ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog



サウンドチェック終了!

a0168922_18342471.jpg

本日は吉祥寺GBでMIKIO TRIO!!!

対バンはチリヌルヲワカ、wilberryです!

ひさびさにこんな写真を。

ひさびさの更新。

ウルフルズが動き出してから、タイミングが合わずで「セッションライヴ」に参加することがなかったんだが、先月の3月9日には荻窪ルースターノースサイドで藤掛さんとようこちゃんとの「ファンクの森セッション」に、そして先日は高円寺ジロキチでひさびさにヒロナリさんにむちゃぶられてきた。

3月の藤掛さん、ようこちゃんとのセッションではMr. Dynamite James Brown(昨日、6月公開の映画の試写会に行ってきたー!めちゃおもろかった!!!)の曲を筆頭に、ファンクの名曲を。そして先日のヒロナリむちゃぶりセッションではR&Bやソウルミュージックの名曲をそれぞれ演奏させてもらったんだが、いやー、両日とも楽しかった!!!

その場の音楽的現場処理能力を求められるこういったライヴはオレには必要だ。


では両日で演奏した曲のオリジナルの曲をいくつか。

Brother Rap / James Brown

Ain't It Funky Now / James Brown

Sing A Simple Song / Sly & The Family Stone

Play That Funky Music / Wild Cherry

I Wish~Isn't She Lovely / Stevie Wonder

Move On Up / Curtis Mayfield

Twistin' The Night Away / Sam Cooke

Satisfaction / Otis Redding

どの曲も昔から聴いたりコピーしたりしてる曲ばっかりなんやけど、そういう曲を人前で演奏する機会って実はほとんどないのよね。しかしながらこういうセッションライヴに参加すると、そんな曲たちを演奏できるチャンスが巡ってくることも多々あるので、若手のミュージシャンにもどんどん参加してほしいと思う。

そしてヤング・ソウル・マンにも出会いました。

Chocolate Flavor / Bradio

当日のリハーサルを終えて

「ひさびさに声の大きいボーカリストが出てきたね!」

とはサックス梅津さんのお言葉。



ガーーーーーっと歌える人の後ろで叩くのは本当に気持ちが良いもんだ。

レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち

を本日観てきました!

a0168922_21184352.jpg


いろんな人の「Wichita Lineman」を聴いてきて、てっきりTony Joe Whiteがオリジナルなんやと、今日の今日まで思ってたけど、そうか、この人やったのね。

Wichita Lineman / Glen Campbell

映画が終わるやいなや近くの中古レコード屋さんに駆け込んだら、324円という値段でオレがくるのを待っていたGlen Campbell best20。
a0168922_21272882.jpg



せっかくなんでTony Joe Whiteバージョンも。

Wichita Lineman / Tony Joe White





さて、明日は大阪で真心ブラザーズとライヴです!!!

MIKIO TRIO!!!

昨日は下北沢club251でひさびさのMIKIO TRIOのライヴでした。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!

a0168922_174746100.jpg

昨日のMCでも言いましたが、この1stアナログシングル盤、再プレスの予定はありませんのでお買い求めはお早めに。


さて、PCのアップグレードから一転してのダウングレード(初期化)を経て、いろんなアカウントのIDとパスワードがわかんなくなり、ようやくほとんどの復旧作業が終わったところ(このブログのIDとパスワードも自力で復旧できなくなってしまった、、、)。

前にも音楽データが全部消えてしまったことがあったけど、つくづく、自分にはデジタルな環境は向いてないんやろね。

とはいえ社会全体の流れがそういう方向に向いているので、仕事に差し支えがないようにそこはついていかんとなぁとも思う。

と思っていたら車も「スマホでドア開錠やらエンジン始動が可能に、2017年から」とのニュースが。

そこはキーでええでしょ、キーで!

2月9日。

PCに保存できるようになったおかげで先日の「The Great Collection Of~」シリーズ(Tommy Dorseyも)は終了。

いくら現代のCD音源に比べてレベルが小さいといえど、家庭用の音響設備で補正するのは無理がありすぎやね。ヴィブラフォンやトランペット、トロンボーンの音が耳に突き刺さる瞬間が何回もあったもんな、、、。偉大な音楽家のみなさま、大変申し訳ございませんでした。

さて本日からはこの辺りを再取り込み。

a0168922_11592736.jpg

特にCal TjaderやLionel Hampton関連はヴィブラフォンが突き刺さりまくりなんで、適正の音量でね。


ではこの曲を、「適正の音量」でお楽しみください!

Mamblues / Cal Tjader