エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
サンタさん=ニコラウスさん
ドイツではサンタさんは12月6日に来ます。サンタさんはドイツでは「サンタクロース」ではなく、「ニコラウス」です。

Monotype 日本の Facebook 記事に、指揮者 Nikolaus Harnoncourt(ニコラウス・アーノンクール)さんの話を書きました。先週まで出張で行っていた東京のCDショップで通りかかったこのアーノンクールさんの指揮によるモーツァルトのCD、私の書体 Clifford の使用例として買いました。前に彼の指揮によるブラームスのCDを図書館で借りてきて聴いたくらいで詳しくはないんですが、今年亡くなったことは知っていたので記念にと思って。
e0175918_04051172.jpg

そのあとアーノンクールさんのことを調べたら、きょう12月6日が誕生日と知って、「そうか、あれのことか」と思ってクリングシュポール活字鋳造所の出していたカレンダーを引っ張り出してみました。1934年のと35年のを持っています。

やっぱり、どちらのカレンダーも、12月6日のところに「Nikolaus」と書いてある。
e0175918_04052627.jpg
e0175918_04074267.jpg

ドイツでは、いまはそんなに厳格ではないと思うけど、昔は子供の名前は生まれた日で決まったらしいです。これはドイツに移ってすぐにドイツ語の先生に聞いた。同じ日でも年によって名前が違うことがあるけれど、特定の日に付けられる名前というのがあるみたいで、たとえばこのカレンダーによれば12月24日なら女は Eva で男は Adam、12月31日なら Sylvester(または Silvester)。

そして Nikolaus Harnoncourt さんは12月6日生まれなので、この名前がつけられたのでしょう。

ちなみに、使われている活字書体は最初の写真は Kleist-Fraktur、そのあとの2枚はどちらも Wilhelm Klingspor Gotisch。
e0175918_04084029.jpg

(追記)あるウェブサイトによれば、誕生日にキリスト教の使徒の名前をつけてその使徒を守護神にするという意味合いがあるらしいです。もちろん好きな名前を選ぶ人もいて、その割合は増えているらしく、1894年にはカレンダーどおりの名前を付けられた子供の割合は50%、1994年での割合は32%だそうです。















by type_director | 2016-12-06 10:26 | 金属活字 | Comments(5)
Commented by akira1975 at 2016-12-07 11:02 x
生まれた日によって名前が決まったって、双子だったらどうなったんでしょうね。
Commented by type_director at 2016-12-09 14:18
akira1975さん、うーんそれはわからないと思ってドイツ語の名前の付け方のウェブサイトを調べていたら面白いことがわかったので追記ました。
Commented by akira1975 at 2016-12-09 17:42 x
追記、ありがとうございます。50%なら、片方だけに付けたか、両方とも好きな名前にしたか、ということですね。
1994年でも32%もいた、ということに驚きです。
Commented by mariesophie at 2016-12-09 21:42 x
このカレンダーに興味があって、記事を読んでからずっと調べていました。Namenstag(Name day)というのですね。日本語では「聖(霊)名祝日」というようです。日付と名前で検索できるページを見つけたので、曾祖父の名前(Johannes)を検索してみました。実際の誕生日は知らないのですが、この検索結果のどれかがそうなのかもと思ったら、ちょっと嬉しくなりました。
Commented by type_director at 2016-12-31 18:06
marisophie さん、そうか、ご先祖にそこから名前のついたかたがいらっしゃるとグッと身近な話になりますね!