exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
社長(agitator)
SOIL & "PIMP" SESSIONSのアジテーター(扇動者)であり、バンドとオーディエスをひとつにつなげる役割を担う。
車、パソコンにめっぽう詳しい。現在の愛車はVOLKSWAGEN TOUAREG。
OFFICIAL WEB SITE
LABEL SITE
 
【SOIL&"PIMP"SESSIONS presents STONED PIRATES LIVE SHOW】
LIVE SCHEDULE
information
Concept Cover Album
『SOIL&"PIMP"SESSIONS presents
 STONED PIRATES RADIO』
2010.12.08release
VICL-63684
¥2,500 (tax incl.)
このCDを購入する
<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
大阪→浜松→高知
先週末もライブ三昧。
まずは金曜日の大阪に始まる。
心斎橋クアトロにて、SPECIAL OTHERSとの2マン。
SPECIAL OTHERSとの出会いはデビュー前だから、3年位経つかな。
横浜の小学校からの同級生たちが奏でるのは、本当に気持ちのいいグルーブ。
芹澤くんのローズの音は、暖かさのなかに男らしいトゲのある独特な音色。思わずフロアに出て、踊らずにはいられなかったもん。

土曜日の浜松はワンマン。
200人程の小さな箱ながら、小さな箱ならではの一体感が生まれたね。
気がつけば110分。メンバー曰く、過去最高に体力的に辛いセットだったと。
クーラーからだらだら水が垂れるくらいの熱気。スーツは汗だく。
セットリストはメモが見当たらないので、後日発表します。
楽屋弁当は八百徳のうな茶でした。

終演後、速攻で浜松駅へ。
終電で東京へ。一度自宅に戻り、日曜の朝8時に羽田空港に集合。
飛行機で高知龍馬空港へ。

高知はBAY5 SQUAREの5周年記念イベント。
Scoobie Do、Detroit7、ライムライト、C999と対バン。
個人的にも、ソイル的にも、初めての四国。
30分と短いセットだったが、盛り上がったね。
僕達の事を知ってくれている人が沢山いてうれしかった。
Detroit7かっこよかったな。

四国支部長に挨拶しなきゃと会場をうろついてみたが、それらしき人は見当たらず。残念。

空き時間で高知城に行った。
城マニアの間ではべスト3にあげる人も多いとか。
白眉は和室の欄間。
現代のプロダクトデザインといっても全く違和感のないデザイン。美しかった。

というわけで、今回もお越しくださったみなさまに感謝。
ありがとう。
by soilblog | 2006-05-29 23:56 | Comments(23)
コーヒーメーカーが壊れたよ。
ご心配おかけしましたが、体調は回復しました。
沢山のコメントありがとうございました。

夕飯後、いつものようにコーヒーを淹れようと、コーヒーメーカーに向かう。
いつものように、ペーパーをセットし、豆を入れ、水を入れ、スイッチを入れた。
「コポコポ」と小気味よい音を立てながら、少しずつガラスのポットの中に褐色の液体が落ちていく、はずであった。
しかし、彼は喘息を患ったかのように、「ゴホゴホ」と咳き込み、一向に例の褐色は落ちてこない。さて、どうしたものかとしばらく眺めてみる。
たしかに、このコーヒーメーカーは失敗だった。どんな豆を使っても、コクがなく、妙に酸味の強いコーヒーが出来上がってくる。なにか機会があれば、買い換えるつもりでいた。付き合い始めて約1年。「抽出時間が早い」という長所をひけらかすことなく、毎朝毎夕、コポコポと、「そこそこうまい」コーヒーを提供してくれていた。
さて喘息の彼は、ようやく仕事を再開させた。自分の長所を忘れたのか、ゆっくり、ゆっくり。ゴホゴホ、ゴホゴホ。
出来上がったコーヒーはいつもよりも黒かった。カップに注ぐと、いい香りが漂ってくる。いつもよりいい香りじゃないか。一口、口に含んでみる。美味い。コクがあって、苦味と酸味のバランスが絶妙。どうしたものかな、やれば出来る子だったのね。

おそらく、これが彼にとっては最後の一杯。
渾身の抽出。満身創痍のアロマ。ザ・ラスト・ドリップ。
本当に美味かった。1年間お疲れ様でした。


先ほど、新しいコーヒーメーカーを注文しました。
by soilblog | 2006-05-26 00:39 | Comments(12)
先週末のお話。
先週土曜は、札幌クラップスホールにて「夢チカライブ」に出演。
地元の2バンドと対バン。MEN☆SOULとTHE TON-UP MOTORS。
盛り上がったね。僕らが、というより、この地元のバンドがちゃんと北海道を盛り上げようとしている姿勢が最高。
ちなみにこのライブはHTBで放送されます。
放送日:6月13日(火)深夜2:43~4:08
再放送:6月21日(火)深夜2:43~4:08

打ち上げでHTBのT氏と20年前の東京クラブシーンについて熱く語る。
といっても僕の知識は本で読んだだけのもの。
リアルタイムでその場にいたT氏の話は実に興味深かった。

翌日の日曜日は東京にもどり、代官山Unitにて、「bouNIT」に出演。
出演者全員覚え切れないほどの豪華メンバー。
Cro-magnon、スクービー、曽我部さん、エゴラッピン、、、書ききれん。
エゴの新譜は早くチェックしないと。
個人的ベストはSHIRO THE GOODMANのDJ。すばらしい選曲で踊らずにはいられなかった。

月曜日も再び代官山へ。
UNITのB3saloonにて、「Dobai Gold」にDJ参戦。
高校の時から、最も尊敬するDJの一人であるJBPヤマさんと初競演。
中本綾子さん、majesticwomanさん、石井さんと共にDEEPな世界を堪能した。


そんな週末をすごし、昨日から若干調子が悪いね。
今日は自宅で休養しております。
by soilblog | 2006-05-24 17:22 | Comments(10)
曲をつくってます。
雨が続きますね。
いかがお過ごしですか。

今週はスタジオで曲づくり三昧。
たまったアイディアを出し合いながら、ラフを撮りだめている。
もちろん次回作に向けての作業だが、今あるアイディアを一度放出して記録しておくという意味合いが強いかな。今後、撮りだめたスケッチを聞き返して、その中から「煮込む」曲を選んでいくだろう。
今後ライブでこっそりやることもあると思うので、お楽しみに。

昨日、ふとリゾットが食べたくなり、夕飯に作った。
もともと得意な料理のひとつだったのだが、何せ時間がかかる料理ゆえ、一から作るのは久々。
クロアチアで食べた、ポルチーニ茸のリゾットの味を目指してみることにした。
とは言え、近所のスーパーで手に入ったキノコは、シメジ、まいたけ、ブラウンマッシュルーム。この3種のキノコが今回は主役。パルメザンもそこら辺で売ってるやつで。
レシピは、
①タマネギとニンニクを、オリーブオイルで20分程炒る。
②お米を投入し、軽く炒める。
③コンソメスープ(大量に作っておきましょう)をお米がひたるくらい入れ、弱火でかき混ぜながら煮込む。
④お米がスープをすっていくので、すこしずつコンソメスープを足しながら、かき混ぜながら煮込む。その間30~40分。
⑤別のフライパンにオリーブオイルを敷き、キノコたちを炒める。白ワインを振り掛け、塩を少々。
⑥お米がアルデンテに煮込まれたら塩で味を調え、パルメザンチーズをかき混ぜながら投入。
⑦炒めたキノコたちを投入し混ぜる。仕上げにあら挽き胡椒を少々。
と、完成まで90分くらいかかるのね。
もっと簡単に作るレシピもあるんだけど、今のトコこれが一番うまく出来る。
お時間のある方は是非チャレンジしてみてください。
キノコをシーフードにしてもよし、野菜にしてもよし。
手軽に手に入る食材で、おいしく出来ます。
塩だけは、イタリアの塩を使いましょう。
by soilblog | 2006-05-18 11:22 | Comments(19)
LIVE@横浜ベイホール
楽しかった。
本当にその一言に尽きる夜だった。
窓の外は雨だというのに、しかも決して交通の便がいいとは言えないのに、沢山の方が集まってくれた。

オープニングDJを努めてくれたのは、10年来のDJ仲間である、MAJESTIC WOMAN。見事な選曲で会場をウォームアップしてくれた。
オープニングアクトは、長野からの刺客、そしてSOIL創世期からの仲間である、Blissed。ダブという枠を越え、彼らの世界を見事に表現してくれた。ステージ脇から見てたのだが、鳥肌たったね。
そして、イギリスからはNIK WESTON。ロンドンをベースに世界にアンテナを張り、新旧、国籍をとわず、常に良質な音楽を提案しつづけるDJ。僕らの欧州進出の影の立役者。
ライブが終わり、ベイホールを、さらにダンスホールとしてビルドアップしたのはジャズトロニック野崎良太氏。この日を、いつものワンマンライブと違う特別な夜にしようと決まったときに、この人しかいないなと、即オファー。彼自身も、ヨーロッパから帰国直後だったのにもかかわらず、快諾してくれた。
舞台裏では、沢山のスタッフが動き回ってくれていた。
そしてなにより、いつも以上に声を出しつつけてくれた奴らがいた。
いつも以上に踊り続けてくれた奴らがいた。

本当にありがとうございました。

これからも精進してまいります。
応援よろしくお願いします。

最後にセットリスト公開。
1. Follow
2. Fragment
3. Wasted Time
4. Waltz for Goddess
5. The Black Widow Blues
6. Fuller Love
7. Avaranche
8. Quiet Passion by J.A.M
9. Worldwide
10. Mo'better Blues
11. Summer Goddess
12. Scoop Out
13. Sahara
14. Crush!
15. 殺戮のテーマ
16. SATURIKU ニューウェイヴ
encore
17. Suffocation
18. 閃く刃
19. Sweat
by soilblog | 2006-05-15 01:01 | Comments(23)
もうひとつ車の話。
若干ついて来れない感がありますが、もう少し書かせて。

今後の人生で必ず手に入れたい車というのがある。
①BMW M6(e24)
②500E
③Audi ビッグクアトロ
この3台。
欲しい車は数あれど、この3台は特別なんです。
それぞれについて詳しく書くと、まったく見に来てくれる人がいなくなるブログになりそうなので止めておきますが、簡単に言うと、「かっこいい」んです。
いずれも、80年代後半から90年代前半の車。ちょうど僕が小学生の頃に発売された、幼心にも響いた憧れの車なんです。
特に、③のビッグクアトロ。
当時、モンテカルロラリーで、派手なブリスターフェンダーをつけたビッグクアトロが、ドリフトしながら雪混じりのコーナーを抜けていく映像を、未だに覚えています。おかげで今、「4駆」のスポーツカーには、胸をときめかせずにはいられません。

たまにネットで検索しておりますが、なかなか。。。。
いい情報お待ちしております。

さて余談ですが、AUDIといえば、映画「トランスポーター2」が来月に公開されるそう。
2002年に公開されたトランスポーターでは、BMW735iが主人公の愛車でしたが、今回はAudi A8 6.0 quattro。
僕、車が無茶をする映画大好きなんです。
アストンマーティンが氷上を駆け回ったり、デロリアンが空を飛んだり、トランザムが喋ったり。
試写で見せていただいたのですが、この映画もAudiが相当無茶をしてます。
公開前なので、詳しくは書けませんが、「突き抜ける喜び」を90分間フルに体感できる映画です。

明日土曜日は横浜ベイホールにてワンマンライブ。
遊びにきてね。
by soilblog | 2006-05-13 02:11 | Comments(15)
たまには車の話でも。
最近音楽の話しかしてなかったし、ちょっと話題を変えてみようかと。

最近、新しいBMWの525iを半日ほど借りる機会があった。
今まで僕は3シリーズを乗り継いできたので、それ以外のシリーズに乗るのは初めて。
車体の寸法も大きく、車幅なんて1840mmもある。でかいよこれ。
しかし運転席に座り、エンジンをかけ、動かしてみるといつも通り。BMWの文法に沿った、僕にとっては心地のよい、慣れ親しんだ感覚。悪名高いアクティブステアに慣れるまでは、相当の違和感があったものの、慣れてしまえばそんなに悪者じゃないことが分かった。

北へ向かってみることにした。
高速道路は、どうやらこの車にとって最も得意な道路らしい。
アクセルに軽く足を乗せてるだけでスムーズに合流。メーターをみればすでに法定速度。音も静かだし、挙動も安定。エンジンの回転は2000回転とすこしだったかな。いつも乗ってるZ3だったら、ガチガチに締められた足と、幌を通して伝わってくる風切音で、ここまでリラックスは出来ないな。そういえばこの車、ランフラットタイヤだったっけ。是非ノーマルタイヤの個体には乗ってみたい。

さてさてBMWが好きと公言しているものの、所詮はまだ子供の車好きに毛が生えた程度。最新のモデルはもちろん、歴代のBMW、比較対象となる車、乗ったことの無い車だらけだ。かといって、全ての車に乗ることは不可能。

そこで、皆さんの乗っている車の個人インプレッション募集します。
僕に教えてください。あなたの車はどんな車なのか!
いますよね、これを読んでいる、M3CSLとか、318iツーリングとか、A3とか、A4とかに乗っているあなた。
よろしくお願いします。
by soilblog | 2006-05-09 01:38 | Comments(13)
札幌~青山
やはり時差ぼけなのだろうか。
3日は札幌でのイベント出演のため、9時に羽田に行かなければならなかったのだが、布団に入っても眠れず、時計を見ると4時。そのうち落ちたのだが、6時には起床。

札幌のイベントとは「BEATバウアー」。
SOIL×SCOOBIE×怒髪天×ZAZENBOYS。
なんでこんなにいい面子だったんだろう。オープニングアクトを勤めてくれたSleepy.abに続いての出演だったので、その後は2階席で楽しむ。
あ、ZAZENのTシャツを購入。

イベント終了後、タブ、みどりん、シュウくん、向井氏と飲みに行く。
あ、味噌ラーメンも食べた。

今日東京へ戻り、仮眠をとった後、青山のFAIでDJ。
松浦さん、橋本さん、径さんという、これまた素晴らしい面子。
楽しんでDJできた。

というわけで、札幌ライブで騒いでくれたみなさん、今日青山で踊ってくれたみなさん、
ありがとうございました。
by soilblog | 2006-05-05 07:06 | Comments(14)
帰国。
無事帰ってきたよ。
14泊16日の旅。
また経験値アップだな。いい旅だった。

4月29日
いよいよ最終日はイングランドに戻り、シェフィールドという鉄鋼が有名な街。
イギリス全体で4番目に大きな街だそう。
前日のアバディーンからおよそ6時間の車の旅。
相変わらず車窓から見える景色は美しく、決して飽きることは無い。
途中こんなきれいな高原の真ん中で止まってみたり。
e0085168_2212331.jpg

到着した会場はなんと「theROOM」というクラブ。渋谷桜ヶ丘と同じ名前。
機材のトラブルもあり、サウンドチェックが終わったのは会場直前。
PAの藤本さんが同行してくれていてホントによかった。
藤本さんありがとうございました。
e0085168_2235328.jpg

e0085168_224377.jpg

e0085168_2241491.jpg

それまでやってきたヨーロッパツアーで浮かび上がった反省点を意識しつつ、シメにふさわしいライブが出来たかな。

4月30日
帰国。
シェフィールドを昼頃出発し、ヒースロー空港まで4時間のドライブ。
今回お世話になったドライバーのWAQともお別れ。
最後に記念撮影をして握手、笑顔でお別れ。で、今気づいたんだけど、集合写真とったカメラはWAQのカメラだったわ。
無事定刻に飛び立つ。

5月1日
機内で映画を3本(キングコング、プロデューサーズ、ナイロビの蜂)見て、少しだけ眠り、日本時間15時少し前に着陸。

今回のツアーは、いままでよりも「ツアー」という意識が強くもてるツアーだった。
ん?訳判らないね。
いままでの2回の海外ツアーは、より「海外に行ってライブが出来る」感が強く、とにかく新しい経験が積めることに喜びを感じていたし、どこか「特別」感があった。
今回はそういう意識がなくなり、日本国内でやっているツアーと同じ感覚でライブが出来た。
各地を回り、自分たちのライブを見てもらいたい、「DEATH JAZZ」を知ってもらいたい。

楽しかった。

e0085168_2572117.jpg

今回、旅のお供は、「Vintarks」のハラコのショルダーバッグ。お気に入り。
by soilblog | 2006-05-03 03:01 | Comments(16)
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇半崎美子
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ


おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。