遍路・33番札所・雪蹊寺(せっけいじ)へ。

d0339676_11283934.jpg

高知市 種崎(たねざき)から高知県営渡船・龍馬に乗っています。約6分で長浜に着き、約1、5キロで雪蹊寺に着きます。この写真は、渡船の職員の方が撮って下さいました。遍路というだけで、皆さんが声かけて下さいます。思いやりをいただくと、優しくなれて、どなたかにその思いやりをさしあげたいと思うようになります。
遍路は、金剛杖を持つとか、心からお参りするなど、基本を守れば、自由にアレンジできます。私はすげ傘は被りません。夏はUVの帽子、冬はmont-bellのフリース帽子、また去年まではフリースのジャケットでしたが、この冬は寒すぎてだめでした。mont-bellに探しに行ったら、リバーシブルのダウンがありました!薄くて軽くて遍路にぴったり!おしゃれな遍路も楽しいですよ。何事も型にはめすぎず、自分らしさを遠慮なく出して下さい。今日は、36番青瀧寺で滝行をさせていただきます。

遍路・31番札所竹林寺

d0339676_11284064.jpg

今日は日本中、雪や雨で大荒れ模様。高知に向かう電車の窓から、雪をいっぱい見てきました。後免(ごめん)駅に降りたら雨でした。でも29番札所 国分寺に着くと雨は止みました。今日は竹林寺(ちくりんじ)まで。雨で汚れるのが嫌で、気に入ってない黒のウォーキングシューズにしたら、やはり足が合わなくてジンジン足の裏がしています。そういえば去年このコースを歩き、国分寺さんの近くの国分寺橋あたりで、mizunoの見かけは良くないけど、暖かくて軽い手袋を落とし、行ったり来たり大探ししましたが見つかりませんでした。お行の最中は、縁を感じることが良くあります。こんな暑い日、遍路してる物好きはいないと、歩いてると、クラクション鳴らされて、こんな日に遍路してるの!と、高野山の僧侶だったり、信者さんだったり。手袋は、見かけが悪いと悪口言ったから逃げられたのでしょう。暖かくて、助けられてることに感謝すべきなのに。ところで数珠が切れることがあります。縁起は悪くありません。悪い因縁がひとつ切れたと
いうことです。安心してください。

ホテル

d0339676_11284191.jpg

京都のホテルグランヴィアのロビー階、ラ テンポは大好きです。ここは昼と夜のバイキングがとても人気です。凄い種類と凄い美味しさ。デザートコーナーでは女性パティシエが活躍してます。私はここのオニオングラタンスープが好き。また、お願いを聴いてくれます。魚のアクアパッツアはあまり好きでないため、お願いすると、他の調理をしてくれます。料理長の腕の良さと心の広さがあるから、別の調理をしてもらえます。少しの思いやりで、人は沢山いい気分になれて笑顔になれます。その笑顔が、どれだけ多くの人をいい気持ちにさせてあげられるでしょうか?自分の前に鏡があります。笑顔をすると幸せが返ってきます。
明日から歩き遍路です。雨の中、大好きな高知県内を歩きます