ペーパーバックの数が増えていく TEXT+PHOTO by 片岡義男

53 エドワード・ルイス・ワラント

b0071709_1418269.jpg

 エドワード・ルイス・ワラントというアメリカの作家の名やその作品を知っている人は、きわめて少ないのではないか。僕も知らない。その小説作品をペーパーバックで二冊、持っているだけだ。僕がいまも大量に持っているペーパーバックのなかには、ずっと気になっているこの一冊とか、なぜか気持ちをとらえ続けるこの作家のこの二冊、というペーパーバックがたくさんある。エドワード・ルイス・ワラントのこの二冊も、そのような例のひとつだ。手当たり次第に買っているうちに山となったペーパーバックのなかに、あとになって点検していくとことのほか気になるものが何冊もある、ということだ。
 一九六十年に出版された『ザ・ヒューマン・シーズン』が最初の作品で、『ザ・ポーンブローカー』はその次の年のものだ。どちらの作品をめぐっても、若いジューイッシュ・ライターだったワラントは絶賛を集めた。彼は若くしてこの世を去ったようだ。『ザ・ヒューマン・シーズン』では、都会に生きる人たちの底なしの根なし草状況が、その底まで追い込んで描いてあるようだ。『ザ・ポーンブローカー』は、ブルックリンで質屋を営む男性に託して、落ちるところまで落ちきった人生というものが、描かれているという。一九六十年代の初めに、僕はこの二冊を手に入れた。読むのはいつになるのか。
by yoshio-kataoka | 2007-01-12 14:20




ページの上へ