カテゴリ:山( 60 )

大峯・蛇の倉七尾山(じゃのくらななおざん)

d0339676_23361121.jpg

いわゆる大峯山という山はありません。50以上の山の総称を大峯と言います。よくテレビに出てくる女人禁制の山は山上ヶ岳です。蛇の倉七尾山の行者さんたちが、365日手作りで山をお守り下さっています。行者しか登れない山です。実は夫とは、この大峯で出会ったのです。

犬鳴山 七宝瀧寺(近畿36不動尊霊場会・大阪府泉佐野市)

d0339676_17225302.jpg

犬鳴山の参道山道には、すぐそばにこのような美しい滝がいくつもあります。滝の音を聞きながら登っていると、禊祓いされて行きます。バス停から本堂まで約50分の山道です。雨の日は、石段や岩や苔が滑りますが、晴れの日は今日のように、それはそれは爽やかで美しくて、嬉しい登拝行(とうはいぎょう)になります。参道山道には、滝と、仏様、神様がいっぱいです。

犬鳴山・七宝瀧寺(近畿36不動尊霊場会)

d0339676_17045999.jpg

近畿36不動尊霊場会ホームページ書き換えの原稿を奉納するため、登山口から登っています。入り口は少し暗いですが、次々に滝が現れて、犬鳴川の水の音を常に聞きながら登って行きます。近畿36不動尊33番霊場・犬鳴山 七宝瀧寺さんは、山一つがお寺で、7つの主要な滝を含め、全部で48の滝があります。

湯殿山(ゆどのさん・出羽三山・山形県)

d0339676_16502322.jpg

昨日ですが、湯殿山に行きました。下の大鳥居です。ここから湯殿山の奥に入りますと、滝がいくつかあります。役行者(えんのぎょうじゃ)様が月山に登拝行をされようと9合目すぎまで登って行ったところ、「行が足りぬ。下に戻って滝行をし直せ」と、月よみの尊様に言われ引き返したという話があります。その月山の場所は行者返しと言われています。役行者様は湯殿山で滝行をされ、登拝直されました。

羽黒山(はぐろさん・出羽三山・山形県)

d0339676_15170250.jpg

羽黒山頂上の境内です。左は本殿、三社合祭殿で、月山、湯殿山、羽黒山の神様が集合されています。冬はこちらの羽黒山の神社のみ参拝できます。本殿は、厚さ2.1メートルの茅葺き屋根です。神社前のお店「さいとう」さんに毎年寄らせていただき、お土産を買ったり、こんにゃく玉をいただくのが楽しみです。

羽黒山(はぐろさん)・出羽三山(山形県鶴岡市羽黒町)

d0339676_10425175.jpg

羽黒山の2446段の階段の途中にある須賀の滝と、祓川(はらいがわ)です。今日もいいお天気になりました。羽黒山には、いーっぱい神様がいらっしゃいます。水行(すいぎょう)山行(やまぎょう)で、お世話になっている神々様にお会いでき、感激の連続です。

月山9合目・佛生池小屋(ぶっしょういけ・山形県出羽三山)

d0339676_21132288.jpg

月山(がっさん)9合目に30年以上建っている佛生池(ぶっしょういけ)小屋があります。そこのママと。ナラダケのお味噌汁が、とっても美味しくて、行きも帰りもいただきました。毎年、ここに寄らせていただくのも、月山の楽しみの1つです。

月山頂上

d0339676_17255129.jpg

ゴアテックスの雨具を着ないで、頂上の月山頂上社前で撮影するのは何年かぶりです。出羽三山に毎年9月に登拝行をさせていただくこと18回目。月山の魅力に未だ魅せられたままです。本当に素晴らしい山。
LOVE 月山!

月山(出羽三山・山形県鶴岡市)

d0339676_17164039.jpg

月山は岩の山です。このようななだらかな岩の道でなく、縦にも横にも激しい大きな岩岩が続く道がいっぱいあります。手をついたり、巨岩を抱えるように歩いたり。。大変難しい1984メートルですが、本当に本当に美しい魅力的な霊山です。

出羽三山(でわさんざん)月山(がっさん・山形県)

d0339676_14021839.jpg

素晴らしいお天気です。9月の月山は週2日くらいしか晴れないのに、凄いいい天気に恵まれました。最後の前行の水行の時、大雨に降られたので禊払いができ、今日、雨に遭わなかったのだと思います。