SUPER BEAVER official blog
日常の混沌をかき鳴らす平均年齢弱冠二十歳のエモーショナルヒューマンロックバンド、SUPER BEAVER。
2004年10月結成。2007年3月に下北沢CLUB251にてワンマンを敢行。まだ、正式な音源の発売もない中、見事チケットをソールドアウトさせる。2007年12月に待望の初音源となる1st.ミニアルバム「日常」をリリースし、レコ発として2008年2月に下北沢CLUB251でワンマンを敢行。前回のワンマンを上回る300人以上の動員を記録し、大盛況のうちに終える。2008年8月6日に待望のSg.「リセット」をタワーレコード、タハラ限定にてリリース。タワーレコード渋谷店、新宿店を中心に売り切れ店が続出する等、話題をかっさらう中、初の全国ツアーを敢行!ツアーファイナルには下北沢CLUB251にて3度目のワンマンを大成功に納める。2ndミニアルバム「心景」が11月5日に発売!それと同時に2度目の全国ツアー「全国スーパーフィーバーツアー!!vol.2」を敢行!ツアーファイナルとして2月21日にO-WESTのワンマンライブが決定している。




RELEASE INFORMATION
SUPER BEAVER
1st. Sg.
【 リセット 】

rpc-026 ¥100
2008.8.6 (wed) release
※タワーレコード、
タハラ限定販売
収録曲
1. リセット
2. 2ndミニアルバム
「心景」ダイジェスト
ネガ
始まりがあるから終わりがある
終わりの悲しさを知っているから
始まった時に喜びを感じられる

夜があるから朝が来る
暗い夜があるからこそ
朝陽に喜びを感じられる

呼吸もそう
吸うから吐き出す
吐き出した分だけまた吸う
吐いたまま吸ったままでは成り立たない

出逢った人とは必ず別れる
遅かれ早かれ必ず別れる
出逢いの素晴らしさを知っているから
別れを悲しむ
だけど別れの辛さを知っているから
出逢った事に感謝できる

悩み迷うからこそ
求めた答えを見つけた時に幸せを感じられる
悩まず迷わずいたら
きっと何が幸せか何が喜びか
わからないのかもしれない

人はポジティブを知っている
だからネガティブを嫌う
だけど
ポジティブはネガティブから生まれる

相反する二つで
一つのものが成り立つ

なんてそんな当たり前の事を自由が丘の街中でぼーっと考えました。
だけど時として
当たり前が当たり前過ぎて
もしかしたら“当たり前”な事が大切なのに
そもそもそこに大切なものは何もなかったような錯覚に陥って
必死で自分にとって価値のある
“何か”を探そうとしてしまう
それこそそんな“何か”は“当たり前”の中にあるかもしれないのに。
きっと、どれか一つ失った時に
“当たり前”だと思っていた事がどれだけ重要だったのか気付いたりして

でもそれじゃ遅いから
ポジティブの隣にはいつもネガティブがいて
ネガティブの隣にはポジティブがいて
こうやってふとした瞬間に
一つ一つに意味があって
当たり前がどれだけ大切なのか
そういう事に気付かせてくれるのかもしれないね。

…みたいな〜♪

ちょいちょい秋になりつつある街の中で
グルグル頭の中を駆け巡ったものを
つらつらと長々とオーイェイ。

これから空が高くなるぞー
金木犀の香りがし始めるぞー
うーん素晴らしい世界だ。
少なくとも今この瞬間はそう思えるし
もっと言えば
僕らが生きるこの世界は
本当は素晴らしい世界なんだと
俺はそう信じたい

なーんてね。

秋好きやねん!!
今日食べたカレー美味かった!
が、辛かった!美味かった!
わーお!

(やなぎ)
by emm_super | 2008-09-26 20:47