エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:未分類( 430 )
グドルン・ツァップさんの展覧会(2)
今年3月のこの記事で書いた、フランクフルトで開かれているグドルンさんの展覧会に行ってきました。

3月末に開かれたオープニングイベントにも行っていたのですが、その時はゆっくり展示物を観る時間がなかったので、先週カリグラフィ関係の友達と一緒に行ってきました。

会場の入り口のポスター。グドルンさんご自身がデザインされました。書体はAlcuin です。
e0175918_05233653.jpg
ゲーテ博物館の常設展示の室内のところどころにグドルンさん作品が展示されているという形で、紙にペンで書いたカリグラフィ作品以外にも、ブックバインディング(本の装丁)の仕事の実物や鋳物の作品が置いてあるのが貴重です。

これはゲーテ博物館の図書館のドアにかけられていた「図書館入り口」の文字。真鍮で鋳込まれています。
e0175918_05234134.jpg
書体デザイナーとして、あるいはカリグラファとしてグドルンさんのお仕事が知られることが多いのですが、この展示ではブックバインディングの仕事もちゃんと見せています。
e0175918_05235041.jpg
会場では、ガラスケースに収められているので手で触れることができないのが残念ですが、グドルンさんのお宅で実際にさわらせていただいたことが何度かあり、革装の本が同じ革のケースにすうっと収まるときの感触がたまらないです。ケースの口の上に向けて、そこに本の端を入れて手を離すと、本がそれ自体の重みでゆっくりと下に降りていく。グドルンさんに以前お話を伺ったとき、この直線の金箔の箔押しの時は、定規など使わずに、長い棒に真鍮の円盤状のものがついている道具で付けるのだそうです。棒の端を右肩にあてて両手に持って箔を押しつけているところの写真も見せてもらいました。

そしてこの、グドルンさんの書体 Diotima の大文字を使ったタイトル部分に目が釘付けに。スペーシングが完璧なのです。
e0175918_05234778.jpg
この文字部分の箔押しはどうやっている?熱を加えるから鉛の活字では難しいのでは?一文字一文字押しつけていってこの完璧なスペーシングが可能なのか?といろいろ疑問が。

この展覧会のあとまたグドルンさんのお宅にお邪魔してうかがってきました。そうしたら、印刷用の金属活字を使っているのだそうです。もちろん金属活字はわりと低い温度で溶けるので温度に気をつけなくてはいけないけれど、そこさえ気をつければ大丈夫で、スペーシングは数文字単位で活字を並べて押しつける道具があってそれも見せていただきました。写真を撮るときにぶれてしまいましたが、これです。
e0175918_05520285.jpg
一列全部を一度に押しつけることはせず、「PLUS ULTRA」は3回に分けて「PLU」「S U」「LTRA」と押しているそうです。

それにしても、スペーシングが美しい。ずっと見ていたくなる。文字ひとつひとつの美しさも大事だけれど、文字の「間」も同じくらい大事だということが、この一行からよくわかります。
e0175918_06321660.jpg





by type_director | 2017-05-10 05:05 | Comments(0)
「たづがね角ゴシック」が川越のフリーペーパーで

昨年「フリーペーパー大賞」のグランプリに輝いて、以前 この記事 で紹介した川越のフリーペーパー『kawagoe premium』、最新号をドイツまで送っていただきました。

e0175918_16541104.jpg

「たづがね角ゴシック」を使っていただいているということで、楽しみにしていました。

中を見ると、たづがねの使われているページ、あった。

e0175918_16542559.jpg

欧文の部分のきれいさがよくわかる使い方です。

e0175918_16543440.jpg

この「良心価格で具だくさん」や「食堂」あたりの字面やフトコロの締まり具合が、たづがねの持ち味です。

このフリーペーパー、記事が充実しているから、とっておきたくなる。私は創刊号から持ってます。今回の記事の中には、スペシャルインタビューで映画監督の是枝裕和氏と塚本晋也氏のコメントも。

そういえば、是枝監督の映画「誰も知らない」は、私が日本に住んでいたときまだ小さかった長男を乳母車に乗せて歩いたあたりが印象的なシーンで出てくるので、涙なくしては見られません。塚本監督の映画「野火」が公開されたとき、たまたま新潟にいて、初日の初回に行ってました。




by type_director | 2017-05-06 16:53 | Comments(0)
口の大きさ

日本の文字について注目することが多かった今月の締めくくりです。

たまに、こういう「口」を見ると、ハッとしてしまいます。小さいな、と思ってしまうけどべつにサイズを間違ったわけでなく、現代の私たちが、もっと大きい「口」に慣れてしまっただけなんでしょう。

e0175918_20294852.jpg

書籍だと気にならないと思うけど、大きめにこういう場所の案内に使う場合は字面の大小の差が少ない書体が一般的になった。

そして今月初め、春休みで行った日本国内で飛行機に乗っていて、ここでもハッと気がついた。今度はあきらかにデカい。

e0175918_20510274.jpg
e0175918_21000318.jpg

さすがにここまでくると、まるで「国」とかの真ん中が欠落したように見える。

ちょうど良い大きさって難しい。








by type_director | 2017-04-30 13:08 | Comments(0)
恩師 大町尚友先生

武蔵美時代の私の恩師、大町尚友先生が亡くなられたと聞きました。

何も知らなかった大学時代の私が、書体デザインが仕事になるんだということを現実味を持って考えることができたのは大町先生のおかげです。

大町先生の授業は、最初に目の錯覚の話から始まりました。どのような場合に錯覚が起こるのかををまず知り、その図を補正するように手で描き直すという内容でした。その面白さにぐいぐい引き込まれて、のちにとった大町先生のタイプフェイスデザインゼミでもいろんなことを教わりました。なので、私も書体デザインの話をするときは目の錯覚の話をします。

これは大町先生のつくった「マジック73」という書体です。

e0175918_20204657.jpg


錯覚のこともいろいろわかった上で、こういう面白いことも考えていらっしゃった。余裕のデザインです。

これについて、丸ゴシック体がベースになった理由とか、じっくりお話をうかがってみたかったのですが、早すぎました。合掌。



by type_director | 2017-04-19 20:20 | Comments(0)
コッホの戦争体験手記
古書で、ルドルフ・コッホの『擲弾(てきだん)兵の戦争体験』を手に入れました。
e0175918_04033824.jpg
今からちょうど百年前、1917年の3月下旬にはコッホはフランスの Sainte-Marie-à-Py という町で地下3メートルのところにケーブルを敷設する作業をしていたと書いてます。

寒気が薄い壁から部屋に入り込む。三年間鳴り止まない砲声、妻子から遠く離れて…と寂しさを綴った言葉が続きます。
e0175918_04043318.jpg

Sainte-Marie-à-Py がどういう町だったのか見てみたくなって探してみると戦時中の写真が出てきました。これこれ では建物が破壊された状態の第一次大戦中の町が見えます。コッホと同じ風景を見ているような気になりました。

そのコッホの家庭の様子が切り絵になって収められた小冊子があります。
e0175918_04452427.jpg
コッホが戦争にかり出されるのは1915年の8月。切り絵の中には「1915」と入ったものが数点あるので、彼が戦争に行く前の家族の様子なんでしょう。居間での一家団欒。
e0175918_04460175.jpg
末っ子の誕生日。この瞬間のみんなの仕草が、文字通り「切り取られて」美しく残っています。
e0175918_04454824.jpg
コッホは、こんな家族を残して戦地に赴いたわけですね。

by type_director | 2017-04-02 04:02 | Comments(0)
TypeTalks分科会『欧文組版のABC』第7期「基礎から応用まで」

自信を持って欧文を扱える考え方を学ぶ人気の講座、第7期の募集が始まりました。講師は高岡昌生さん。

紹介の言葉から引用します。

「グラフィックデザイナーさんが対象ですが、最近関心を持つ方が増えて来たWebデザイナーさんも歓迎です。専門教育を受けていなくても、経験が浅くても大丈夫です。

詳細とお申し込み方法はこちら





by type_director | 2017-03-30 12:29 | Comments(0)
機内安全マニュアル

こないだの日本出張で乗った、フランクフルト・東京間のルフトハンザ航空の機内にあった安全マニュアル。

e0175918_02364298.jpg

最初に見たときの印象は「文字情報少ないな」でした。言語はドイツ語と英語だけ、そのかわりイラストが多い。ここ最近、日本に行くときはずっと日本の航空会社を使っていて、久しぶりのルフトハンザだったので新鮮でした。


これは2013年頃ヨーロッパ内の移動のときのもの。

e0175918_02365636.jpg

これが「あなたの安全のために」の情報であることが14カ国語で綴られていました。日本語・中国語・アラビア語の文字のデザインはちょっと「不慣れ」感がありました。







by type_director | 2017-03-23 02:32 | Comments(0)
ゴナとナール
2月は日本に出張で、3月1日にドイツに戻りました。2月26日の日曜には、大阪で中村征宏さんとのトークショーが実現できました。これは4年前に中村さんのスタジオにお邪魔したときからの夢でした。

会場には中村さん手書きの原図や写植のメインプレートも。
e0175918_04115952.jpg
e0175918_04070304.jpg

私が書体デザインに興味を持って写研に入社したとき、最初の仕事がゴナDの漢字制作チームの手伝いだった。ゴナは学生の時からの憧れの書体でした。そのゴナをつくった中村さんとお話ができるなんて。

トークショーの会場近くにお昼を食べに行ったとき。ナールで組んだこれを中村さんがご覧になって、「ごんべんの幅が狭かったかな?なんておっしゃっていた。「でも、整いすぎると面白くないよと写研の人に言われたなあとも。
e0175918_04022904.jpg
思えば、学生の時にゴナがあったり、欧文書体デザインではツァップさんとフルティガーさんの書体があったり、自分が目標としたいあこがれの書体があったし、そのデザインがすごく良かった。どれも、ずっと眺めていられるような書体だった。

そしてその後、それをつくった人たちとも話ができるようになるなんて、あこがれていた頃は想像もしていなかった。とてもとても幸せなことです。

トークショーのあと、参加者のかたに「フォントかるた」をつくっている人がいて、いただいちゃいました。このフレーズ「愛のあるユニークで豊かな書体。」は写研の写植書体見本帳の文字サンプルをこのことばで組んでいたからなんですが、かるたをつくるときにこのフレーズの使用を許可してくれるか写研に問い合わせしたそうです。まじめだなー。写研も快く承諾してくれたそうです。
e0175918_04020215.jpg







by type_director | 2017-03-04 09:35 | Comments(0)
ドイツのスーパーマーケットで見かける日本語
最近は買い物をしていても日本語(ローマ字で表記)の食材をときどき見かけるようになりました。

寿司は、ドイツに引っ越してきた2001年当時からちょっと大きい町に行けば寿司レストランはあった。もう今は、大きめのスーパーマーケットに行けば寿司用の材料、たとえば海苔やワサビは置いてある。でも、「ガリ」のローマ字表記のものを見たのは初めて。
e0175918_04500827.jpg
でも、これはちょっと新しい。
e0175918_04460729.jpg
少なくとも、私がドイツに引っ越してきたばかりの頃には「パン粉」なんて無かった。そういえばアメリカでも最近 Panko 見た気がする。

カニかまは、ドイツでは「すり身」です。
e0175918_04540073.jpg
この「うまみ」の中身は何だろうと思ってチューブの裏の原材料の記載を見たら、トマトペーストと魚肉だった。
e0175918_04530696.jpg

「Kombucha」には昆布は入っていません。お茶のドリンクで、3本あるうち右のはスパークリング緑茶らしい。
e0175918_05013219.jpg

そしてこの「Kaba」の原材料はカバではないし日本語のカバと関係ありません、とかいって終わろうと思ったら…。
e0175918_04574520.jpg
写真を撮ったときには「Kaba」に気を取られていてわからなかったけど、記事を書いているときに気がついた。左にちょっとだけ写っている青と黄色のパッケージの白抜きで使われているフォントは私のCalcite(カルサイト)だ。
見ているようで意外と見ていないもんだ。


by type_director | 2017-02-02 04:42 | Comments(2)
Smaragd

1月18日は、私の尊敬する高岡重蔵先生の96歳のお誕生日。その日は、休暇を取って先生に喜んでいただけるようにダルムシュタット方面でいろいろと走り回ってきました。外はマイナス3度くらいでしたが、今月2日に99歳のお誕生日を迎えられたグドルン・ツァップさんのところにも明るい色の花束を持ってお邪魔してまずグドルンさんにお祝いを申し上げ、数年前にツァップさん宅を訪問した重蔵先生も96歳になりましたよとご報告し、いつも通りすすめられるがままにケーキを2ついただいてきました。外が寒いので、いつもより紅茶がおいしかった。

グドルンさんのところにお邪魔するとき、いつも何か新しい話の種を持って行きます。今回は、ヘルマン・ツァップさんが1970年代にブックデザインを手がけた単行本一冊とグドルンさんの1950年代の活字書体のカタログを手に入れたので、それを持って行きました。これがそのカタログ。

e0175918_22102353.jpg
e0175918_22104634.jpg

Smaragd(スマラークト=宝石のエメラルド)という名前のついた右の書体は、大文字のみの大人っぽい落ち着きのある書体で、ときどき見かけます。昨年8月にアメリカのシアトルに行ったときにカフェの入り口に使われていたのを見たので写真に撮って、ドイツに戻ってからすぐグドルンさんに差し上げていました。

これです。

e0175918_22103311.jpg

町で見つけた、こういうグドルンさんの書体の使用例の写真を持って行くと、とても喜ばれます。このとき もそうだった。グドルンさんはそれを大事にファイルにとっておいてくださいます。またどこかで使用例を見かけたら持って行こうっと。

Smaragd はデジタル書体にもなってます。こちら





by type_director | 2017-01-22 22:03 | Comments(0)