exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
社長(agitator)
SOIL & "PIMP" SESSIONSのアジテーター(扇動者)であり、バンドとオーディエスをひとつにつなげる役割を担う。
車、パソコンにめっぽう詳しい。現在の愛車はVOLKSWAGEN TOUAREG。
OFFICIAL WEB SITE
LABEL SITE
 
【SOIL&"PIMP"SESSIONS presents STONED PIRATES LIVE SHOW】
LIVE SCHEDULE
information
Concept Cover Album
『SOIL&"PIMP"SESSIONS presents
 STONED PIRATES RADIO』
2010.12.08release
VICL-63684
¥2,500 (tax incl.)
このCDを購入する
<   2008年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
FRF'08
凄い雨だったね。
J.A.Mの出演直前にふり出し、ピークのQuiet Passionでは、もはや嵐。
終わったとたんに止む。

だれだ雨男。

しかしその雨と風が最高の舞台装置になった模様。
まさに狂喜乱舞。
すごかったね。

その後Michael Frantiのステージに丈青が飛び入り。

土曜日深夜のSwitchのDJもたのしかったな。

金曜日のGalacticも凄かったらしいね。見れなくて残念。

フジロックって、いいね。
そして体力の低下を痛感しました。
by soilblog | 2008-07-29 01:19 | Comments(10)
時差ぼけだ。
今回の時差ぼけはひどい。
毎日気分が悪い。
今朝も5時ころ目が覚めた。前日11時頃までの記憶はある。
目が覚めてるのに、体が重い。
困ったもんだ。

そんな体で明日は夜遊び。
東京のみなさん、青山Faiへどうぞ。


『Jazz Room』
@fai aoyama 23:00 open 2500yen 1drink with flyer 2000yen 1drink

"AFLEX COMBO Release Party"

出演者

-MAIN FLOOR-
小林 径 (Routine Jazz)
大橋 直樹 (Ultra Master/routine records)
中村 智昭 (MUSICAANOSSA)
高波 由多加 (BOSCA)
中島 健吾(Plastic People)

GUEST DJ:
AFLEX COMBO
社長 (SOIL & "PIMP" SESSIONS)

LIVE:
The Fascinations

-LOUNGE FLOOR-
Junglissimo!!!
AKIRA,ATSUSHI IKEDA
SHOHEI MITANI
STONED LOVE,PENTAGON
TOSHIKAZU TAKANO


週末はフジロック行くぞ。
普通にブラブラしてます。
by soilblog | 2008-07-24 09:53 | Comments(7)
帰国。
ただいま。

無事、帰国しました。
ブリュッセルからアムス、そして東京。
とりあえず、みんな元気です。
ゆっくりお風呂に入ろうと思います。
by soilblog | 2008-07-22 19:37 | Comments(15)
写真&レポート Gent Bergium
3時間ほどの睡眠の後、車に乗り込み、大自然の中のDourから、Gentという街へ移動。1時間強のドライブ。やはり寝入ってしまって、気がつけば古い、本当に古く、そして迫力のある建物が立ち並ぶ街、Gentの中心地にいた。

BlueNote fesと聞いていたのだが、実は昨年までの名前。今年からGent Jazzと名前を変えていた。というのも、Bluenoteっていう冠がついているためBluenoteからリリースしているアーティストしかブッキングできなかったんだと。それでは面白くないという事で名前を変えて、そして僕らがここに居る。違う日にはエリカ・バドゥや、ブエナビスタソシアルクラブも出演していた。

このベルギーでの2日間、聞いていたよりも規模が大きいフェスで驚いた。この日もクラブ、もしくはライブハウスの出演だとおもっていたら、このフェスのために作られた巨大なテント。3500人収容っていってたかな。

サウンドチェックを終え、ホテルにチェックインするときに再びChristian Prommerに再会。彼らはチェックアウトしていた模様。同じホテルだったなんて。偶然は重なるね。

本番までだいぶ時間があったので、恒例のパトロール。何となく思いついた方向へ歩いて行く。日曜日ということもあり、商店はだいたいお休み。しかし人は多い!と思ったら街の広場にステージを発見。どうやらもう一つフェスをやっているらしい。後で聞いたら街がやっているフリーのフェスだそう。ちなみに僕らが出演するGentJazzは、今日が最終日なのだが、翌日から違うJazzフェスが始まるらしい。もう一つちなみに、Christianが出演していたのもこの街のテクノ系フェス。なんていっぱいあるんだ!!
なんだか由緒ありそうな大きな銅像を取り囲むように移動遊園地が作られていたり、ものすごく古い教会風の建物から空気で膨らませる巨大なゴリラをぶら下げてみたり、とても自由。そしてすごく活気がある。恐らく数百年という単位で歴史を重ねてきた建造物たちも、その生活の一部になっている。
偶然見つけたフリーマーケットでレコードを掘り、逸品を数枚発掘。レザージャケットのいいのがあったが、オーバーチャージを恐れ断念。

僕らの出演は10時過ぎ。1週間続いたフェスの最終日のトリ。スタッフが「ベルギーの人はシャイであまり踊らないけど、気にしないでね。ブエナビスタも踊らせようとしてムリだったんだから。」なんて事をいうもんだから、どうなる事かと思ったけど、全然そんな事なかった。Fantastic Planetを大合唱してくれたよ。SOILコールだってしてくれた。みんな笑顔だったし、沢山の熱い声もらった。

あっという間の70分。これで今回のツアーは終了したわけだ。

終演後、夕飯をとりつつ乾杯。
疲れが心地よい。



e0085168_1843842.jpg
e0085168_18433838.jpg
e0085168_1843589.jpg
e0085168_18441795.jpg
e0085168_18443480.jpg
e0085168_18445394.jpg
e0085168_1845186.jpg
e0085168_1845432.jpg
e0085168_1846323.jpg

by soilblog | 2008-07-21 18:48 | Comments(17)
写真 Dour Bergium
e0085168_1834663.jpg

e0085168_18342986.jpg

e0085168_18344543.jpg

e0085168_1835165.jpg

e0085168_18351696.jpg


ケータリングスペースは地元の学校内に。
廊下にはこんなインスタレーションが。
e0085168_18353472.jpg

e0085168_18355266.jpg

e0085168_1836966.jpg

by soilblog | 2008-07-21 18:47 | Comments(5)
レポート Dour Bergium
スペインで再び朝を迎えた僕らは、ビルバオの空港からベルギーはブリュセルへ2時間の旅。余談ですがスペイン語でブリュッセルって、Buruselasって書くのね。

ブリュッセルの空港でChristian Prommerに偶然再会してビックリ。彼らも同じ日に違う街(次の日に僕らが行く街)でテクノ系のフェスに出演するそう。その空港から車で1時間半。車に乗った瞬間寝ちゃって、気がついたら森の中の綺麗なホテルの前にいた。この自然の中にある街Dourで行われているDour Festival、予想以上の規模だったよ。ステージは6つ。うち4つがテント。ほとんどが同じ大きさで、昼間はロック、日が暮れるとDJも含めクラブ系の音が中心となる。

ぼくらの出演は夜中の1時からだったのだが、その同じ時間帯にDJ Krushさんが違うステージで2時間のパフォーマンスをしていたし、さらに違うステージではフランスのKitsuneがDJ。見たかったなー。DJ Krushさんの直前にHerbaliserのライブをやっていた。Herbaliserといえば僕が高校の終わりか大学のはじめくらいにNinjaTuneからデビューしたトリップホップ系のDJプロジェクトだった。その名前をライブセットとして目にするとは思ってなかったわ。ライブもかっこ良かった。エレクトロニックなファンクだね。ちなみに前日にはRoni Sizeのライブもあったみたい。見たかった。

僕らのライブの時間になり、出演するテントにわらわらと人が集まってくる。なんだかとてもゆったりとした、しかし熱い空気が流れている。このフェスの特徴かもしれないな。ゆったりとした狂気。ライブが始まってもその熱さは高まる一方。LowLife〜Pluto〜SAHARAという流れでじっくりと、しかし確実にテンションが上がって行く。

なんだかとても気持ちのいいライブだった。終演後そのままジャイルスにバトンタッチ。お客さんも気持ち良さそうだ。この日はジャイルスのセットに、2BO4のロブもMCで参加。最後まで聞きたかったが、次の日が早いため泣く泣くホテルへ。

それにしても世界には知らないフェスがまだまだあるもんだ。このDoursフェス、ラインアップも個性的だし、場所もいいところだし、おすすめです。
by soilblog | 2008-07-21 10:29 | Comments(7)
重要なお知らせ
昨日のスペインでの出来事に関して、タブ君のブログにて一部不適切な表現がありました。うん、ぼくにとって不適切。
きつーくお仕置きしたところ、訂正の文章を書くという事なので、もう一度見てやってください。

せっかく書いたレポートが台無しじゃん!もうっ!

http://president.weblogs.jp/tabuzombie/

ほんとに綺麗だったんだって!
by soilblog | 2008-07-20 01:44 | Comments(25)
写真&レポート Santander Spain
まさに太陽の国だ。
ノルウェーから2回飛行機を乗り継いでスペインはビルバオへ。そこから車で1時間半のドライブで、目的地サンタンデールへ。深夜の到着だったのですぐには分からなかったが、翌朝起きて街に出てみれば、まさにスペイン。美しい町並み、美しい空、そして美しい海。大西洋だ。
夕方からのサウンドチェックだったので、昼間はばっちり観光。とりあえず海へ向かう。観光地らしく、沢山の人で賑わっている。そこで1台の観光船を見つけた。おそらく港を周遊してくれるのだろう、と思いチケット買い、ダッシュで乗り込む。やがて船は港を離れ、沖へ。サンタンデールは大西洋から少し入った、大きな湾に面している。ので、対岸にもなにやら美しいビーチが見える。とおもったらみるみるそのビーチへ近づいて行くじゃないですか。どうやら周遊船ではなく、そのビーチへ行くための船だったよう。ならば行ってみようじゃないか。
そのビーチは小さな半島のような形をしていて、白い砂と少しの低木しかない。バーが一軒ぽつんと建っている。赤い桟橋を駆け下り、少しの緑がある小高い丘へ駆け上る。

すごい。

見渡す限り白い砂と青い海。

これぞスペイン。

太陽の国。

数組の老夫婦、カップル、女子高生のグループが太陽に身を委ねている。おばあちゃんもばっちり焼いてるよ。ビーチから一段高くなった丘に陣取り、そのまま横になってみた。太陽、風、波の音。完璧だ。慌ただしいツアーの中で、こういう時間がとれた事が何よりも嬉しい。そして昨日はノルウェーの荘厳な海とのギャップに少し戸惑う。ともあれ、このツアーを振り返り、ライブを反芻し、頭にたまっていたアイディア整理し、そして頭のスイッチを切った。

再び船で戻り、ホテルの近くで遅い昼食をとり、ライブ会場へ向かう。
鏡をみてビックリ。サングラスの跡が顔に。。。。
太陽の国をなめちゃいけないね。寝ながら思ったんだけどね。見事に日焼け。
腕と顔がまっかっか。目の周りをのぞいて。

ライブ会場は街の中心にある広場。フリーコンサートだった。前回スペインのサラマンカに行ったときもフリーだったな。会場入りしたときはまばらだった人も、開演5分前にはパンパンに。しかしこの街は英語が通じないのよ。英語で煽っても煽っても、それに応えてくれるのは10分の1くらい。それでも演奏には熱く応えてくれた。やはりスペイン語もマスターする必要があるね。次に来る時までにある程度は勉強してこよう。

明日はベルギーへ行きます。


e0085168_15251710.jpg
e0085168_15254349.jpg
e0085168_15261413.jpg
e0085168_15263895.jpg
e0085168_15271166.jpg
e0085168_1528367.jpg
e0085168_15282387.jpg

by soilblog | 2008-07-19 15:29 | Comments(10)
写真&レポート Molde Norway
地図でノルウェーをみると、北海に面して沢山の湾が複雑に入り組んでいるのが分かる。その湾のひとつにMoldeは面している。首都オスロから1時間弱。飛行機から見えるのはこの世の物とは思えない美しい景色。しばらく言葉を失ったよ。

今回出演したのはMolde Jazz。なんと40年前もから続くジャズフェス。夕方から暗くならない夜中まで、沢山のアーティストが小さな小さな街を音楽で埋め尽くす。

出番が夜中だったので昼間は街を散策。本当に小さな街なのだが、子供のストリートミュージシャンを含め、沢山の音が溢れている。メインのストリートは屋台のような出店が並んでいて、そのなかにレコード屋さんがあったので、ちょいとディグ。いわゆる北欧盤ってやつですね。結構いいのあったよー。特に7インチで数枚、相当いいのを500円くらいでゲット。あとアル・ディ・メオラのフランソワKのリミックス12インチなんてのもあった。帰ったら聴いてみよう。

余談だが、この500円、現地の通貨で言うと25クローナ、っていう価格、ノルウェーの感覚だと相当安い。
そう、この国は相当物価が高いのです。そんな事を知らずに最低限しか両替して行かなかったのよ。オスロの空港で。
1クローナが20円。食事はチケットもらえるし、まあ3000円くらいあればジュースとかコーヒーとか飲めるだろう、と。でMoldeへの飛行機を待つ間、搭乗口の近くのピザハットへ。

一切れ90クローナ。
1800円。
わお。

ならばとカフェへ。
サンドイッチ60クローナ
1200円。

高い。。
きっと空港だからだ。
と言い聞かせMoldeへ。

ホテルにチェックインして、すぐ近くの屋台のハンバーガー屋へ。
チーズバーガー75クローナ。
1500円。
コーラ25クローナ。
500円。

あとで聞いたのだが、世界で一番物価が高いんだって。
皆さんノルウェーに行くときはご注意。

話しがそれたが、今日のメインアクトはPatti Smith。
もう言う事はないです。すばらしかったです。聞いていて、頭の中にいろんなイメージが湧いてくる感じ。そして少しだけ切なくなる。会場の中には入らず、会場と、海が見下ろせる丘の上で聞いていたせいかもしれない。

で、肝心の僕らのライブは、押しに押して深夜12時予定だったのだが、結局1時開演。最初は少し固かったお客さんも、すぐに踊り始めてくれた。凄いパワーだったなー。僕らもいい音が出せたと自信を持って言えるライブでした。

ノルウェーの人って、日本人に近いメンタリティーを持ってると思う。外国人に大して少しシャイで、でもすごく優しくて気を配ってくれる。あと驚いたのがノルウェーの言語って、抑揚が日本語にそっくり。なので、何度も空耳したよ。

一度旅行で北欧を旅してみたいな。ゆっくりと。
楽しかった。これからスペインへ移動。いま14度。スペインは30度以上。。。。

e0085168_18582331.jpg

e0085168_18585133.jpg

e0085168_1859929.jpg

e0085168_1859281.jpg

by soilblog | 2008-07-17 18:59 | Comments(10)
ノルウェーより。
というわけでようやく時間が出来たので、ロッテルダム、パリ、ロンドンのレポートをアップしました。見てみて。そしてコメントをください。お願い。

つい先ほどノルウェーはMoldeに到着。完全には暗くならない夜。いま深夜2時なのに、うっすらと明るいのよ。周りは、言葉を失うくらい綺麗な景色。

改めてレポートします。
おやすみなさい。
by soilblog | 2008-07-16 09:11 | Comments(13)
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇半崎美子
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ


おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。