Excite ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ

TOP INTERVIEW RECOMMEND MEMORY JOURNAL INFOMATION

 
「Motherland」/Crystal Kay
2年前の恋人Kへ

a0091104_1343396.jpg




「Motherland」/Crystal Kay(2004年)


2年前の私はアナタと付き合えて、とても嬉しかった。ただ隣にいれるだけでよかった。付き合った期間は2ヶ月と本当に短かったけど、それが逆に私には深く刻まれた。
アナタへの想いを象徴しているかのようなクリスタルケイのmotherland。
今でも聞く度、必ずアナタの事考えています。5個上とは考えられないほど、アナタとは気が合いました。

今も変わらず想っています。

子供くさい私を許してください。しかし止められないのです。アナタへの想いは日に日に深みを増し、私の中だけで肥大してゆきます。

I love you more than you.

素直に「好き」と言えなかった、私の精一杯の告白でした。アナタに届きましたか?


今、アナタは笑っていますか
今、アナタの隣には誰かいますか

大好きなアナタ。
どうか幸せになってください。

出会い、恋をし、恋人を作り、愛し合い、結婚し、子供を作り、幸せな家庭を作ってください。

いつもどこでも想っています。

だからこそ、幸せになって欲しい。


私の夢物語はけして終わらないでしょう。
アナタの背中をいつまでも探し、
アナタの思い出の中で夢をみる。

それでもいいんです。


大好きで
大好きです

2004年のクリスマスからアナタを忘れられない人がいます。

         -2004年、16歳だった女子高校生、Mより。航海士のKへ-



あなたが忘れられない人を思い出してしまううたはなんですか?
今もこの世界のどこかで笑っているあの人に、
メッセージを届けてみませんか?

あなたの「忘れられない恋のうた」を、
そのうたにまつわるエピソードとともに教えて下さい。

メールは
webmaster@8251net.com

お送り頂いた「忘れられない恋のうた」は、
あの人がコメントをつけられるカタチで、
この"memory"のコーナーで紹介させて頂きます。

初恋ネットドットコム
# by 8251-music | 2006-10-18 13:56 | Memory | Comments(0)
#003「渡良瀬橋」/森高千里
僕が、そして、あなたが、
聴くだけで、観るだけで、そして読むだけで、
「忘れられない人」を思い出す音楽、映像作品、本などの、
“超個人的エンタメ情報”を紹介し合うコーナーです。

今回は、05年3月発売のCD「忘れられない恋のうた〜memory&message〜」で
表題曲を歌って下さったThe Remember Meのメンバー中村 僚さんです。


『渡良瀬橋』森高千里(1993年)

高校1年の頃好きだった女の子がカラオケで歌ったのを聴いて
翌日CD屋に買いに行ったのを覚えています。かなり渋い選曲ですが(笑)
理由は好きな娘が歌ってた、ただそれだけ。

当時ギターを弾き始め、洋楽にどっぷりつかっていたはずなのに
やはり心に残ってしまうのは日本語で邦楽のメロディのようです。

その娘には結局付き合うこともなくふられましたが(苦笑)
振り返ってみると今までの人生であんなに胸が痛いと思ったことはないかも
しれません。
きっと十代の頃の僕は目の前で起こっていることがすべてで時間が傷を癒すなんて
発想もないくらい純粋だったのでしょう。
今となれば笑い話だけれど、でもあの情熱は一体どこへいってしまったのだろう?と
ちょっと淋しい気持ちにもなるかな。

a0091104_1505553.gifこの曲ができるまでに至ったエピソードは森高さん自身が言葉の響きの良い川や橋の名前を詩に入れたいということから地図帳を開いて索引を見ながら色々探したところ、渡良瀬川という奇麗な名前の川を見つけ、その川に渡良瀬橋という橋が実在したことから、さらに実際現地に行ってイメージを膨らませて出来上がった歌詞だとのこと。
そういった経緯もこの曲のストーリー性や奥深さに繋がっているのかもしれません。

歌詞の中で

 床屋の角にポツンとある公衆電話覚えてますか? 
 きのう思わずかけたくてなんども受話器とったの


というフレーズが僕は好きで床屋や公衆電話というだけで
時代を感じさせますが、何故かそこに日常的な暖かさのようなものがあり
当時の自分の気持ちをよりリアルに呼び覚ましてくれます。

アイドルイメージの強い彼女ですが、とても才能ある作家さんだと僕は思うし
まるで誰かに宛てた手紙のようなその歌詞は松本隆さんのような世界感さえ感じられ
気がつけば僕にとって忘れられない恋のうたになっていたようです。
a0091104_262496.jpg
The Remember Me 
Official web site : http://www.trm-music.com
11月22日 1stミニアルバム「singing about you」発売



あなたが忘れられない恋を思い出す映画はなんですか?
忘れられない日々を思い出す本はなんですか?
そして、忘れられない人を思い出す音楽はなんですか?

あなたの"超個人的エンタメ"情報を教えて下さい。
メールは
webmaster@8251net.com

頂いたメールは、
このRecommendに掲載させて頂きます。
# by 8251-music | 2006-10-15 01:37 | Recommend | Comments(1)
#002 映画「イルマーレ」
僕が、そして、あなたが、
聴くだけで、観るだけで、そして読むだけで、
「忘れられない人」を思い出す音楽、映像作品、本などの、
“超個人的エンタメ情報”を紹介し合うコーナーです。

二回目は、先日、新曲「陽に向かう」についてお話をお聞きした、
戸田康平さんがオススメする映画をご紹介します。

a0091104_16344189.jpg






『イルマーレ』
(2000年/韓国)


「キアヌ・リーブス主演のリメイク版がちょうど話題になってるんですけど、
 今回オススメしたいのは元になった韓国映画の方。
 大好きで5、6回観ました。
 二人がお互い生きている年代が違っていて、
 その恋愛模様がもう、
 『どうにかしたいけどどうにもならない』状態なんですね。
 世代の違うせつなさって、
 まさに自分が忘れられないせつなさなんじゃないかって思ってしまうんです」
(コメント:戸田康平/アーティスト)



あなたが忘れられない恋を思い出す映画はなんですか?
忘れられない日々を思い出す本はなんですか?
そして、忘れられない人を思い出す音楽はなんですか?

あなたの"超個人的エンタメ"情報を教えて下さい。
メールは
webmaster@8251net.com

頂いたメールは、
このRecommendに掲載させて頂きます。



          
# by 8251-music | 2006-10-10 15:52 | Recommend | Comments(0)
8251net.com「忘れられない恋のうた」がラジオドラマになります。
今から 11年前の1995年1月17日、ニッポン放送のラジオ番組「福山雅治のオールナイトニッポン」の構成作家だった26歳の僕は、大阪で深夜の生放送を終えた2時間46分後の、早朝5時46分、千鳥足でタクシーを拾おうとしていた路上で、阪神淡路大震災の恐ろしい揺れを体験しました。決して他人事ではない中、ラジオを通じてたくさんの被災者の方に出会いました。それは当然のように”忘れられないあの人”への思いを抱え、「初恋ネットドットコム」に登録される方々の中にも存在しました。そして、あの震災から10年目の1月17日、黙祷に行った神戸での”ある人”との出会いが、この本を書いた直接のきっかけです。

a0091104_2203791.gif




「忘れられない恋のうた〜sweet&bitter〜」



そう、既に各メディアでも告知されていますが、テレビドラマ、コンピレーションアルバム、小説と、様々なメディアで「作品化」して頂いている“初恋ネットドットコム”が、今度はこの本を原作に、ラジオドラマ化される運びになりました。

きっかけはニッポン放送さんからの「”初恋ネットドットコム”でラジオドラマができませんか?」というオファーでした。
そして、常々、8251net.comの”繋がっている”という肌触りは、ラジオのそれに近いと思っていた僕が「ぜひお願いします」と読んで頂いたのが、この本でした。
何より今回のオファーをくれたのが、1995年当時、福山雅治さんの番組のディレクターで、一緒に震災を体験した方だったからです。

震災で亡くなった彼のことを忘れたい有希子と、震災の影響で眠り続ける彼女のことが忘れられない凛太郎。「初恋ネットドットコム」で引き寄せられ、互いの届かぬメッセージの読み手になることを選んだ二人の、数ヶ月に渡るメールのやりとりだけで構成された、奇跡のような物語…。

そんなメールを読み合うだけですべてを表現するという難しい役柄を演じてくれるのは、優香さんと小栗旬さん。
先日、一回目の収録が行われたんですが、お二人の「声」だけのお芝居、聴いていて鳥肌が立ちました。ぜひ、ヘッドフォンで聴いて貰いたい。映像でのお芝居とはひと味も、ふた味も違う、優香さんと、小栗旬さんを感じて頂けると思います。

そして、主題歌は、なんと先日このblogでインタビューさせて頂いたばかりの、戸田康平さんの「陽に向かう」。
インタビューでもお話しさせて頂きましたが、初めて曲を聴いた時、書いた僕自身が「主題歌か?」と思うほど、小説のテーマや思い、そして、「向日葵」というアイテムが意味するところ(僕のは映画「ひまわり」ですが…)が見事に表現されていたことに驚いていた矢先に頂いたラジオドラマのお話。瞬間的に、原作との運命的な出会いを感じていた「陽に向かう」を使わせて貰いたい、と、お願いしました。

そんな出会いを作って頂いた、ワーナーミュージックジャパンの皆様。
1995年、一緒にあの震災を体験。11年越しでそれを一緒にラジオドラマにできる場を提供してくれた、ニッポン放送の節丸雅矛さん。
そして、2005年。
神戸で出会ったばかりの僕に、その思いを託しますと言ってくれたあなた。
すべては本当に人との出会いなんだなぁ、と改めて感じます。
ありがとうございました。

Bitter Sweet Cafe'「忘れられない恋のうた」(全国24局ネット)
放送期間:2006年10月16日(月)〜 11月9日(木)
毎週 月曜日〜木曜日 22:40 〜 22:50 (全16回OA)
※「東貴博のヤンピース」内の番組として放送されます。
出演 優香 小栗旬
主題歌 「陽に向かう」/戸田康平
原作「忘れられない恋のうた〜sweet&bitter〜」/小原信治(アスペクト刊)

このラジオドラマとの出会いが、
あなたに「辛すぎる今より少しはマシ」だと思える時間を提供できることを、
願ってやみません。

小原信治(8251net.com producer)

# by 8251-music | 2006-10-06 06:49 | Information | Comments(3)
「HONESTY」/Billy Joel
わたしが「忘れられないあの人」を思い出す歌は、
Billy Joelの「HONESTY」です。

a0091104_1422725.jpg




「HONESTY」収録アルバム
「ニューヨーク52番街」/Billy Joel(1978年)



もう20年近く経つんですね。

中学2年の春、体育祭でアナタが気になり出し、
夏には、みんなが認めるカップルになってた。
嬉しい反面、誰もが知ってる公認の二人になって、
幼かった私は、恥ずかしくて学校では話す事も出来ず、
無口なアナタも照れて、口数が少なかった。

「アナタが無口な事」が、「アナタの気持ちがわからない」
となり、ひとりで悩み、その冬には私から「友達に戻ろうと手紙で言った。
アナタは何も言わず、受け入れたね。
本当は「イヤだ!」って言って欲しかった。
「どうして?」って理由を聞いて欲しかった。

中学3年。同じ高校を受験すると聞いて、一瞬ドキッとした。
もうただの同級生に戻っているつもりでいたけど、
アナタの噂を聞くと、いつもドキドキしていた。
ずっと胸が痛かった。

高校1年。同じ高校に入ったけど、色んな地域から来る
同級生達に溶け込んで行く私達。
二人が付き合っていたと知らない人ばかりになった。
環境が変わった分、二人の距離がまた近付けるかもと小さな期待で胸が膨らんだ。
まだアナタが好きだった。

高校2年。初めて同じクラスになった。
毎朝、アナタと顔を合わせる。通学電車も同じ車両だった。
修学旅行も一緒。学園祭も一緒。体育祭も…。
少しずつアナタと距離が縮まって来たと思っていた。
でも・・・
地元からの同級生が、私達が付き合っていた事を話し出し、
結局、クラス中の話題になってしまったね。
それが恥ずかしくて、一気に、アナタとの距離が遠のいた。

高校3年生。
クラスも進路も違ったアナタとワタシ。
就職だったワタシは、夏休みには内定が出ていた。
大学受験のアナタは、一番大事な試験の5日前に盲腸で入院。
受験は受けられず、浪人決定。

入院したと聞いたけど、どうする事もできずにいるワタシ。
するとアナタの親友から電話。

「アイツのお見舞いに行ってやって」

病室でも何だか照れちゃって、世間話だけして…。
二人とも肝心な話は遠ざけちゃって…。

「お大事に」と帰ろうと背中を向けるワタシは、アナタから
何か言って欲しかったのに・・・。
そのまま、病室を後にして帰って来た。

それから数年後、人から聞きました。
本当にあいつはお前の事が好きだったんだよ。
高校もお前が選んだ高校を知って受験した。
盲腸で入院してた時も、言いたい事があったけど、浪人が
決まった自分が、就職するお前には何も言えないって...。

バカだな・・・。そんな事、気にしないのに…。

今はアナタの噂も聞こえてきません。
ワタシは結婚して地元を離れました。
とてもシアワセに暮らしています。
アナタも今・・・シアワセですか?

でも地元に帰る度、アナタの実家のカメラ屋さんの前を通ってしまいます。
アナタにバッタリ逢うかもしれないと言う期待を持ちながら...。

初めてアナタからプレゼントされた「ビリージョエル」のアルバム。
当時はLPレコードでしたね。
ビリージョエルを聞くたび、アナタを想い出します。

ペンネーム:し〜



あなたが忘れられない人を思い出してしまううたはなんですか?
今もこの世界のどこかで笑っているあの人に、
メッセージを届けてみませんか?

あなたの「忘れられない恋のうた」を、
そのうたにまつわるエピソードとともに教えて下さい。

メールは
webmaster@8251net.com

お送り頂いた「忘れられない恋のうた」は、
あの人がコメントをつけられるカタチで、
この"memory"のコーナーで紹介させて頂きます。

初恋ネットドットコム
# by 8251-music | 2006-10-05 14:29 | Memory | Comments(0)
「LOVE LOVE LOVE」/DREAMS COME TRUE
わたしが「忘れられないあの人」を思い出す歌は、
DREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」です。
a0091104_11123211.jpg




「LOVE LOVE LOVE」/DREAMS COME TRUE(1995年)




あなたは今、どぉしてますか?
わたしは、あれから次の年には結婚して、今子供が5歳になりました。
あなた以上スキになる人は居ないと思っていたわたしですが、
今は、この子があなたよりわたしにとってかけがえのない存在です。
それでもあなたは、わたしの中でいつまでも輝いてるよ。
あなたは、あれからどんな人生を歩んできましたか?
風の噂も、わたしにはまったく届かないままに…。
先生になったのか、ギターを弾き続けているのか、
今でも困った顔して電車に乗ってるのか…。
何もわからないままに、あれからもう8年以上過ぎてしまいましたね。
わたしが書いた手紙はあなたの手元に届いてますか?
駅からあなたの家への道がキレイになったこと、わたしは知ってるよ。

稲敷郡 ミドリ



あなたが忘れられない人を思い出してしまううたはなんですか?
今もこの世界のどこかで笑っているあの人に、
メッセージを届けてみませんか?

あなたの「忘れられない恋のうた」を、
そのうたにまつわるエピソードとともに教えて下さい。

メールは
webmaster@8251net.com

お送り頂いた「忘れられない恋のうた」は、
あの人がコメントをつけられるカタチで、
この"memory"のコーナーで紹介させて頂きます。

初恋ネットドットコム
# by 8251-music | 2006-10-02 10:38 | Memory | Comments(0)
♯001「Daydream」/Caravan
僕が、そして、あなたが、
聴くだけで、観るだけで、そして読むだけで、
「忘れられない人」を思い出す音楽、映像作品、本などの、
”超個人的エンタメ情報” を紹介し合うコーナーです。

一回目は、当サイトのproducerである僕、小原信治がオススメする、
「忘れられない恋のうた」です。

a0091104_16261611.jpg







「Daydream」/Caravan
(アルバム「Wander Around」に収録)



「忘れられない恋」は、その人が「青春」の真っ直中にいる時に生まれる、と僕は思う。
ここで言う「青春」に、年齢は関係ない。
「青春とは人生のある時期を言うのではなく、心の様相を言うのだ」
かの詩人サミエル・ウルマンもそう読んだように、「青春」とは、たとえば「旅」という非日常の中で心が開放され、感じやすくなっている状態だ。感じやすい分だけ、痛みにも敏感な状態だ。そして、明日も未来も見えなくなるくらいに、やがては失われてゆく今という一瞬だけに、心底没頭している状態である。

そんな、美しい夕焼けを見て涙を流すような「青春」の真っ直中にいる時の恋だからこそ、その相手が「忘れられない人」として心に深く刻まれるんじゃないだろうか。

今回「忘れられない恋のうた」としてあなたにオススメしたい一曲、
「Daydream」を含むCaravanの「Wander Around」は、そんな青春と旅を詰め込んだ、ロードムービーのようなアルバムだ。

「Daydream」では青春を卒業して大人になった仲間たちを、或いは旅という非日常を降りて社会という日常へ帰った仲間たちを、そして、そこで経験した”忘れられない恋”を振り返る気持ちが、鮮やかに描かれているんだけど、なるほどな、と思ったのは、振り返っている主人公の立っている場所が、まだ「青春」の真っ直中であり、旅の途上であるという点だった。

小学校、中学校、人によっては高校、大学…と、人は「青春」と「卒業」を何度も繰り返しながら、大人になってゆく。そして、多くの人がそこで社会に出る。仕事に忙殺され、空を見上げる余裕も、昨日を振り返る時間もなく、ただ明日だけを見つめて黙々と走り続ける。僕も20代の頃はそうだった。そして、「青春」なんて二度と来ないものだと思っていた。
 
 でも、そうじゃない。すべては「感じようとする心」なんだ。そんなことが30歳手前くらいから、分かるようになった。20代の頃から長年お仕事をさせて頂いている、 シンガーソングライターの福山雅治さんに「旅」を教わったことがきっかけだった。心のファインダーを開放して、今そこにあるものを存分に感じることができたら、そこは旅にもなるし、青春にもなる。思えば、ずっと心の片隅にいた”忘れられない人”の存在をはっきり認識するようになったのも、その頃からだ。

 そして、「忘れられない人」を感じるようになって、僕は自分自身が、今もずっと「あの頃」に留まり続けて生きていることに、気づいたのだ。そう、まるでこの歌の主人公が「僕はまだ 夢の中さ」と歌っているように。

人は旅の途上で、そして、繰り返し訪れる青春の時に”忘れられない人”を思い出す。そこには同時に、宝物のような”忘れられない日々”がある。Caravanはそんな宝物のような日々に留まり続ける方法を、同じアルバムの「Change」という曲の中でこんな風に歌っている。

「変わり続けるのさ 変わらない為に」

彼はどんな大切なものを守りたくて、変わり続けているのだろう。
いつか機会があったら、彼自身の「忘れられない恋」も訊いてみたい。
そんな風に思った。

Caravanの「Daydream」
“忘れられない人”への思いを抱えたまま、
夢の中に留まり続けているあなたに、オススメです。

小原信治


あなたが忘れられない恋を思い出す映画はなんですか?
忘れられない日々を思い出す本はなんですか?
そして、忘れられない人を思い出す音楽はなんですか?

あなたの"超個人的エンタメ"情報を教えて下さい。
メールは
webmaster@8251net.com

頂いたメールは、
このRecommendに掲載させて頂きます。
# by 8251-music | 2006-10-01 14:21 | Recommend | Comments(1)
track1 「陽に向かう」/戸田康平
8251net.comのproducer小原信治が、「忘れられない恋」を抱えたあなたにぜひ
聴いて欲しい「忘れられない恋のうた」を紹介するこのコーナー。

a0091104_2295834.jpg






『陽に向かう』
WPCL-10376 \1,000(tax in)
オフィシャルHP http://www.toda-kohei.com/

一回目のゲストは11月8日に待望のセカンドシングル『陽に向かう』をリリースす
る、戸田康平さん。本当の愛を教えてくれた彼を思い出し、陽の向こうに新たな恋
を咲かせようとする、一人の女性の切なく力強い気持ちが、鮮やかに描かれていま
す。
温かく、全てを包み込むような歌声、繊細で力強い言葉たち、そして心に響くメロディー。その全てに深みを与えている、戸田康平さんの「忘れられない恋」につい
て、お伺いしました。
a0091104_17121976.jpg

—まず、曲を聴いて、写真などの印象とは逆に、「すごく男っぽいな」という印象を受けました。
「ありがとうございます(笑)。友達にはよく『女々しい』と言われるんです」
—だと思った(笑)。でも、『女々しい』って逆にすごく、『男っぽい』ってことなんじゃないかなって思ってるんです。
「そうかもしれないですね。男っぽくなりたい、という気持ちは強いと思います」

—大学を卒業して、一度は歯医者さんというお仕事をされていますよね。でもやっぱり音楽が好きで戻ってきた。そういうところも、ちょっと女々しくて男っぽい。
「昔から音楽は好きでしたね。高校のときはコピーバンドをやっていたし、大学では軽音楽部に入って、初めて自分でも曲を創ることを覚えて。でも、『それを仕事にするぞ』という気持ちは、当時はまだ全然、芽生えていませんでした。で、自分はやっぱり歯医者になりたい、と思って上京しました」
—どうして歯医者になろうと思ったんですか?
「やっぱり一番身近にその存在があったからですかね。父も祖父も、歯医者をやっていたので」
—そんな中で、音楽で生きていこう、と思ったきっかけは何でしたか?
「大学時代に軽音楽部に入っていて、初めて自分で曲を創ることを覚えたんですね。で、プロを目指そうかどうか迷っていたときに、たまたま友人関係で悩んでいた友達に、自分の曲をプレゼントしたんです。そうしたら、その友達はもう、泣く程喜んでくれて。自分としては『元気になってもらえればいいな』というちょっとした気持ちだったし、そんなに喜んでもらえるとは思っていなかったので、すごく驚きました。『音楽は力なんだ』ということに改めて気づかされましたね」
a0091104_527173.jpg

—当時はどんな歌を歌っていましたか?
「この頃は、歌詞に『愛してる』とか『好き』だとかいう言葉を入れるのが、すごく恥ずかしくて(笑)。演奏の勢いで物語的な曲を歌うことが多かったですね。でも、そういう曲に対する反応があまりよくない、ということに自分自身も気づいていて。だからこそ、聴いている人に気持ちを伝えられるような曲を創りたい、という気持ちを強く持つようになりました」
—でも、大学を出てすぐには、音楽の道には進まなかった?
「そうですね。バンドの友達とかも普通に就職を決め始めていて、自分も結構臆病なところがあったんで、流れで就職したんですけど、全然気持ちが乗らなくて」
—どれくらい働いたんですか?
「一ヶ月目くらいにはもう、『なんか違うな』と思い始めていましたね。今思えばすごく甘い考えなんですけど、当時は歯医者と音楽を両立してできればいいな、くらいに思って就職したんですね。で、ある程度の時期までに、何もチャンスを掴めなければ、音楽の道は諦めよう、と思っていました」
—あのとき「好き」って言っておけばよかったな、という彼女に、言えないまま別れちゃって、やっぱりもう一回「好き」って言いに行く、みたいな感じですね(笑)。恋愛もそういう感じだったりしますか?
「後々思い出して、考え直したりすることはすごく多いですね。やっぱり女々しいのかも(笑)」


—デビュー曲の「優しいだけの男」やカップリングも含め、「忘れられない恋」の歌
が多いように感じたんですが。
「うーん、それはやっぱり、自分の中にも『忘れられない恋』があるからかもしれないですね」
—ご自身は「この曲聴いてくれてるかな」とか「どこかで見てるかな」とかいう風に、曲や歌詞を書く度に、誰か思い浮かべる人はいますか?
「いますねぇ(笑)」a0091104_5282734.jpg
—その恋は、どんな恋でしたか?
「17歳のときですね。高校時代、広島で」
—同じ高校だったんですか?
「いえ、男子校だったので、高校は別々でした」
—つきあってました?
「はい」
—じゃあ、ちゃんと「好き」ということは相手に伝えられていたんですね。
「そうですね…でも結局、形としては振られてしまって、いまだにその理由もよくわからなくて。彼女が今何やっているのか、とても気になりますね」
—恋をひきずっている人って、言えなかったからひきずっている、という人がすごく多いんですよね。だから、相手にちゃんと「好き」と言えている、消化できている、というのはすごいことだと思います。
「うーん、でも僕が告白できたのも、友達から『彼女の方も、ちょっといいと思ってるらしいよ』とかいう噂を聞いてたからできただけで」
—インサイダー取引だ(笑)。
「絶対大丈夫だ、という確信のもとでの告白です(笑)。それでも、こわかったですね」

—別れてからはもう全然、会ったりしてないんですか?
「一度だけ、会ったことがあります」
—どうでした?
「…キュンとしましたね(笑)」
—そのとき、彼女に聞きたいこととか、本当はあったんじゃないですか?
「うーん、でもなんだかオトナぶって、仕事の話とかしてました」
—そのときはもう二人とも働いていた?
「僕は学生でした。彼女は働いていましたね」
—どうして、再会しようということになったんですか?
「偶然、彼女の友達と再会して。で、何やってるの?とか聞いてるうちに、彼女も今東京にいることがわかって。じゃあ、一回会おうか、という話に」
—今でもまだ、彼女に会いたいと思いますか?
「会いたいというよりは、あのときのあの恋愛、あの気持ちを思い出すと、せつなくなりますね」
—絶対、それ以上の恋愛はない、と?
「自分でいうのもなんですけど、あのときの恋愛は本当に『純』だったんですよね。でも絶対とは言えないかな…希望は、捨てたくないですね(笑)」
—彼女に、今、自分の歌を聴かせたいな、と思いますか?
「聴いてもらいたいな、とは思いますけど、聴いたかどうかっていうのは、知りたくないかもしれない(笑)」

a0091104_522378.jpg
—どんなときに、その「忘れられない恋」を思い出しますか?
「本当に、ふとした瞬間ですね。友達の恋愛相談にのったり、恋愛映画を観ているときだったり。あんまり意識はしたこと、ないです」
—ぱっと思い出すのって、どんなシーンですか?
「僕の場合、忘れられないのは別れ際ですね。『いったん距離を置こう』的な話になって、でも僕はその距離を取り戻そうと焦ってしまって。なんだか、すごく距離が遠くなってしまったように感じて、必死になって頑張ったら、かえってそれは逆効果で。そのままもう、フェイドアウトしちゃった感じですね。それに対して、すごく悔いが残っているんです」
—もっとうまくやれたのに、みたいな?
「はい」
—じゃあ、もしあのときうまくいっていたら、今どうしていると思いますか?
「歌は歌ってないと思いますね。でも、それはそれで、幸せだったかもしれない」
—多分、一番欲しかったものがまだ、手に入っていないのかもしれないですね。
「そうですね。人生においては、わりと恵まれた環境にあったと思うんですけど、恋愛面では相当苦労しているかもしれません」
—男の人って、結構そうみたいですね。女の人って、「次に会う人」が「一番」になるけど、男の人って、「過去のあの人」がいまだに「一番」だったりする。だから、恋をひきずっているような歌を歌うのも、男性の方が多かったりするんです。
「結構何でも、物分りのいいふりをして『わかった』と言ってしまうんですよね。彼女に対しても。嫌われたくない、という気持ちが強すぎてしまって」
—本当はラーメンの気分じゃないのに、相手に「ラーメン」と言われたらじゃあラーメン、みたいな?
「そうですそうです(笑)」
—なかなか分かってもらえないですよね、そういう人は。自分の前では本音を出してくれないんだ、と思われてしまうし。
「根本は変わらないのかもしれないけど、あの恋愛をきっかけに、自分を変えていきたいな、とは思いました。…なんか、せつなくなってきましたね(笑)」

—今回の『陽に向かう』、どうして女性目線のラブソングに?
「今まで恋愛の曲をいくつか書いてきたんですけど、自分自身を主人公にした、みたいな曲が多くて。でも実際、自分が一番気になってるのって『女性の気持ち』だったんですよね」
—歌声もセクシーですよね。
「ありがとうございます」
—でも、歌われているのは男の気持ちだなぁ、という印象を受けました。
「そうですね。今回の曲は、『女性に前を向いてもらいたい』という、男性の気持ちを歌っています。恋をひきずっている人の中には、普通に生活しながらその恋を忘れていこうとする人もいれば、なかなか次の恋には進めない、という人もいますよね。そういう、恋をひきずっている全ての人に、この曲を聴くことで、新しい出会いの中に前向きな気持ちを持ってもらえればいいな、と思っています」
—どういうところから生まれたんですか?
「僕、すごくカップルの距離感が気になるんですね。で、たまたま、街中で手帳を読んでいる女性を見かけて。その人はただスケジュールを確認していただけかもしれないんですけど、僕にはなんだかせつなく感じて。手帳って、ふとしたときに、そのときそのときの思い出を浮かび上がらせるものだったりしますよね。忘れられない人だったり、恋だったり、歌だったり。そこからメロディーが生まれて、歌詞が生まれていきました」

a0091104_5325950.jpg—実は僕の書いた「忘れられない恋のうた〜Sweet&Bitter〜」っていう本も、同じテーマで、おまけに歌詞にある「ひまわり」も重要なワードとして出てくるんです。まあ、僕のは花じゃなくて映画ですけど。でも正直びっくりしました。主題歌か!って(笑)
「僕もびっくりしました(笑)。この本を読んでいると、自分の曲が浮かんでくるんです」
—どうでした?
「ここまで辛い経験っていうのは自分にはなかったので、本当に衝撃というか、いろんなことを感じましたね。人間は生きている限り、もがいてもがいて、何とかすることも出来るんだなって」
—人間って忘れたい時ほど忘れられなくて、忘れたくないって思っていてもいつかは
忘れちゃうんですよね。それって凄くせつない。忘れるって「心を亡くす」って書く
んですけど、まさにそうだなって。最後にそんな忘れられない恋を抱えている人たち
にメッセージをお願いします。
「恋をひきずっている、と一言で言っても、そのひきずり方って、人によって全然違うんですよね。僕は、そういういろんな恋を抱えている人たちに、これ!というアドバイスをすることはできないけれど、それぞれの人が少しだけ前に進むきっかけになるような、そんな歌を作りたいと思っています」


一つひとつ、言葉を選ぶように、そして過去をなぞるように語ってくださった、戸田康平さん。彼の優しい空気の中にある「まっすぐさ」は、『陽に向かう』そして『忘れられない恋のうた〜Sweet&Bitter〜』の、どちらにおいてもキーワードとなる「向日葵」に、どこか重なるところがありました。「忘れられない恋」を抱えるアーティストによる「忘れられない恋のための歌」は、その恋を温かく思い出させるものでもあり、また同時に、昇華させるものなのかもしれません。
                            (構成 飯山愛里)


a0091104_23222441.jpg

戸田康平さんの「陽に向かう」を聴いて、あなたが思い出した人は誰ですか?
8251net.com(初恋ネットドットコム)では、
あなたの「忘れられないあの人へのラブレター」を受け付けています。
メールは
webmaster@8251net.com

お送り頂いたラブレターは、8251net.comの”message”に掲載します。


# by 8251-music | 2006-09-28 20:08 | Interview | Comments(2)
あなたの「忘れられない恋のうた」を教えて下さい。

匂い
感触
風景

遠い記憶の中に刻まれた、あの人を思い出す鍵は、
日常の思いがけない瞬間に存在します。

そんな「記憶の鍵」の中でも、
とりわけ多くの情報量を一度に呼び覚まさせてしまうのが「音楽」です。

初恋ネットドットコムでは昨年、
そんな「記憶の鍵」を集めた音のアルバムを作りました。

『忘れられない恋のうた〜memory&message〜』

初恋ネットドットコムを訪れた方々の、
「忘れられない恋のうた」と、
そのうたにまつわる「忘れられないあの人」へのメッセージを、
女優の小西真奈美さんの朗読で、
近くても遠い空の下にいる、あの人に届けました。

「忘れられない恋のうた」
それは、渡せなかったラブレター。
それは、記憶の扉を開ける鍵。
そして、それは---。

今これを読んでいるあなたへ。

あなたが、
「忘れられないあの人」を、
思い出してしまう歌はなんですか?

あなたのメッセージとともに、
今もこの世界で笑っているあの人に届けてみませんか?

あの人と聴いた思い出の歌。
聴くだけであの人を思い出しまう心の歌。

あなたの「忘れられない恋のうた」を、
「その歌にまつわるエピソード」とともに、教えて下さい。

メールは
webmaster@8251net.com

尚、お送り頂いた
「忘れられない恋のうた」と、
「忘れられないあの人へのメッセージ」は、
あなたのメッセージに、
あの人がコメントをつけられるカタチで、
memoryのコーナーに掲載させて頂きます。

匿名希望の方はその旨、お書き添え下さい。

初恋ネットドットコム

# by 8251-music | 2006-09-28 08:46 | Memory
はじめてここを訪れてくれた、あなたへ。
はじめまして、脚本家・放送作家の小原信治です。

インターネットで、
忘れられない人の名前を検索してしまったことはありませんか?

逢ってどうすることもできないのは分かってるけど、
今もどこかでつながっていたい。
そんな風に思ったことはないですか?

え?

僕ですか?


僕は、あります(^_^;)

そんなわけで、
誰よりもまず自分自身の「忘れられないあの人」に会いたいという思いで僕は、
2001年2月14日、
名前や想い出を打ち込むだけで忘れられないあの人を検索できる、
そして、ヒットすればもう一度繋がることのできる”恋の同窓会サイト”、
8251net.com(初恋ネットドットコム)を立ち上げました。

早いものでもう5年目の秋。
これまでに200万人強の”忘れられないあの人”への想いが、届きました。

そんな「想い」のひとつ一つを、
まだ8251net.comを知らないあの人と繋ぎ合わせられるよう、
2003年12月にはテレビドラマ「初恋.com」を、
昨年3月には「忘れられない恋のうた」というタイトルで、
1枚のメッセージ入りオムニバスCDと1冊の小説を送り出しました。

番組を見た、CDを聴いた、本を読んだという方々にも訪れて頂き、
少しずつではありますが、
長い時を越えて、
「想い」と「想い」とが繋がったという、
奇跡のような報告も届くようになりました。

広告も入れない。
会員獲得の為の無差別な宣伝メールも打たない。

ネットでビジネスをやられている方々からは、
常々「非効率的だ」「合理的な方法が幾らでもあるのに」と言われながらも、
ずっと「作品で心が動いた人が訪れるのを待つ」という、
あまり効率的ではないやり方でサイトを訪れてくれる人を増やしてきたのは、
僕自身がそうした作品を生み出すことを生業としていること、
そして何より「エンタテインメントの力」を信じていることに他なりません。

このblogは、
そんな「触れた人の心を動かす」エンタテインメントの力で、
今夜も”8251net.comであなたを待ち望んでいる誰か”の元へ、
あなたを呼び込む為に作りました。

このblogで紹介してゆく、
「忘れられない恋のうた」や、
「忘れられない恋の映画」や、
「忘れられない恋の本」など、
聴くだけで、観るだけで、そして読むだけで、
「忘れられないあの人」を思い出す作品に心動かされたら、
そして、あなた自身、忘れられないあの人にもう一度会ってみたくなったら、
ぜひ一度、8251net.com(初恋ネットドットコム)の扉を叩いてみて下さい。

今夜もあなたが来るのを待ち続けている、あの人がいるかもしれません。

え?

僕ですか?


僕は、まだ会えてません(T_T)

なので僕自身は、
このblogの"Journal"で、
「忘れられないあの人への想い」を、
日々、つづっていこうと思います。

いつか、
僕自身も忘れられないあの人ともう一度繋がることができたと、
報告できる日が来ることを、
そして、
今もこの世界のどこかで笑っているあの人が、
しあわせでありますようにと願いながら(^_^)v

小原信治(8251net.com producer)
# by 8251-music | 2006-09-27 03:00 | Information


 
PROFILE

 
はじめてここへ訪れてくれた、あなたへ。
 
 
Category

 
 
LINK

8251net.com(初恋ネットドットコム)は、あなたを忘れられないあの人をもう一度つなぐ、恋の同窓会サイトです。あの人からあなたへのメッセージが届いているかもしれません。

 
Office Crescendo
 
 
CD「忘れられない恋のうた
〜私の中のもうひとりの僕〜」
CD「忘れられない恋のうた
〜Memory & Message〜」
 
小原信治 (著)
「忘れられない 恋のうた
~Sweet & Bitter~」

ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 

Copyright ©1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム