとか、気楽な雰囲気とかひっくるめて味わえるところがイイんです。
TypeCon の話だけで4回も書いちゃいました。きりがないのでこのへんで...
e0175918_3325021.jpg

by type_director | 2009-07-28 19:36 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(4)
TypeCon で書体批評とプレゼンテーション
さて、私はレタリング観察ツアーに行くのが目的だったわけでなく、仕事で行っているわけで、出番はちゃんとこなしてきました。今回は二つ。恒例の「書体批評」が18日、プレゼンテーションが19日。

18日土曜日、朝6時15分に墓地に向かって出かけていって、戻ってきたのが10時半くらい。コンファレンスの講義をしっかり聴いて、12時半くらいから別室に行って、カーターさん、ダウナーさん、そして今回特別ゲストのウンガーさんと軽い打ち合わせをしながら待つ。これはダウナーさんがいつも手書きで描いてくる「書体批評」の呼びかけポスター。逆光で上手く撮れませんでした。
e0175918_21273495.jpg


参加者が持ち寄った書体のレベルはかなり高いです。カーターさん、ダウナーさん、ウンガーさんと私がそれぞれ思い思いのアドバイスをします。1時間半があっという間に終わりました。

19日は、フルティガーさんとの共同制作で14ヶ月を費やして完成にこぎ着けた新しいファミリー、あの定番書体 Frutiger を全面的に改刻した Neue Frutiger(ノイエ・フルティガー)の制作時のエピソードを写真で見せるプレゼンテーションで大きな拍手をいただきました。話がうまかったというわけでなく、フルティガーさんが元気そうに仕事をしている姿を見てみんな拍手したんだと思います。
e0175918_2134569.jpg
この書体については、数日中に日本語での告知があります。その時はまたここに載せる予定ですが、待てないという方はしばらくの間 こちらの英語のサイトで、どんなふうかご覧ください。

私のプレゼンテーションでは、笑えるエピソードを三つ入れました。アメリカでのコンファレンスで楽しいのは、そういうときにちゃんとバカウケしてくれること。それでも私は気が小さいのでプレゼンテーションの前に緊張しちゃうんですけどね。あとは気楽にいろんな人と話ができること。友達に会いに行く、みたいな感じです。

毎回つらいのは、会場(毎回開催の場所が違っても)の冷房が私には効きすぎなことです。私は会場の一番後ろのすみっこの椅子のないところに立って、寒くなったら人の邪魔にならないように廊下に行って熱いお茶をとってきては聴いていたんですが、パネルディスカッションの前にそうしていたら主催者の一人ケントさんに壇上から「アキラ、もっとこっちに来なよ、次のはスライドがないから!」と言われました。聴く方も自由に部屋を出入りできるし、主催者も聴く側も友達みたいな、そんな気さくなコンファレンスなんです。

今回、2年ぶりにカーターさんと会ったので、「マシュー聞いた?」と声をかけて、サントリーさんとキリンさんとが統合に向けた話し合いが進んでいるらしいことを話しました。サントリーさんのロゴでは、カーターさんと微力ながら私とが関わっているので。日本が大好きなカーターさんは「これでまたロゴの話がきてくれるといいんだけどね!」と笑っていました。
by type_director | 2009-07-23 13:18 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(0)