<   2017年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

遍路・55番札所 仙遊寺(愛媛県今治市)

d0339676_17484551.jpg

d0339676_17484645.jpg

仙人が遊ぶお寺、仙遊寺。気温は5度、寒いです。山を下りながら(今日って3月31日だよね?2月みたい)と思ってました。この札所の山門入ってすぐ、お2人のそれはそれは美しい観音様がいらっしゃいます。一如観音様と遊戯観音様です。うっとりする美しさで、いつも思わず「お綺麗!」と声を出しちゃいます。ゼーゼーハーハーしながら山を登る楽しみは、お2人の観音様にお会いできることです。

遍路・57番札所 栄福寺(愛媛県今治市)

d0339676_15431495.jpg

私の杖と57番札所 栄福寺さんです。強風注意報が出てしまいました。雨も弱くならず、私のスマホは防水でないので、屋根の下からこういう撮り方しかできないのです。気温6度。何が辛いかと言ったら、雨に濡れ続ける手です。雨の日の遍路は、手袋していても雨でビトビトになって余計冷たいから、雨と予報で判っている遍路には手袋を持っていかないのです。でも冷たい!指が固まって動かないので、線香入れの蓋を開けられず、線香を取り出せないし、線香を掴めず雨に濡れちゃうし。。大変有難い修行でございます。

遍路・54番札所 延命寺(愛媛県 今治市)

d0339676_12180676.jpg

凄い雨と強い風!気温は6度!冷たい寒いです。54番札所 延命寺さんにくると、いつも夕立が来たり、今日のような強い雨。晴れていても、大師堂で私がお参りしていると空が黒くなってきて突然の雨!という、私にとって雨に縁のある札所です。大雨が嫌で、龍神様に内緒で遍路に来たのに、ばれちゃったみたい。。厳しい雨になりました。

マハラジャ ミナミ

d0339676_21500455.jpg

楽しい楽しい楽しい楽しい楽しーい!マイケルジャクソンや、レイ パーカーJr.、クインシー ジョーンズもかかり、しびれました!嬉しい嬉しい嬉しい!
ありがとう マハラジャ!奈良県大和高田市の書店さんの皆さんも来られてて、同業と同世代の感激でした。

マハラジャ ミナミ

d0339676_19135266.jpg

NHKで、マハラジャ ミナミが新しくオープンしたと知り、早速、夫ときました。明日から遍路なので、高いパンプスは履けず残念ですが、赤いスーツ、久々に着ました!

講演・ハッピーエイジング&ソナエ博(大阪市)

d0339676_14005855.jpg

スイスホテル南海大阪で「ハッピーエイジング&ソナエ博」春 が開かれ「孤独という名の生き方」というテーマでお話をさせていただきました。今日も沢山の方々が、おしゃれしてお越し下さいました。昭和3年生まれの男性もバリバリ元気で来られました。ソナエ博に参加することもそうですが、何事も一歩前に出て、無理なく歩んで行くことが大切なのです。年齢、性別、職業など関係ありません。

高野山大師教会

d0339676_15510906.jpg

僧侶たちの研修道場であり、高野山本山布教師が所属する教学部のある建物が、大師教会です。ここで総会が開かれていました。写真は本堂です。襖1枚、しかも朝のお勤めの時、襖を全開します。気温はマイナスなのに。。桜はまだまだまだまだなようです。みんな真冬の格好をしています。

高野山本山布教師総会

d0339676_14165172.jpg

今日は年に1度の高野山本山布教師が、研修道場である大師教会に集結する日です。全国から本山布教師が、およそ120人集まりました。ほとんど男性です。高野山の朝9時の気温は4度。冬用のコートは、クリーニングのため東京に行っちゃったので、スプリングコートにマフラー巻きつけても寒い寒い。山内の喫茶店「養花天」で飲むホットティーが体に染み入ります。

ホテル・リーガロイヤルホテル メインラウンジ

d0339676_15130594.jpg

朝まで原稿を書いていました。書ける心身の時は書き続けます。その代わり、書けない心身の時は書けない、書きたくないものです。一息ついても、ついてもどんどん書けるコンデションだったので、手や肩が痛くペンを持てなくなっても無理して書いていました。極度の疲労を覚えると、いつも行くのが、このラウンジ。第2の書斎になっています。滝を見ながら煎茶をいただき仕事をしたり読書したり。。ここほど美味しい煎茶にまだ私は他のホテルのラウンジで出逢っていません。原稿を籠って書く日が続くと、ここに来る日も続いてしまいます。

京都・鴨川

d0339676_18195047.jpg

水を見るとホッとします。痛い冷たい言っても、やっぱり水行が好きなのだと実感します。京都は観光客だらけで、レンタル着物を着てる日本人や中国人がいっぱいいます。着物に着られちゃって似合っていません。そんな中、着物姿の地元の人を見かけます。男性も女性も着物が馴染んでらして、とっても素敵。しとやかなのに、かえって目立ちます。私も僧侶なんだから普段、紫の着物を着たいなと憧れますが、先日も法衣姿で普段並みに歩き廻ったら、1日で草履の裏が欠けました。スニーカーのように歩いたり走ったりしちゃうので草履がいくつあっても足りません。着物となると草履も高級品になるので、やっぱりやめておこっと。