エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:公共サイン・標識・観光案内( 22 )
香港国際空港のサイン

出張で行っていた中国から東京に昨夜もどりました。

経由した香港国際空港のサインが新しくなっていました。

e0175918_21305765.jpg
e0175918_21311363.jpg
e0175918_23041017.jpg
e0175918_21321562.jpg

中国語が角ゴシック体、英語の情報が Univers です。やや透明感のある青の色は明るめで、文字情報も字間がゆったりです。この空港の前のサインを知っているので、それと比べてわかりやすいなと感じました。


下2枚は、2011年に撮った写真です。中国語は明朝体、英語は Avenir でした。今のと比較してみると、字が細すぎて字間や行間がギチギチに詰まっていて読みにくいし、色も前のは濁った感じでした。

e0175918_21313103.jpg
e0175918_21313943.jpg







by type_director | 2017-11-16 21:14 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
文字と社会との関わりを考える言葉ふたつ

日本からの更新です。

鳥肌が立つ瞬間、というのがあるんだな。きょう、まさにそういう経験をしました。

Monotype 社の二日間連続のイベント「Type&(タイプアンド)」一日目の本日行われた児山啓一氏のトークでは、日本を初め世界の空港や鉄道の駅のサイン表示などのスライドを丁寧な解説付きでご紹介いただきました。

最後に、ロンドン地下鉄書体の例で締めくくるとき、児山氏が用意した最後のスライドが、 Frank Pick の言葉でした。ロンドン地下鉄書体を工芸家の Edward Johnston に発注するなど、今のロンドンの街の声をつくる動きを起こした彼の言葉がこれです。児山氏のスライドにあった文章をそのまま載せます。


‘The quality of our surroundings contributes decisively to our quality of life.’

「周囲の環境の質は自分たちの生活の質に大きく関わってくる」

–– Frank Pick


さて、私は先週11月3日に京都で J-LAF (ジャパン・レターアーツ・フォーラム)主催のシンポジウムに登壇して、著名なカリグラファーであり『The Golden Thread』の著者 Ewan Clayton 氏と「カリグラフィーとタイプデザインと看板の文字に境界線はあるか?」というテーマで対談していました。

そこで私が話したときのスライドで引用したのは、やはりイギリスの工芸家であり公共サインの文字について提案もした Percy Delf Smith の1945年の著書『Civic and Memorial Lettering』にある、この言葉です。


‘Lettering should be an interest of the community as a whole, since all must use it and all therefore gain benefit from its well-doing.’

「レタリングは社会全体の中でもっと関心の対象となるべきだ。みんながそれを使うのだし、良いレタリングからはみんなが恩恵を受けるからだ」

–– Percy Delf Smith

e0175918_23512244.jpg

児山氏が締めくくりに選ばれた言葉と、ほぼ同じことを言っている! 私もこの言葉で自分のトークを締めくくっていたので、あまりの偶然に驚き感激で全身に鳥肌が立ったわけです。

ちなみに、11月3日のシンポジウムでは、トークの30分前に私が会場入りして、私の持ってきたスライドの内容について話をして Percy Delf Smith の本についてちょっと話すと言ったら、開始直前なのに Ewan がご自分の用意していたスライドを一部変更して私の話につながる流れをつくってくれました。博識なのにちっとも偉そうにしていない。


さて、京都でのシンポジウムのテーマ「カリグラフィーとタイプデザインと看板の文字に境界線はあるか?」に対する答えは、 Ewan Clayton 氏も私も「無い!」で一致していて、カリグラフィーのシンポジウムにもかかわらず街の看板や公共サインを見せながら話をしました。

この一週間で、京都で Ewan Clayton 氏と、東京で児山氏と、こんなすごい方々と一緒のステージに上がらせてもらい、図らずも両方のトークが同じ部分に着地したわけです。


e0175918_23512115.jpg


ちょっとおまけですが、その Percy Delf Smith のこのページ右下のような少しセリフのついた文字は、もともとはロンドン交通局本部用につくられてロンドン地下鉄のごく一部でも使われたようで、今でも Arnos Grove 駅と Sudbury Town 駅に残っているそうです。








by type_director | 2017-11-10 23:45 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
地名が5つある場所
フランクフルトの真ん中に、地名の表示板が5つ立っている場所があります。
e0175918_13310848.jpg
地名の変遷を示しているわけで、ナチスによるユダヤ人迫害などによって改名された歴史をそのままさらけ出すという、じつにまっとうな考え方が反映されています。

一番西側にある名前 Judenmarkt は、直訳すれば「ユダヤ市場」という意味で、フランクフルトに15世紀半ばから18世紀末まであったユダヤ人ゲットー(隔離居住区)の名残です。
e0175918_13261533.jpg

同じ場所が、1886年に Börneplatz と名付けられます。このゲットーで1786年に生まれてのちにジャーナリスト・批評家となったユダヤ人、ルートヴィヒ・ベルネ(Ludwig Börne)の名を取って彼の生誕百年の年につけられました。

1930年代に入ってナチスが台頭したドイツでは、ユダヤ人の名前に由来している Börneplatz という地名をやめて、近くにキリスト教の聖ドミニコ修道院があることから聖ドミニコの名を取って1935年に Dominikanerplatz と改名されます。その後、1938年11月9日のいわゆる「水晶の夜」にはこの場所にあったシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)が破壊されています。迫害などにより、フランクフルト出身のユダヤ人11000人以上が大戦中に命を落としました。
e0175918_14022929.jpg

戦後もずっとその地名が使われ続けていましたが、1978年にフランクフルトの歴史家によって再び Börneplatz と改名され、1990年からは現在の道路名 Neuer Börneplatz (新 Börneplatz)となっています。

現在ここにある立方体状のモニュメントは、昔のユダヤ人ゲットーの礎石を集めてつくられたものです。
e0175918_13352267.jpg
こんなふうに、なにも知らずに通りかかるだけでも「なんで地名が5つ?」と立ち止まる。由来を調べてみたくなる。そして、ドイツが過去に犯した大きな誤ちのことがわかる。

歴史を風化させず、間違った部分も含めてさらけ出すという姿勢です。背筋が伸びる思いです。




by type_director | 2017-10-21 07:06 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
フランクフルト Lokalbahnhof 駅舎の標識

二週間ちょっと日本に行っていて、ドイツに戻りました。用があってフランクフルトに行ったついでに、ぐるっと一回り。

e0175918_14232644.jpg

道路の入り組んだところにある三角の島状の歩道にある、歩行者用信号の支柱に取り付けられたこれは案内標識? 

e0175918_14511014.jpg

三方どこから見てもブラックレターで Lokalbahnhof と書いてあります。つまりこの近くの Lokalbahnhof 駅舎のことを指しているわけで、3文字目は、ブラックレター独特の形の k です。

ここは道路名で言うと Textorstraße が二股に分かれた部分と Darmstädter Landstraße に挟まれている場所なので、道路名ではないわけだ。

こんな標識とも道路名とも言えないのは珍しい。上の方にはスーパーマーケットや店の看板も取り付けられているのも、フランクフルトのマイン川の南岸っぽい。






by type_director | 2017-10-17 14:14 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
ボストンの町の信号
アメリカのボストンから更新です。TypeCon コンファレンスに参加しています。
e0175918_18231870.jpg
冷房のガンガンにきいたコンファレンス会場にいると寒くなってくるので、会場を抜け出して外を歩き回って体温調節をします。せっかく外に出るんだからカメラを持って。

ボストンの町の横断歩道が、はしご形になっているのが新鮮。
e0175918_09381958.jpg
こんなふうに信号の下の所についている歩行者用信号の押しボタンの種類がいろいろあるので、ちょっとコレクションしてきました。このくらいならわかりやすい。
e0175918_09521519.jpg

情報の量が多い。簡略化されたピクトグラムの情報を文章で説明しているわけで、ちょっと余計な気がする。
e0175918_09451030.jpg

気に入ったのは、この彫りの深い鋳物のやつ。耐久性は間違いない。鋳物だと細かい細工はできないから、情報の量も限られる、したがって余計な情報は削り落としてある。
e0175918_09382439.jpg
e0175918_09380845.jpg

マンホールとかこういう蓋もけっこう彫りの深いのがあります。
e0175918_09371626.jpg





by type_director | 2017-08-27 05:34 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
フランクフルト空港の新旧サイン比較

ドイツのエッセン市で審査のあとデュッセルドルフ空港から日本に飛び、2週間の出張を終えて帰ってきました。

そうしたら、フランクフルト空港のサインが新しくなっていた。新しいサインでは、ピクトグラムを鮮やかな赤で表示してあります。色以外では、ピクトグラムのデザインに大きな変化はないし文字情報部分の使用書体 Univers も変わっていません。


e0175918_03385198.jpg
e0175918_03394227.jpg
e0175918_03282515.jpg
e0175918_15102145.jpg

写真2枚目と3枚目では赤の色が薄く写っていますが、実際は1枚目や4枚目のような鮮やかな赤です。目が、文字情報よりはまず赤のピクトグラムに瞬間的に行くのが自分でもわかります。私が過去に何回か撮ったフランクフルト空港の写真を見てみても、赤を使ったのは今回初めて。これまでは濃いめのブルーと白の二色が基本で、補助的にシルバーグレイが使われているくらいでした。

昔の写真を引っ張り出してみます。

これは1年前、2016年6月の写真。すぐ下の写真は、この記事2枚目の写真と同じ場所に掲示されたサインです。

e0175918_03414623.jpg
e0175918_03273219.jpg

そして、さらにさかのぼって2009年の写真です。当時は Univers のノーマルの字幅が基本でした。いまは Univers の Condensed つまり字幅の狭いバリエーションになってます。

e0175918_03373985.jpg
e0175918_03174200.jpg



by type_director | 2017-07-30 19:09 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
公共サインについて感じること(5)英文の情報を頼りにする人の目で見ると

日本の公共サインについて、このブログでちょくちょく書いている、やたらに左右の幅を狭くしている件。たとえばこの記事では、縦線は横線より太くつくるのが欧文デザインの基本であって、縦画が細くなってしまった場合に見た目に安定感がないし読みづらいと書いています。

今回の日本出張で利用した羽田空港のモノレール。

e0175918_22591609.jpg

国際線ビルのモノレール駅ホームなどに掲げられている案内を見てみましょう。日本語の部分ではなく、英文の情報だけを頼りにする人の目になって見てください。

これは到着階からモノレールのホームに上がる手前のエスカレーター。やや斜めから見たらこんな感じです。

e0175918_22593145.jpg

真っ正面から見てもこれです。

e0175918_23020764.jpg


エスカレーターでホームに上がったら、モノレールが来ています。
e0175918_04062348.jpg
e0175918_04061137.jpg

これに乗って良いの? これが浜松町・都心方面に行くのかどうか、すぐにわかるでしょうか。






by type_director | 2017-05-28 16:36 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(2)
口の大きさ(2):「口」とカタカナの「ロ」
いま出張で日本にきています。

先月書いた記事の、この「口」。現代の私たちがもっと大きい「口」に慣れたからこれが小さく見えるということを書きました。
e0175918_20294852.jpg
今回気づいたのですが、その写真のほぼ真上くらい、新宿西口の地上にはこれがあったので撮りました。
e0175918_22274220.jpg
e0175918_22315641.jpg
こんなふうに漢字の「口」の隣にカタカナの「ロ」が来る組み合わせは珍しい。並べてみると、大きさや角の丸め方をちゃんと変えているのがわかる。この書体「ナール」から漢字の「口」が大きくなったと思う。

そしてきょう、その書体をつくった中村征宏さんとの雑談や文字を描く会を大阪で内輪で開いてきました。じつは今年二月に開かれた中村さんとのお話会では、私がまさにナールの漢字の「口」とカタカナの「ロ」との違いについて質問もしていたので、中村さんご本人にもこの写真を見ていただきました。

「書体を作ったときには意識していなかったけど、こうしてみるとカタカナの『ロ』は少し小さく描いているんだね!」と、ご本人も驚いた様子。

きょうの会の盛り上がったようすの一部を、そのうち動画で見られるようになるかもしれません。その時はここでもお知らせします。


by type_director | 2017-05-21 22:16 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
東京シティエアターミナルで感じる、時の流れ

こないだ日本に行ったとき、新潟の北書店で「昭和の風景」しばりで本をまとめて買った数冊の本の中に、なぎら健壱さんの本が2冊ありました。なぎらさんが撮った写真に自分で文章を添えているんですが、すごく良いんです。

それに感化されて、新潟でも、その後あちこち移動している間も「昭和の風景」やその名残のようなものに目が行くようになってしまいました。もちろん文字がらみで。

これは東京の日本橋箱崎にある「T-CAT」とも呼ばれる東京シティエアターミナル。今回の日本国内の移動で利用しました。

e0175918_04265754.jpg

エスカレーター前に案内カウンターのようなものがあるけれど、使われていません。調べてみたら、1978年の成田空港の開業にあわせてその前の72年に開業とある。昔はここの3階で出国審査まですませてリムジンバスに乗ったそうですが、9/11以降はセキュリティ強化のため空港以外での出国審査が廃止されて、いまは単にバスターミナルとして機能しています。

その3階にあるこのサインの「出発ロビー」は、確かに出発には違いないけれど、外国への旅立ち限定じゃないから、そんなに思いっきり手を振る感じではなくなってきた。

e0175918_04270597.jpg

使われている欧文書体は、ITC Eras です。1980年代の私の憧れの書体のひとつ。かっこよかったなー。サインにこういう書体が使われているのもちょっと昭和っぽい。

このゴシック体の「更衣室」の字が昭和だなーと思って撮る。そして脇にまわってみると、なんだかやけに狭い更衣室だなと気がつきます。

e0175918_04251727.jpg

開業当時、ここには公衆電話が5台並んでいたと思われます。その後、公衆電話のスペースを改造して一部を更衣室にしたようです。狭いわけだ。ぜったいヒジとかぶつける。

e0175918_04245840.jpg

いまは3台のスペースも必要ないらしい。3つの「電話用」スペースのうち一番右は公衆電話ですが、左端は携帯電話の充電器でした。時代の流れを感じます。







by type_director | 2017-04-26 04:17 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(2)
新潟で見た「注意」の標識

イースター休暇で家族みんなで日本旅行の最中です。私は新潟にいって、ほぼ毎年開催しているお話会をしてきました。

昨年タイミングが合わず開けなかったため、今年は早い時期での開催となりました。会場の北書店には、夜8時の話会の開始1時間前に到着して、店長の佐藤さんに「こういう本を探してるんだけど…」と相談したら、いまは古本でしか手に入らないようなものまで集めてくれて、合計で10冊くらい購入。

話会は、毎度のメンバーも新しい顔ぶれも混じって、デザイナーでない人が半分くらいいる。毎回そうですが、私が一方的にしゃべるのでなくいきなり質問だけの話会。全然デザインに関係のない参加者からも、デザイナーからも、すごく良い質問が出るんです。毎回どんな話になるのかまったくわからない状態で行くわけですが、今年も面白かった。終わったのが夜中を回っていました。私の方でも情報をたくさんもらいました。

翌日は、参加者からいただいた情報をもとに、カメラを持って市内の沼垂(ぬったり)四つ角へ。目的は、この角にもう数十年は置いてあると思われる手作り感のある「注意」の標識。

えっ、ここか!というようなところに置いてあった。

e0175918_15174959.jpg
e0175918_15173609.jpg

上がアーケードなので薄暗くなって気づかなかったと思うんだけど、高校の時、何百回とここをバスで通り過ぎているはずだし、歩いて脇を通ったこともあるのに。

e0175918_15173039.jpg

しっかりとした楷書体で書いてある。反対側に回ると、右側には「徐行」の字が見える。

e0175918_15175457.jpg

この標識はたぶん、信号のなかった時代に交差点の真ん中に置いて使ったんでしょう。新潟に来る前に見ていた、昔の古町のこの写真みたいに。古町のは移動が簡単なように台車がついてる。両方に共通するのは、楷書体で書かれていたという点。古町のは「STOP」さえもが楷書体っぽい。

そういえば、昔の標識の資料で、楷書体を使った図を見たことがある。こういう標識というのは、丸ゴシックに統一される前は楷書体で書かれるのが普通だったのかもしれない。




by type_director | 2017-04-09 15:11 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)