art

Feature of the month '07.Feb

b0071700_23294394.jpg

セーラー服と蒸気機関車

中村宏 図画事件 1953-2007@東京都現代美術館/開催中(4/1まで)
www.mot-art-museum.jp

 明治以降、西洋文化にどっぷりつかり、敗戦を機にさらに欧米化が進んだここ日本では、洋画をルーツとする絵画表現に純粋無垢に向き合うことは、結構難しい。情報化社会になって、気持ち的に国境を越えてしまった新世代はともかく、少なくとも、戦後まもない頃に作家活動を始めたアーティスト達は、この絵画という厄介な枠組みに対してなにかしらの自問自答を繰り返してきた。
 一九三二年生まれで、今も現役で制作する中村宏の、初めてといっていい大規模な回顧展には、絵画と格闘しながら、不意に王道の美術史から脱線し、逸脱してしまった、世にも特異な世界観が広がっている。
 戦後の日本美術史展などでも中村宏が紹介される際にまず取り上げられる代表作が、一九五〇年代の「ルポルタージュ絵画」である。世の中の政治的な事件や社会的状況を取材し、記録&伝達するこの方法は、もともと安部公房や勅使河原宏、池田龍雄、山下菊二らが始めた戦後のリアリズム運動が母体である。中村にとっては、政治的意識というより、作家の心情吐露の表現を否定するための方策だったようだが、ブリューゲルやリベラを参照し、輪郭線を強調して広角ワイドに構成した群像図は、描かれた事件性やメッセージの強さもあってか、圧倒的なインパクトがある。
 そして、なにより展覧会の目玉は、続く一九六〇〜七〇年代に描かれたセーラー服の女学生や蒸気機関車をモチーフにしたシリーズだ。なぜあえてレトロな蒸気機関車なのか、奇怪な女学生を描くのか、不思議なことこのうえないが、無個性、メカニックな点が、私的な心情吐露を排除した「図画」づくりに好都合だとのこと。ここから中村の世界は迷走を始め、メビウスの輪のように時空が曲がり、ねじれながら、ぐるぐると躍動しはじめる。その得体の知れない迷宮のエネルギーが、文句なしに面白い。
 近代的な自我を追いやって、淡々とあっち側に見える異界の事件をルポルタージュする。絵画を舞台にした中村が、結果として、マンガやアニメに通じる主観的世界に自然に接近していってしまった事実が興味深い。まずは必見の展覧会。(宮村周子)
# by switch-art | 2007-02-19 00:05

触れておきたい展覧会2本 '07.Feb

日本美術が笑う:縄文から20世 紀初頭まで/笑い展:現代アートにみる「おかしみ」の事情

b0071700_23254386.jpg日本美術が笑う:縄文から20世 紀初頭まで/笑い展:現代アートにみる「おかしみ」の事情@森美術館/開催中(5/6まで)
www.mori.art.museum/jp

笑う角には福来る!? 意外となかった「笑い」をテーマにした展覧会二本。最近大人気の若冲の動物キャラ絵を始め、岸田劉生の麗子像や円空の木訥とした木彫などが並ぶ日本美術編は、意表を突く逸品も多く発見できて心なごむ面白さ。とくに放屁合戦図は抱腹絶倒の怪作だ。一方、コンテンポラリー・アートを集めた笑い展には、東西の多様なユーモアが集う。おバカを極めた脱力系や、政治的事情を背景にしたブラックな笑い、自虐ネタ、可愛い系等々、とにかくその表現はさまざま。まるで、笑いを通じて、現代社会の縮図を見るようだ。とくに笑いをねらったわけではないのに、笑いという切り口によって別の魅力が引き出されている作品もあって、興味深い。作品数も相当多いので、友人知人と出かけて、誰がどれに反応するか見てみるのも一興かも。(宮村周子)




森山大道『記録 第6号』展

b0071700_23222127.jpg森山大道『記録 第6号』展@NADiff/開催中(3/4まで)
www.nadiff.com

1972年に創刊され、いまとなってはなかば伝説と化していた森山大道の私家版写真誌『記録』。刷り部数300部、月刊サイクルで発行が開始されたものの、折しもオイルショックにぶつかり製作費が高騰。第5号をもって、休刊の憂き目にあった。その『記録』が、長澤章生の提案により季刊誌として復刊される。本展では新生版第1号となる『記録 第6号』を初披露し、同誌に掲載された写真のオリジナル・プリントなどを展示。1972年といえば、森山にとって大きな節目となる写真集『写真よさようなら』が出版された年でもある。昨年同写真集がリニューアルして復刊されたことも話題を呼んだが、今回の『記録』は当然新作が中心。森山の真髄ともいえるリアルタイムのストリート・フォトが、今後どのような展開を見せていくのか、その第1歩としても興味深い事件と言えるだろう。(猪野 辰)
# by switch-art | 2007-02-19 00:00




ページの上へ