エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ハイデルベルクの窓
ハイデルベルクに行ってきました。
e0175918_17373534.jpg
e0175918_17412902.jpg
e0175918_17373443.jpg
ドイツの伝統的な家屋などでは、たいていガラス窓の外側を覆うこのような雨戸的なものがついています。
e0175918_03134495.jpg


フランスやスペインあたりだと、ブラインドのような細かい庇の入った金属製の鎧戸(よろいど)を目にすることが多いんですが、ドイツではこのような木製のものが一般的で、建物の外観のアクセントになるようなきれいな色が塗ってあります。ドイツ語ではこの外側の扉のことを「Fensterladen」と呼んでいます。これにあたる日本語はちょっと探したけれどわからなかった。英語にすると「window shutter」となり、それを日本語にすると「シャッター」なので意味が違ってしまいます。

ハイデルベルクでは、この Fensterladen の一番上の部分に、飾りのついた穴が空けられているのに気づきました。通気や明かり取りの目的なのかな?それぞれの建物で衣装を凝らしたものがあって面白いと思ってちょっとコレクションしてみました。

e0175918_03170405.jpg
e0175918_17373631.jpg
e0175918_17373774.jpg
e0175918_17373822.jpg
e0175918_17395387.jpg










# by type_director | 2017-08-13 17:36 | Comments(0)
「100人がこの夏おすすめする一冊 2017」開催中

東京の青山ブックセンターで開催中の「100人がこの夏おすすめする一冊」フェア。100人の中に私も選ばれました。

私のおすすめは、ときどき読み返してしまうこの本。西岡常一ほか著『木のいのち 木のこころ』です。




# by type_director | 2017-08-06 14:25 | Comments(0)
フランクフルト空港の新旧サイン比較

ドイツのエッセン市で審査のあとデュッセルドルフ空港から日本に飛び、2週間の出張を終えて帰ってきました。

そうしたら、フランクフルト空港のサインが新しくなっていた。新しいサインでは、ピクトグラムを鮮やかな赤で表示してあります。色以外では、ピクトグラムのデザインに大きな変化はないし文字情報部分の使用書体 Univers も変わっていません。


e0175918_03385198.jpg
e0175918_03394227.jpg
e0175918_03282515.jpg
e0175918_15102145.jpg

写真2枚目と3枚目では赤の色が薄く写っていますが、実際は1枚目や4枚目のような鮮やかな赤です。目が、文字情報よりはまず赤のピクトグラムに瞬間的に行くのが自分でもわかります。私が過去に何回か撮ったフランクフルト空港の写真を見てみても、赤を使ったのは今回初めて。これまでは濃いめのブルーと白の二色が基本で、補助的にシルバーグレイが使われているくらいでした。

昔の写真を引っ張り出してみます。

これは1年前、2016年6月の写真。すぐ下の写真は、この記事2枚目の写真と同じ場所に掲示されたサインです。

e0175918_03414623.jpg
e0175918_03273219.jpg

そして、さらにさかのぼって2009年の写真です。当時は Univers のノーマルの字幅が基本でした。いまは Univers の Condensed つまり字幅の狭いバリエーションになってます。

e0175918_03373985.jpg
e0175918_03174200.jpg



# by type_director | 2017-07-30 19:09 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
欧文分科会 「欧文組版のいろは 初級編」募集開始
大阪の「和文と欧文」で「欧文組版のいろは」募集開始です。9月から11月までの5回で基礎からじっくり学べる絶好の機会です。講師は高岡昌生さん。

詳細と申し込みは こちら






# by type_director | 2017-07-24 20:18 | お知らせ | Comments(0)
Red Dot Design Museum
Red Dot Design Award の Typography 部門の審査員として招かれ、7月10日から13日まで、ドイツのエッセン市に行ってました。先週まで暑かったドイツも11日から急に涼しくなりました。

審査のためホテルからエッセンの町を移動する途中も、ビルに取り付けられたレタリングが気になります。
e0175918_04350412.jpg
12日の夜、この Red Dot Design Museum での夕食会に向かう審査員。審査員は南アフリカ、台湾、ブラジル、フィンランド、スイス、フランス、ドイツなど世界中から集まっています。この建物は、1920年代につくられたボイラーハウス。
e0175918_04450866.jpg

審査が終わった13日、審査員解散のあとも Red Dot Design Museum をじっくり回ってきました。
これは入り口で上を見上げたところ。
e0175918_05085169.jpg
展示はこんな感じ。


e0175918_04352322.jpg
e0175918_04431205.jpg
建物自体のリノベーションはノーマン・フォスターが、ボイラーハウスのままの部分を活かしながら行っています。
e0175918_04334036.jpg
e0175918_04355843.jpg
e0175918_04532530.jpg
e0175918_04345253.jpg
e0175918_04343769.jpg







# by type_director | 2017-07-15 03:44 | Comments(0)