SNAIL RAMP OFFICIAL SITE Takemura PROFILE Toru PROFILE Ishimaru PROFILE 過去の日記 SNAIL RAMP

SNAIL RAMP
2年半ぶりの
オリジナルアルバム発売!
『SIX LOGIC』

SCHOOL BUS RECORDS "NEXT"
TKCA-73408
¥2,500(tax in)
2008/2/4

1.NEXT TIME
2.JELLY BEANS
3.Mr.SWALLOW
4.THIRTEEN
5.RUSH TO THE FLASH
6.WONDERFUL WORLD
7.THE RABBIT OF RED EYES
8.SHORT STORY
9.BE MY SWEETY
10.GET BACK
11.THE TWINKLE OF THE STARS
12.COUNT ON MY FINGERS

go store
<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
タケムラ
今日は予告通り「ジムに久々に現れたS君」です。

このS君。
このブログに登場するの自体が久しぶりな為、

「どんな人だったっけ・・・?」

「っていうか、このブログを最近読み始めたから
 全くわからない」

という人も多いでしょう。
と言う訳で、

リンク先「S君についての過去ブログはこちら」



なーんてな。
親切な人が書く普通のブログであれば、上記「」内が
リンクになってたりするのだが、このブログは違うぞ。

スパルタなのだ。
ここは「ブログ虎の穴」。

「S君の過去が知りたければ、自分で探すのだぁ〜!」

だ。
まあ、真実としては自分でもいつ書いたのか
さっぱり分からないのがリンク出来ない理由ですがね。

S君のキーワードとしては前髪。
常に前髪です。

思い出して頂けたでしょうか。

ここ何ヶ月かジムで見かける事もなかったS君が
久しぶりにジムに練習へ。

「あ、竹村さん、久し振りです」

S君はちょっと低い声で挨拶をしてきた。

タケ「おー、ほんと久し振りじゃん。元気だった?」

S君「えー、」

俺は「えー、」の次に出てくる言葉を待った。
セオリー通りであれば、

「えー、ぼちぼちでした」とか
「えー、まあ元気でした」だろう。

しかしS君は並みの男じゃない。

「えー、」の言葉だけを残して、
次の言葉を待ち続ける俺を残して、


いきなり縄跳びを始めた。


そして以降、その話題は無し。


「え、うそ・・・」

俺は、かなーり寂しい気持ちになった。

悲しい魚の目をして、
縄跳びで揺れるS君の前髪をただ見つめる俺。

そして過ぎる事、約30分。
またもや喋りかけてくるS君。

「やっぱり走った方がいいんですかね?」

「やっぱり」という言葉を
いきなり文頭に持ってくる辺りがやっぱりS君だ。

タケ「そりゃ走らないより、絶対走った方がいいわな」

ここ2〜3年なんて全く走ってないくせに、
偉そうに答える俺。

S「実は俺、走ってるんスよ」

タケ「そうなんだ!エライじゃんか」

褒められて、軽く得意気なS君。

タケ「どの位走ってんの?5kmとか?」

S「いや、10kmです」

タケ「そんなに走ってんのかよ!スゲェな!


   で、どの位の頻度で走ってんの?
   週3〜4日とか?」

アマチュアだし、試合も無いのに、
意外な長距離を走ってるS君に
ちょっとした畏敬の念を覚えつつ、聞く俺。

S「えー、大体ですね、



  月イチです」



タケ「つ、月・・・?




   月イチかよーー!!」

俺は練習中にも係わらず、
かなりデカい声で突っ込まざるを得なかった。

そして質問する気持ちも折れかかる中、
必死に聞いた。

タケ「い、いつから走ってんの?今年の頭?」

S「えー、5月からです」

タケ「あぁ、5月か。

   って今月じゃねーか!!」

走ってるんスよと、まるで進行形かの様に言ったのに
まだ1回しか走って無かったS。

やはりタダ者ではなかった。

そしてその日は、
サンドバッグを3〜4ラウンド蹴っただけで
Sはその後、何故か体育座りで他人の練習を見つめていた。

あまりにもまっすぐな目でジッと見詰めていて
ちょっと怖かった為、

「動かないなら、
 風邪引くし上がっちゃったら(練習から、)?」

と促してみたが、

「いや、いいです」

とハッキリクッキリ断られた。

Sを見る度にほんと思うのだが、
いや、あの、ブログを読んでるみんなには
一般的な感想過ぎて、ちょっと申し訳無くも思うのだが、

「世の中ってのは、色んな人がいるもんだな」

と。

えー、今日はこんな
「日常でふと気付いた事をブログに残してみました」風の
締めで終わらせて頂く事とします。
by ex_snail_ramp | 2008-05-30 15:01 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(8)
タケムラ
みんな、たくさんの回答ありがとう〜。

いっや〜、先生びっくりしちゃった。
普段はコメントしない人達も色々書いてくれて
マンモスうれPです。

それにしてもさ、あんなにいたんだな、コメント予備軍。
今までは一体どこに隠れていたんだ?

はっ!
もしかしてお前ら、

かっ、


隠れキリシタン?


だったら仕方無い。迫害されちゃうもんな。

しかし隠れキリシタン達決死の返答により
本ブログの方向性も無事決定致しました。

結果、

「長文を読まされる読み手に謝りながら、
 仕事のしわ寄せがいくスタッフに謝りながら、
 ブログもいいけど新曲を早く書いてね、と煽る
 レコード会社スタッフに謝りながらも、
 今まで通り気分次第で長時間かけて、いい加減なブログを書く」

事に相成りました。

いっや〜それにしても、キックボクシング、自転車、ブログといい、
お金にならない事ってのはホント楽しいね。

隠れキリシタン達のコメントも結構面白いのあったしなぁ。
機会があれば後日にでも触れてみようと思ってるよ。

あとさ、こんな俺をわざわざ気遣ってコメントしてくれた
隠れキリシタン達もいて、実はかなり嬉しかったです。

バンドとかやってると、
ネットによって気分を害される事も時々ある訳で。

そうする内に「ネット上の発言=敵意」的な感覚が
自分でも気付かない内に刷り込まれちゃってたんだろうね。

でも今回のコメントを読んでて、
そんな偏見を改めて、ニュートラルに戻す事が出来た気がしたわ。

あと、ラジオの事に触れてくれていたコメントもあったけど、
このブログの場も、あのラジオのように愛してしまいそうです。

ありがとな。

これからも頑張ります。

せっかくなんで次回予告でもしておくか。
次回は

「久々にジムに現れたS君」

です(多分)。
by ex_snail_ramp | 2008-05-27 20:05 | タケムラ(その他) | Comments(7)
タケムラ
今日は皆さんにアンケートなんです。

俺が書くブログ、1回分が何だか長いじゃん?
そのくせに1回じゃ完結しない事も多々ある。

まるで、カラオケ好きのおっさん上司に連れられて行った
2次会のカラオケボックス。おっさん上司は演歌を歌いまくり。
やっとお開きになったと思ったら3次会もカラオケだった、
という正に現代の地獄絵図。

俺のブログって、そんな状況ではないか?

しかも、この駄文を読んでくれる人が
割といるにも係らず更新が遅い。

でもこれには理由があって、自分的にキリのいいとこまで
書こうとすると、結果長文に。

すると1日の中では書ききれない為に、
2〜3日に分けて書くこともしばしば。

だったら文脈として多少キリが悪くても、
その日に書いた部分をアップしたらいいのではないか?

そうすれば更新も少しは早くなるし、
「忙しい合間に読むから長文はちょっと・・・」という人にも
優しいのではないか?

普段のブログだけでは無く、説明も長いタケムラでしたが
ここでようやくアンケートです。



1・今まで通りで構わない

2・短くて、更新が多いのが良い

3・ブログをさっぱり見かけないのですが、
  生きてるんですか?石丸さん。

極論すると以上です。
どれがいいのか、コメント欄にお答え下さい。

普段はコメントしない方々も、
番号だけでもいいので書いてくれると嬉しいです。

んで、気が向いたら「こういうのはどう?」的な
コメント文もお待ちしております。

ではスタート!
by ex_snail_ramp | 2008-05-23 16:13 | タケムラ(その他) | Comments(59)
タケムラ
自転車チームの新年会にお呼ばれした俺。
そこでの自転車レース参加の提案に色めき立つ一同。
「で、どんなレースなの?」の質問に返ってきた答えは・・・。

「ヒルクライムだよ」

ヒルクライムー?!!


ここで皆さんに質問です。

Q・自転車に乗って坂を下るのは好きですか?

好きかと言われると困ると思うが、
坂を下るのは楽だし気持ちいいよね。
特に春の晴れた日に、
心地よい風を浴びながら下る坂道は最高です。

例に漏れず、俺も下り坂は大好き。
自転車でスクールバスに向かう途中の表参道。
新緑の中、長い坂を下るのは最高です。

俺の中では、この坂を下る上で(上とか下とかややこしい)
ひとつの約束事がある。

「車に邪魔されず、
 1回もブレーキをかける事なく表参道を下る事が出来たら
 お昼ご飯の後にハーゲンダッツのアイスを買ってもいい」

そう決めている。

でも運悪くブレーキをかけるハメになった時は、
それが100円のアイスチョコモナカ、
もしくはカプリコになってしまう。

ちなみに、この他にも自転車を乗りながらの約束事は
他にもあるのだが、それはまた別の機会に。

で、もう一つの質問。

Q・あなたは自転車で坂を登るのは好きですか?

上り坂・・・、俺は嫌いだ。
頑張って漕ぎ続けなければいけないし、
それまで快適だったはずのサイクリングが
苦行に変わる瞬間だからだ。

「上り坂?Yes!大好き☆」という変わり者は
みんなの中にも中々いないであろう。


そして話しは戻って自転車レース。
随分遠回りしたが、提案された「ヒルクライムレース」、
これって・・・、



「坂を登るレース」なんです!

坂を上がったら、お楽しみの下りがある訳じゃない。
ひたすら、ただひたすら
坂を登り続けるだけという拷問レース・・・。

その拷問に参加費を払ってまでも出場しようという、
この提案。

レースに出てみたい、と思ってはいたが
そんな中でも「ヒルクライムにだけは絶対に出たくない」、
そう心に誓ってもいた。

なのにヒルクライムレースに「出ます」と言ってしまった自分を
恨めしく思ったが、もう後の祭り。
今更「やっぱり辞めます」なんて、初対面の場で言える程の
鉄のハートは持ち合わせていない。

しかし出る事になった以上、最善を尽くさねば!

新年会の帰り道、表参道の登り坂。
取り敢えず全速力で上がってみた。

表参道ヒルズを過ぎた辺りで、
さっき食べた激辛マーボ豆腐がお腹の中でグルグル回り始める。

俺は気付いた。

「今、必要なのは練習じゃない。食べた物を消化する時間だ!」

悟りを開いた俺は、
いつものユルい速度で家路につくのでした。

自転車ライフの続きは、またその内に。
by ex_snail_ramp | 2008-05-20 17:40 | タケムラ(自転車) | Comments(6)
タケムラ
「なるしま」に居たのは、やはりしょうじさんだった。
そしてVo.フミオ君も自転車好きである事が判明。

そればかりか2人は、周りの自転車好きの友人達と
自転車チームを作ってみんなで走っているらしい。

何か楽しそう・・・、。

そう思った俺の心を読んだのか、「タケちゃんも今度一緒に走ろうよ!」と
誘ってくれた、しょうじさん。

「絶対誘って下さい!」二つ返事で答える俺。

「実は12月にツーリングを計画していてさ〜」

ふむふむ、いいじゃないのしょうじさん!
ワイも行きまっせ〜、と怪しいエセ関西人的な意気込みの俺。

「伊勢に行こうかって話しなんだけどね。伊勢神宮にお参りとかしてさ。」

あー、伊勢ね。はいはい。伊勢神宮、有名だし、いいんじゃないの〜。


って、伊勢かよぉぉ!!

東京から三重県まで自転車かぃ!
一体何日かかるんだ?まず、それって面白いのか?
この人達、何考えてんだろ・・・?と、さっきまで抱いていた
同好の眼差しが一転、完璧にキワモノを見る眼差しに。

しかし、これも乗りかかった船。
日程さえ合えばこれも運命、と参加する覚悟だったが
幸か不幸か伊勢日程に、スネイルのスケジュールがドンピシャ。

「やっぱ俺ってラッキーガイだな」

と強固に確信。いきなりの伊勢行きは回避できました。

そして2007年も暮れ、明けた2008年。

しょうじさんから来たメールには
「自転車チームの新年会があります。顔を出してみませんか?」
とのお誘い。

おお、これは行くしかない!
行けば俺の自転車ライフに変革有り!

俺は期待に胸を膨らませ、その日を心待ちにした。

迎えた当日は小雨。
普段の俺は降水確率が50%以上であれば、
まず自転車でなぞ出掛けないが
今日は自転車乗りの集まりだ。
皆、間違い無く自転車で来るはず。

「あ〜、あの人、

ちょっと雨降ったら自転車乗らないんだ〜(嘲笑)」

と初っ端からナメられる訳にはいかない。

俺は冷たい小雨の中、意地だけで自転車を漕いだ。
場所は原宿のこじんまりとした台湾料理屋。
着いてみると、

「え?まさか自転車?!」


自転車で来た、なんてのは俺だけ・・・(赤面)。

もっと驚いたのはそこにいた人達。
職業も年齢もバッラバラ。

ミュージシャン、MC、アパレル、カメラマン、
デザイナー、TV番組制作、旅行会社などと広範囲の職種。

年齢も、最年長の方で50才位。
なんと最年少がミドルサーティーの俺だった。

俺が最年少の集まりって久しくなかったから、
何だか変な気分。

そしてそこにいる人達は皆いい人で、
終始笑い声の絶えない会であった。

そんな中、誰かが言った。

「4月の終わりにレースがあるんだけどさ、
 出る奴いないー?」

そんな素敵な提案に色めき立ち、出る!出る!と
次々にメンバーの手が挙がる。

あ、俺?
勿論、



「キターーーーーーーーーー!

 (Always 織田裕二バージョン)」



ロードバイクに乗り始め1年3ヶ月。
いつかはレースにも出てみたい、そんな想いを秘めていた。
遂にそのチャンスが巡って来たのだ。

「俺も出よっかなー、いや出まーす」

既に荒くなった鼻息を悟られたくはない。
「一度迷って、その後決定」という、
女子中学生とは思えぬ高等テクを使った俺。

やはりミドルサーティなのだ。

「で、どんなレースなの〜?」誰かが聞いた。

それは一体どんなレースだったのか・・・。
続きは次号。
by ex_snail_ramp | 2008-05-16 17:46 | タケムラ(自転車) | Comments(8)
タケムラ
前のブログから随分空いてしまったが、地道に続きを。

あ!そういえば書くのを忘れてたんだけど、前回のあの話しは
去年の10月〜11月位の出来事なんだよね。
それを踏まえて以降、お読み下さい。

自転車屋「なるしま」でしょうじさんに気付いてもらえなかった、
女子中学生・竹村。
しかしこんな事ではへこたれないのが恋する乙女。
って完全にキャラ間違えてるけどな、俺・・・。

でもみんな気にすんな。
知らないフリをするのも大事だぞ、大人の世界じゃ。

本文に戻ろう。

「なるしま」にいたのが、しょうじさんかどうかを確かめるチャンス。
それは11月中旬辺りに名古屋で、
kemuriと一緒にライブをやるというスケジュールがあったのだ。
「ここで聞くしかない」
悲壮と言えなくもない程の決意を秘め、俺は名古屋入り。

会場に着いた早々、さっそく楽屋で
「憧れのしょうじ先輩」をキャッチ。
俺の胸は高鳴っている。
告白としてのバレンタインのチョコを渡すかのような緊張感。

「あ、あのう・・・」

あー!しまった!
kemuriとは長い付き合いなのに、妙なテンションで入ってしまった。

いつもの「あ、どーもー!今日はよろしくでーす!」という
近所の酒屋さん風のはいりではない。

「え?え? お、おはよう。今日はよろしくね」

俺の妙なトーンに、しょうじさんもちょっと面くらったようだ。
そしていきなり俺は切り出した。

「しょうじさん・・・、この前なるしまにいませんでした?」

「え?!いたいたー!もしかしてタケちゃんもいたの?!」

キターーーーーーーーー!!!!!!
やっぱりそうだった〜!

あ、ちなみに2行上の「キターーーーーーー!!!!!!」は
織田裕二が昔やってた目薬のCM調ね。
キッズにゃ分かんないと思うけど。

タケちゃんもいたの?と聞かれ、一瞬迷ったが

「いたんですよー。フレーム見てました」

と言った。

かあちゃん、ごめんよ。
哲は平気でウソをつく大人になってしまいました。
フレームなんか見てなかった・・・。

見てたのは、


ア・ナ・タ・だけ☆   ← タケ子・14才


まあとにかく、しょうじさんも自転車が好きだそうで
今乗ってるのもオーダーで作ってもらったらしい。

そしてしばらく自転車談義をしたのだが、それを聞いていた奴からは
「2人とも、頭イカレてんじゃないすか?」と言われたのが
以下の会話。

俺「オーダーで自転車作ったなんて、結構高かったんじゃないんですか?」

しょうじさん「それが全然安くてさー。20万円もしないで出来るんだよ」

俺「マジでー?!! 超安〜〜い!!」


ま、完全アウトですわな・・・。
でも自転車乗りって、こうなんです。

初心者用ロードバイクでも10万〜12万円程度。

でもちょっと乗り出すと、すぐいいのが欲しくなってきちゃって
中級レベルで30万〜40万円。

あぁ、もうダメだ、いいのが、いいのが欲しい〜!と思っちゃうと、

すぐ、


100万円コース・・・。

ね?
だから、自分のサイズにピッタリ合う、
好みのカラー・仕様の自転車が18万円って安いでしょ?

いや、勿論、俺も自転車に乗り出す前はマトモだったのよ。
最初に買ったクロスバイクだって
「たかが自転車に6万円だぁ?ボッタくってんじゃねーのか、
 あぁん?」
と鼻息荒かったんだから。

それが今じゃ自転車屋で
「お!この仕様で30万円弱?これはお値打ちだぞ・・・、
 これ買わない奴は吉兆の女社長と同じ位のバカだ。
 買っちゃおうかな・・・、
 でも他のが欲しくなるかも知れないし・・・」
と平気で悩むようになってしまった。

これは自転車乗りにほぼ共通している金銭感覚だが、
それがイカレた感覚だというのも、自転車乗り達は深く自覚している。

でも不思議と他の物に対しては、以前と全く変わらず
「出来ればランチは1000円以内で済ませたい」的なレベルだ。

まあそんなこんなで、しょうじさんも自転車乗りな事が無事判明。
更にはkemuriのVo・ふみお君も一緒に自転車を作り、
乗っているらしい。

広がりつつある自転車友達。
更に広がり展開していくのは、次号!
by ex_snail_ramp | 2008-05-09 18:12 | タケムラ(自転車) | Comments(11)
 

カテゴリ
最新のコメント
待ってる更新
by う at 12:54
更新待ってる
by う at 12:49
また次の日うつうつした気..
by いいのでは at 23:48
やりたいことをして生き、..
by いいのでは at 23:37
スネイルのライブに行きた..
by ファン at 22:40
Twitterしてないの..
by さー at 02:00
思い出ビデオ リリース求..
by ゆうた at 00:34
2002年頃のJ-WAV..
by あんどー at 22:58
は!
by ガチ at 05:36
絶対に完全復活してくださ..
by yukkin at 22:59
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。