SUPER BEAVER official blog
日常の混沌をかき鳴らす平均年齢弱冠二十歳のエモーショナルヒューマンロックバンド、SUPER BEAVER。
2004年10月結成。2007年3月に下北沢CLUB251にてワンマンを敢行。まだ、正式な音源の発売もない中、見事チケットをソールドアウトさせる。2007年12月に待望の初音源となる1st.ミニアルバム「日常」をリリースし、レコ発として2008年2月に下北沢CLUB251でワンマンを敢行。前回のワンマンを上回る300人以上の動員を記録し、大盛況のうちに終える。2008年8月6日に待望のSg.「リセット」をタワーレコード、タハラ限定にてリリース。タワーレコード渋谷店、新宿店を中心に売り切れ店が続出する等、話題をかっさらう中、初の全国ツアーを敢行!ツアーファイナルには下北沢CLUB251にて3度目のワンマンを大成功に納める。2ndミニアルバム「心景」が11月5日に発売!それと同時に2度目の全国ツアー「全国スーパーフィーバーツアー!!vol.2」を敢行!ツアーファイナルとして2月21日にO-WESTのワンマンライブが決定している。




RELEASE INFORMATION
SUPER BEAVER
1st. Sg.
【 リセット 】

rpc-026 ¥100
2008.8.6 (wed) release
※タワーレコード、
タハラ限定販売
収録曲
1. リセット
2. 2ndミニアルバム
「心景」ダイジェスト
急いでるんだ!
遅刻する!と焦ることが多々ある。

こないだも転がるように家を飛び出し、急いで我が白チャリに跨った。
よほどの事が無い限り、急いでいる場合まず最初の信号にひっかかり、青信号になるまで眉の間隔を狭め、渋い顔をしながら片足カタカタを余儀なくされる。
信号を越えると、あぶくのように湧き上がる突飛な『近道』という考え、まだ見ぬ最短の道のりを夢見て小道に入ってみたりする。
この時頭の中では『急がば回れ』という真理と反する教訓を思う。なんて馬鹿げてるんだ、急いでるのなら近道するのが筋だろう。きっとこの教訓を最初に口走ったやつは愚鈍な洟垂れ小僧に違いない。口にした瞬間みんなに大笑いされ、その時でさえ洟を垂らし、ボタンを掛け違えてたりしたに違いないのだ。
小道を軽快に走る白チャリは目的地にぐんぐん近づく。『近道』の成功に、帰ったら祝杯をあげようかなんて考えた矢先、道の中央に人影を発見する、9割かた『小さいおばあちゃん』である。おじいさんでもお姉さんでもただのおばあちゃんでもなく『小さいおばあちゃん』だ。
我が白チャリ、生憎、ベルがついていない。僕自身自転車のベルの音が好きではないため、あらかじめ外してしまったのだ。
『小さいおばあちゃん』のサイドを突破する事は物理的に無理なため、後ろにぴったりくっつく形で白チャリを進める。
ブレーキが鳴いても、激しい咳払いをしても、『小さいおばあちゃん』は気づかない。
この時頭の中では『急がば回れ』の教訓が、崇高で厳かなパラドックスであることを痛感させられる。きっと口ひげを蓄えた真に高貴なお方がお作りになられたのだろう。口にした瞬間、荘厳な響きに皆ひれ伏したのではなかろうか。
おばあちゃん突破後は、力の限りペダルを踏み、チェーンを回し、結果汗だくになり白い目で見られるというのが常。
『急がば回れ』。古人の言うことは聞きましょう。それ以前に、急がねばならぬ事態を避けましょうと言うほうが利口か。   逆太郎(でやぁ!)



by emm_super | 2008-05-02 21:34 | 渋谷龍太