exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
社長(agitator)
SOIL & "PIMP" SESSIONSのアジテーター(扇動者)であり、バンドとオーディエスをひとつにつなげる役割を担う。
車、パソコンにめっぽう詳しい。現在の愛車はVOLKSWAGEN TOUAREG。
OFFICIAL WEB SITE
LABEL SITE
 
【SOIL&"PIMP"SESSIONS presents STONED PIRATES LIVE SHOW】
LIVE SCHEDULE
information
Concept Cover Album
『SOIL&"PIMP"SESSIONS presents
 STONED PIRATES RADIO』
2010.12.08release
VICL-63684
¥2,500 (tax incl.)
このCDを購入する
<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
TOKYO CROSSOVER JAZZ FESTIVAL PRE PARTY
明日、東京駅の目の前、新丸ビルで、楽しいパーティーがあります。
テラスもあるし、ご飯も食べれるし、お酒もおいしいし、素敵な空間です。
いかがでしょ。

e0085168_9133866.jpg

7月31日(金) 20:00~25:00
丸の内ハウス(新丸ビル7階) 入場無料

DJ
沖野修也(Kyoto Jazz Massive)
DJ KAWASAKI
社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
TAKAHIRO "MATZZ" MATSUOKA(quasimode)
JOYRIDE
by soilblog | 2009-07-30 09:16 | Comments(2)
FUJIROCK
ありがとう!
楽しかった。

一番テンションが上がった瞬間は、実はイントロSE「ECSTASY OF GOLD」のときのみんなの歓声。ヨーロッパツアーでもこのSEを使ってたんだけど、むこうだと僕らが出て行って初めて歓声が湧くのね。だからみんなの声を聞いて、無性に嬉しくなってしまった。

裏では色々ありました。50分セットって聞いてたのに、本番直前に、実は80分だと言う事が判明。急遽セットリスト見直し。本番がはじまって、JAMで一度裏に下がった時に、「残り30分です」って言われたあと別のスタッフに「残り45分です」って言われたり、演奏中に右のスタッフが残り20分って合図を出してたのに、左のスタッフは残り10分の合図だったり。もう訳が分からなくなったので、時間は気にしない事にして、結局80分とちょい。
しかしこの80分という時間、実は今回のヨーロッパツアーのほとんどのセットと同じ。身体の感覚としては、今いちばんしっくりくる演奏時間だったのだ。

ヨーロッパツアーの14本の総決算としてのフジロックのセット、いかがでしたか?
by soilblog | 2009-07-28 09:19 | Comments(8)
帰国しました。
無事もどりました。

これからフジロック。
いってきます。

オレンジコートで会いましょう。
by soilblog | 2009-07-25 09:25 | Comments(7)
TEXT Germany 3
先ほど、今回のヨーロッパツアー最後の公演が終わった。
終わったー!!!

3週間14公演。
Seteだとかコペンハーゲンが懐かしい。
ともかく、来てくれた全ての人、応援してくれてた全ての人に感謝。
ありがとう!

【シュツッツガルト】
結局、ポルシェミュージアムに行く時間は無かった。市街地からはちょい離れ過ぎてたね。
ならば、と思って調べたメルセデスベンツミュージアムもやはり遠く、断念。

今回出演したのはBIXというJazz箱。イベント自体はジャズフェスで、いくつかの会場で開催されていた。メインの大きな会場はソニー・ロリンズだったようだ。

そして僕らの対バンは[re:jazz]。先日"nipponized"というアルバムをリリースしている。これは、ドイツのバンドながら、日本のクラブクラシックスをJazzでカバーしたアルバム。だからフライヤーに「Japanese night」ってドイツ語で書いてあったんだな。

日本のバンドがドイツに来て英語で煽り、ドイツのバンドが日本の曲をカバーする。しかも1曲は日本語で歌ってた!
これって結構凄い事だと思うな。
ゆっくり話をする時間が無かったのが心残り。

【イエナ】
Jenaと書いてイエナ。
最後のステージも1日1アーティストが出演するジャズフェス。
開演前にすごいサプライズが。

着替えを終えて出番を待っているとひとりの長身の男が楽屋に現れた。
あれ、どこかで見覚えが。。。

イアン・シモンズ!!!!!

サンダルスのイアン・シモンズが目の前にいる。
つい先日、来日していた彼に中目黒で会ったばかり。
今はなんとこのイエナに住んでいるそう。僕らが来るって聞いて駆けつけてくれたんだ。

サンダルスのファーストアルバムは、僕にとっての「最初の1枚」。
ここからガリアーノを知り、U.F.Oを知り、Gillesを知った。
そんな彼が見に来てくれるなんて!

写真とればよかった。。。

ライブは、というと。。。。最初は固かった!
いや、みんな首でのってるし、笑顔だし、楽しんでくれているのは分かる。
しかし、動きが小さい!
でもそういう問題じゃないんだよね。楽しみ方は人それぞれ。
煽れば、声だしてくれるし、ライブが進むに連れて踊りの輪が大きくなっていくのが分かる。
おばちゃん集団もノリノリ。
ツア−を締めくくるいいライブが出来た。


こないだ書いた、感じている事。
やっぱり僕の勘違いだった。というか、まだそれを断言する訳にはいかない。
それが何かは僕の胸にしまっておくことにしよう。

明日、帰国します。
フジロックで会いましょう。
日曜日までいる人は、是非パレスオブワンダーにも。
by soilblog | 2009-07-23 09:40 | Comments(4)
TEXT Germany 2
はい。元気です。
やっとまともにネットが繋がった。
いまダルムシュタット。フランクフルト近郊の街。
ライブが終わり、ホテルで一息ついたところ。
ここまでのドイツを振り返ってみよう。

【ハンブルグ】
実はハンバーグはハンブルグ生まれではないんだって!
31年間の誤解。
しかしハンブルグで一番美味しいハンバーガー屋へ。うまい、が、食べきれん。
ライブ会場はもともと爆弾と飛行機のプロペラを作っていた工場を改装したところ。
それがいまはライブハウス、と、なんと幼稚園。客席となるところに子供達が描いた絵が沢山貼ってある。いい雰囲気だったな。
あと、偶然見つけた古着屋が最高だった。品揃えも、みせのおじさんも完璧。
すこし値が張ったが、最高のデットストックのジャケットを手に入れた。

【ベルリン】
毎度おなじみLidoにてライブ。
サポートDJにJazzanovaって書いてあったから、Alexに会うのを楽しみにしていたのに、同じ日に違う所でJazzanovaのライブがあるらしく会えずじまい。これは地元プロモーターのミス。

【デュッセルドルフ】
劇場でのライブ。もちろん椅子もある。
しかし、そんなものはもちろん関係ない。
踊りまくる人々。小さなスピーカーなのに出音がよかったな。

【ストラウビン】
ドナウ川が流れる小さな街でのジャズフェス。「Jazz an der Donau」
僕らのあとに、アコーディオン奏者のリシャール・ガリアーノ、そしてトランぺッターのティル・ブレナーという豪華な面子。いままでで一番年齢層の広いライブだった気がするな。

【ダルムシュタット】
たった今終わったところ。前列は踊りまくる人達がいて、その後ろには気持ち良さそうに身体を揺らす人達がいて、そして椅子に座って耳を塞いでいるおじさんがいる。そんな会場。耳を塞いでいるおじさんも、最初から最後までちゃんと見て行ってくれた。

明日はシュツッツガルト。Stuttgart。
そう、ポルシェの本拠地!!!!
果たしてポルシェミュージアムに行く時間はあるのか?

ドイツに来て、何となく感じてることがあるんだけど、それはあと2会場やってから書こうかな。
by soilblog | 2009-07-21 07:32 | Comments(9)
TEXT Germany
ただいまベルリン。
ライブを終えて帰って来て、もう寝ないといけない時間だ。
書きたい事がたくさんあるんだけど、連投中の今は睡眠が何より大切。
オフの日にまとめて書くね。

という言い訳の日記。
あしたはデュッセルドルフ。
まだまだ旅は続く。

そう、昨日、スカパラの谷中さんからメールを頂いた。
スカパラさんもちょうど同じ時期にヨーロッパツアーをやっていて、いまパリだそう。
何気ないメールだったんだけど、なんだかとっても嬉しかったな。
by soilblog | 2009-07-17 09:48 | Comments(4)
TEXT Belgrade
みなさんは、セルビアと聞いて何を思い浮かべますか?
みなさんは、ベオグラードと聞いて何を思い浮かべますか?

僕らも、みなさんと同じ。
ちょっと危険かもとか、想像がつかないとか。
しかし来て欲しいというオファーがある以上、行かない訳には行かない。

前日のZadarから12時間の車移動で到着したベオグラード。
結論から先に言えば、旧ユーゴスラビアの首都でもあったこの街は、とても美しい、そして治安のいい、素敵な街だった。
そして、熱心なSOILファンもいる!話をした、とある人は、CD、DVD、レコード、リリースされたもの全て持ってるんだって。
もちろんライブの熱気もすごい!

最初は、音楽の届かないところにも僕らの音を届けよう、なんてかっこのいい事言ってたけど、そんなものは間違ってた。ちゃんと音楽はあるし、パーティーはあるし、むしろ耳の肥えた人がおおいんじゃないかな。いかに僕らが世界の国々について知らないかを痛感した。
もっと勉強しなきゃ。
by soilblog | 2009-07-16 09:28 | Comments(6)
PHOTO Paris
e0085168_1954214.jpg

e0085168_196272.jpg

e0085168_1962287.jpg

e0085168_1964958.jpg




5連投がおわり、今日はハンブルグでオフ!
by soilblog | 2009-07-14 19:08 | Comments(7)
TEXT North Sea Jazz
3回目の出演となるNorthSea。相変わらず素晴らしいアーティスト達が名を連ねていた。
僕らの出演したのはYUKONステージ。JAP JAZZ NIGHTではなく、JAPAN CLUB JAZZってタイムテーブルに書いてあった。どうやら僕にそれを教えてくれた人の勘違い。クオシ、KJM、松浦さん。なんだかんだ言っても、気心の知れた仲間と話ができて、とてもリラックスできた。

以前にも書いたが、ノースシーのお客さんは本当にシビアだ。すこしでもショボい演奏をしようものなら、あっというまに会場から出て行ってしまう。僕らと同じ時間にメインステージではDuffyがやってたし。
しかしそんな心配は無駄だった。会場の熱気はすごかった。

そしてそれは、ライブ終盤、みどりんのドラムソロからSAHARAに行こうとした瞬間に起こった奇跡。

オーディエンスのひとりが、Fantastic Planetのフレーズを歌い出したのだ。そしてウイルスが伝染していくかのように、その歌声は会場を埋め尽くして行ったのだ。これまでのヨーロッパツアーで撒いて来た種は、しっかり実を結んでいた。実は、本番直前にセットリストから外れたのがこのFantastic Planetだったのだ。しかしこうなったら、やらない訳がない。言うまでもなく、最高の瞬間だった。

まさにオーディエンスとともに作り上げたライブだった。

ありがとう。

10/07/09 North Sea Jazz
1. Fuller Love
2. Sabotage
3. 閃く刃
4. Suffocation
5. Pop Korn
6. Pimpnosis
7. We Want More!!!!!!
8. Pig bag
9. Fantastic Planet
10. Summer Goddess
11. 殺戮
encore
12. The Party
13. 手のひら

会場からホテルに戻る大型バスは、SOIL、クオシ、KJMの面々が同乗。なんだか感慨深かった。いくつかインタビューに答えたんだけど、決まって、「最近の日本からいいバンドが生まれているが、日本のシーンはどうなの?」みたいな質問をされる。それだけ日本の音楽シーンが注目されてるってことだ。素直に嬉しかったな。
by soilblog | 2009-07-11 09:54 | Comments(10)
TEXT Koko London
思えばもう3年前かな。BBCのJohn Peel Play More Jazz Awardもらったのは。
その時と同じ会場。元オペラハウスの会場は、その名残を高い天井とバルコニーに見る事が出来る。超満員の会場の熱気は凄かった。やはりロンドンは僕らにとって第2のホームタウンだね。それも全てはジャイルスのおかげかな。
そういえば、彼のラジオ、Worldwideでは僕らの新曲がすでにプレイされてます。BBC radio1のホームページでストリーミングされてます。

今日はまったく写真をとらなかった。とれなかったというべきか。
明日はオランダ、ロッテルダムに移動。
すでにクオシモードの皆さんはロッテルダム入りしてるそうだ。
KJM、クオシとともに、日本のJAZZを見せつけてきます。

と言いたい所だけど、正直なところ、複雑な気分。
音楽に国境はないって言い続けているのに。
「JAP JAZZ NIGHT」ってカテゴライズされる違和感。

とにかく楽しもう。全力で。
by soilblog | 2009-07-10 10:01 | Comments(6)
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇半崎美子
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ


おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。