ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「幾つになっても男と女」
b0084241_20575620.png

「幾つになっても男と女」をモットーに、アンチエイジング•ネットワークを立ち上げてはや15年。
我が国のペア文化は未だしの感がある。
試しに銀座あたりのレストランを昼飯時に覗いてごらんなさい。9割は女性が普通、男性は僕だけという時も少なくない。
不思議なんだなぁ、女同士ってのは。野郎同士なんてせっかくのフレンチもまずくなってしまうのに、彼女らは嬉々として何時間でも喋り続ける。
そのあいだ男どもはコンビニ弁当を一人でこそこそと。
でも食事は女性と一緒の方がはるかに楽しくなるでしょう。
僕が長居したアメリカなど、月に一度は配偶者をディナーにお連れしなければ離婚の理由になったもんだ。
かってパリのレストランなど、同性同士は慇懃無礼に敬遠されたものだ。反対に同伴女性が美女だったりすると、予約で満杯のはずの席にさっと空きが出来る。
そもそ女性も男性も同格の人間である。”ご無理ご尤も“は決して美徳ではなく、男と女は「ラストタンゴ」の絡み合いののように、真剣勝負で渡り合って初めて解り合える。
など御託を並べたのは、
”幾つになっても男と女と仰るけど、失楽園を奨励されるわけ?”と美女に迫られ”
いや、けっしてそうではなく・・・”とおたおたし、
大人の男女の付き合いとは?と改めて自問自答しているところだからだ。
b0084241_20583186.png

by n_shioya | 2016-08-24 21:00 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 温泉の恵み 魔法の言葉 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム