道後山の手ホテル

d0339676_11263590.jpg

明日、愛媛県八幡浜市で講演があるため、道後山の手ホテルに泊まりました。飛行機に乗れないため、長旅です。そのため前泊しましたが、大好きな道後山の手ホテルに宿泊しています。来月は石鎚山に行くため、また道後山の手ホテルに泊まります。松山駅から、路面電車に乗り、約25分で道後温泉駅。降りたら、駅前で、盆踊りみたいに道後踊りを華やかにしてました。着いたのが遅かったので、今日は向かいのマリアージュフレールのガーデンには行かれませんでした。道後山の手ホテルには、いつも遍路か石鎚山へ行くときなので、スポーツウエアばかりです。仕事で泊まるのは一年半に一回くらいですから、いつも行く商店街のお土産もの屋さんのチーフに「こんにちは」と挨拶しても、最初、誰かわからなかったようです。東京や大阪ですと、スーツならすぐばれるのに、面白いです。道後山の手ホテルのフランス料理は、今日も最高に美味でした。お勧めです。

サンドイッチ・ファクトリー

d0339676_11263579.jpg

大阪市靭(うつぼ)公園に面したサンドイッチも紅茶も、いーっぱーいあるサンドイッチ・ファクトリーです。公園を眺めていると、季節が変わっていることが、よくわかります。10日で自然の景色が明らかに違うのですね。サンドイッチ・ファクトリーの社長さんが、私のためにステキなマイセンのカップで、アールグレイを出して下さいました。初めて社長さんにお会いしましたが、凄い粋なおしゃれをされる男性で、66歳。姿勢がよく、身のこなしがとてもきれいなので、「ダンスをされますか?」と尋ねたら、美容関係のお仕事も、されているそうで。。ご自分をよく知ってらして、ご自分というキャンバスに絵を書いてらっしゃるようなお姿と振る舞いでした。無理も背伸びもない自然の、そして楽しんでいる美しさ。いいなあ。。私もそうなりたい!所作は、高知のボンドガールから学び、おしゃれは。。。まずはこの面倒くさがり屋を直さなくては。。とりあえず、ベンガルの天ちゃんの豹柄を眺めながら、どんな色を合わせるとカッコいい豹柄スーツの着方になるか
研究しようっと。明日は道後です。道後山の手ホテルの食事が嬉しい。

遍路・62番札所・宝寿寺(愛媛県)

d0339676_11263621.jpg

このお寺は、納経所に「当寺は霊場会とは無関係です」と書いてあります。開創1200年の特製お姿についても、「勝手に当寺のを霊場会が作った」と、紙が貼ってあり、1200年用の赤いお姿はないそうです。となると、88枚揃わなくなるので、61番か63番札所で、埋め合わせお姿をいただけます。霊場会に入らない理由を聞いたら、「商店街で、なになに会に入らないのと同じ」とのことです。でも1200年の霊場と商店街は違うのでは?62番札所になっているからという理由もあって、お遍路さんがお参りに行くのに。。仲良くできたないのかな?。。ご本尊様やお大師様に申し訳ないのですが、この二枚の張り紙を見る度、不機嫌になってしまいます。納経時間も短く、8時ー17時で、正午から13時まで休憩です。でも、いいトコもあります。境内やお堂の下がきれいに掃除されていることです。そして伊予小松駅前に「マルブン」さんがあることです。スバゲッティが凄く美味しく、料理人さんやフロアの女性もみんな元気がいいのです。宝寿寺へきたら必ずマルブン
さんへ寄ること何年でしょうか。今日は真鍋社長に初めてお会いしました。