exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
社長(agitator)
SOIL & "PIMP" SESSIONSのアジテーター(扇動者)であり、バンドとオーディエスをひとつにつなげる役割を担う。
車、パソコンにめっぽう詳しい。現在の愛車はVOLKSWAGEN TOUAREG。
OFFICIAL WEB SITE
LABEL SITE
 
【SOIL&"PIMP"SESSIONS presents STONED PIRATES LIVE SHOW】
LIVE SCHEDULE
information
Concept Cover Album
『SOIL&"PIMP"SESSIONS presents
 STONED PIRATES RADIO』
2010.12.08release
VICL-63684
¥2,500 (tax incl.)
このCDを購入する
<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
もう大丈夫。
ご心配おかけしましたが、すっかり復活しました。
白馬音楽祭も無事終えることもできました。
来てくれた皆さん、ありがとうございました。

Live at 白馬音楽祭Peep's
1. the Black Widow Blues
2. Pluto
3. SAHARA
4. Waltz for Goddess
5. Summer Goddess
6. Suffocation
7. 閃く刃
8. 殺戮ニューウェイヴ
encore
9. Mature feat. Keison,Spinna B-ill,Keyco,たけちゃん

さあ次はフジロック。
どうしてやろうか。
by soilblog | 2007-07-24 02:20 | Comments(14)
帰国後
それはヒースロー空港。ANAのカウンターに列を作っていた時だった。
突然のことだった。体がガクッと重くなるのを感じた。
「来た!」
思わず口に出してしまうくらい明らかだった。

いや、そんなドラマチックに書くことでもないか。
その日から今日まで1週間、熱出してました。喉が「少し」腫れてるそう。少し腫れて39度近くを行ったり来たりするものなのか? 昨日やっと熱は下がり、今日は平熱。いやー辛かった。夏なのに寒い寒い。せっかくしまった毛布を引っぱりだして寝込んでました。
まだ体は弱っているみたいで、動くと辛いね。

あさっての白馬までには完全に復活しないと。
by soilblog | 2007-07-19 16:10 | Comments(20)
Day. 19-20 London day-off
再びロンドンへ戻り、2日間のオフ。1日目は何もせずにとにかく睡眠。気がついたらもう夜だったよ。しかし大学時代の同級生と夕飯の約束をしていたので、急いで準備をしてカムデンへ。以前ライブをしたKOKOのそばにある居酒屋「浅草」へ向かう。
日本人が経営し、日本人がつくる、日本スタイルの居酒屋。油で若干参っていた胃に優しそうな物をチョイスし、ウーロン茶のツマミにする。酢の物がうれしい!
東京でしょっちゅう会ってる友達なのだが、話は尽きることなく、あっという間に終電の時間。
ホテルにもどり、また睡眠。

そして2日目のオフ。
午前中に行動開始。とりあえずオックスフォードサーカスまで出て、同じ友人達と合流。古着屋をチェックしながらテクテクとロンドンの街を散策。ピカデリーを抜け、トラファルガー広場へ。目的はその横に立つナショナルミュージアム。ゴッホのひまわりを所蔵する美術館だ。ゆっくりと見て回りたかったのだが、疲れた体で美術館は辛い。沢山の美しい絵があるのだが、その絵の持っている、目に見えない、言葉にできないパワーみたいなものが凄くて、あっという間に目眩が。半分も見ずに退散。美術館酔い?ちなみに金沢21世紀美術館でもおなじ酔い方をしたのを覚えている。
すこし休憩したあと、再びカムデンへ。今回のツアー初日にカムデンの古着屋でチェックしてたスーツを買いに向かったのだが、見事にその店だけ休み。ガラスの向こうに見えてるのに。あきらめます。

夕方からはアメリカの雑誌の取材と写真撮影。ブルテリアをアシスタントに従えたカメラマンと、ホテルのそばのプリムローズヒルでの撮影。この丘は、ロンドンの街を一望できるスポットとして有名。しかもロンドンには珍しく、青い空が広がっている。あまりにも気持ちよかったので、そのまま芝生の上でインタビューを受けることに。
いやーロンドンの空が気持ちいいなんて、奇跡だね。
最後の最後に、また一ついい思い出ができた。

いよいよ明日、日本に戻ります。
暑いんだろうな。

e0085168_9541228.jpg

e0085168_9553847.jpg

e0085168_955582.jpg

e0085168_9562554.jpg

e0085168_9571125.jpg

e0085168_9573441.jpg

e0085168_958898.jpg

e0085168_9584174.jpg

by soilblog | 2007-07-11 09:58 | Comments(12)
Day.18 Zagreb
ついに最終日を迎えた。全11公演の今回のヨーロッパツアーが終わろうとしている。
クロアチアの首都ザグレブへ。Zadarから車で3時間の旅。
今回で2回目のザグレブ。前回のストンピングでのアンコール×3がまだ鮮明に記憶に残っている。会場も前回と同じく、公立の公園の中にある湖のほとりに立つライブハウス、アクエリアス。相変わらず湖面に映る夕日が最高に美しい。ちなみに秋ちゃんのプチお誕生会もこの湖のほとりのレストランで、夕飯を兼ねて。1時間半程のディナーを終え、ギリギリまでサウンドチェックをして万全の体制で本番を待つ。

開場して間もなく、幕の向こうから熱気を感じる。今日も何かが起こりそう。そんな期待を胸にステージに駆け上がる。そこには想像を超えるエネルギーがあった。後はいつも通りに自分たちの音を出せばいい。いや、いつも通りと思っていても、会場によって、そこに集まるエネルギーによってライブは毎回毎回違うものが出来上がることは分かってる。

あっという間の90分だった。すごい熱気だった。
間違いなく今回のツアー、ベストギグだったと思う。
アンコールはやはり鳴り止むことは無かったが、出し切った僕らは1回のアンコールが精一杯。今回僕らをクロアチアに呼んでくれたエディーがステージに上がり、会場をなんとか沈めてくれた。

こうして僕らの11公演は幕を閉じた。
あっという間の気がするが、思い返せば長い3週間。
たくさんの人に出会うことが出来た。たくさんの風景を見ることが出来た。
少しだが新しい英語も覚えた。

各地ブッキングをしてくれたプロモーターの皆さん、Brownswood Recordingsのクニくんをはじめ、スタッフの皆さん、ツアーマネージャーのダン、日本からサポートしてくれたB型秘書や事務所のスタッフ、沢山の人の力があって今回のツアーを無事終えることが出来ました。
そして各会場に集まってくれたみんなの力が、僕らの創造力の源となりました。
ありがとうございました。

残った問題は、元さんのトランクだな。

7.8 Live at Aquarius Zagreb
1. A.I.E
2. Pluto
3. Sahara
4. Waltz for Goddess
5. Last Long
6. Quiet Passion by J.A.M
7. Mo'Better Blues
8. マシロケ
9. 閃く刃
10. Summer Goddess
11. Suffocation
12. 殺戮ニューウェイヴ
encore
13. Mature
14. Scales

e0085168_8565454.jpg

e0085168_8572610.jpg

e0085168_8574052.jpg

e0085168_858550.jpg

e0085168_8583221.jpg

e0085168_859167.jpg

e0085168_859294.jpg

e0085168_8594899.jpg

e0085168_90659.jpg

by soilblog | 2007-07-10 09:01 | Comments(14)
Day.17 Zadar
オランダのスキポール空港は世界でも屈指のハブ空港であり、世界中あらゆる国への飛行機がひっきりなしに飛び立って行く。僕らが乗ったクロアチアンエアーウェイズの飛行機は、一路クロアチアはSplit空港へ向かった。今日の会場はこの空港からさらに車で1時間半(ただし途中の高速を180kmで走ったらの話だが)の所にあるZadarというビーチリゾートで開催されているthe GARDEN Festivalのステージ。
とにかく美しい海があった。初めて見るアドリア海。残念ながら到着がすでに夕方前だったのでほんの数時間しか太陽の恩恵にあずかることが出来なかったのが悔しい。しかしその数時間後に訪れたアドリア海のサンセットは、思わず息を飲む美しさだった。

会場はまさにビーチパーティそのもの。僕らの前にDJのDOMUが、ハウス、ブロークンビーツ、ブラジリアン、ファンク、ブギーと、あらゆるジャンル、そして新旧を織り込んだオーディエンスをダンスの海に溺れさせていた。ステージを目の前にして、ゆっくり、たっぷり、そんなキーワードが頭に浮かぶ。
恐らくほかのメンバーもそう感じていたはずだ。そしてオーディエンスもそれを望んでいたようだ。ライブがはじまり、皆が思い思いに揺れている。ビーチパーティ。気持ちいい風が汗まみれの髪を揺している。

7.7 Live at the Garden Festival Zadar
1. the Black Widow Blues
2. Sabotage
3. Pluto
4. Sahara
5. Hype of Gold
6. Roy's Scat by J.A.M
7. Zambezi
8. Waltz for Goddess
9. Summer Goddess
10. 殺戮ニューウェイヴ
encore
11. Mature

終演後はなんとCOMPOST NIGHT!
ライナー・トゥルービー、ミハエル・ルッテン、そしてエディーが3人でプレイ。これまた沢山のグッドミュージックを教えてもらった。大好きなDJたちと仕事ができるのが幸せ。。。僕は翌日に備えて早々に退散したけど、朝の8時までやってたそうな。
ちなみに、このエディーが僕らをクロアチアに呼んでくれた張本人。「EDDIE meets YANNAH」という名義でCOMPOSTからリリースしてます。
e0085168_055050.jpg

e0085168_061126.jpg

e0085168_06292.jpg

e0085168_074100.jpg

by soilblog | 2007-07-10 00:07 | Comments(2)
Day.16 Amsterdam
今日もまた電車移動。ブリュッセルから2時間半。景色を堪能したかったが、朝早かったせいか、2時間は爆睡。気がついたときはアムステルダムの駅だった。
さあ、ホテルに到着、チェックイン、そしてそのまま仮眠。夕方3本ほど取材をうけ、そして仮眠。まだ3連戦中日。体力は温存しないと。なので観光は一切なし。
会場は過去にも出演したことのあるParadisoというクラブ。しかも「5days-off」というフェスへの出演だということは現地に到着してから知った。エレクトロを中心としたフェスだったので、僕らのような形態のバンドの出演は異例だったらしい。しかも日本からELECTRIC EEL SHOCKというバンドも参加していた。残念ながらそれを知ったのも既に彼らが演奏を終えた後だった。残念。

昨日に引き続き、日本の顔なじみさんも当然のように最前列。ここはアムスなのに。
サウンドチェックがなかったので、一曲目でモニター環境を整えながらスタート。アムステルダムをブリュッセルと言い間違える失態を犯すも、それを笑い飛ばし、よりいっそうのエネルギーを発してくれるのがアムステルダム。気持ちよくあっという間に60分が過ぎ去った。

7.6 Live at Paradiso Amsterdam
1. Fuller love
2. A.I.E
3. Pluto
4. First Lady
5. A Wheel within a wheel
6. SAHARA
7. Suffocation
8. 閃く刃
9. 殺戮ニューウェイヴ

e0085168_20584590.jpg

e0085168_2059966.jpg

e0085168_20592939.jpg

e0085168_20594741.jpg

e0085168_210799.jpg

e0085168_2102670.jpg

e0085168_2104615.jpg

e0085168_211593.jpg

e0085168_2112473.jpg

by soilblog | 2007-07-09 21:02 | Comments(4)
Day.15 Brussel
ビール、チョコレート、そして小便小僧の町、ブリュッセル。
パリを昼前に出発し、のどかな田園風景を眺めながら電車で1時間半の旅。
この街を訪れるのは2回目。前回の旅の時はさんざん観光したが、今回は5連戦の途中ということでホテルの周辺を散策するにとどめる。ホテルの場所が違うせいか、前回とは全く違う印象。しかし歴史を感じる建造物が暖かい街の雰囲気をつくっている。
会場はやはり古い建物をリノベーションした、複数のホールを持つライブハウス「beurs」。90分のロングセットでブリュッセルに挑む。
MCから紹介があり、SE、そして1曲目へ。
一瞬、目を疑った。日本の最前列常連さんがいる!え?ベルギーまで?刺客?いやービックリした。でもうれしかったよ。
ライブも大盛況。パワーもらったなー。
ベルギーって、空気を作っていくのが難しいイメージがあったけど、もうへっちゃらさ。

7.5 Live at beurs Brussel
1. A.I.E
2. Sabotage
3. SAHARA
4. the Black Widow Blues
5. Low Life
6. Avalanche
7. Quiet Fire by J.A.M
8. Pluto
9. Mo' better blues
10. Suffocation
11. 閃く刃
12. the Party
13. 殺戮ニューウェイヴ
encore
14. Mature

e0085168_0434450.jpg

e0085168_044472.jpg

e0085168_0443723.jpg

e0085168_0442137.jpg

e0085168_045395.jpg

e0085168_0472538.jpg

by soilblog | 2007-07-07 02:02 | Comments(7)
Day.14 Paris
フランス、パリの会場は、50年前に廃線となった電車の駅を改造したライブハウス「La Fleche d'Or」。現在でも半地下式の線路は撤去されておらず、その線路をまたぐように会場はある。
おそらくかつてその線路を走っていたであろう電車を模したオブジェや、自転車の部品を無造作に溶接して作ったオブジェなどがあり、古い駅舎の雰囲気と相まって独特な雰囲気を醸し出している。
今回は地元の3バンドと僕ら、4バンドが出演するイベント。しかもチャージフリー。どうやら僕らの直前に演奏していたThe Doというバンドが人気らしく、入場制限がかかるほどの盛況ぶり。そんななか、僕らの出番はトリ。すでに深夜0時をすこしまわったくらいだった。
もうみんな帰っちゃうんじゃないかな、なんて不安を少し胸に抱きながらステージの幕が開く。いやいや、そこにはまだたくさんのオーディエンスが待っていてくれた。ドスの利いた声で「SOIL&PIMP!」と叫ぶごついお兄さんもいたり。不安は一気に吹き飛び、かわりにたくさんの汗が吹き出した。

個人的には今回のツアーのベストギグだったんじゃないかな、と思う。
とにかく会場の一体感がすごい。そして前日セバスチャンに教わっておいた「使える」フランス語も通じた!若干機材のトラブルがあるも、演奏には支障なし。気がつけば、いつもより多めに叫んでたよ。
フランスと僕らは相性がいいのかな。過去に2回フランスでライブしてるが、その2回とも印象に残っている。
そうそう、初めてフランスに来た時に主演したフェス、「Trance musical」の主催のおじさんも見に来てくれてた。F**k'in Great!だって。

やっぱ好きだわー。フランス。。。

7.4 Live at Le Fleche d'Or Paris
1. Fuller Love
2. 閃く刃
3. Pluto
4. SAHARA
5. Waltz for Goddess
6. A Wheel within a Wheel
7. Suffocation
8. the Party
9. 殺戮ニューウェイヴ

e0085168_19302127.jpg

e0085168_19303994.jpg

e0085168_19305552.jpg

e0085168_19311419.jpg

e0085168_19313011.jpg

e0085168_19314691.jpg

by soilblog | 2007-07-06 19:31 | Comments(8)
Day. 13 Paris day-off
どうやらBritish Airwaysさん、先月の中頃にシステム障害を起こしたらしく、1万個以上のロストバゲッジを出したそう。現在システムは回復しているものの、そのうち、ようやく約7000個まで処理がおわったそうだ。ってことは元さんのトランクは7001番目に処理されるってことかな。日本に帰る頃には出てくるでしょう。

というわけで今日元さんはパリで新しいトランクを買いました。
昼過ぎにベルリンを出発し、夕方には地下鉄に乗ってパリの中心部へ。うれしいことに、パリには僕とタブ君の大学時代の友人が住んでいる。Saint-Lazare駅で待ち合わせ。彼女は大学を卒業して以来、ずっとこっちに住んでいて、現在はスタイリストとして生計を立てている。おなじ学食の釜の飯を食った仲間が世界で活動していると思うとうれしくなるね。ベルリンのAki君しかり。
モンマルトルの丘にのぼり、パリ市内を我が手に修めたつもりになりながら深呼吸。2度目のパリでようやく観光らしきことが出来た。あとはモナリザに微笑み返すだけかな。

モンマルトルの裏手に彼女のアパルトマンはある。
カレーでも作って夕飯にしようかと話していたのだが、気がつけば9時をまわり、スーパーマーケットは既に閉店。ちかくにあるテイクアウトのチャイナが美味いということで、急遽予定変更。彼女のボーイフレンドと、もう一人の大学時代の友人も合流し、思わぬホームパーティーが開かれることとなった。
ずっとホテル暮らしだった僕らには、その暖かいアパルトマンがとても心地良かった。しかも有り合わせの材料でカレーも作ってくれた!出発して以来、初めての手料理。美味い!
心地のいい音楽、美味い手料理、尽きることない会話、適度な明るさの照明、そしてMacBookにはYoutube。明日からの5連戦の前に、心からリラックスすることが出来たよ。
ありがとう。
あやこ、
セバスチャン、
リエ。
e0085168_9515070.jpg

e0085168_952133.jpg

e0085168_9523080.jpg

e0085168_9524617.jpg

e0085168_953059.jpg

e0085168_9532056.jpg

e0085168_9533536.jpg

e0085168_9535483.jpg


今日の一枚。「Faites l'amour」
e0085168_9541020.jpg

by soilblog | 2007-07-04 09:58 | Comments(12)
Day. 11-12 Berlin day-off
ベルリンで2日間の休日。
一日目は運良く日曜日。というわけでAki君の案内でフリーマーケットへ。
ベルリンの街は、日曜日に営業出来る店は一部のレストランとバーだけ。普通の洋服屋とかは閉まってるんだよね。そのせいか、フリーマーケットは凄い人。古着魂に火が付きそうになるが、それよりもレコード!決して激安ではないけれど、それでも日本よりは安い。前日のALEXのDJに感化されたばかりの僕は、DiscoとかBoogieに的を絞って掘ってきたよ。
この日、3カ所のフリーマーケットを回ったんだけど、まずまずの収穫。欲しいのも見つけたけど、日本で苦労して見つけたやつが激安であって悔しい思いをしたよ。
あとサングラス。元さんの誕生日祝いに偶然見つけたヴィンテージのCAZALをみんなで買ったり、自分用に数本買ったり。
その他にもいろいろ興味を引かれるものがいっぱいあった。古いカメラケースとか、かわいい食器とか。

夕飯は、Aki君のガールフレンドがバイトしているラーメン屋へ。
なんでも、オーナーのドイツ人が日本で修行して開いた店らしい。なんと麺は毎日手打ち!
スープはとんこつ、しょうゆ、みそ、しお、とすべて網羅しているが、一押しは塩ととんこついうことで、僕は塩をオーダー。
いや、海外でこの味を食べれると思わなかったよ。至福のひとときを過ごしました。岡本MOBYに報告しないと。

一度ホテルに戻り、夜、Fat Freddy's Dropのライブを見に、ホテル近くのライブハウスへ。彼らは、僕らのEU盤と同じく、Compostからリリースしているニュージーランドのレゲエ・ダブバンド。彼らがヨーロッパに進出した時期がちょうど僕らと同じ時期ということもあり、何度か共演している。グラストンベリーにも出てたよ。気持ちのいい低音で揺れた後、これまた近所にあるクラブでアフターパーティー。クラブといっても、ここは川のほとりにあるアウトドアのクラブ。緑が揺れ、月明かりが川面に映るその横で、JAZZANOVAのALEXが気持ちのいいHouseやBoogieをプレイしている。音は小さいけど、ウッドデッキに並んだソファーでベルリンの若者たちが気持ち良さそうにお酒を飲んでいる。

オーガナイザーのダニエルが言った。
「これが今のベルリンなんだよ。」
欲しい。東京にもこういう箱が欲しい。どこかにいい場所はないかな。そんなことを妄想しながら見上げた空は少し明るくなっていた。

そして2日目のオフ。旧東ドイツの象徴であるテレビ塔の下にある、ナイスな兄ちゃんが経営するレンタサイクル屋で、ごきげんなチャリをレンタル。今日の目的は古着屋巡り!ベルリンの街をAki君のロードレーサーを先頭に疾走する。ベルリンは平地なので自転車があればどこにでも行けるそうだ。しかし気をつけなければならないのは、自動車と同じ扱いだということ。歩道を走れば罰金だし、車同様、右側通行。大通りの交差点を左折する時は手で合図をして自動車と同じ左折レーンへ。こればまた楽しいんだわ。ひげ面の奇妙な二日本人集団が、一列縦隊でベルリンを疾走する姿はさぞかし滑稽だっただろう。
で、古着の収穫はというと、、、今回はゼロ。しかしそのおかげでベルリンの中心部はほぼ一周できた。

改めてベルリンが好きになったよ。
明日はパリへ移動。
元さんのトランクはまだ行方不明。
どこへいったんだ。どうなってるんだ。

おやすみ。

e0085168_810920.jpg

e0085168_810244.jpg

e0085168_8103958.jpg

e0085168_811130.jpg

e0085168_8111822.jpg

e0085168_811435.jpg

e0085168_812115.jpg

e0085168_812186.jpg

e0085168_8123616.jpg

e0085168_8141181.jpg

by soilblog | 2007-07-03 08:14 | Comments(9)
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇半崎美子
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ


おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。