SNAIL RAMP OFFICIAL SITE Takemura PROFILE Toru PROFILE Ishimaru PROFILE 過去の日記 SNAIL RAMP

SNAIL RAMP
2年半ぶりの
オリジナルアルバム発売!
『SIX LOGIC』

SCHOOL BUS RECORDS "NEXT"
TKCA-73408
¥2,500(tax in)
2008/2/4

1.NEXT TIME
2.JELLY BEANS
3.Mr.SWALLOW
4.THIRTEEN
5.RUSH TO THE FLASH
6.WONDERFUL WORLD
7.THE RABBIT OF RED EYES
8.SHORT STORY
9.BE MY SWEETY
10.GET BACK
11.THE TWINKLE OF THE STARS
12.COUNT ON MY FINGERS

go store
<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
タケムラ
新宿は歌舞伎町の裏通りにある中華料理屋「S」。

偶然発見したものの、あまりにあやしい立地、店構え、
雰囲気全てにのまれてしまって、入店する事が出来ずに
すごすごと引き返した俺。

しかしどうしても気になった俺は後日、再訪。

「今日こそはあの店に入るのだ!」

鼻息荒く、裏通りからビルの隙間に入り、
例の中華料理屋へ。

またもやドア越しに中を覗くと、数人の客。
日本人らしき客も1人いる。

意を決して俺はガラスドアに手をかけ、店内へ。

「いらっしゃいませー!!」

そんな元気の良い声がかかるはずだった。

「お一人様ですか?」

中国語訛りだが、
愛想の良い女将さんが迎えてくれるはずだった。

しかしそれは俺の妄想。
あくまでも俺の切望。

実際は、完全なる、



無視・・・・・・。


やっぱハードル高えぞ、この店。

どうしたもんかなと店内を見回すと、
中国人らしき2人組みの客、日本人客1人、
その他に2人いたのだが、
その内1人はどうやら店の人間らしかった。

しかし店の人間らしきおばさんは
無表情な視線を俺に投げかけたまま、何を言うわけでもない。

2〜3秒の沈黙があった後、
おばさんが空いてるテーブルを指差しながら、口を開いた。

「スワレ」

完全命令口調・・・。

何だかガタつくテーブルにつき、改めて店内を見渡す。
外から覗いた時は気付かなかったが、
狭く、めちゃめちゃ急な階段があり、
2階、もしかしたら3階位まであるようだった。

そして1階の奥にも1つ部屋があり、
テーブルが4卓ほどあった。

そこではあやしい男達のグループが
声を潜めて何やら話していた。

結局、店内にいる人間は約10人。
日本人は俺を含めて2人。
あとは恐らく中国人。

完全なるアウェイ感に包まれてると、先程のおばさん。

「デ?」

へ?「デ?」って・・・、ああ!注文か!

と、とりあえず、えーっと、って
壁にメニューあるけど中国語じゃんか!

「すいません、メニュー見せてみらってもいいですか?」

おばさんは全くの無言でクルリと踵を返し、
表面がペトペトしてるメニューを取ると
1m位の距離からポンッと投げてよこした。

「この店、」


「Mには堪らない店だろうな・・・」


そんな事を考えながら、メニューを見ていると

「コレ、タベル。オイシイ。」

と横から指が出てきて、
何だか太くて白い、汁なし麺の写真を指差した。
でも普通の麺には見えない。

「これ何?」

「トーフ」

えー!これ豆腐なの?
しかし俺は豆腐にあまり興味が無い。

「▲◎%#$〜・#&」

でも、このおばさん、
何か呟きながら伝票に書いてるよ・・・。

こりゃ、豆腐の料理来ちゃうんじゃね?

「エビ、スキカ?」

「結構好き。何かオススメあるの?」

「◇#¥¥◎&@/$%・・・・・」

うわ〜、また何か勝手に伝票に書いちゃってるよ、この人!
しかも俺の質問、完全無視だしぃぃぃ。

この時点で疲れてしまった俺は、軽く途方に暮れた。

そしたら再度、口を開くおばさん。

「ニク・・・」

心の中で叫ぶ俺。

「肉?好きだけどまた勝手に決めちゃうんでしょ?!
 第一、1人で3皿も食べられないよ。」

「本当は肉大好きだけど、よーっし、ここはひとつ
 『肉は嫌いです。注文は以上で』と言おう」

瞬時にそう考え、それを口にしようとした途端、
おばさんが言葉を続けた。

「ニク・・・」



「タベロ」






「+◆%?〇×#!$””&・・・・・・」



まーたー書ーいーてーるー。

勝手に伝票に、

まーたー書ーいーてーるー。


そして書き終わると、当然注文の確認もせず、
当然何も言わずにクルッと2階に消えていった。

もう俺はおばさんの為すがまま。
俺の運命は全てこのおばさんが握っている。

そんな考えに支配され、
抜け殻の様に料理が出来るのを待つのであった。


その3へ続く・・・。
by ex_snail_ramp | 2008-09-30 13:06 | タケムラ(食べ物) | Comments(12)
タケムラ
俺は食べるのが大好き。

しかし高くて美味しいのは当たり前。
重要なのはコストパフォーマンスに優れているのか、
そして接客などを含めた、その場の空気感だ。

そんな俺なりの観点から、
お気に入りの店のひとつとしてあるのが
上海料理の「S」。

「S」って何だよ、もったいぶらずに教えろよ。
そう思うのも当然だ。
しかし店名はここでは明かせない。
理由はこのブログを読み進めていくうちに分かるはず。

この店は日本でも有数の歓楽街、
そして、数年前から浄化されたとは言え、
やっぱりやっかいな街として知られる、新宿は歌舞伎町にある。

しかも歌舞伎町の中でも風俗店が立ち並ぶ裏路地、
そこを更にひょいっと入った所。

そのひょいっと入る小道は、道幅およそ90cm。
道というか、むしろ隙間だ。

最初にその店を見つけたのは10年ちょい前。
ライブ前にフラフラしていて偶然見つけたのだ。

裏路地から隙間の奥に見えた、怪しく、赤く光る看板。
中華料理屋だというのは分かったが、
男の俺でもその隙間に入って行くのには
一瞬のためらいが必要だった。

それでも妙な義務感に駆られた俺は、その隙間へ。
ドロ水の水溜り、雑然と置かれたビールケース、
何だかよく分からない文字が書かれたダンボール。
それらが雑然と散らばった隙間を5m程進むと
中華料理屋の入り口があった。

ガラスのドア越しに中を覗くと、
薄汚いテーブルが3〜4つ。
店内は狭い。

客が2〜3人いたが、日本人では無いようだった。
小腹が空いてはいたのだが、
とても俺1人で入れるような雰囲気では無い。

「この店、ハードル高えなぁ」

そう思いながら、隣のアダルトDVD屋の前を過ぎ
雑居ビルの隙間から、歌舞伎町の裏通りへと戻った。

ちなみにこのアダルトDVD屋、
数ヵ月後には警察に摘発され、閉店する。

後日、この中華料理屋がどうしても気になり、
歌舞伎町に再訪。

俺は決めていた。

「今日はあの店に入ってみよう!」



歌舞伎町の中華料理屋・2へ続きます。
by ex_snail_ramp | 2008-09-25 20:35 | タケムラ(食べ物) | Comments(8)
タケムラ
ちょこちょこライブをやってるスネイルランプ。

新宿ロフトに来てくれた皆はん、おありがとうございます。

Exciteの企画イベントで、普段はあまり接点の無い
音楽性のバンドさん達との対バンだった為か、
いつものライブとはお客さんも違う感じ。

何とも言えぬ空気感の中、始まったライブ。
本筋からどんどん外れていくMC。

初めてスネイルを見る人達が引いてくのに気付きつつも、
全く臆する事無い自分の無神経さに、
ちょっとビビった一日でした。

んで、7日郡山ヒップショット。
いくつもの会場が同時進行でイベントが開催され
お客さんは見たいライブを求めて各会場を回る
でかいイベント。

たくさんの人が来てくれて、
うちのライブ時には入場規制がかかっていたそうで、
見れなかった人がいたらごめんなさい。

ちなみに、
ゲリラ雷雨の中で見た郡山シティはエロエロシティ。

そして16歳のメガネっこが、
まさか、アレが、そんなに好きだとは・・・。

来年は野外イベント「トロロロックフェス」が
復活するといいですね〜。

次回のスネイルライブは
9月15日(月・祝)下北沢シェルター。

我がホームと言ってもいいシェルター。
またワラワラと色んな事をしゃべるのか?俺。

またもや石丸の更なる秘密を・・・。

そういやこの9月15日シェルターが終わると
今のとこ12月まで東京でのライブが無いんだよね。

新曲とかやった方がいい?

ま、マトモに出来ないけどなー。
つっかえつっかえ、
子供の弾くピアノみたいな状態で良ければやれっかな。

俺、子供の頃ピアノ習ってたけど、練習大嫌いでさ。
レッスン日に先生の前で弾くんだけど、当然間違えるじゃん。
そうすると何故か、必ず一番最初から弾き直してたんだ。
そしたらある日先生が、

「哲君、間違えた時はそこから弾き直せばいいのよ」

と一言。

俺は目からウロコが落ちたね。

「そこからでいいんだ?!マジで?!」


と言う訳で、もし新曲をやり、間違えた場合には
そこからやり直させて頂きます。

先生の教えですから。
by ex_snail_ramp | 2008-09-10 18:38 | タケムラ(音楽) | Comments(9)
タケムラ
前に触れていた、
今回のアルバム用の曲を書いている最中にあった出来事。

歌詞を書いている時に、
どう英語表記したら良いものか分からない単語があり、
和英辞典をペラペラとめくっていた。

何を調べていたのかは忘れたが、目に止まったページは
まさしく「目」に関するページ。

日本語時に「目」を使った表現が英語表記されていた。
「目にもとまらぬ」とか「目のやり場がない」などが
英語の例文付きで書いてあるのだ。

そんな表記が20例前後ある中、俺の目に止まったある表現。

それは、
英例文「She's quite a sight in miniskirt.」。

使いたい表現「目もあてられない」。

例文の和訳は、



「彼女がミニスカートをはいた格好は目もあてられない(→見ものだ)」


だった。

ええええ?何それ?
辞書なのに何でそんなヒドい事言うんだよ〜!

「目もあてられない」を使うなら
「その散らかった部屋は目もあてられない」とか
「彼の酔った姿には目もあてられない(→見ものだ)」でもいいじゃんか。

大体、和英辞典を使う頻度が高いのは、やっぱり学生なはず。
中学生〜大学生だと思うが、コアゾーンはやはり中・高校生であろう。

13歳〜18歳と言えば、人生で最も多感で傷付き易い時期なはず。
しかもミニスカートは女子が着るもの。

ただでさえ、一部のモデルさんやトップタレントさん達と
自分の体型を比べてしまって、太ってもないのに
「痩せなきゃ!」と過度な食事制限をしたりするのが、この年頃。

なのにその子達が、学習で活用すべくその和英辞典には、

「彼女がミニスカートをはいた格好は目もあてられない(→見ものだ)」

の文字。
なんという悲劇・・・。
そして特筆すべきは()内の「 →見ものだ 」の文字。

完全に追い打ち駆けてます。
乙女心の大量殺戮です。
国連軍の出動を要請したい位です。

ティーンエイジャーの女子には、
この例文が恐らくこう見えているでしょう。

「お前がミニスカートをはいた格好は
 目もあてられねーんだよ(→見ものだ)」

しかし、たま〜にいる自信満々な一部の女子の方々には
こう見えているかも知れません。

「私がミニスカートをはくと皆が目をそらすのは、
 その姿があまりに眩し過ぎるから」


っつーかさ、このヒドい例文考えたのは一体誰なんだ?と思い、
大急ぎで編者のページを探す俺。

この時点で、楽曲制作締め切りから既に1年過ぎている事は
俺、とうに忘れています。

そしてもの凄いスピードでページをめくると、
あった!

そこには37人の名前が連なっているが、
トップに編者として「小島義郎」氏、「竹林滋」氏、
2人の名前が。

「この人達が純粋(ではないだろうが)な乙女心を・・・」

一体何をしてる人達なんだろうかと肩書きを見ると、
それぞれ「早稲田大学教授」、「東京外国語大学教授」とある。

おやま、何だかおエライ方々。

その他の「編集委員」「執筆者」「日本語校閲」欄を見ても
津田塾大学教授とか慶応義塾大学教授といった
錚々たる肩書きのメンツ。

そんな人達が採用した、
「彼女がミニスカートをはいた格好は
 目もあてられない(→見ものだ)」
の例文。

うーん、やっぱ、すっげえ勉強出来ちゃう人達って
同時にどっかちょっと変わった感覚も持ち合わせてるのかな。

っていうか、他にもそんなイカレた例文がないものか
めちゃくちゃ気になりだした俺。

そして1ページ目の先頭の語句「ああ」という語から
ひとつひとつ読み始めた。

この時が恐らく夜中3時位か。

んでもって291ページ目の「金切り声」までいった時には
夜が明けていた。

そこで「コンタクトを入れっぱなしな為にカスむ目」と
「本当は歌詞を書かなくてはいけなかった」事に気付き、
我に返った。

しかしかなりの眠気、
そして大した例文が見つからなかった喪失感に襲われ
就寝を決意。

こうしてSNAIL RAMPのアルバム制作は
また一日、延びていくのであった。
by ex_snail_ramp | 2008-09-04 19:43 | タケムラ(音楽) | Comments(7)
 

カテゴリ
最新のコメント
また次の日うつうつした気..
by いいのでは at 23:48
やりたいことをして生き、..
by いいのでは at 23:37
スネイルのライブに行きた..
by ファン at 22:40
Twitterしてないの..
by さー at 02:00
思い出ビデオ リリース求..
by ゆうた at 00:34
2002年頃のJ-WAV..
by あんどー at 22:58
は!
by ガチ at 05:36
絶対に完全復活してくださ..
by yukkin at 22:59
めちゃめちゃ残念 ..
by アリババ at 22:45
かききれません…(T ^..
by さー at 13:08
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。