エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:公共サイン・標識・観光案内( 16 )
公共サインについて感じること(5)英文の情報を頼りにする人の目で見ると

日本の公共サインについて、このブログでちょくちょく書いている、やたらに左右の幅を狭くしている件。たとえばこの記事では、縦線は横線より太くつくるのが欧文デザインの基本であって、縦画が細くなってしまった場合に見た目に安定感がないし読みづらいと書いています。

今回の日本出張で利用した羽田空港のモノレール。

e0175918_22591609.jpg

国際線ビルのモノレール駅ホームなどに掲げられている案内を見てみましょう。日本語の部分ではなく、英文の情報だけを頼りにする人の目になって見てください。

これは到着階からモノレールのホームに上がる手前のエスカレーター。やや斜めから見たらこんな感じです。

e0175918_22593145.jpg

真っ正面から見てもこれです。

e0175918_23020764.jpg


エスカレーターでホームに上がったら、モノレールが来ています。
e0175918_04062348.jpg
e0175918_04061137.jpg

これに乗って良いの? これが浜松町・都心方面に行くのかどうか、すぐにわかるでしょうか。






by type_director | 2017-05-28 16:36 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(2)
口の大きさ(2):「口」とカタカナの「ロ」
いま出張で日本にきています。

先月書いた記事の、この「口」。現代の私たちがもっと大きい「口」に慣れたからこれが小さく見えるということを書きました。
e0175918_20294852.jpg
今回気づいたのですが、その写真のほぼ真上くらい、新宿西口の地上にはこれがあったので撮りました。
e0175918_22274220.jpg
e0175918_22315641.jpg
こんなふうに漢字の「口」の隣にカタカナの「ロ」が来る組み合わせは珍しい。並べてみると、大きさや角の丸め方をちゃんと変えているのがわかる。この書体「ナール」から漢字の「口」が大きくなったと思う。

そしてきょう、その書体をつくった中村征宏さんとの雑談や文字を描く会を大阪で内輪で開いてきました。じつは今年二月に開かれた中村さんとのお話会では、私がまさにナールの漢字の「口」とカタカナの「ロ」との違いについて質問もしていたので、中村さんご本人にもこの写真を見ていただきました。

「書体を作ったときには意識していなかったけど、こうしてみるとカタカナの『ロ』は少し小さく描いているんだね!」と、ご本人も驚いた様子。

きょうの会の盛り上がったようすの一部を、そのうち動画で見られるようになるかもしれません。その時はここでもお知らせします。


by type_director | 2017-05-21 22:16 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
東京シティエアターミナルで感じる、時の流れ

こないだ日本に行ったとき、新潟の北書店で「昭和の風景」しばりで本をまとめて買った数冊の本の中に、なぎら健壱さんの本が2冊ありました。なぎらさんが撮った写真に自分で文章を添えているんですが、すごく良いんです。

それに感化されて、新潟でも、その後あちこち移動している間も「昭和の風景」やその名残のようなものに目が行くようになってしまいました。もちろん文字がらみで。

これは東京の日本橋箱崎にある「T-CAT」とも呼ばれる東京シティエアターミナル。今回の日本国内の移動で利用しました。

e0175918_04265754.jpg

エスカレーター前に案内カウンターのようなものがあるけれど、使われていません。調べてみたら、1978年の成田空港の開業にあわせてその前の72年に開業とある。昔はここの3階で出国審査まですませてリムジンバスに乗ったそうですが、9/11以降はセキュリティ強化のため空港以外での出国審査が廃止されて、いまは単にバスターミナルとして機能しています。

その3階にあるこのサインの「出発ロビー」は、確かに出発には違いないけれど、外国への旅立ち限定じゃないから、そんなに思いっきり手を振る感じではなくなってきた。

e0175918_04270597.jpg

使われている欧文書体は、ITC Eras です。1980年代の私の憧れの書体のひとつ。かっこよかったなー。サインにこういう書体が使われているのもちょっと昭和っぽい。

このゴシック体の「更衣室」の字が昭和だなーと思って撮る。そして脇にまわってみると、なんだかやけに狭い更衣室だなと気がつきます。

e0175918_04251727.jpg

開業当時、ここには公衆電話が5台並んでいたと思われます。その後、公衆電話のスペースを改造して一部を更衣室にしたようです。狭いわけだ。ぜったいヒジとかぶつける。

e0175918_04245840.jpg

いまは3台のスペースも必要ないらしい。3つの「電話用」スペースのうち一番右は公衆電話ですが、左端は携帯電話の充電器でした。時代の流れを感じます。







by type_director | 2017-04-26 04:17 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(2)
新潟で見た「注意」の標識

イースター休暇で家族みんなで日本旅行の最中です。私は新潟にいって、ほぼ毎年開催しているお話会をしてきました。

昨年タイミングが合わず開けなかったため、今年は早い時期での開催となりました。会場の北書店には、夜8時の話会の開始1時間前に到着して、店長の佐藤さんに「こういう本を探してるんだけど…」と相談したら、いまは古本でしか手に入らないようなものまで集めてくれて、合計で10冊くらい購入。

話会は、毎度のメンバーも新しい顔ぶれも混じって、デザイナーでない人が半分くらいいる。毎回そうですが、私が一方的にしゃべるのでなくいきなり質問だけの話会。全然デザインに関係のない参加者からも、デザイナーからも、すごく良い質問が出るんです。毎回どんな話になるのかまったくわからない状態で行くわけですが、今年も面白かった。終わったのが夜中を回っていました。私の方でも情報をたくさんもらいました。

翌日は、参加者からいただいた情報をもとに、カメラを持って市内の沼垂(ぬったり)四つ角へ。目的は、この角にもう数十年は置いてあると思われる手作り感のある「注意」の標識。

えっ、ここか!というようなところに置いてあった。

e0175918_15174959.jpg
e0175918_15173609.jpg

上がアーケードなので薄暗くなって気づかなかったと思うんだけど、高校の時、何百回とここをバスで通り過ぎているはずだし、歩いて脇を通ったこともあるのに。

e0175918_15173039.jpg

しっかりとした楷書体で書いてある。反対側に回ると、右側には「徐行」の字が見える。

e0175918_15175457.jpg

この標識はたぶん、信号のなかった時代に交差点の真ん中に置いて使ったんでしょう。新潟に来る前に見ていた、昔の古町のこの写真みたいに。古町のは移動が簡単なように台車がついてる。両方に共通するのは、楷書体で書かれていたという点。古町のは「STOP」さえもが楷書体っぽい。

そういえば、昔の標識の資料で、楷書体を使った図を見たことがある。こういう標識というのは、丸ゴシックに統一される前は楷書体で書かれるのが普通だったのかもしれない。




by type_director | 2017-04-09 15:11 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
公共サインについて感じること(4)ドイツと日本の「止まれ」標識

私が日本出張からドイツに戻った3月1日、良いタイミングで長男が学校の図書館で廃棄処分になったこの「私たちと道路交通」というタイトルの本(1965年)をもらってきました。

e0175918_03303472.jpg


e0175918_03353940.jpg


昔はドイツでも「止まれ」はドイツ語で HALT と書かれていました。標識の形は逆三角形。日本とドイツ、逆三角形でつながっていた。

e0175918_03315106.jpg


私の本『まちモジ』でも書いたように、昔は日本の「止まれ」標識の形は八角形で、「STOP」の文字も日本語の下に書かれていました。昭和38年(1963年)に逆三角形の形に変更になったのは、ドイツで採用されていたこの形の方が視認性が高いと判断されたからということです。

それで、週末は長男といっしょに、この本やウェブでドイツの「止まれ」の標識のことを調べていました。

ドイツの「止まれ」標識。昔のものから現在のものまで。

各国の「止まれ」標識

1968年の Wiener Übereinkommen über Straßenverkehrszeichen (道路標識および信号に関するウィーン条約)で、「止まれ」標識は赤の八角形(B2a)ともう一つの案(B2b)が採択されて、西ドイツでは1971年3月1日に、B2a 案である赤の八角形の「STOP」つまり現在の形になっています。






by type_director | 2017-03-07 19:12 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
各国の「止まれ」の標識を比べてみた

今年は、公共サインについて考えることが多い年でした。公共サインについての大きな講演を二つしています。

まず1月に、日本サインデザイン協会のフォーラムで、日本の公共サインの英文の表記について話す機会をいただき、翻訳家の田代眞理さんといっしょに登壇しました。田代さんは英文表記について、私はデザインの視点からサインの英文の書体の選び方や使い方についてやや辛口の提案をしました。

そして11月には、エコロジー・モビリティ財団の主催する「バリアフリー推進勉強会」で、サインの文字の読みやすさについて、ドイツの新しい DIN1450 規格の考え方と照らし合わせながら日本のサインがまだまだ改良の余地があるという話をしました。そのときのスライド資料の一部がこちらで公開されていますので、興味のある方はどうぞ。(実際の講演では、DIN1450 規格の中身について解説をしましたが、 公開用資料では著作権の関係で割愛している点をご了承ください)

いずれの会も、たくさんの方にきいていただきました。質疑応答のコーナーや懇親会では、普段のデザイン関係の講演ではなかなか出会えないような参加者の方からもたくさんのご質問や励ましのお言葉をいただいて、勉強になりました。

そして今年の12月には、日本の「止まれ」「徐行」の標識が英文の入ったものに変更されるという知らせが入ってきました。この記事の図を見ると、左右をやたらに詰めたがる日本の公共サインのクセがここでも出てしまっています。左右を詰めてその結果タテの線がヨコよりも細くなっちゃう。

比較しやすいように図を転載します。

e0175918_18205805.jpg

このやり方って、「高さ」だけ必死でクリアして、実際の読みやすさのことは考えられていない気がするんです。「上げ底英文」とでも言ったら良いでしょうか。

さて、私が写真で集めている各国の「止まれ」の標識を比べてみましょう。一部は、私の本『まちモジ』(グラフィック社)の中でも取り上げています。

これは2点とも私の住んでいるドイツ。
e0175918_18152588.jpg
左・右の順で、イタリアとスペイン。
e0175918_18155518.jpg

フランスとルクセンブルク。
e0175918_18191953.jpg
イギリスとオランダ。イギリスの例はロンドンで、後ろに赤いバスが走っています。イギリス在住のカリグラファー、橋口さんに撮ってもらいました。
e0175918_18331482.jpg

ベルギーとトルコ。トルコ語の「止まれ」です。でも赤の八角形は他の国と共通。
e0175918_18233837.jpg

2点ともアメリカ。左はミルウォーキー、右はニューオーリンズ。
e0175918_18200822.jpg
ここでご覧いただいたとおり、アルファベットを普段から使っている国では、縦長の字形を使っていても、タテ線が細くなっちゃうような過ちは犯していないことに気づかれると思います。この件は前から気になっていて、ブログではこちらに、また「バリアフリー推進勉強会」の公開資料でも細かいことを書いています。





by type_director | 2016-12-31 10:00 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(1)
公共サイン、道路の名前に合わせて長さを調整できる枠
昨日は小雨の降る寒い一日でしたが、一年ぶりくらいにフランクフルトの南側をちょっと歩いてきました。

前にこの記事で書いた、道路名の表示の「中途半端な長さでも対応できるように長さを調整できる枠」の使用例に出会うことができました。
e0175918_18205287.jpg

e0175918_18064164.jpg
e0175918_18131506.jpg

径の違うパイプを使った2つのU字型の枠を組み合わせているわけです。専門業者のサイトではこの形式の枠に Teleskoprahmen つまり望遠鏡式取り付け枠という名前がついています。

クリスマスの飾りもいっしょに。
e0175918_18352557.jpg





by type_director | 2016-12-23 11:02 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(1)
欧文の読み方のメカニズム:単語の塊で読む(2)

ひと文字単位で考えるのでなく文字を組んで単語になった状態、つまり集合体としたときに読みやすいようにつくられているのが、文章を組むための欧文書体です。小文字 d や y などの上下の飛び出しと同じように、すごく大事なことなのに日本ではあんまり気にされていないのが、文字と文字との間のリズム感です。

日本語フォントに含まれるローマ字のデザインには、1文字1マスの日本語に合わせて等幅に m も i も正方形の一文字分につくった「全角英字」が備わっています。それとは別に、フォントによっては、全角の半分のスペースに収まる等幅の「半角英字」や字形に合わせた字幅を持った(プロポーショナル)英字が入っています。

e0175918_22211331.jpg

英文などの文章を読むときには、ひとつひとつの文字の形だけでなく、リズム感も大事です。日本語は1文字1マスが基本ですが、欧文のアルファベットは文字の形によって幅が変わります。画数の多い M m などの文字は左右に広く、I (大文字アイ)や i など縦線一本の文字は狭くつくります。

e0175918_23124307.jpg

左から右へ読むときの縦線の間隔に一定のリズムがあって単語の途中で大きな空間をつくらないほうが読みやすいので、mm とふたつ並んだときの縦線の間も ii の間もだいたい同じリズム感に設定します。

残念ながら、そういったリズム感無視の例が、東京の真ん中でもゴロゴロあります。新宿の東京都庁の周りをぐるっと回ったときに気づいたものでは、こんな例が。

e0175918_23293579.jpg
e0175918_02515272.jpg

そしてこれは避難場所の情報です。けっこう大事な情報だと思う。


e0175918_23285306.jpg
e0175918_23292384.jpg

「neighboring」とかリズム感がすごいことになってます。試しに、MSゴシックの半角英字を使って同じ単語を組んでみた。おんなじだ。

e0175918_02060648.jpg

この違和感、どう伝えれば良いでしょう。

この単語は、同じ掲示板の日本語部分の「近隣」にあたります。英文ではその単語の輪郭がガタガタになっているんだから、漢字の単語に置き換えてみます。リズム感の悪さをビジュアル的に置き換えると…

辶斤阝粦

ですね。欧文のひとつひとつの文字は、単語をつくるパーツです。「パーツごとにわかる=すらすら読める」、と思ったら大間違いです。

どこか日本以外の国で、日本語でのメッセージが「辶斤阝粦」って書かれていたらどう感じますか? 

ちなみに、ちゃんとしたリズム感の書体 Neue Frutiger は、こんな感じです。

e0175918_02084121.jpg





by type_director | 2016-10-01 23:11 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
欧文の読み方のメカニズム:単語の塊で読む(1)

日本のなかでも、注意書きに英語が添えてある例が増えてきました。

でも、なんとなくギクシャクして読みづらい。綴りは間違っていないのに、一瞬考えないと伝わらない。途中で読みたくなくなってしまう。そんな欧文のサイン表示や注意書き、けっこう多いんです。欧文の読まれ方のメカニズムを知っていれば避けられるミスなんです。


e0175918_15315684.jpg


写真の「Emergency」や「stop」、小文字 g や y、p を切り詰めた形なので読みにくいですね。日本語フォントに含まれるローマ字の典型的なデザインです。

電光掲示板の英字にもなかなかスゴイものが。

e0175918_02313214.jpg

これはデジタルフォントとは違うでしょうが、英字の情報を見る人にとっては、だれがつくっているかとか、アウトライン表示かドットなのかは関係ないですからね。ここでも g や y がかわいそうなことに。

e0175918_02365838.jpg

たいていの日本語フォントに含まれるローマ字は、小文字の g や y などの下に飛び出る部分を極端に短くしているなど、本来のバランスを大きく変えたものが多いです。つまり、それで英語などの単語や文章を組んだら読みづらい。

でも、公共サインや注意書きで英字で文章を付け加えるのは、当然ですが、英語で書かれた情報のほうが日本語よりもわかりやすいという人たちのため。

英字で組まれた文章を読む人は、一文字ずつ識別していくのではなく単語の輪郭の形を瞬時に認識して読むといわれています。そのさいに、単語の大まかな形を特徴づける小文字の d や y などの上下に飛び出る部分は、読み取るきっかけとして必要です。

e0175918_22204580.jpg

上の例は、読みやすさで定評のある欧文書体 Frutiger の改良版、Neue Frutiger です。 小文字 y などの下に出る部分のほどよい飛び出し方に加えて、自然な字形と適切な文字間が読みやすさにつながっています。こちらのブログで書いたように、成田空港第3ターミナルでも使われているフォントです。

e0175918_5222851.jpg
e0175918_01485337.jpg

この「Departures」の p と、一番上の写真の「stop」の p と比べてみてください。こっちのは安心感が違う。













by type_director | 2016-10-01 21:30 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
情報を詰め込んだ結果は
観光客目線の記事を続けます。こんどは東京で見かけた印刷物です。

今年3月に書いたこの記事で、いろんな言語の観光ガイドが増えてきたことを書きました。数年前には聞いたことのなかった「インバウンド需要」という言葉もあちこちで使われています。
e0175918_19582333.jpg

言語によって観光ガイドが色分けされていて、たとえばドイツ語は黄色、フランス語は藤色、タイ語は赤紫色。
e0175918_18471149.jpg

中身はこんなふうです。左ページには地域ごとに分けた地図、右ページにはその地域の名所の案内という構成。
e0175918_18382648.jpg
でも、この見出しからすでに読みにくい。普通の書体の幅を思いっきり狭くしています。
e0175918_18381995.jpg
地図の下には、その地域を効率よく歩けるモデルコースの説明があります。
e0175918_18375064.jpg

これは読みにくい。まず書体の幅をここでも狭くしていて縦線が細くなっているし、一行ごとに字の詰め具合が変わっていてギチギチの行とスカスカの行とがある。

どれくらいの観光客がこれを手にとっているのか知らないけれど、これって役に立っているんだろうか。私だったらこれはすぐに棚に戻してネット等で調べる。東京にはゴミ箱があまりないから、持って来ちゃったらやっかいだ。

公共サインでもそうだったけど、狭い中に押し込めたような例が多すぎると思うんですが。外を歩いても印刷物を見ても縦線の極端に細いサンセリフ体が圧倒的って、なんか息苦しいです。文字のサイズを少し小さくしてもいいから、ゆったりと普通に読めた方が気持ちよく伝わるんじゃないかな?

タイ語版の中身はどうなっているのか見てみたら、モデルコースの説明文は英語だった。タイの人はみんな英語が読めて当たり前という前提なのかな? 
e0175918_18471967.jpg










by type_director | 2016-09-01 10:29 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(4)