エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
Futura の初期型
フランクフルト歴史博物館が6年間かけて新築され、ロゴも一新していました。
e0175918_01093205.jpg
e0175918_01013839.jpg
e0175918_17353045.jpg
小文字の r g n m あたり、Futura の初期型の字形が使われていてちょっと新鮮です。ふつう見かける Futura は、落ち着いた一般的な字形ばかりのものが多いわけですが、最初の発想はけっこうトガっていた。


e0175918_17354503.jpg
これは Futura の発売された1927年の活字の清刷りです。真ん中の清刷りの一番下に見える g は、また違うフォルムです。

博物館のドイツ語のサイトでも同じように使われています。こちら

同博物館の 昔のロゴ は Gill Sans の大文字でした。








# by type_director | 2018-02-18 01:01 | Comments(0)
フランクフルトの地下鉄駅に現れた1973年の壁
長男の情報で、フランクフルトの地下鉄 Dom/Römer(ドーム/レーマー)駅に1973年当時そのままの壁が現れたというので行ってみた。
e0175918_22595798.jpg
地上は、このような大聖堂とモダンな建物のコントラストです。

e0175918_22584676.jpg
その下にある地下鉄 Dom/Römer(ドーム/レーマー)駅、いま改装工事中。階段やエスカレーター部分などは新しくなっていた。

e0175918_23562974.jpg
駅のプラットホームはまだ工事中で、資材が置かれている。

壁は、これまでパネルなどで覆っていた部分が改装工事の途中ではがされて、昔のポスターが貼られたままの壁が見える状態になっている。

e0175918_23234358.jpg
このオレンジ色の部分の書体は Cooper Black。
e0175918_00320449.jpg

この黄色のブックフェアのは Helvetica。

刷毛目のように見えるのは、ポスターを貼るときに使う糊の跡に45年分のすすやほこりがついているからだと思う。ポスターを貼るとき、バケツに入った糊に大きめのブラシみたいな刷毛を突っ込んで、その刷毛で壁にたっぷりの糊を付けてからポスターをのせ、さらにポスターの上からも同じ刷毛でこするようにしてしわを伸ばすという作業の様子を何回か見たことがある。
e0175918_23234396.jpg
これは Gill Sans(ギル・サンズ)の極太のウェイトで、Gill Kayo(ギル・ケイオー)と呼ばれたりしたもの。デジタルフォントのいまは Gill Sans Ultra Bold と言っているらしい。
e0175918_23284255.jpg
e0175918_01271850.jpg

これはモーターショウで、すべて Helvetica。「13.–23. SEPT. 1973」とあるのが見える。字間の狭さがすごい。「13」のあと、ピリオドとダーシとどっちが先かわからないくらいで、これ以上は無理だろう。


e0175918_22584191.jpg
この植物園 Palmengarten のポスターも、 Helvetica を使って字間をツメツメにしている。この時代、Helvetica がどれだけ人気だったか、そして字間のツメがどれだけ流行っていたかがわかります。
e0175918_22584005.jpg
M と E との間の空間はほとんど「線」だし、それ以外の文字は全部重なっている。

45年の時の流れを感じさせます。








# by type_director | 2018-02-10 22:57 | Comments(0)
三条の「書体の一日学校」大成功

新潟県三条市で、しんしんと雪の降り積もる1月27日と28日に開かれた「書体の一日学校」、28日の午後一番に私が欧文フォントの話をしました。午後の後半は確かな手さばきで活版印刷の実演をする溪山氏のトーク。盛りだくさんの一日学校でした。

e0175918_22165269.jpg
e0175918_22494456.jpg

会場全体にあふれる手づくり感。

e0175918_22310711.jpg

e0175918_22165166.jpg
三条という街が、金属加工を中心に、手を動かしてものを生み出す人たちの多いところだからか、デザインというものが普段の生活と密着していて、それゆえデザインに対する意識がすっごく高いところだという印象を受けました。

ワークショップ会場で。これは私も作り方のお話を伺ったクッキーの型!

e0175918_22273061.jpg

これが東京だと、デザイナーが勉強のために参加することが多くてそれがあたりまえなのですが、三条は違ってた。デザイナーでない方の参加が多くて、ワークショップ会場は親子連れを含め大勢の人で賑わっていました。こんな光景、東京ではちょっとお目にかかれない。ものづくりが身近にあって、大人も子供も非デザイナーも普通に毎日それを呼吸している感じ。

主催者も情熱だけで手探りで始めたという、場所も企画も何もかも初めてのこのイベント、結果は大成功でした。

e0175918_22580756.jpg

質疑応答の時間も面白い質問がたくさん飛び出し、それに溪山氏と私が答えました。そしてその後の懇親会でも、本当にいろんな方、いろんな職業の方と話ができました。何もかもが面白かったし、何より私が元気をいただいた。まさに夢のような会になりました。

これは翌朝、三条市のものづくりの人たちの工房巡りをする前の一コマです。大きなお寺の前にあるお堀が凍ってました。

e0175918_22533589.jpg

こんな感じの雪、懐かしい。私が小学生のときはこんな雪たくさん降ってた。



# by type_director | 2018-01-31 22:00 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(0)
看板職人の手書きによる「今日の一文字」

大阪の看板職人、上林シュウさんの一連のツイート今日の一文字」が最高です!

「も」の字とか、見ていて「オーッ」と声が出ます!

また短いながらもシュウさんご自身によるコメントで文字のバランスの取り方の注意や気づいた点をキッチリ書いているあたり、本当にためになります。「風」の字のコメントとか見事ですよ。

「渋」のコメントにもあるように、手強い方がわかっていてリクエストするとか考えられますから、真剣勝負でもあるわけで、でもちゃんと鑑賞して面白い、何度も見ても面白いものになっていることがすごいです。

だいたい、こんなことを私がいうのは失礼かもしれませんが、安心して見ていられる。それって大事。何でもそうですが、手さばきというか身体が取っているリズムというか、安心して見ていられるというのは、それがちゃんとしていてブレないことの証明です。

1月9日に大阪で開催された「しごとフィールド」の動画(1月11日に配信)も良いです。「縁」のハライの筆の方向とか、参加者の方が「塚」の字で筆を回転させているところとか、もうたまりません。何回も見ちゃう。これで新しく文字書きを始めようと思う人も出るんじゃないか、と思うような面白さです。

ちなみにシュウさんともう一人の看板屋さんといっしょに台湾で公演とワークショップしたこともあった。この記事

シュウさんのツイッターのバナーのすごい熱気の伝わってくる写真は、台湾の誠品書店でのイベントの時のものです。会場が満員になってしまい、本当にビックリしました!






# by type_director | 2018-01-22 03:48 | 日本の丸ゴシック体 | Comments(0)
TypeTalks 第42回は「ヨアヒムの漢韓観(かん・かん・かん) ヨーロッパ人の目から見たアジア圏の欧文書体デザイン」
母国語のドイツ語をはじめ、英語、フランス語、スペイン語が話せて、いまはデザインの講師として韓国に住むヨアヒムさんから見て、現在の日本の情報デザインはどんな風に映るのでしょう。楽しみです。

お申し込みはお早めに。







# by type_director | 2018-01-18 18:14 | お知らせ | Comments(0)