border="0">

99ルート・デュ・ショコラのチョコレート

先日、夫のお仕事関係の方から「スヌ子さんに」とプレゼントをいただいたのです。
お目にかかったことはないのに、美しいチョコレートの詰め合わせ一箱。
男性ですっ。なんて垢抜けたセンス…。スヌ子うっとりうっとりうっとり。

古の時代には媚薬だったとも言われるカカオの結晶。
ミッキーマウスがミニーのご機嫌を損ねた時にも、花束とチョコレートを贈ってましたっけ。
思いがけずいただくチョコレートは、ダイヤモンド並みに女心を溶かすのです。

c0047897_16282577.jpgとかいいつつも、箱を開ければロマンは
どこへやら。どれから食べるか迷う迷う。
まずは、愛らしいニコちゃん大王型をパクリ。
大王様の頭(兼お尻)部分はヘーゼルナッツ、
中央にプラリネ。まろやかでカカオの風味も
豊かなのに、すうっととろけて後味はあっさり。
オレンジリキュールが香るトリュフも絶妙。
ベルギー製などですと、余韻が尾をひくように
まったりこっくり・時としてくどくさえあるので
一度に1,2個で胸いっぱいですが、
これならいろいろ食べ比べもできそう。

本郷と目白にショップがあるこの
99ルート・デュ・ショコラ』、「国道99号線?」
と思いきや、“99種類のチョコレート”の意。
1977年、江古田にて創業・チョコレートを作り続けてかれこれ30年近く。
オープン当初はトリュフチョコレート自体珍しく、
お年寄りから「このあんこ玉は高いね」と言われたという笑い話も。
そんな背景にぴったりの、日本人の味覚に合った上品でクセのないおいしさ。
シンプルなベージュグレーのパッケージも美しく、どなたも感激のギフトだと思います。
F社のT社長、こんな場で失礼ながらお礼を申し上げます(ご愛読ありがとうございます)。

ところで、チョコレートといえば、最近仰天したエピソードをひとつ。
誰もがご存知のブランド、ゴディバのネーミングの由来です。
(友人harumiの手土産に入っていたリーフレットで知りました)
11世紀、イギリスの伯爵夫人レディ・ゴディバは、重税に苦しむ民を見かねて、
夫である伯爵に税を軽くするよう掛け合いました。
すると伯爵「お前が一糸纏わぬ姿で町中を廻ることができるなら」と無理難題。
慎み深いレディ・ゴディバは悩みに悩んだ挙句、耐えがたきを耐え
結局、民のためにすっ裸で馬上の人となったのだとか。
その勇気ある行動にうたれた民は、窓という窓を固く閉ざした…なんて感動的……。
なわけないでしょ!!!!(激怒) 
どう思います、この旦那さん? 奥さんに裸で町内練り歩けって、
完全に変態ですよ変態!! 夫婦間のプレイにしても行き過ぎ。
レディも「それはアナタの個人的趣味であってこれとは関係ないでしょッ」と言うべき。
こうして唯々諾々と服従してきた歴史が女性の地位を…(あとは田島陽子先生節で)。
その後、レディ・ゴディバはストリーキングがクセになったとかならないとか…あああ。

というわけで、ゴディバのマークは“裸足の伯爵夫人”ならぬ
“ハダカで馬に乗る伯爵夫人”なのです。
リーフレットなど目を凝らしても小さすぎてよう見えんのですが、
昨日銀座でゴディバ・ブティックの庇を確認したら、確かにその通りでした。
皆さんも、ゴディバを食す毎に「変態伯爵撲滅」と呟きつつ、
女性の尊厳というものについて思いをはせてみてはいかがでしょうか。

うっとりチョコレートの話題が一変・失礼いたしました→ブログランキングへ
by snuko | 2005-04-18 17:10 | ●いいものみっけ | Comments(5)
Commented by やのじろ at 2005-04-19 14:37 x
ひまです、みんなセールに行ってます。でね、ゴディバ夫人、裸で町を練り歩いているとき、みんなは窓を固く閉ざしたんだけど、ひとりだけ覗いてたやつがいるわけよ。そいつの名はトム、ピーピング・トムじゃよ。トムにはそのあと、天罰がくだるわけじゃな。
Commented by たもん at 2005-04-19 19:24 x
この間はどーも。
世の中、チョコとお酒両方好き、って人も結構いるかとおもい、一つイベントの紹介です(ってかなり無理ありますね)

スヌ子さんは、日本酒は好き?

最近、どぶろく特区なるものが相次いで認定されていますが、その中で新潟県はどぶろくの免許を持っている人が7人も居て、全国一だそうです。さすが米所ってことでしょうか。

その新潟のどぶろくが一堂に会するイベントが表参道の同潤会アパート跡地の裏の施設「ネスパス」というところで開催されます。
興味のある方は、是非以下をご覧になって、ゴーです。
http://nespace.info/event/nextevent4_4.html
酒だけじゃなくて、スローフード?(まあ、地の料理ってことですな)も用意されているとか。

では。
Commented by snuko at 2005-04-20 15:46
やのじろ、“ろ”多くない?前はやのじだったよ。
それはさておき、セールですか。そんな時期か、いーなぁ。じゃなくて、トム、トム、トムね。ははあ、ピーピング・トムの語源はこんなところに!知らなかった。出歯亀はいつの時代にも・どこにでもいたのじゃな。でも、スヌ子も、窓の隙間から覗きたくなってしまいそう。

ちょっと検索したら、この件で天罰=トムは目が潰れたそうな。ひえ~~。覗きません。すみませんでした。
Commented by snuko at 2005-04-20 15:50
たもんさんこんにちは。
以前夫から、たもんさんとご一緒した時のオミヤゲで、ビン入りどぶろくいただきました。マッコリに似てたような、とってもおいしかった。
ネスパスイベントは今週末。表参道は比較的出やすいけど、子スヌたちを連れてどこまで飲めるか…。でも行きたいなぁ。
Commented by mikamika at 2007-08-11 10:13 x
ちょっとカキコ
確かそのピーピングトムは、
近所の人たちにリンチにかけられて死んだとか、
眼病にかかり失明したとか言う話が残ってます

一応参考まで。


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家