ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
熱傷学会スタート
b0084241_2048533.jpg

今回の学会の最大収穫はカナダのトレジェット教授の特別講演。
「肥厚性瘢痕」の成因と対処法について最新の成果を発表された。
傷をするともりもりと赤く盛り上がる、いわゆるみみず腫れになることは経験されるでしょう。これを我々は肥厚性瘢痕と呼ぶことにしています。
通常は一、二年で平らに白く消退するが、増え続けるとケロイドと呼ぶことにしています。
これまで治療に難航していたケロイドも、日本医大の小川教授の治療法で解決が望めるようになってきました。
ところで最近和太鼓は懇親会の人気者になってきたが、プロレスの実技はさすがイタバシが本拠の中沢会長らしい企画であった。
b0084241_2046023.jpg

# by n_shioya | 2017-05-25 20:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
熱傷治療の進歩
b0084241_21415743.jpg

今日から日本熱傷学会。
会長は日本大学の中沢教授。
会長招宴の乾杯の挨拶で、慶應の相川名誉教授が“この学会の発展で熱傷治療は目覚ましい進歩を遂げたが、予防対策が効果を発揮し、熱傷患者が減少しつつあるのは”困ったものとは言えず、痛し痒しの表情が面白かった。
このテーブルだけでも爆弾テロが発生すれば、日本の熱傷学は壊滅すること必定。
# by n_shioya | 2017-05-24 21:42 | 医療全般 | Comments(0)
今週のギャラリー後藤
b0084241_23363871.jpg

今日は久しぶりにギャラリー後藤へ。
藤崎孝敏新作展だった。
なんというか、ヴラマンクの激しさをレンブラント光が炙り出している感じというか。
迫力満点。
ふだんの後藤真理子さんの可愛い,楽しい路線とはかけ離れた作品の数々で、これもまた楽しめました。
真理子さん、ありがとう。
# by n_shioya | 2017-05-23 23:35 | 美について | Comments(0)
旅の思い出こそ宝石
“ドレスや宝石など興味はないの。私にとっては旅の思い出が宝物”と言ったのは、パリ娘のヴェロニクだった。
昔のように世界を飛び回ることもままならなくなった今、写真集「ヨーロッパの一番美しい街」を眺めながら、彼女の言葉を反芻している。
この本で取り上げられた街は、有名スポットもあるが、意外な穴場も多々ある。
例えば、ベルギーの田舎町デュルビィ、南フランスのサン・ポール・ド・ヴァンスそしてイギリスはコッツウォルドのバイブリー等々。
取り上げられた88の街のうち、いくつ訪れているか数えてみると、32あった。
悪くはないですな。
だが、未踏の街を残り少ない人生で踏破するのは望みが薄い。
ま、地図やガイドブックで「アームチェアの旅」を楽しむことにしましょう。

b0084241_21563863.jpg

# by n_shioya | 2017-05-22 21:57 | コーヒーブレーク | Comments(0)
「ジノリの魅力」
b0084241_214428100.jpg

配偶者は最近、絵付けに凝っている。
ジノリの絵付け師の実演があるというので、今日は横浜高島屋まで同行した。
ジノリというとあの緑と果物の図柄が印象的だが、最近はモダーンなパターンや色合いを試みている。
この道30年のベテランの作業は、気の遠くなる程精密である。
それにしても焼き物には独特の魅力がある。
それはは日常生活に組み込まれ、手にとって愛でることにあるようだ。
# by n_shioya | 2017-05-21 21:44 | 美について | Comments(0)
「素晴らしい香りの世界」
b0084241_21383895.jpg


認知症の予防にはアロマテラピーが効果的であるというのが、昨日開催された [Ajing Style]と[グッド デザイン]の共同イベントでの、杏林大学の古賀名誉教授のお話だった。
しちめんどくさい脳トレや決して美味いとは言えないサプリと違って、アロマは心地よい。いや、その心地よさが脳に安らぎを与えかつ活性化し、認知症の予防につながるということのようで、一石二鳥と言える。
これを脳波やCTを使って確認されたのが、きのうのご発表である。
アロマテラピーはフランスではれっきとした学問領域で、主に薬学の専門家が取り組んでいるそうだ。
嗅覚のレセプターは脳の出店として鼻腔奥に存在している。つまり視覚、聴覚など他の五感に比べ、香りは脳が最も早くダイレクトに受け止めるとされている。
そう聞くと確かに、香りを嗅ぐと瞬時にして脳がリセットされるような気になるのは面白い。
これからもっともっとアンチエイジングのために、そして睡眠改善やストレス軽減を含むライフスタイルの改善のために活用されるべきと感じた。
# by n_shioya | 2017-05-20 21:38 | アンチエイジング | Comments(0)
塩谷塾第2回
b0084241_23273084.jpg

今日は第Ⅴ期塩谷塾の2回目。
「肌のアンチエイジング」と「目と口元とどちらがより見た目に重要か」について討議した。
みなさん熱心で、塾長としてもやりがいを感じ、また勉強にもなります。
次回は慶応の川畑教授をお招きして「脳は美をどう感じるか?」についてお話を伺う。
# by n_shioya | 2017-05-19 23:27 | アンチエイジング | Comments(0)
更年期障害で悩む方に
更年期障害がひどければ婦人科に相談し、場合によってはでホルモン補充療法を検討というのが常識だと思っていたが、まだまだそうではないらしい。
だいたい更年期という言葉すら女性同士でも使いずらい、という声もある。
本当にそうですか?
もしお悩みの方はぜひ専門医にご相談ください。
また、更年期で女性ホルモンが急減すると、骨粗鬆症になりやすいのも常識。ぜひその対策もお考えください。
ちなみにこの話を配偶者に話したら、“え、更年期障害で婦人科?なんの関係があるの?”と言われてしまった。
灯台下暗しとはこのことである。
# by n_shioya | 2017-05-18 22:56 | アンチエイジング | Comments(0)
平和の祈り
b0084241_238506.jpg

アンチエイジングを説くものとしての僕のライフスタイルは決して褒めたものではないが、カトリックとしての言動もお粗末の一言に尽きる。
ミサの中で「私の平和を貴方に」とキリストから平和を授かる場面がある。
今だから白状するが、その際、僕はしばしばキリストもずいぶん安上がりの贈り物を下さるものだ、でも、定収入がない方ならしょうがないか、など不届きなことを考えたものである。
だが、この歳になってやっと「心の平和」がいかに大事かをひしひしと感じることが多くなった。
たとえどんな苦しい状況でも、また将来の不安にしても、そのこと自体より、またそれを思い煩うことの恐れが心を乱す。つまり我々は、いや僕だけかもしれないが、「取り越し苦労の塊」である。
これさえなくなれば、いかに日々の生活が幸せになることか。
神様、ぜひ「心の平和」をお与ください!
でも、ちょっぴりお金をめぐんで下さると、ちょっぴり平和を取り戻せるのですが・・・
# by n_shioya | 2017-05-17 23:09 | コーヒーブレーク | Comments(0)
シャケ礼賛
b0084241_22104978.jpg
「貴方、シャケがいいそうよ」
テレビを見ながら配偶者が叫ぶ。
「わかってるよ、アスタキサンチンやオメガ3だろう」
「それだけじゃないのよ。ビタミンDの宝庫ですって」
ふーん、たけしの番組か。明日はスーパーからシャケが消えるだろうな。
でも皆さん、鮭が理想的なアンチエイジングな食材だというのは、抗加齢に関わるものの常識です。
不肖僕も、迷えばまずシャケを食べてきました。
焼き魚、ムニエル、シャケ尽くし(海鮮丼)、シャケのお握り。
何より鮭は美味しいですよ。
# by n_shioya | 2017-05-16 22:10 | アンチエイジング | Comments(0)
ハグの効用
b0084241_21125350.png

塩谷塾ではその最終回「幾つになっても男と女」で、「ハグの効用」について考察することにしている。
動物たちでも自然に行うハグという行為は、人間関係でも相手に心を許すというメッセージ性もあり、ハグすることで心が開き、また心を開かないとハグはできないというのが、僕の持論である。
ところでこのスキンシップ、最近の神経生理学でそのメカニズムの一端が解明されたという。
知覚、触覚と伝える神経を感覚神経というが、そのなかのC神経と呼ばれる神経が、ある特別な触覚情報を伝達することがわかり、C触覚神経として最近話題になっている。
その神経は、人と人との触覚に特化した、いわば愛撫のセンサーだそうだ。
他の感覚神経は強い刺激ほど、撫でる速度が速いほど反応も強くなる。
ところが C神経は、特定のタイプの接触、すなわち、一定の範囲の速度で軽く撫でられた場合のみ感知するという。その速度は毎秒3〜10センチの早さだそうだ。
お試しあれ。
# by n_shioya | 2017-05-15 21:13 | 美について | Comments(0)
今日は母の日
b0084241_20223627.jpg

何かにつけては皆で集まるのが我が家の習い。
そして今日は「母の日」
諸般の事情で全員は無理だが、半分がインターコンのビュフェに集結した。
ちょうど孫の一人が前日が誕生日。そして今晩からオーストラリアに出発する。その誕生祝いと壮行会も兼ねて。
# by n_shioya | 2017-05-14 20:22 | コーヒーブレーク | Comments(0)
大阪de塩谷塾
b0084241_23161229.jpg

今日は大阪日帰り。
Tライフの加藤淳子さんのお招きで、「大阪de塩谷塾」
テーマは「美しく歳を重ねる」。
さすが淳子さんの人脈で満員御礼の盛況でした。
この調子ならまた秋に第二弾でも・・・
# by n_shioya | 2017-05-13 23:16 | アンチエイジング | Comments(0)
難聴は治せない??
b0084241_22212470.jpg

ちょっと最近聞こえが悪くなったようですが?”
とお聞きすると、
“先生のお歳なら中等度の難聴があって当たり前ですよ”
と軽くいなされたのは、東京医療センターの加我君孝先生である。先生は聴覚がご専門。
今日は、今年の僕のアンチエイジングのテーマ「五感を磨く」の一環として,“音とアンチエイジング”についてたっぷりと最新の知見をお伺いした。
だが難聴だけは老化現象の一つであるが、残念ながら今のところは予防法はないとのご託宣であった。
ただそれを補う補聴器の進歩は目覚ましい。
もし、生活に支障があるほどになったら、遠慮せず補聴器をどうぞ、と勧められた。
# by n_shioya | 2017-05-12 22:22 | アンチエイジング | Comments(0)
表参道散策
b0084241_21385597.jpg


久しぶりの表参道。
まず、孫の一人がバイトをしているナイキに立ち寄り、配偶者とともに一足づつ購入。運動と縁のなかった僕にとって運動靴を履くのは小学校以来である。
明治通りを横切ると、左側には表参道ヒルズ。その先にある伊藤病院は日本最高の甲状腺の専門病院で院長は北里卒業生。そこを左に入ると美容外科の松倉クリニック。院長はやはり北里の形成外科の同門。いま売れっ子のタレント、西川医師はここの出身だ。
また、表参道にもどり、アニヴェルセルでランチを。コーヒー付きのランチが1000円を切る。特別ランチでも1500円。
味といい、量といいコスパ抜群である。
いまや表参道は若者のアベニューである。
# by n_shioya | 2017-05-10 21:39 | コーヒーブレーク | Comments(0)
渡辺勝敏氏来訪
b0084241_2221954.jpg

ヨミドクターの渡辺勝敏氏がキッテに現れた。
新聞の医学担当当時からの長い付き合いである。
ネット情報の氾濫する中での医療情報伝達の難しさについて、2時間ほど話し合った。
# by n_shioya | 2017-05-09 22:02 | コーヒーブレーク | Comments(0)
キャスターという仕事
b0084241_2159069.jpg

テレビはあまり見ないが、「クローズアップ現代」だけは見続けていたという人もかなりいるのではなかろうか?
僕もその一人である。
23年、その顔としてこの番組を支えてきた国谷裕子キャスターが「キャスターという仕事」を出版された。
ひたすらエンターテイメント化していくテレビ番組の中で、報道についての一つのあり方を死守し続けた貴重な存在であった。
その基本的スタンスは
“物事を「わかりやすくして」伝えるだけでなく、一見「わかりやすい」ことの裏側にある難しさ、課題の大きさを明らかにして視聴者に提示すること”。
そして映像最優先の世界で、言葉でなければ伝えられないことを伝えるのがキャスターの使命と心得ていたこと。
であったという。
本当にご苦労様でした。
# by n_shioya | 2017-05-08 21:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)
美しく年を重ねる
b0084241_231237100.png

ダフネ・セルフの自伝「人はいくつになっても、美しい」を読み返している。
88歳の現役モデル。その言や良し。
“美しさは心に宿るものです。
だから、いつもわくわくすることを心に思い描いて、キラキラした目で世界を見続けていれば、その心の輝きは顔に表れる。そう私は思っています。“
だがこうも言ってくれてます。
“もちろん、整形によって人生が変わる人もいます。私は、そういう人たちを悪く言うつもりは全くありません。整形することで自信が持て、楽しい人生を送れるなら、それもまた一つの生き方でしょう”
どう、美しく年を重ねるのヒントになりませんか?
# by n_shioya | 2017-05-07 23:13 | アンチエイジング | Comments(0)
妻よ、貴女は強かった
b0084241_1884963.jpg

カフェでコーヒーを飲んでると隣の席に臨月近い女性が座った。座るも大儀,立つも大儀、歩くのものそりのそりといった感じ。
何を今更という非難を覚悟で白状すると、あ、女性はこれを10ヶ月耐えて、しかも産みの苦しみを味合うのだと、初めて思いいたったのである。
配偶者もこれを5回、いや厳密には出産直前に不幸な転機をとった第二子を含めると、6回経験したわけだ。これは男にはとても耐えられぬ苦行である。
改めて配偶者と全ての女性に賛辞を捧げたい。
# by n_shioya | 2017-05-03 18:09 | コーヒーブレーク | Comments(0)
中華ランチなら
b0084241_19103224.jpg

このところ、担々麺にはまっている。中華のランチなら迷わず担々麺を。
今食べているのは赤坂離宮だが、セルリアンの四川料理陳もお気に入り。
担々麺でなければパイコウ麵(漢字変換ができません)。
これはキャピトル東急のオールデイダイニング・オリガミがお勧め。
なんかしつっこいものばかりだが、これも年のせい。ご勘弁のほどを。
# by n_shioya | 2017-05-02 19:10 | Comments(0)
メットガラ  ドレスをまとった美術館
b0084241_2139581.jpg

今日は文化村で「メットガラ」を観てきました。
メトロポリタンといえばルーブルにも匹敵するアートの殿堂だが、そこで毎年開催されるファッションショウーもファッション界の一大イベントとは知らなかった。
2015年のメットガラには「鏡の中の中国」というテーマが選ばれ、ファッション界と美術界が空前のコラボを繰り広げるさまの見事なドキュメンタリーである。
僕も商売柄、ファッション業界には興味があるので、その裏側を垣間見ることができて面白かった。
それにしてもこの東急文化村。今や日本での文化の発信地として渋谷の地に定着している。
五島氏の先見の明とご努力に敬意を表する。
# by n_shioya | 2017-04-29 21:40 | 美について | Comments(0)
石段の喜び
先日出席した「医療とメディアを繋ぐ会」で、テレビドラマの信ぴょう性の議論で、あるドラマ作家の発言が面白かった。
救急室の場面などで、医者が走る姿で緊迫性を強調することが多いが、医者はあんなに走ることはありませんよ、と医師から言われたというのである。
確かに僕も走った覚えはないし、皆さんも病院で医師が走るのをご覧になったことがありますか?
ま、この問題はドラマの効果と割り切ればよく、こだわることはないが、それで思い出したのは現役の頃、これは形成外科にそもそも緊急性が少ないということもあるが、ふと、診療のためにエレベーターやエスカレーターを使はないと間に合わ無いことがどれほどあるだろうかと思ったことである。
b0084241_224911.jpg

そこで試しに地下1階から9階まで、詰まり10階の高さを全て階段で上がり下りすることにした。なるほど業務には差し支え無い。然も運動神経のない僕でも出来るまことに良いエクササイズである。
面白いものでこれは慣れもあり、学生など教授回診についてこれず、5階あたりでハアハアあげいてしまう。あげくには、「北里大学体育学部形成外科」と悪口を言われるようになった。
そのくせは、大学をクビになり、また腰椎骨折の後遺症がある今でも残っており、神社や山寺で階段を見上げると元気が湧き出て、年甲斐もなく嬉々として登ってしまうのだ。
# by n_shioya | 2017-04-28 22:04 | アンチエイジング | Comments(0)
ミヒャエル・クーデンホーフ展
ギャラリー後藤でミヒャエル・クーデンホーフ展を拝見した。
まことに可愛らしいファンタジーの世界である。
作家は今危機に瀕しているEUの提唱者、クーデンホーフ伯だそうだ。
ぜひご覧ください。楽しいですよ。
# by n_shioya | 2017-04-27 22:19 | 美について | Comments(0)
「僕は食動説の信奉者」
b0084241_2222318.jpg

天が地球を軸に回るのではなく、地球が回ると唱えたのがコペルニクスである。
だが、僕にとって世界は食事を中心に動くので、逆の言葉遣いかもしれ無いが、「食動説」と呼ぶことにする。
現役の頃は仕事の合間に飯をかっこむのが常だったが、大学をクビになってからは、三食は欠かさず摂り、その合間に仕事を挟むようにしている。しかも食事をどこでどうするかをまず考え、それに合わせて仕事をくっつけることができる今は、まことに幸せである。
ではその中身は。
ほっておけば天丼か、カツカレーかパスタを食べ続けるので、決してグールメと言えたものではない。
食事というのは、楽しく食べればすべて栄養になるというのが僕の持論だ、もちろん常識範囲内ということはあるが。
楽しくというのは、一人で寂しく食うより誰かと一緒の方が良い。その誰かが女性であれば更にアンチエイジング効果があることは言うまでもない。
# by n_shioya | 2017-04-26 22:22 | Comments(0)
「スマホが小人を作る」
b0084241_2249745.png

コビトではなくショウジンと読んでほしい。
いやコビトでいいのかな、人格が矮小化するということなら。
スマホは便利である。もうこれ無しの生活は考えられない。
だが、と思い返す。これによって我々の生活がいかに侵食されてしまったかと。
まず,家庭というリアルな空間で、各人が異次元のサイバースペースを抱え込んで、バーチャルな世界がそれぞれを支配してしまう。家庭崩壊の元凶だ。
しかもスマホで時事刻々と伝えられる情報はほとんどが些細なことか、急を要することでは無い。
だが、ピーっと着信音が鳴ると、凡人は反射的に対処し、この些細なことがいつも優先してしまう。
そして大脳はすべての情報を安易にコピペし、思考することをやめてしまう。
脳みその矮小化とはこのことである。デジタル脳とも言えよう。
だが、もはやスマホを断つわけにはいか無い。
どうすべきか?
五感の回復である。
色覚、聴覚、触覚、臭覚そして味覚。すべての情報は大脳はデジタル記号として受け止める。それが報酬系や大脳皮質の摩訶不可思議なインテラクションで、美、快感、意欲そして判断などのアナログの世界に変貌する。
具体的には、カラーセラピー、音楽療法そしてアロマテラピーなどがデジタル化した現代人にとっての救いになる所以である。。
# by n_shioya | 2017-04-25 22:49 | Comments(0)
「種切れの日」
ブログを始めて10年。FBももう5年になる。
中身はともかく、一日も欠かしたことがないことだけ自慢できる。
その間、脊椎骨折で2ヶ月ベッド上安静を強いられた時も、その事故の夜も含め書き続けたのは、今思うと我ながらあっぱれである。
だが、毎日となるとネタ探しには苦労する。
不思議なものでネタはある時は、後から後から生まれてくる。反対に無い時は夜中まで呻吟する。
家族のプライバシーに関わることでも、人を傷つけることも思慮なくアップしてしまうのはそんな時だ。
そして今日はそんな楽屋落の話も思い当たらない「種切れの日」です。
ご勘弁ください。
# by n_shioya | 2017-04-24 23:09 | コーヒーブレーク | Comments(0)
木香薔薇の季節
b0084241_2040234.jpg

桜が散ると待ちかねたように木香薔薇が黄色に咲き始める。
そして今日は久々の晴天。
でも僕は学習院のセミナー「アンチエイジングなライフスタイル」で生徒さんと教室に篭りっきり。
こんな日は,森林浴でもした方がよっぽどアンチエイジングになるのだが、と一同ぼやきながら
# by n_shioya | 2017-04-23 20:40 | コーヒーブレーク | Comments(0)
「アンチエイジングの基本はデンタルケアにあり」

遅ればせながら歯周病の治療を始めたのが10年前。
すでに進行した歯周病はを騙し騙し温存してきたが、ついに今日、左の上の7番を抜くことになった。
昔は歯磨きなどあまりうるさく言わなかったツケがきたのである。
稀代の痛がりですからと、お願いした甲斐があって全く痛みはありませんでした。

ところでアンチエイジングの3割はデンタルケアにあるというのが僕の持論だ。
1自分ので噛むことが消化吸収を促すだけでなく、咀嚼筋の働きを通じて、脳の活性にもつながる
2最近よく言われるように歯周病は糖尿病なども悪化させ、動脈硬化にもつながる全身病といえる。
3かみ合わせの不具合は全身に影響を及ぼす。とても微妙なもので、一回のレントゲンで骨折が見つからなくても、本人がおかしいといえば撮りなおす必要があるくらいだ。
4そして見た目のアンチエイジングとしての適切な審美歯科。

僕の考えでは、どなたでも歯科診療は受けるので、アンチエイジング・ドックの入り口は歯科クリニックでと提唱したい。
# by n_shioya | 2017-04-22 21:02 | Comments(0)
アンチエイジング塩谷塾第Ⅴ期スタート
b0084241_22443340.jpg

いよいよアンチエイジング塩谷塾第Ⅴ期スタート。
初日は自由が丘クリニックの古山理事長をお迎えして、美容医療の最新情報をお話いただいた。
20名ほどの参加者はいろいろなバックグラウンドの方々で、和やかな中にも熱心な討議が展開し、これからが楽しみである。
# by n_shioya | 2017-04-21 22:44 | アンチエイジング | Comments(0)
「ニューヨーク・コネクションの春の集まり」
今日は松尾プロダクションの「ニューヨーク・コネクション」の春の集まり。
ニューヨーク・コネクションは不思議な集まりである。
誰が何の為に集まるのか、一言で言いがたいが、確かなことは「楽しい会」ということだ。
そして時宜にかなったお話と、楽しい音楽を楽しめる。
豊洲移転問題についての専門家である佐藤会員のお話は明快だった。ことは非常に簡単なのに、政治的要素が複雑怪奇にしていることがよくわかった。
また、小町翠さんのバイオリン演奏も素晴らしかった。
秋には王子ホールでリサイタルを開催されるので、ぜひご参加の程を。
# by n_shioya | 2017-04-20 22:56 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム