エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ハイデルベルクの窓
ハイデルベルクに行ってきました。
e0175918_17373534.jpg
e0175918_17412902.jpg
e0175918_17373443.jpg
ドイツの伝統的な家屋などでは、たいていガラス窓の外側を覆うこのような雨戸的なものがついています。
e0175918_03134495.jpg


フランスやスペインあたりだと、ブラインドのような細かい庇の入った金属製の鎧戸(よろいど)を目にすることが多いんですが、ドイツではこのような木製のものが一般的で、建物の外観のアクセントになるようなきれいな色が塗ってあります。ドイツ語ではこの外側の扉のことを「Fensterladen」と呼んでいます。これにあたる日本語はちょっと探したけれどわからなかった。英語にすると「window shutter」となり、それを日本語にすると「シャッター」なので意味が違ってしまいます。

ハイデルベルクでは、この Fensterladen の一番上の部分に、飾りのついた穴が空けられているのに気づきました。通気や明かり取りの目的なのかな?それぞれの建物で衣装を凝らしたものがあって面白いと思ってちょっとコレクションしてみました。

e0175918_03170405.jpg
e0175918_17373631.jpg
e0175918_17373774.jpg
e0175918_17373822.jpg
e0175918_17395387.jpg










by type_director | 2017-08-13 17:36 | Comments(1)
Commented at 2017-08-16 22:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。