Excite Smartphone Engineer's Blog

2012年 12月 06日

アプリ内でApp Storeが開ける! SKStoreProductViewControllerについて

スマートフォン推進室で主にiOSアプリの開発を担当しています、富家です。

今日はiOS6で追加された
アプリ内でApp Storeへ誘導し、そのままアプリから離脱することなく購入できる
SKStoreProductViewControllerについて紹介します。

こういった感じです。↓

e0291676_1356892.pnge0291676_1356517.png



アプリ以外にも音楽、映画、ポッドキャストなど、App StoreやiTunesストアに並んでいるコンテンツを表示することができます。

もっと見る

# by sp_tech | 2012-12-06 16:37 | iOS | Comments(1)
2012年 12月 04日

いち早くKindle Fireを体験してみよう(エミュレータで)

こんにちは〜ヾ(´ω`=´ω`)ノ

突然ですが、Amazon Appstoreがついに公開されましたね。そしてKindle Fire(以下Kindle)の国内販売も、もう間近。

さまざまな期待や意見、その他もろもろがあると思いますが、エンジニア的には何はともあれ「自分たちが作ったアプリは、Kindleでちゃんと動いてくれるんだろうか?どんな風に表示されるんだろうか」という不安が一番大きいんじゃないでしょうか?

しかしAmazon Appstoreが11月28日に公開されたのに対し、Kindle本体の国内販売は12月19日。まだKindle本体で直接動作確認することはできません。こうなったら北米版を購入するしかないんでしょうか……。ああ、せめてKindleのエミュレータでもあれば……。

あります、ありますよ。Kindleのエミュレータは既に公開されています。
そんなわけで、今回はKindleのエミュレータを動かす手順や、その他もろもろをご紹介します。

(注意)エミュレータの情報はどんどん更新されていくと思うので、常に公式の情報を確認するようにしましょう。
https://developer.amazon.com/sdk/fire/emulator-guide.html

More

# by sp_tech | 2012-12-04 14:49 | Android | Comments(0)
2012年 11月 30日

iPad mini にピッタリなケースを見つけよう

e0291676_2236327.jpg
スマートフォン推進室の渡辺です

今回は趣向を変えてグッズに目を向けてみます。

2012年11月2日にiPad miniが発売されました。
そして11月30日にはWiFi + Cellular版が発売になりました。

実際にWiFi版を発売日から使っているのですが、軽くて大きさもちょうど良く持ち運ぶにも苦になりません。

iPad miniが発売される前は第3世代 iPad (Retinaディスプレイになった最初のiPad)を使っていたのですが、その大きさと重さゆえ軽快に使うという場面には向いておらず使う場面が限られてしまっていました。

Retinaディスプレイじゃないとかいろいろ言われますが、個人的には今のところiPad miniはすごくいいデバイスだと断言できます。

さて、そのiPad miniをどうやって持ち運びましょう?

どうやって持ち運ぶ?

# by sp_tech | 2012-11-30 10:17 | その他 | Comments(0)
2012年 11月 26日

2012サマーインターンシップ

e0291676_21493361.png


はじめまして、エンジニアの黒田です。

エキサイトでは昨年度からエンジニア職を希望する学生向けサマーインターンシップを開始しました。
第二回目となる今年も関東のみならず日本全国から応募があり、8月に4名、9月に3名の学生を迎えて開催する運びとなりました。

開催から若干期間が開いてしまいましたが、今回のはその『サマーインターンシップ2012』について報告させていただきたいと思います。

また今回の成果物も公開していますので、是非御覧ください。

More

# by sp_tech | 2012-11-26 12:30 | その他 | Comments(0)
2012年 11月 06日

Xcode4.5.1でiOS用のframeworkを作成する

スマートフォン推進室の渡辺です。

今回は「iOS用frameworkの作り方」について書いていきます。
frameworkは簡単に扱えるので非常に便利です。
しかし自分でframeworkを作ろうとすると、Xcode4.5.1時点ではまだiOS用のFrameworkテンプレートが無いため作成には少々手間がかかります。
実際に「Excite.framework」を作成する流れでframeworkを作成するにはどうするかをご紹介いたします。

More

# by sp_tech | 2012-11-06 12:47 | iOS | Comments(2)