<   2017年 09月 ( 83 )   > この月の画像一覧

ネコ・天ちゃん(通称あほちん)

d0339676_22074930.jpg

ボクは、ネコ鼠小僧にゃ!
クローゼットの中におやつはないのに。。ドアを開けてびっくり!

京善寺(きょうぜんじ・大阪市 近畿36不動尊霊場会)

d0339676_17440027.jpg

近畿36不動尊4番霊場 京善寺さんに行きました。近畿36不動尊霊場会ホームページ書き換え原稿を奉納させていただくため、廻っています。いつ来ても、よく清掃された綺麗なお寺。お寺前の公園では、15年前も10年前も今も、おっちゃんたちが将棋さしをしています。子供たちも大勢、外で走り回っています。いい風景です。山門から顔を出している龍神様、実はお体はお寺の中にいらっしゃるのです。

ネコ・空(くう)ちゃんと天ちゃん(通称あほちん)

d0339676_13032018.jpg

とてもレアな、2(ふた)ネコ抱っこ!空ちゃんと、あほちん合わせて13.5キロ!重い重い!兄弟ではないし、ひとり抱っこで独占したいので、2ネコ抱っこなんてめったにさせて貰えません。でも私には至福の瞬間。

比叡山延暦寺 根本中堂(総本堂・滋賀県大津市)

d0339676_16074486.jpg

比叡山の無動寺明王堂にお参りをしたら、根本中堂にお参りしないで帰るわけにはいきません。根本中堂の外から拝むだけで今から5分で出ると言いましたが、延暦寺の敷地の入り口で「諸堂めぐり」チケット¥700を買わないといけないと言われ購入しました。¥700で全部のお堂を廻れるのですから、時間のある人にとっては、とてもお値打ちです。根本中堂は改修中で塀に囲まれ外観も写せません。根本中堂の前に急な階段が延びていました。文殊楼に繋がっています。

無動寺 明王堂(比叡山 滋賀県大津市・近畿36不動尊霊場会)

d0339676_15283364.jpg

近畿36不動尊26番札所は、比叡山にあります。その本堂からの琵琶湖の景色です。昨夜から朝まで激しく雨が降っていました。比叡山坂本駅に着いた時は止んでいました。そして無動寺明王堂に着いた途端、幕を開けたように晴れたのです。

水行(すいぎょう)

d0339676_10055430.jpg

今朝4時、水行が終わってから、行場近くの海岸から対岸を写しました。このあと間もなく雨が降ってきて、今午前9時、凄い雨と強い風です。一つ山行(やまぎょう)を終え、お礼行を納めると、すぐ次の山行の前行が始まります。今度は石鎚山です。また遍路は毎月なので、毎月、前行とお礼行です。でも、そのおかげで私は水行をさせていただけます。昨日、南海トラフのことがニュースで取り上げられていました。災害に関して、祈りにさらに力がこもります。

水行(すいぎょう)

d0339676_22352709.jpg

ホテル近くの海です。水行場から2キロ近く離れています。行場にも、このような、けれどももっと大きな階段があり波に対面しています。今日は、四国つなぎ歩き遍路11巡目結願のお礼と、出羽三山の登拝行を無事に終えられたお礼の行を納めさせていただきました。今夜は大きな船が何隻も行き来し、その度、大波が発生して岸に迫っていました。行をしている目の前に綺麗な三日月が。雲に隠れたり逃れたりして形を何度も変えていました。魑魅魍魎(ちみもうりょう)とした者たちさえ喜んでいそうな綺麗な夜です。

講演・高野山高等学校

d0339676_12001990.jpg

高野山高等学校の説明会が和歌山市内で開かれ「ティーンからのメッセージ〜知ってもらいたい 子どもたちのこと〜」というテーマでお話をさせていただきました。高野山高等学校の生徒さんの中には、家庭に問題がある子もいるのですが、学校生活をする内に明るく元気になって行くのです。先生の心がよく届き、距離が近いからだと思います。高野山高等学校へ入学して「嫌な大人ばかりじゃないんだ」と、気づき、信用できる大人がいるということで、心を開けるようになる子もいます。特任講師の立場から、高野山高等学校の良さもお話させていただきました。

高野山 奥の院

d0339676_16425742.jpg

授業を終えてから奥の院に行き、つなぎ歩き遍路11巡目結願のお礼と、12巡目に入るご挨拶をお大師様に申し上げにまいりました。中の橋の入り口です。16時を過ぎると、急に参拝者が少なくなります。いつも奥の院で駐在法話をさせていただいている所は、奥の院の奥の方ですので、久々に入り口の方まで歩いてきました。何度見ても
、家一軒分の広さのお墓が並んでいるのには驚かせられます。

高野山高等学校

d0339676_16364156.jpg

高野山高等学校の特任講師をさせていただいています。今日は作文を書いて貰うための授業をさせていただきました。高野山高等学校の生徒さんは、とても文章が上手です。文章そのものより、感性が優れています。いつも細かく添削をさせていただくのですが、上手な文や光る言葉には、どんどん花マルを付けて行きます。それが先生として、とても嬉しい時です。
黒板で、テンのつけ方を説明しています。