sleepy.ab sleepy.ab Official site New release sleepy.ab Mother Goose

New ALBUM
「Mother Goose」

2011.02.23 RELEASE
PCCA.03352 ¥2,500(税込)

この商品を買う
Vol.17~サイケに揺ぐ?まっったり揺ぐ?

第17章 サイケに揺ぐ?まっったり揺ぐ?

c0130056_1219548.jpg


今回は、先日行ったレコーディングで使用した Roland AP-7 (JET PHASER) について話したいと思います!
このエフェクターは、前から「いつか使ってみたいな〜、でも高価な物だし、かなり昔のものだし、生産台数も少ないみたいだし・・・、きっと使う事は無いんだろうな〜」という存在でした。
ところが!
今回もレコーディングをして頂けることになった三好敏彦さんが、このエフェクターを持っているらしい!&頼んだら貸してくれるかも!という情報を耳にし直ぐさまお願いすると、、、、なんと!あっさり貸して頂けました!!

そんなこんなでテンションも上がりレコーディング当日。 Roland AP-7 (JET PHASER) を鳴らしてみると、なんとも独特で素晴らしい音色!今回録る全曲に使おう!と思いましたが、それでは何の為にプリプロをしたんだ??と思い留まり一曲だけにしました。

このエフェクターのとても気に入った所は、音も当然ですが、右側のスイッチを押してフェイズスピードが徐々に早くすることが出来る事です!
フェイズのウネりが徐々に加速する事で、よりウネった感じがします!(レスリースピーカーのスピードスイッチ的な)
Roland AP-7 (JET PHASER) のおかげで今回のレコーディングが、より楽しいものになりました!
三好さん、ありがとうございました!!

追伸
みなさんブログへのコメントありがとうございます!前回アンプ編での質問ですが、自分は、基本的に左上のインプット使っています。
シールド編も書く予定です。
# by sleepyab | 2009-01-31 12:20 | Comments(7)
Vol. 16 〜 結局は、これで決まるかも!

第16章 結局は、これで決まるかも!

c0130056_12163690.jpg

ギターから始まり、コツコツ書いて来たこのブログもついに出口へ到達!アンプ編になります!!

という訳で自分の使っているRoland JC-120 [Jazz Chorus] について話したいと思います。
まずは、このアンプを選んだ理由ですが、

1、クセのないクリーントーン

2、複数のエフェクト使うと想定した上でのトータル的なエフェクトの掛かり具合。

3、使い方の自由度の高さ。

の3点から選びました!一つずつ説明すると、
1は、ギターアンプ的な音よりもオーディオシステムからギターの音を出したい!というイメージだったので、そこに一番近いギターアンプだったJC120にしました。
2は、真空管アンプを色々試しているうちにエフェクターの種類によって掛かり方の善し悪しがある事に気づきました!例えば、歪みやワウはすごく良いが、ワーミーがどうしても痛い音になってしまう。そこでJC120を試してみたらどのエフェクトも、いい感じの掛かり具合だったので、このアンプにしました!
3は、リアパネルのリターン端子にステレオで入力する事で、一台のアンプでステレオエフェクトに対応出来る点や、アンプを襷(たすき)掛けする事で、結果的にプリアンプを二重に通す事になり、より太い音作りや極端なEQが可能です!

今となっては、このアンプに落ち着きましたが、それまではどのアンプが合うのか定まらずかなり困りました。そんな時に色々なアドバイスをくれて相談にのってくれた、札幌Roland Planet Shop 専任スタッフの栗山 雄介君には、すごくお世話になりました!ありがとう!!

一応出口のアンプ編も終わりですが、ブログまだまだ続きますので、またのぞきにきてくださいね!!
# by sleepyab | 2008-12-04 12:34 | Comments(8)
義援金のお願い
ブログトップ | ログイン
以前の記事
最新のコメント
並べて空中に垂れる糸の振..
by ロレックス時計 at 16:38
印鑑 通販
by サングラス レイバン at 17:31
レイバン ウェイファーラー
by 海外ファッション通販 激安 at 17:31
クリスチャンルブタン シ..
by クリスチャンルブタン ショップ at 19:35
I appreciate..
by cialis at 08:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。