SUPER BEAVER official blog
日常の混沌をかき鳴らす平均年齢弱冠二十歳のエモーショナルヒューマンロックバンド、SUPER BEAVER。
2004年10月結成。2007年3月に下北沢CLUB251にてワンマンを敢行。まだ、正式な音源の発売もない中、見事チケットをソールドアウトさせる。2007年12月に待望の初音源となる1st.ミニアルバム「日常」をリリースし、レコ発として2008年2月に下北沢CLUB251でワンマンを敢行。前回のワンマンを上回る300人以上の動員を記録し、大盛況のうちに終える。2008年8月6日に待望のSg.「リセット」をタワーレコード、タハラ限定にてリリース。タワーレコード渋谷店、新宿店を中心に売り切れ店が続出する等、話題をかっさらう中、初の全国ツアーを敢行!ツアーファイナルには下北沢CLUB251にて3度目のワンマンを大成功に納める。2ndミニアルバム「心景」が11月5日に発売!それと同時に2度目の全国ツアー「全国スーパーフィーバーツアー!!vol.2」を敢行!ツアーファイナルとして2月21日にO-WESTのワンマンライブが決定している。




RELEASE INFORMATION
SUPER BEAVER
1st. Sg.
【 リセット 】

rpc-026 ¥100
2008.8.6 (wed) release
※タワーレコード、
タハラ限定販売
収録曲
1. リセット
2. 2ndミニアルバム
「心景」ダイジェスト
キャプテン兼部長として2
行って来ました代々木第一体育館!そうハンドボール!
僕の大事な青春のうちの大変貴重な高校3年間を費やしてまで夢中になったハンドボール。血の汗と脳漿の涙をだらだら流しながら立てなくなるまでボールを追いかけた、それ右だ!それ左だばか者め!ボールは友達なんかじゃないぞ!(脚色の嵐)
そんなハンドボールを部活仲間と先輩と見てきました。
もう感動の一言につきます。
あんなにマイナーで誰も見向きもしなかったハンドボールが、ジャパンブルーの波を起こし、大歓声を呼んだのだヨ。
やはりハンドボールというスポーツには華がある。シュートはもちろんのこと、パスの一つを取ってもかっこいい。大衆はこのスポーツの魅力にもっと早く気づくべきだったと思う。サッカーやバスケットボールと比較しても一切引けを取らないハンドボールは、格闘技に似た過激さと、舞踊のような身のこなし、目を見張るテクニックが売り。スピーディーに目まぐるしく流転する攻防に、一切の瞬きは許されない。観衆の大半はドライアイ!
あと2、3年早く浸透していれば、まず間違いなく僕は黄色い声を浴びることができたんだ、くやしい。とても。
高校の部活選びで、なぜハンドボールを選んだのかよく分からないが、今回の騒動の有無を考慮しなくても、僕はハンドボールをやっていてよかったと思えた、そんな一日でした。
試合終了後、勝敗関係無く互いをたたえあう選手達とお客さん達。なんか温かいこの感じがハンドボール、GOO。   逆太郎(バナナ食べたい)

by emm_super | 2008-01-31 02:52 | 渋谷龍太