SPECIAL OTHERS blog
PROFILE
SPECIAL OTHERS
SPECIAL OTHERS OFFICIAL SITE
LIVE
SPECIAL OTHERS OFFICIAL SITE
INFORMATION
SPECIAL OTHERS
2017.03.01 Release
−コラボ作品集−
「SPECIAL OTHERS Ⅱ」

遂にこの季節がやってきてしまった。
いつも涙目鼻水じゅるじゅる。
そう花粉症である。
不思議とライブ中は大丈夫なんだけど、普段はほんとヒドイです。
耳鼻科でもらった錠剤を飲んでも全然効かないし、ティッシュはすぐなくなるしもうギザヤバス!
なんか今なら勢いでバンジージャンプできそう。
まあそんな話は置いといて、実は昨日衝撃的な事が起こりました。

昨日はいつも通りスタジオで曲作り。
それで合間にファミレスに行ったんだけど、その時にレジで「ふんわりか」っていうガムを良太とマネージャーのワカスギが買った。
良太「コレを食べると体がいい匂いになるらしいぞ!」
俺「マジで!?」
ワカ「あんま売ってないらしいで。」
早速そのガムを口に投入。
口の中はさわやかなローズの香り。
効果は1、2時間後にでるらしい。
ガムを噛んだら体からいい匂いがするなんておかしい。まさかそんな事があるわけない。
この時はそう思ってた。

2時間後。
「ちょっと俺の匂いかいでみて。」「クンクン。」
「ん?」「なんか甘い匂いがする。」
「ウヒョー!いい匂いがする!」「ホントだー」「アマーイ!」「ウホホーイ!」
男5人のスタジオロビーがたちまちバラの香りに包まれた。

なんじゃこりゃー。
調べてみると、ガムの成分に汗腺から出やすい香りの成分が入ってるらしい。
OLの間ではすでに大人気のようだ。
こりゃたまげた。
これはヘリウムガスのボイスチェンジャー以来の衝撃だ。
# by special_others | 2007-03-02 12:12 | 柳下 武史(g)
2/17〜2/19 連日のスタジオ。
いよいよラストスパートと言った所。
制作のために猛練習。ここで次作の練り直し。
『コレで良いのか?』『これでも良いと思ったんだよねぇ』
『今回はコレが良いと思うよ』など意見を交わし合い、
何度も次作に向けての曲を確認する。
コレには正解がない、だから余計に頭を使う。
感性と言うのに任せるしかないのです。

2/20 早朝
11:00 東京ビジュアルアーツ専門学校に到着。
なぜこんな所にいるのでしょう?今日はプロモーションと称して
PA卒業テストのモルモットになりに来ました。
『ではそろそろお願いします!』の合図でステージに立ち、
『本番よろしくおねがいしま〜す!』とここまでが一連の流れで、
学生さんは決められた時間以内にマイクのセッティングから回線、
チューニング、サウンドチェックをやらなければならないと言う訳です。

13:30 会場入りするもあまり出番もなくゲーム大会と化してます。
セリザワが『おいぃ〜オヤジ戦車におにぎり壊されたよぉ』
『ギャザーがすっげぇいっぱいいる!』『ペケジがお腹すかなくなったんだよ』
『ペケジがバンジージャンプするって言ってる』
『ナオキが出て来た。』もう何がなんだかです。
オヤジ戦車にペケジにギャザーにナオキ、、、。
もう時代背景も目的も何がなんだかですよ。その一方では、、、。
ヤギが『ジャスティスショットォォォ!!』
リョウタが『ジャスティスポイントが良かったよね』
『ジャスティスの、、、。』『ジャスティスが、、、。』
『ジャスティスは、、、。』、、、、。
ジャスティスってなに??ジャスティスってなんだ!?
ジャスティスショットォォォっていちいち言いながら
ヤギがジャスティスショットする!!と、もう何がなんだかですよ。
とは言いつつも今日はモルモッターなはずなんですが、、、出番も少なく終了。

2/21 寒い。 
8:30 集合そのまま東京ビジュアルアーツへ!
朝がホントに早い。
今日もセリザワの口からは、、、、
『妖刀かまいたちとかまいたちのXXXとドラゴンキラー取ったから』
ヤギが『うほぉ!一日で何が起こったの?』とスゴい事が起こったようである。
どうやら店主を殺したか、金縛りの杖だか、壷だかを使って分捕ったそうなんです。
今日もPAのテスト用モルモッター&慰問ライブとでも言いましょうか
学生のために演奏する予定です。

10:30 朝ご飯を皆で喰らい学校へ。

13:30 『ではそろそろお願いします!』『おっ!今日は行けそうだな』
順に音を出していく。『ありがとうございました!』
この調子で2班、3班と新曲も披露しつつ終了。

18:00 ここからは学生のためにツルっとライブです。
5曲程演奏して終了。メンバーの楽器が珍しい様で(そらそうだ、
ヴィンテージですから!)
ステージが撮影大会。アンプやマイクの配置を写メ、写メ、写メ!
学生と楽器をバラし、キャンパス空気を体験でき気持ちよく終了。

2/22 雨。 
13:00 スタジオin
今日もレコーディング準備。と!打ち合わせ。運命の打ち合わせ。
18:30 メンバーvs事務所。健全に終了。あっ対決じゃないのであしからず。

21:00 青山に移動。綿密な打ち合わせをISO、麦さん、メンバー、ワカスギ
でSUBWAYのサンドウィッチを食べながら行う。

25:00 次作の事が色々と決定!!コレはすばらしい!!
それにしても何か疲れました。今日も皆を届けて1日が終わる。

只今マタヨシ体調悪し。皆さん風邪には注意です。
励ましてやって下さい。
d0098986_2212131.jpg

ライブでは見られない配置で猛作曲中!!
# by special_others | 2007-02-23 22:03 | スタッフ日記
んー実に久しぶりだ。日記書くの。日記じゃないけど。
えーみなさん。東京は町田にある古着屋のウルトラボはもう行かれましたかな?
実はひそかにスペアザグッズが置いてあるのです。店舗で置いてあるのは、世界でここだけです。
世界でひとつだけの店です。ナンバーワンにならなくてもいい。オンリーワンです。

ここの店の小口くんは実は我々メンバーの同級生で何かしら行動をともにしたヤツなのです。
一回目の朝霧ジャムも小口とヤギらと行きました。その時はテントはガランガランで、どこでもフリスビーオーケー!!みたいな感じでしたが今はスゴいねー!立派になられました。

でも、小口との一番の思いではやっぱり「ドラゴンボール」です。
それは7年ほど時をさかのぼります。
とある横浜のライブハウスでした。彼はスペシャルアザースのライブにジャンベで参加するのでありました。そこで我々は一丸となって、とっておきのネタを考え出しました。
それは、
「彼が参加している曲の途中で段々とドラゴンボールのテーマに曲を変えていき、完全にドラゴンボールのテーマになった瞬間に、小口が後ろを向くと背中に『亀』と亀仙人のマークが書いてあって大爆笑!!!」と言うものでした。
自信満々に本番を迎えました。

しかし、ここで我々が、大人への階段を一歩上るとは、誰も知るよしもなかった。

曲がスタートし、中盤にさしかかる。セリザワがオルガンでドラゴンボールのテーマを弾き始める!…おかしい…お客さんの眉毛がピクリとも動かない…それでも弾き続けるセリザワ…おかしい!これはきっとオルガンの音が聞こえていないんだ!

次第にメンバーに不安の色が走る。
でも大丈夫。まだ小口の背中の亀がある!!きっとみんなこれで気付いてくれるはずだ!!!

我々は遠のく意識の中で、小口の背中の亀に全てを託した

そして俺たちの夏は終わった…


そう…小口の背中の亀は、マッキーの細字で書いた為に、字が細くてステージ上でまったく見えなかったのだ。

大人になるというのは、楽しい事も、つらい事も、いっぱい経験するという事である。
その経験が多ければ多いほど、

マッキーを太字にできるのである。

あの頃の俺達にさようなら…そして


ありがとう



(完)

追伸

太字でもみえないかも
# by special_others | 2007-02-20 03:31 | 宮原 良太(ds)
2/4〜16 怒涛のスケジュールをサラッとまとめてみましょう。
第1次レコーディングも無事終わり、またもリハーサルに突入。
休む暇は、、、ない!
そんな中COUNTDOWN JAPANの打ち上げが都内某所で行われる。
主に今回はスタッフだけなのですが一人で行くのもなんだなと
セリザワと2人で待ち合わせ。
もうそろそろ終わりそうな雰囲気の中、大抽選大会が行われる。
ビクター勢のなかで愚連隊ウルフTamuraさんと紅一点TSURUちゃんと合流。
食い放題、飲み放題と言う事でセリザワは暴飲暴食ならぬ暴食暴食。
みなみな様に挨拶を2人で会場を後にする。実りの夜。

今日に至るまで色んな事がありすぎて
おもしろい事が合った事さえ忘れてるようです。
とにかくスタジオで作曲!作曲!作曲!。
ココロニツキササル曲が出来たり聴かせられない曲が出来たり(笑)
iTunesがエラい事になってます。

2/14 そんな中、私はビクターの麦さんと札幌に出張です。
前代未聞の大雪です。暴風雪警報と言うのを初めて体験しました。
タクシーの運転手さんが『こりゃ明日帰れないんじゃない?』それも納得の降雪。
仕事を終え、麦さんとビクター札幌のUE-muraさんと極上の寿司を喰らいながら
『明日ヤバいですね』『午後1には帰らなあかんのにぃ』
『もう1日は覚悟ですね』と嘆きながらひたすら『すみませ〜ん、ウニ』
『え〜いくら』『穴子行っとく?』と一貫寿司を喰らう。
2軒目で呑みながらも明日の事を気にしつつホテルへ。

2/15 8:00 ホテルの窓から外を見ると、、、、快晴。雲一つない快晴。
何だったんでしょう、暴風雪警報って。
しっかりと10:30の羽田行きに間に合う。
12:30 羽田着、、、、。なんだったんでしょう、暴風雪警報って。
午後からしっかり仕事です。

メンバーはスタジオで猛作曲中。いや〜次のアルバムのラインナップが
決まりつつあるこの時期が一番楽しみな時間なのかもしれません。
この作業は当分、後1ヶ月は続きます。

4月から全国各地のイベントに顔を連ねる予定なので
皆さん情報を目にしたら是非チェックして下さいね。
# by special_others | 2007-02-17 00:59 | スタッフ日記
5/5(祝) ROVO PRESENTS MDT FESTIVAL 2007@日比谷野外音楽堂
LIVE:ROVO/FLYING RHYTHMS/SPECIAL OTHERS
Open/Start:15:00/16:00
TICKET:全席自由/前売り¥4,000/当日¥4,500

チケット一般発売は3/3のunitのライブの日です。
更にWEBで先行予約が行われます。詳細はHP内をチェックして下さい!
# by special_others | 2007-02-11 19:27 | スタッフ日記


カテゴリー
芹澤 REMI 優真
柳下 DAYO 武史
又吉 SEGUN 優也
宮原 TOYIN 良太
スタッフブログ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Music
連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。